ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
工事


国道418号から、ブルーベリー園花の谷へ入ってくるメインの道は、2つあります。

そのうちの一つがただいま工事中です。

工事の内容は、国道からの入り口の拡幅です。

もう8月頃から始まっていて、12月中には完成とか。

この道は、両側の木が迫っていて、日が当たりにくい道でした。

雪が降るとなかなか解けにくく、アイスバーンになりがちで、冬は回り道をするようにしてきました。

でも、これでだいぶ通行が安全になりそうです。

側溝も浅めにしてもらえるとか。

タイヤを落とすことが避けられそうで、完成を楽しみにしています。


遠山に日の当たりたる


「遠山に日の当たりたる枯野かな」

子どもの頃からこの句が好きでした。

田舎暮らしの原点というか、まあそういうところに育ったということでしょう。

小学校が終わると、家にカバンを置いて、大急ぎでまた学校に戻ったものでした。

運動場で、毎日毎日、下手なのに野球をやっていました。

グローブも何もなくて、素手で棒切れを振り回し、走り回っていました。

レフト方向の遥か向こうに、いつも小さく恵那山が見えていました。

秋の日には、じきに恵那山が赤く染まり、やがてすぐに夕闇が迫ってくるのでした。

お寺の鐘が鳴ったら、すぐに帰らないと叱られる。

わかっていて、自分だけ抜けることは、なかなかできなかった…。

毎日が猛烈に忙しかったはずだけれど、なぜかのんびり過ぎていたようにも思います。

上の写真、あとから見てみたら、枯野はありませんでした。

山の中の煙は、温泉旅館遊星館の湯を沸かす煙です。

もちろん、薪を使って沸かしています。






盛況です。この寒さなのに、岩倉ダムキャンプ場。


「暗くなって通りかかったら、明かりがいっぱいついて、とても綺麗だった。」

自分は、夜に通りかかったことはありません。

でも、浪合の観測点で最低気温2℃の今朝、キャンプ場には、沢山のテントが並んでいました。

広くて写真には収まっていませんが、自動車だけで、30台近くはあったと思います。

寒かったろうなあ、頑張っている。

と言うのが、率直な感想です。

でも、キャンプ、この頃流行りなのでしょうか。

想像ですが、装備も今は最新のものがあって、とっても楽しいのかもしれません。

何年か前と比べると、明らかにキャンプ人口が、増えていると思います。

うらやましい限りです。


爪跡


今頃になってですが、台風24号の爪痕です。

わが家の前の岩倉川、その数百メートル下流部の様子です。

下の写真の左手、ブルーシートの所で崖崩れを起こしています。

そして川の中は、根までむき出しになった株が転がっています。

崖崩れ部分は、上に田んぼがあるので、いずれ修復されることと思います。

しかし、川の中はどうでしょうか。

もし手当がされないと、大雨のたびに、流れてきたものが引っかかって、危険になることもあると、思います。

この程度の被害箇所は、村内に他にいくつかあるようです。

確かに、大きな被害を受けた所からすれば、この程度は大したことはないでしょう。

でも、こういうのをひとつひとつ修復するのだって大変なことだ、と考え込んでしまいます。


紅葉はもう終わりなのか


「もう今年の紅葉も終わりだなあ」

わが家を訪れた人が言いました。

えっ、そうなのか。まだ、最中だと思うけどなあ。

遅がけに紅葉するコナラが、ようやく黄色くなってきた感じに思うのです。

でも、かなり散ってしまった木々も、確かにあります。

まあ、人それぞれで受け止め方はいろいろ、仕方がないでしょう。

それにしても、時の流れていくのは速い。

年々歳々、年老いていくとともに、速くなると確信します。

「今年の紅葉は、特別に綺麗な感じがする」

別のところで、別の人が言いました。

それはほんとうにそう思います。

この秋には、三つも台風が上陸したりして、木の葉が傷ついたと思うけれど、見事な紅葉になりました。

例年病葉になりやすい桜から始まって、どれもほんとうに綺麗に染まりました。

今のうちに、しっかり楽しむことにしましょう。


道の駅「南信州うるぎ」2018年11月1日開駅です。


村の直売所「うるぎふるさと館」が、道の駅になりました。

と言っても、本格的な整備はこれからとも聞いています。

午後に訪れた時は、そのつもりらしいお客様を見かけました。

その開駅パンフレット、うるぎ名物のハザかけ米とともに、うるぎ産の商品が紹介されています。

びっくりコーン  売木村名物とうもろこしをドライ加工。ぎゅっと詰まった甘さと香ばしさに「びっくり!」

たかきびまんじゅう  まぼろしのまんじゅうを復刻!雑穀「たかきび」と米粉でグルテンフリー。

うるぎの漬物  村育ちの野菜と村のおばあちゃんのレシピによる滋味あふれるお漬物。

ヤギミルク  グラスフエッドのヤギミルクは飲みやすくてやさしい味!

保存料無添加ジャム  シナモンやクローブを効かせたやみつきスパイシーりんごジャムと、ブルーベリー園特製ジャム。

おやす作り


10/27の「うまい!うるぎ米育て隊」の時、時間があったので、おやす作りが行われました。

実際にできる人がたくさんいるわけではなく、これもネットワークうるぎの社長の指導によるものです。

おやすとは、藁で作った神さまに捧げる食器のことです。

正月に玄関や神棚など、あちこちに飾るとか。

上の写真の丸い輪の上、さかずきの形のところに、ご飯を入れて飾ります。

皆さん、初めてのことですが、さすが年の功!?とても手際よくきれいに作っていました。

そういう当人は、見ていたけれど、さっぱり作り方がわからないのでした。


今朝は、本格的な降霜です。


朝、起きて外を見ると、ブルーベリー畑が白く見えました。

デッキの手すりも白くなっています。

これまでにも弱いのはあったかもしれないけれど、これが本格的な降霜と言って良いでしょう。

テレビの浪合観測地点も、最低気温が0.6℃となっていました。

それにしても、昔はこの辺りの初霜は10月10日ころだったはず。

かろうじて10月中に滑り込んだといった感じです。

それでも、午後になって、ブルーベリー畑で剪定をしていたら、15時30分過ぎに日の入り、途端に冷えてきました。

いよいよ外での活動時間が限られてきたようです。


回り道にご注意


平谷峠を売木村へと降りてきて、村の中心部へと近づいたところです。

橋の新設に伴う工事が続いていて、少し複雑な回り道になっています。

上の写真でいうと、正面の車付近が新しい橋。

右端に見えるのが、以前からの久助橋です。

ところが、村の中心部へ行くには、手前を左に曲がって、こまどりの湯の下あたりを走って行くことになります。

ふるさと館に行くにも、この道で大回りすることになります。

11月4日の秋色感謝祭の時も、このままだそうで、混乱がありそうにも思います。

なお、茶臼山方面に行くには、このまま直進して、右方向へまわっていきます。

この回り道、来春まで続くという話もあります。

待望の橋は新設されて、実質使っているけれど、一種の目的外使用みたいなものに思います。

まあ仕方がないのでしょう。

下の写真は、ふるさと館の前、このまま走っていくと、通行止になって、引き返してくることになります。


どこから?


山桜ブルーベリー畑の村道から入ったところに、ビニールトタンが落ちていました。

端が何箇所も欠けているけれど、180センチサイズの大きなトタンです。

おそらく台風24号で、飛ばされて来たものでしょう。

などと書くと、もうずいぶん時間が経っている、どうしていままでに気がつかなかったか、となることでしょう。

そっちの入り口から、出入りすることは少ないのです。

それにずーっと、他のブルーベリー畑で、作業をして来ていました。

それにしても、どこから飛ばされて来たものか。

実は同じ色の90センチサイズのトタンは、以前見つけたことがありました。

わが家のではないから、風下の数件の農家のどこからか飛んできたのでしょう。

でも、ずいぶん古そうだったので、聞いて回るなんてことは、しないことにしました。

それで、剪定バサミで切って、ゴミ袋に入れようと、少し折り曲げたら、ぼそぼそと折れてしまいました。

やはり捨てていいものと思います。