ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.0と高評価まで出ていますが、まだ投稿は1名のみ、あまりあてにはなりません。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
うるぎふるさと館、11月に道の駅に


売木村のお買い物広場、うるぎふるさと館が11月上旬に、道の駅となるそうです。

トイレを24時間使用できるように、改修するとか…。

問題は、売店コーナーの拡幅というか、充実かもしれません。

と言っても、それは素人目にも、施設的に難しそう。

お金も、もうないだろうし。

まあ、こじんまりとして味わいはあるのです。

ただ、うるぎ産のものを集めたコーナーとか、工夫の余地ならあるかもしれません。

「皆さん、うるぎのお土産になるものが、買いたいみたいです」

話は変わって、先週の夜、長野地方局のテレビで、「道の駅グルメの旅」なるものをやってました。

南信州からは、どこが出るのかな、と楽しみに観ていました。

長野市などの、北信だったりすると、行くのに4時間くらいはかかるのです。

でも、一番近くて、安曇野あたりしか出なかった。

同じ長野県でも、安曇野で高速を飛ばして、2時間はかかるのでした。

あとはもう、ほとんど北信あたりばっかり。

南信州の道の駅は、ひとつも出て来なかった。

長野市からでは、いくら取材に、時間とお金がかかるといってもねえ。

木曽地方も、出て来なかったと思います。

つまり、太平洋へ流れ出る川の流域は無し、ということで…。

まあ、よくあることではあるのです。






かかしコンテスト作品募集は9/14まで


うまい!うるぎ米育て隊のかかし作り、外部からの作品を募集中です。

9月14日までに、作品を作ってふるさと館前の畔に立ててください。

ちょっと急すぎますね。

今年、育て隊の出品は9体。

下の写真の通りですので、これを越えれば、入賞です。

村長さん自ら収穫予定のマツタケ賞品ほか、いろいろ賞があります。

当選確率はとても高いのです。

お時間とズクのある方はどうぞ。



台風21号、結構きつかった


台風21号、数日前には、潮岬あたり上陸、という予報でした。

それよりは西の方、徳島や神戸に上陸したのに、売木でもずいぶん風が吹いて、雨も降りました。

雨は、4日20時頃までに浪合の観測点で170ミリ、5日の朝までで250ミリとのこと。

確かに、台風が秋田あたりに行ってしまった夜半あたりになって、ものすごく降りました。

雷鳴と稲光までしていました。

今朝、わが家近くの国道418号には、通行止の表示が…。

けど、これが通れないと、ダム横の細い道くらいしか、まわり道がないのです。

知っている人が立っていたし、前をダンプが行くので、自己責任でついていきました。

すると、松の木が倒れて電線で止まっていました。

そのほかに、知っているだけでも、田んぼの畦が崩れたり、土砂が流れ込んだところがあります。

日帰り温泉こまどりの湯では、玄関前広場が山からの水で、泥だらけになったとか。

でも、午後に訪れた時には、きれいに掃除してありました。

今回気がついたことがあります。

山の中の当地では、山から水が吹き出て、浸水したりがけくずれしたりするケースが多いようです。

当然ですが、ひたひたと水が押し寄せてくる洪水のようなことは、すくないだろうと思いました。

そうそう、ウイークデイの日中なのに、若い消防団の人たちが、道路の土砂や流木の片付けをしていました。

前日排水に使ったというホースの掃除もしていました。

勤め人だった者には、信じがたいことです。

本当に頭が下がります。

けど、いいのかなあ。

いやいや、ありがとうございます。


台風21号、白樺の木を倒す。


伊勢湾台風と予報コースが似ている、と思っていた台風21号、それよりはかなり西の方に上陸しました。

けれど、この長野県南部でも、雨風ともひどいひどい。

ただ今15時30分過ぎ、テレビによれば、雨雲が真っ赤にこの地方を覆っています。

まだこれから降るみたいです。

家から数十メートルの岩倉川は、家の中から見ると黒っぽい濁流です。

ふだん少し水が出ると、赤茶色になるのとはだいぶ違います。

なんて言ってたら、わが家にも被害発生。

樹齢20年足らずの白樺の木が倒れました。

正確には、倒れているのをたった今発見しました。

いつのまに倒れたのだろう。

けど良かった。

家とは反対方向に、つまり西から東に、何もないところへ倒れています。

もし反対方向、東から西に倒れていたら、家にかぶさって来て、ものすごい音がしたことでしょう。

出窓の庇とかが、やられていたと思います。

まあこれなら、台風被害と言っても、テレビなどに映されることはないでしょう。

この白樺の木、細い木を村内の造園屋さんから、持って来てもらったのでした。

植えて何年かして、虫が入って倒れた記憶があります。

その後、傍から芽が出て、今の木になりました。

倒れたのは残念だけど、少し家に近かすぎたかも、そう考えて諦めることにします。






大にぎわい、岩倉ダムキャンプ場


売木村内には、星の森キャンプ場、岩倉ダムキャンプ場、白樺高原キャンプ場、そして岩倉キャンプ場があります。

その中の岩倉ダムキャンプ場は、わが家からもすぐ近く、岩倉ダムの岸辺にあります。

ふだんの土日でも、よく賑わっていますが、お盆の頃はすごかった。

写真は、人などが写り込まないように気をつけて撮ったため、そうはみえないかもしれません。

とにかく、何十台もの車、もしかすると、100台を超えていたかと思うくらいです。

ダム湖があることが、とても雰囲気を作っているおかげもあるでしょう。

で、お盆明けの週末となった昨日、金曜日の夕方に通りかかってみると、相変わらず賑やかでした。

お盆の時には休めなかった人たちが来ているのでしょうか。

涼しくなったし、天候も安定して来ているので、楽しめたことでしょう。


アキアカネ


昨日、一昨日と二日間の雨の後、今日は朝から素晴らしい秋晴れの空。

そう、秋晴れと書きましたが、今朝の外気温は浪合の観測点で12.3℃でした。

わが家でもひんやりとした朝だったのです。

で、アキアカネのことです。

実は先回の雨の翌朝、つまり13日のことでした。

家の周りのあちこちで、今年始めてアキアカネが飛んでいました。

ここで避暑をして、このあとに涼しくなると、里に降りていくのでしょうか。

毎年のことですが、もはや秋なのです。






暑かった昨日。37℃。売木村始まって以来でしょう。


「ブルーベリー狩りできますか」

「はい、やってます。でも、暑いから覚悟がいりますよ」

去年までは、32℃が最高だった花の谷のベランダ下、昨日は37℃を記録しました。め

暑い、クーラーの設置を、本気で考えたくなるほどでした。

結局、来園は朝のうちの1組だけ。

静かな静かな花の谷でした。

この暑さは確実に売木村始まって以来でしょう。

これではブルーベリー園花の谷、その運命やいかに…。

いやそれよりも

「熱中しすぎて、熱中症にならないか心配」

というシャレを考えたけれど、そうはならなさそうなのです。



国道418号、工事は8月23日まで


冬のうちのがけ崩れで、片側通行になっていた箇所の修復工事が、始まっています。

売木村内、こまどりの湯の下あたりになります。

近くに新しい橋ができて、今年度中に国道から県道?に格下げになってしまうけれど、村には大切な道路です。

崩落したあと、一方通行で、信号待ちをするのがわずらわしくて、ついつい通らないようにしています。

それにしても、この一年間のうちに、星の森キャンプ場への道、ここ、阿南町の国道151号と崩落が続きました。

偶然とはいえ、あまりいい気分ではありません。

こういう山の中に住む者の宿命でしょうか。

まあ、けが人とかがなかっただけ良かったとしましょう。


わらび、獲ってくれる人がいない


ネットワークうるぎと若いお母さんたちとで、去年からつけものの製造販売が始まっています。

ワラビとミョウガのつけものが一番人気とか。

農地が凍ってしまう冬場の仕事にするつもりが、去年は秋のうちに売り切れてしまったそうです。

「今のうちに、たくさんわらびを、収穫しておかなければ…。」

なにも手伝わないけれど、口だけは出すのです。

もちろん、花の谷のブルーベリー畑は、今後もわらび採りに提供していくつもりでいます。

「そうだ。村の人たちに採ってもらったらいい。買い上げれば、おこづかいにもなる」

すると、思いがけない返事が帰ってきました。

「それがねぇ…。『もう年取って採るのが大変になった。もう、ええわ』だって。やってもらえる人がいないの」

こんな山の中にも人手不足は顕在化して来ているようです。

と言うか、みんな年をとってしまって…。



天ふじ開店。海のほうへ行かなくても、よくなった。


売木こまどりの湯に、併設されている食堂に「天ふじ」が5/3から開店しました。

東京でお店をやっていた人で、築地からの直送だそうです。

何しろ海なし県なのです。

楽しみにしていて、それなのにもう2週間が過ぎて、ようやく行ってきました。

お祝いの気持ちも込めて、「名代定食1700円」と「海鮮丼1500円」を奮発しました。

とっても美味しくて、とても満足できるものでした。

わざわざ海のほうまで出かけなくても、お値打ちにお魚が頂けるようになった気がします。

ウイークデイ、水曜日の12時前だったのに、すでに6組ものお客様が来ていました。

お昼過ぎには、16人の予約も来ているとか、新聞広告も入ってなかったのに、もう知られているのでしょうか。

どんな料理だったかですか?

カメラを持って行ったのに、食べることが先になって、やっぱり写真を撮り忘れてしまいました。

隣にいた知り合いが、えび天丼950円を食べていて、エビが大きかったし、次回はそういうのにするつもりです。

で、今回の定食の写真、いつにアップなるかはわかりません。

とにかく、高いのも安いのもあるのも嬉しい。

そうそう東京から来て、のんびりとお店をやりたいと言っていたような…。

どうやら忙しいままになりそうに思いました。