ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
台風一過、久しぶりの青空


台風21号、特に昨夜になって、雨も風もかなりありました。

でも今朝、村道に落ちている枯れ枝は、案外少なかった。

うれしいことですが、肩すかし感があります。

そして、10月17日以来の晴れ間が・・・。

10日13日以降2回目の青空です。

これで雨続きの10月が、終わりになってほしいものです。

すっかり遅れてしまった稲刈りや脱穀、乾いたら再開でしょう。

11月5日の秋色感謝祭やら、冬を目前にしての行事に、間に合えばと思います。


今朝からもう雨と風、台風21号


気象関係のテレビは、なんでも関心があるのです。

925hPaの台風21号、もちろん早くから、気になっていました。

しかし、なにも衆議院選挙の日に、来なくてもいいのに。

と言っても、わが家はすでに、期日前投票を済ませてあります。

「投票日に行くと、大勢の人に取り囲まれて投票になるからねえ」

それにしても朝から、木の枝が揺れる風、そして時折の激しい雨。

近くの奥小屋橋、長雨のせいもあってか、濁流でした。

岩倉ダムキャンプ場も、まったくの無人。

普通なら、この時期でも天気さえ良ければ、いくつかのテントがあるのです。

まあ、こんな天候に通りかかるほうが、おかしいのでしょう。

用事を済ませて、早くに薪ストーブの燃えるわが家に帰りました。


うるぎ秋色感謝祭は11月5日(日)です


毎年、11月の第1日曜日に行われる売木村の秋色感謝祭、今年は11月5日です。

上のパンフでは、南信州の秘境と、みずから名乗っています。

まあ確かに、南北に走る国道153号と151号との間に挟まれた、知る人しか知らない秘境でしょう。

内容は、パンフのとおり。

ジャンボ五平餅の配布と投げ餅フィナーレは、午後2時半すぎだったと思います。

あとのメニューはほとんどが朝9時から15時です。

紅葉の一番きれいな時期です。

なお、寒くなるかもしれませんので、用意を忘れないように。

雨が続くなんて困る


予報よりは少し遅れたけれど、昨日のお昼前には、雨が降り始めました。

玄関先のカツラの木が紅葉してきて、濡れた枯葉が甘く香っています。

自然のままでも、樹形が整っているので、とてもいい木です。

それはさておき、来週まで雨が続くとか。

稲刈りの真っ最中なので、本当に困ったものです。

一度雨が降ると、田んぼがぬかるんで、稲刈りにはならないのです。

ネットワークうるぎの田んぼ、全体の半分くらいまで、稲刈りが進んだところとか。

1日だけ、手伝いに行きましたが、この先いつできることやら。

花の谷のブルーベリーの剪定より、はるかに作業条件が厳しいのでした。

予報によれば、来週になっても最低気温は、ひとけたになるかならないかとのこと。

ずいぶん初霜が遅れそうですが、まあそれよりもとにかく晴れて、田んぼを乾かしてほしいです。


本日、うるぎトライアルラン


今日10/8は、うるぎトライアルラン。

花の谷は、43キロの山道を走るコースの約37キロ地点にあります。

去年に引き続いて、今年も私設エイドステーションを設けました。

現在13時10分、十数名が通過したところです。

今の所、走ってくる人が多いのですが、いずれ歩いたり話をしたりのランナーが、多くなると思います。

そうすると、のんびりお話も・・・。

とにかく、この山道を走るのだからすごい。

尊敬の眼差しで、お迎えしています。

ただ、少し暑過ぎます。

橋げたが姿を現しました。


実は、上の写真の前日くらいには、かけられたばかりの鉄骨の橋げたが、見えていました。

でも、その時には、カメラを持っていなかったのです。

で、カメラを持って駆けつけたら、写真のように、工事のためにベニヤ板?で覆われていました。

場所は、売木村久助橋のすぐわき。

国道418号の付け替えで、橋の工事が行われています。

現在は、こまどりの湯の下を通っている国道が、ふるさと館前を通り過ぎて、この橋に抜けるようになります。

来年度に、橋の両側の道路も作られて、通れるようになるようです。

うれしいのは、そのあたりに歩道が付けられること。

山村留学や岩倉地区などの子どもたちが、今は歩道のない国道を通学しています。

完成すると、歩道部分がふえます。

楽しみです。






蚊がいるなんて


朝のうちは雨が降っていた昨日、午後になると雨が止んで、明るくなりました。

さっそく、ブルーベリー畑の脇で野良仕事。

ナメコやヒラタケの原木あたりを、きれいにしました。

収穫の時、木くずや枯葉で汚れたキノコを、掃除するのは大変です。

上からネットもかけてやって、来るべきキノコシーズンに、備えようと思ったのです。

ところが、しばらくすると顔のあたりで、ブーンと羽音。

蚊でした。

こんな時期に、標高850メートルの高原で、蚊がいるなんて・・・。

夏涼しくて蚊がいないことこそ、売木村に住む大きなメリットのひとつなのです。

これまで、年に一度くらい、今日は暑いなあと思うと、夜になって蚊が現れるくらいでした。

ふだんからどこかに隠れて防寒していて、暑くなると出てくるのでしょうか。

それとも、ボウフラでいて、暑くなると孵化してくるのかも知れません。

どっちにしても、蚊に襲われるのでは、売木に住む甲斐がない、というものです。

とはいえ、じきに涼しくなる事でしょう。

街にいた頃の旧知の間柄です。

あと少し、我慢することにします。




うるぎ山のくらし市 その2


主催者のひとり、愛芽さんの絵本。

太鼓のあわさんのCD。



しぶい味わいのある陶芸でした。




これも当犬の許可を得てない写真です。



革製品。製作体験もできます。






複数の出品者による骨董店。



うるぎ山のくらし市は、今日と明日です


ふるさと館つみ草食堂の主催で始まった山のくらし市、様子を見て来ました。

けっこう面白いので、毎年続けていってほしいです。

以下、お店の様子のスナップです。



みかんの産地の浜松市三ケ日の炭屋さん。

剪定で出るみかんの木で焼いた炭です。

炎が出ないので、焦げにくいとか。

また、弾かないので都合が良いようです。

老舗の鰻屋さんだとかに、おろしているそうです。

やっぱり薪ストーブを持っているそうですが、炭にするのは生乾きのみかんの木だそうです。




パン屋さん。新城市で爾今というカフェも、やっているそうです。ニコンと読みます。

隣で、村の人が朴葉もちなどをやっていました。美味しかった。



ご存知、ネットワークうるぎ。

トウモロコシ、りんごジュース、売木米、ワラビの漬物、びっくりコーンなどを売ってました。



味わいのある木工品でした。




明日のその2に続く、予定です。




うるぎ 山の暮らし市、9月2日と3日です。


今年初めて、開かれる催しです。

以下、パンフレットの引用です。


AM9:00~PM4:00  売木村ふるさと館

主催  つみ草食堂  0260-28-1051


作家が暮らしをテーマに出店!!


森の中のレベルレベル

骨董ゆう

川のエルパソ

みかん炭の舎房窯

森のおようふく屋さんリーフモールド

土のおじさま  鴨志堂イサム

糸のデザイナー  ダンテボレ

空想物語  愛芽ume

木工家具作家  新美清彦

カフェ爾今nicon


村から

つみ草の里(NPO)

森の香りとつほ舎

ネットワークうるぎ  つけもの


その他  募集調整中!!



道具フリーマーケット  蔵出し・物置出し


昔の農具

茶わん

たんす

まだ使える機械類

その他



体験コーナー

縄ない&小屋っくり9/2

研ぎ9/2  9/3



資料館で昔の農具を観よう   入場無料