ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
16時5分になりました、日の入り。


まだまだ、最低気温は氷点下、があたり前の売木村です。

でも、明るい光が、ずいぶん戻ってきたように思います。

気がついてみたら、日の入りは16時を回っています。

いちばん早い時では、15時15分には、山の端に日が沈んでいました。

16時16分になるのはいつなのか、覚えていたら確かめることにしましょう。

「名古屋は風が冷たいでなあ。売木の方が寒いとこなんだけど、お日様があると暖かい。」

こまどりの湯に入っていたら、どこかの人たちが、そんなふうに話していたことを、思い出します。

実際、その通りなのです。

晴れた冬の日は、風がないことが多くて、畑での作業も平気です。

ここまでは、伊吹おろしも、やってこれないのかもしれません。



カミ雪でした


「もう雪になってもいいと思うけど、まだ雨のままだ、珍しい。標高が高いんだものねえ」

昨日の夕方にはそんな会話でした。

でも、暗くなって雪に変わって、2月1日の今朝は、雪景色でした。

長野県では、ふだんは雪の少ない中部や南部に降る雪のこと、あるいは湿った春先の雪のことを、上雪と呼びます。

どうしてそう言うのかは、はっきりしないみたいです。

湿った重い雪ですが、今回、枝折れするほどではありませんでした。

お昼頃には、陽が当たる斜面などは、ずいぶん解けてしまいました。

まだまだ寒さの続く売木村ですが、春の予感が少しはあります。


雪になってしまいました


「この冬は雪が降らなくて…。峠越えも大丈夫ですよ。安心して来てください」

三連休の間、みなさんに知らせなければ、と思っているばかりで、日が過ぎてしまいました。

すると、今朝はうっすら雪が…。

と思う間も無く、どんどん雪が降ってくる、そういうパターンが多い売木村です。

今日は日中は晴れ間も出ましたが、やっぱり夕方には本格的に降ってきました。

たぶん、今夜は積もることでしょう。

「降らんと、外で仕事しちまうでなあ。降ってくれて、休めるほうがありがたいかもな」

と言うわけで、いよいよ本格的な冬となるのでしょうか。


炭出しは来年になってから


「この間来とったら、炭出し体験させてやったのになあ」

都会から来た若者が、炭焼きの火を入れた、と聞いたので、様子を見に行った時です。

ベテラン炭焼き師に、言われてしまいました。

「うーん、真っ黒になるみたいだしねえ。熱いのも苦手なんだわ」

ところが、年末には若者の炭が、焼き上がるようでした。

壁土による空気調節が失敗気味で、一部燃えてしまったかも、と言う話はあります。

でも、なにせはじめての炭焼き。

見に行ってやるのが、礼儀かもしれない、いつやるだろう。

「あっ、炭出し、来年にしました。

しっかり冷えてからのほうがいいみたいです。

正月は実家に帰りたいし…。」

そんな先でもいいのか。

熱いのを取り出すのが大変と聞いていました。

でもそれは大昔、商業ベースでやってた時の話だったみたいです。

そんな先では、どうやら日程的に、炭出しに立ち会えるかどうか、不透明になりました。







路面凍結のため


わが家から国道418号へ出る村道、途中に十字路があります。

ここで左折して、岩倉ダム方向へ降りて行く道が、今年もいよいよ通行止になりました。

道路の南側に山があって、陽がささないので、一度凍結したら、容易に解けないのです。

この十字路、直進は現在道路工事中のため、通行止。

右折かバックだけが、現在使用可能です。

その右折した先も、いずれもう少し寒くなれば、凍結して危険になります。

バックして、わが家の上を通る道だけが、陽の当たる安全な道として残ることになるのです。

とにかく冬の朝の道は怖い。

出かけるのはなるべく控えて、どうしてもの時は、遅く出ることにしています。








三度目の降雪


今朝、カーテンを開けると、うっすらと雪景色。

17日(月)、19日(水)に続いて、今冬三度目の降雪になります。

積雪といったほうが良いのかどうか、雨が気まぐれに一時雪になった、と言ったところでしょう。

こういう日は比較的温度が高いので、凍結スリップの心配は少ないと思います。

でも、慎重な運転を心がけなければ…。

とかくこの時期、この冬は寒いのかどうか、話題の中心になりがちです。

けれども、結局は、終わってみないとわからないのでしょう。



炭焼き


県の補助を受けて作られた村の炭焼き施設です。

昔からあった村内の稼働可能炭焼き窯は、今ではひとつあるかないかでしょう。

高齢化もあるし、窯が古くなったせいもあると思います。

昭和の30年代には、ほとんどどの家でも焼いていて、それで暮らしていたようにも聞いています。

その炭焼きの今日の状況を聞いてみました。

「1キロ300円で出しているから、1回に200キロとしても、6万円。とても割には合いそうにないです。

ほとんど趣味みたいなものでしょう。」

それはもう絶対そうでしょう。

原材料の原木を用意するだけで、次のような手順が想像できます。


笹などの下草を、草刈機で刈る。

ショベルカーで運搬車の通れる道を作る。

コナラの木を、チェーンソーでこかす。つまり切り倒す。

1メートルの長さに、玉切りする。

運搬車に担ぎ上げ、軽トラの通れる道まで降ろす。

軽トラに積んで、窯のあるところまで運ぶ。

軽トラから降ろして、薪割り機で割る。


炭焼き前だけでも、これだけの作業が必要です。


上にあげた機械を購入するとしたら、どれだけのお金がかかるものやら。

借りてやるとしても、上の作業だけでも、まだ炭焼き作業が残っているのに、ものすごい人件費がいる計算です。


それを、例えばふるさと館では1キロ300円で売っているみたいなのです。

なんてまあ、せこい計算するものではないのでしょうね。



巨大薪割り機でのお手伝い


ある若者が、木を切って炭焼きをするというので、何度か、見学兼お手伝いに、行っています。

先日は、エンジン式の大きな薪割り機で、コナラの木を割るのを手伝いました。

長さが1メートル、直径が太いものでは30センチメートルもあるコナラの木です。

わが家にも薪割り機はあります。

でも直径20センチメートル、長さ40センチメートル程度の原木を割るくらいが限界です。

1メートルの原木は、エンジン式の本格的なものでないと、無理。

手順は、まずそんなとてつもなく重いのを、転がしてきたあとに持ち上げて、薪割り台に載せます。

もちろん、ここでは自分は一切手出しはしません。

危ないのです。

手を出させてもらえない、と言うべきでしょう。

次に、若者は、レバーのスイッチを手前に倒して、薪押しピストンを動かします。

この時初めて、自分はレバーでチョークを絞って、エンジンを全開する手助けをします。

すると薪が刃に押し当てられて行って、薪が割れます。

それを見て、自分はレバースイッチを、逆に向こうへ倒して、薪押しピストンを戻します。

若い相棒は、割れた薪を薪割り機から外します。

しばしば、原木がすっきり割れなくて、ナタで切り離したりもしなければなりません。

それから、若者が新しい原木を薪割り機にセットして、次の薪割り作業が始まるのです。

つまり、自分の手助けを作業はと言うと、薪割り機近くに座り込んで、レバーを二つ動かすだけ。

それでも、若者の動く範囲は相当程度軽減されると、思っているのです。


流れて行くビニール袋


昨夜から雨が降り始めて、ずいぶん激しい雨音がする時もありました。

この季節には、珍しい大雨と感じました。

でも、今朝になって家の前の岩倉川を見ると、増水こそあれ、きれいな水のまま。

そんなには降らなかったのでしょうか。

上の写真、今朝撮ったものではありませんが、真ん中に緑色のものが写っています。

肥料や堆肥などが入っていたビニール袋です。

秋の台風の大雨で、流れてきたものでしょう。

わが家よりも上流には、20軒も家はないけれど、たまに流れてくることがあります。

土を入れて土留めにしたり、野菜の防寒にしたり、再利用していたのが、風で飛んだのかもしれません。

わが家からの流出だって、あることでしょう。

とは言え、こういったものが海まで流れていって、魚などの口に入ることはありそうです。

レジ袋などと比べれば、量的にはそれほどではなくても、気になることです。








ー6.4℃でした


今朝の浪合観測地点の最低気温は、ー6.4℃。

冬らしくなってきました。

テレビを見て気温を書くなんて、とても安直でいささか気が引けます。

でも、未明に外へ出て測るなんて気持ちは、さらさら無いのです。

売木村でも、浪合とほとんど差はないと思っています。

さて、陽が出て、少し気温が上がったところで、コーギー犬キュートの散歩に。

キュートはさすが看板犬、村道よりもブルーベリー畑に、行きたがります。

そこで気がつきました。

これまでは、夜露に濡れていて、ブルーベリー畑を歩かせるのは、ためらわれました。

でも、今日は完全に地面が凍っていて、足元が濡れる心配はなくなったのでした。

もちろん、キュートは平気、ブルーベリー畑のパトロールに、いそしんでいます。