ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
長野県南部の北西で震度5強、売木村は震度3


今朝、7時のラジオのニュースが始まってすぐ、緊急地震速報が流れました。

「あれっ、どこだろう」

どこかよその地方を思い浮かべました。

すると、長野県南部!

思わずブルーベリー畑の中で、身がまえました。

未明からの雨も止んでいて、朝の畑巡回中だったのです。

でも、なにも感じなかった。

そういえば、かすかにズドッっ、という感じの何かがあったんだろうか、くらいでした。

たぶん、これまでと同じで、南部といっても、長野県南部の北のほう、と思いました。

売木村は、長野県南部でも、南のほうにあたるのです。

それでも、あんまりラジオが、長野県南部というものだから、家に戻りました。

「ミシッと音がした。揺れた。外だとわからないのかしら」

やはり、長野県南部でも北西のほう、木曽地方でした。

今の所、震源地のあたりでも被害はないようです。

まずは良かった。

ただ、木曽地方というと、どうしても御嶽山を思い浮かべてしまいます。

記録を見ると、1979年に有史以来という御嶽山噴火があって、その5年後に長野県西部地震となっています。

今回も、2014年にあの噴火があって、3年後の今回の地震、と考えてしまいます。

前回は、震源は深さ2キロとか、今回もごく浅い、ですので、共通するように思います。

まあ、素人だから、なんとでも言えるのですが、そう考えて、これで平穏な時期にもどった、と思いたいものです。


追記

お昼のニュースでは、ケガの人が2名、家屋や道路の被害もあったようです。

なにしろ、ここと同じような山の中なので心配です。


震源は深さ10キロ、と言ってました。














うるぎ暮らし3


○冬の暖房費には正直お金がかかる。灯油ストーブや薪ストーブは必須で手間もかかる。

でも、ストーブでことこと煮込んだ料理は最高。米も土鍋でストーブ炊き!

○コンビニや大型スーパーが無いので不便かと思ったけれど、意外にも無くて平気。

本当に欲しいものや必要なものをその都度考えるので、お金の価値観が劇的に変わった。

○趣味のサークル活動がびっくりするほど多い。初対面でも「一緒にやってみようよ!」と誘ってくれた。

○冬の明け方は、たまに氷点下10度以下。凍結対策はこまめに!最初は面倒だったけど、意外に慣れます。

ゴミゼロ


今年もゴミゼロ運動が、6/4に行われました。

岩倉集落は、集会場から平谷峠までの国道418号沿い3キロメートル弱。

上からと下からの両方から、ゴミを拾いました。

人口が増えているわけではないと思いますが、参加者は年々増えているように思います。

最年少は0歳児。乳母車の女の子でした。

最高齢については、確認しませんでした。

それで、ゴミの量はというと、下の写真の通り。

ほんとうに少なくて、うれしいことでした。

夏でも涼しい売木村は、これからたくさんの人が訪れると思います。

ぜひゴミ捨て無し、であってほしいものです。


うるぎ暮らし2


うるぎ暮らし本音トークの続編です。すべて引用です。

○夏はとにかく食費がかからない。激安、激旨、超新鮮な夏野菜が主食。時々、ご近所の農家からどっさり差し入れをいただいちゃいます。

○村民割引の回数券で温泉に入ると、都会でスタバのコーヒーに払っていた額より安い。

○お年寄りのキャラが濃くて、茶飲友達になるとものすごく楽しい。色々な名人がいて、惜しげもなく技を教えてくれる。

○売木の水で炊いたうるぎ米が美味しすぎる。おかわりが止まらない。要ダイエット?



うるぎ暮らし本音トーク その1 (移住定住ガイドより)



「うるぎ暮らし  南信州売木村移住定住ガイド

                    生き方を変えたいと思っていました。」


売木村移住定住支援対策室から、上記のような小冊子が出されました。


そこに、「移住者が語る  うるぎ暮らしの本音トーク」というのがあります。

あんまりにも的確で楽しいので、少しずつ順に徹底的に引用します。


○エアコンが無い家が多くて驚いた。そして本当に夏は冷房要らず。

○雪が積もっている時期でも、宅配便が毎日来るから、通販を使えば何も困らない。

○車が無いと生活できないので、脱ペーパードライバーしました。道が空いてて楽勝。

  景色が美しいから、いつの間にかドライブが好きになっていました。


参考までに、村内でエアコンのある家って、自分は知らないのです。役場や郵便局にはあります。


以下、その2に続く




塩吹館改め、遊星館、順調そうでした。


用事があって、遊星館に行ってきました。

3月に塩吹館から名前を変えて、リニューアルオープンした村内の旅館です。

やはり、よくはやっている様子でした。

なにしろ、地元の炭を使った囲炉裏料理が、10,000円前後の宿泊料でいただけます。

露天風呂のある温泉も、楽しめます。

昔ふうの森の宿です。

毎年のように、ここに泊まってから、ブルーベリー園花の谷に来られる、お客様も何組かあります。

で、用事ですが、そのひとつは、ペット連れは無理でしょうね、ということ。

やはり、無理でした。

ペンションのような規模で、ペット連れに特化した宿でないと、なかなか大変でしょう。

ペットが苦手な、一般のお客様も、多いと思います。

わが家にはペットがいるので、そういう宿が欲しいのですが、ペット不可は、それはそれで納得なのです。

というわけで、ここから近くの南信州のどこかに、ペット可のいい宿は、ないものでしょうか。


ホイルローダー物語


「新しくホイルローダーを購入しました。これまでのものを希望の方は、役場まで」

村のケーブルテレビに、だいたいそのような趣旨の、お知らせが出ました。

残念ながら、ホイルローダーがどのようなものかは、自分は知りませんでした。

でも、たまたま役場に行った時に、写真のようにそれらしきものが並んでいました。

と言っても、向かって左側のそれが、下取りに出すものなのかどうかは、わかりません。

右側のは、新しく購入したものなのでしょう。

それよりも、ホイルローダー、車輪で動くシャベルカーということのようです。

では、キャタピラーで動くのは、なんと言うんだろう。

と言うことは置いておいて、これで雪かきもしているんだっけ?

冬のいやに静かな朝は、たいてい雪がしっかりと、降り積もっています。

その村道を、雪かきしながら通り過ぎていく、車両の物音をきくほど、頼もしいことはありません。

聞くところによれば、雪が降りそうとなると、雪かき作業の運転手の人は、どこへも出かけずに待機しているとか。

それでいて、雪が積もらなければ、報酬は無しとか。

なんだか話がそれてしまいました。





うるぎ星の森音楽祭「もういちど木と暮らそう」は5/20(土)です


今年で4回目となる星の森音楽祭。

5月20日(土)の12時50分から、売木村の星の森キャンプ場で行われます。

入場は無料。20時までです。


音楽ステージでは、


愛知東邦大学吹奏楽団

チャスカ&BBN

売木中学校音楽部&GO♡JAZZ

Lue&Kuripon

Paix2

山下あすか&ボーカリスト上新功祐

Grand Noir

AiLi

竜馬四重奏

澤田かおり


そして、飲食ブース(18店舗)や体験ブース(14)も、盛りだくさんです。

標高が高く寒い時もあるので、羽織るもの持参でみなさんどうぞ。

モミ蒔きは手作業でした
うまい!うるぎ米育て隊、4/13のモミ蒔き作業は、今年は手作業でした。

なんてこと、田植えも終わった今頃に何ですが、なにしろ写真が出てきたのです。

というか、せっかくの初めての試みが、うまくいって、よく育った苗で、田植えも5/14に完了したものですから。

下は、トレイに土を入れるところ。

子どもたちも、ていねいに熱心にやりました。



モミを蒔くところ。



水をかける。



下は、モミの上に土をかけてやるところ。



最後に、体重をかけて、モミを土になじませる。

昔はこの手蒔きのやり方だったそうで、人手がいって大変だったようです。

でも、育て隊は優秀で熱心な人手が、たくさんあるのです。

それに、ネットワークうるぎは、たいていの機械がそうですが、モミ蒔き機も、農家からの中古品でよく故障するのでした。

山桜の開花は、種まき開始の合図


例年とくらべると、だいぶ遅れてと思います。

ヤマザクラが咲き始めました。

これを合図に、山の神様が、山から降りてきて、農業の神様に変身するとか、どこかで読んだことがあります。

「ヤマザクラが咲いたら、もう霜は来ないから、タネを蒔いたり、苗を植えても良い」

そう聞いたこともあります。

それでも用心して、ようやく今日、ビニールのハウスの中に、キュウリやピーマン、白菜などの苗を植えました。

そして、路地には寒さに強いし、虫がつかないレタスを・・・。

そのヤマザクラ、個体差があるようで、下の写真のように、わが家のはまだ蕾と葉が目立ちます。

川向こうのヤマザクラは、上の写真のように、葉は目立たず、花が見事です。

このよそのヤマザクラ、秋の紅葉も見事です。

伐られたりせずに、いつまでもあってほしいと、いつも眺めています。