ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
冬休みに入ります。


今年も年末が押し迫ったところで、このブログ、冬休みに入らせていただきます。

いろいろ書き残したことはあるので、気が向いたら書くかもしれません。

でも、毎日やらなくてもいいという解放感がたまらないので、かってですが、しばらくはお許しください。





「ねこ」でぽっかぽか


「じわじわと人気再燃!」

上のポスターに書いてあるのは、猫のことではありません。

チョッキのような感じの、信州名物の防寒着のことです。

信州南木曽だけでなく、売木村でも、作る人も着る人もいて、親しまれています。

うるぎふるさと館へ行くと、地元の人が作った「ねこ」を売っています。

不要になった衣服を使って、文字通り手作りしています。

とても暖かだそうですが、着るのは女性が主だと感じています。

暖かそうなのはいいけど、なんとなく猫のように背中が丸くなりそう・・・。

いや、もう丸くなっているのかな。

みなさん、良かったら手にとってみてくださいね。


光あふれる春が、待ち遠しい。


売木村の厳しい冬を耐え忍んで、光あふれる春を迎えたい、という話ではありません。

やや遅まきながら、光回線が村でも利用できるようになる、という話です。

近くの村との共同作業で、工事?が行われるようです。

すでに村の中には、農業➕コンピュータで、生活している人がいます。

日によって重いことがあるなどと、会話が行きかうこともあるようです。

と言っても、自分は世の中の純朴な人々の1人なので、lTどうのこうのという話には、弱いのです。

でも、これからは都会の企業が村へ来ることも、大丈夫になるのでしょう。

楽しみです。



深夜の地震


目が覚めていたのか、ウトウトしていたのか。

ビーッと言うような音が聞こえて来ました。

そして、小さくコトッという音が、聞こえたようにも思いました。

あとで時間を確かめると、12月6日午前0時13分。

起きてリビングに行ってみると、スマホが光っていました。

テレビをつけると、「緊急地震速報です」の画面。

長野県中部、震度4などの情報が入ってきます。

震度4なら、速報に驚かされはしたけれど、まだ良かった方だと思いました。

そう、緊急地震速報、震度5以上の時と思っていました。

震度4以上だそうです。

前回の木曽地方の時もそうでしたが、同じ長野県でも、ここからはかなり離れた震源地です。

当地では、まったく揺れは感じなくて済みました。

それにしても、3.11以降に、県内では北部や中部で、4回も強い地震がおこっています。

長野県南部の当地では、今まではおこってないものの、油断は禁物でしょう。

用心だけはしっかりしなければ、と思うのですが、さてなにをしたものか。





村営住宅が建設中です。田舎暮らしにオススメ。


村の中心部、三叉路の南かどに、村営住宅が建設中です。

お店が三軒ある商店街には至近距離。

役場や郵便局、診療所、小中学校、あるいはGSにも歩いていけます。

もっとも、GSに歩いて行く人はあまりいないかもしれません。

平屋で2棟、2軒分のようですです。

車を降りて見に行ったら、親切に設計図まで見せてもらえました。

リビングと2洋室、あとは水回りのようです。

とっても大きく、広く見えました。

工事期間は平成30年2月28日まで。

たぶん、4月には入居できるのでしょう。

田舎暮らし、こういうところに入るのが、いちばんのオススメと、かねてから思っています。


山は雪


阿南町新野から売木トンネルを抜けて、売木村へ降りて来たところです。

遠くに、平谷から浪合にかけての山々が見えます。

今朝は、起きてまず外の様子を見ました。

幸いなことに、積雪はなし。

まだ今日のところは、自由に道路を走れました。

上の写真では、高い山のあたりは、うっすらと白くなっています。

「山は雪」というところですが、遠くから見れば、売木あたりだって「山」なのです。

でも、山の中にも里があって、売木の里は、今日はまだ雪ではないのでした。




びっくりこーんは、ヒット商品


ネットワークうるぎが、生産販売しているビックリコーンです。

トウモロコシを乾燥させたものですが、びっくりするほど美味しいのです。

高原の村うるぎ産のトウモロコシは、生でも茹でても美味しくて、人気があります。

夏には、わざわざ名古屋や浜松などから、買いに来ます。

乾燥させると、見た目はとても地味になります。

でも、噛めば噛むほど、トウモロコシの味が、口の中に広がって来ます。

「一度買った人が、まとめていくつも買っていきます」

と言うわけで、どうすればこの美味しさを一度体験してもらえるかが、課題なのです。

シチューやスープに入れても良いし、お米に混ぜて炊いて、トウモロコシご飯にしても美味しいです。

下は、ネットワークうるぎの若いお母さんたちが、中心になって作っている漬物。

村のお姉さまたちの指導を、仰いでいます。

ミョウガやワラビの漬物が人気だそうです。

でも、写真を撮った時は、すべて売り切れでした。


いなご、蚕さなぎ、蜂の子佃煮、そして鹿肉の煮付け


海なし県信州の名物、と言うか、知らない人には、ゲテモノに見える食べ物たちです。

この他に、ザザムシなどの水棲昆虫も有名ですが、これはふるさと館には売ってませんでした。

信州人歴12年と言っても、サナギは食べる気にはなりません。

イナゴや蜂の子なら大丈夫。

蜂の子って、美味しいですよ。

そして、鹿肉も悪くはありません。

ただし、この写真のどれも、まだ購入したことはないのです。

売っていることを知りませんでした。

すみません。

どんな味なのでしょうね。


雨で、ハザかけ米、苦戦しました。


今年10月の長雨、田んぼがグチャグチャで、稲刈りがなかなかできませんでした。

雨の合間に、ようやくのことでハザかけしたけれど、またまた雨続きで、今度は脱穀機にかけることができなかった。

コンバインで、いっきに稲刈り、脱穀をしたほうが、まだ良かったという結果になったのでした。

けれど、コンバインは数百万円もする・・・。

ハザかけ米は、ハザかけをしている間に、茎や葉から栄養が供給されて、その分美味しくなるとか。

みんなで稲束を運んで、ハザ掛けをするのも、いいものです。

その結果として、機械にではなく、働いた人にお金が回るのもいいのです。

来年は、今年のような長雨にはなりませんように。

写真は、ふるさと館に売っているお米たち。

玄米も精米もあります。

値段は、1kgが精米で500円前後。玄米は300円ちょっとかな。

山から流れ出てきたばかりのきれいな水、空気、適度に冷涼な気候に育まれた美味しいお米です。

知る人ぞ知るで、よく売れています。

もちろん、混ぜ物なしのコシヒカリや秋田こまちです。

「ノーブランド、けれどもノーブレンド」








一部崩落した道路、もうすぐ国道で無くなるところ


この秋に、売木村内の国道418号の一部が崩落したことは、以前に書きました。

原因はわかりませんが、長雨のせいかと想像しています。

場所は、軒川橋のすぐ西側、こまどりの湯へ行く道の手前になります。

実は、この道路、あと1~2年で国道ではなくなるみたい。

つまり、ふるさと館前から西へ、道路と橋が整備されつつあります。

そちらが国道になるのでしょう。

もしかしたら、あと少しで、国道としてのお役目を、終えることになって、さびしいのでしょうか。

それとも抵抗しているのか。

あと少しがんばりきれなかって、くやしい思いをしているかも。

なんだか老いの身につまされるような、いやまあ考えすぎ、いずれ崩落箇所は、直されるはず。

これからも大切に、通らせてもらうことにします。