ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー狩り、今夏は中止です。

コロナウイルス感染防止のため、2020年夏のブルーベリー狩りは、行わないことにしました。
大変残念ですが、検温や消毒、受付での密集回避など、年寄りふたりでは、充分に対策できそうにありません。
また、病院まで1時間以上かかる山の中のため、もしものことがあると、みんなが困ってしまいます。
どうかお許しください。
来年をめざして、手入れに努めますので、よろしくお願いします。

以下、令和3年(2021年)夏のための、参考資料です。(作成中)

1 入園料 (時間制限なし・2,500坪の園内で、自由に食べ歩いて、お土産パックをつくる)
☆ 大人
○ミニパック付き 500円
○大バック付き 1,000円
○大パック2つ付き 1,700円
☆ 小・中学生
○パック無し 200円
○ミニパック付き 300円
○大パック付き 500円
☆幼児
○パック無し 0円
○ミニパック付き 100円
☆ペット 0円

2 開園期間
7月7日頃~8月8日頃
090の7862の4605へ確認してから、おでかけください。

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
売木村の未就園児状況


ひょんなことから、売木村の未就園児の子どもたちとお母さんとの集まりに、行ってきました。

 サンタクロースのお爺さん、としてです。 

そういうところに出るのは、恥ずかしいのです。 

昼食にも招待されていましたが、サンタの出演時間を聞いて、そこにだけ出るつもりで出かけました。 

「予定が変更になりました。読み聞かせと、昼食とのあとに、サンタさんをしていただきます。」 

うむを言わせず、そうなりました。 

仕方がないので、図書室からアンパンマンの絵本を持ち出して、まず読み聞かせをしました。

 そこで確認したのですが、子どもたちのお母さんも、アンパンマンで育った世代なのでした。

 自分は、カレーパンマンとか、バイキンマンとかくらいしか、知らないのです。

 それから、手づくりの美味しいご飯をいただきました。 

写真は撮り忘れました。

上の写真は、そのあとの、これまた温かく美味しい手づくケーキです。 

そしてようやく、サンタクロースになりました。 

当日の参加は、0〜3歳児の7名、都合による欠席が2名。 

他に、3歳児と2歳児で、すでに保育園に通っている子が2名。

 つまり0~3歳児は、合計で11名いるようです。

 他に、もうすぐ生まれる子が2名とか。 

人口550人前後、世帯数270前後で、高齢者の多い山の中の村としては、すごくないですか。

 なお、この13名の子どもたちのお母さん9名の内訳は、地元出身が2名、Iターンが7名と思います。

待機児童などと言うのは、この村にはないようです。

天ふじで年末販売


うるぎ温泉こまどりの湯、食堂「天ふじ」で、年末販売があるそうです。

内容は、パンフによれば、タラバガニ、量り売りマグロ、えび天(31日のみ)のようです。

天ふじは、去年の春から、こまどりの湯で、東京豊洲から取り寄せて、食堂をやっています。

村の人も、よく行くようです。

12月30日・31日は、11時から14時まで、予約は12/25までに。0260-28-2933

飲食営業は、12/26から1/3まで休業です。

この販売、わが家もというところですが、2人と1匹だけのお正月なのです。

なお、こまどりの湯は、12月28~31日は年末休業。

年始は、元旦~8日まで、休まず営業!です。





八連蔵は、国内に2つしかない


売木トンネルの東、阿南町新野の農村文化伝承センター。

上のような外観の建物です。

その前を通ることは、これまでに何度でもありました。

でも、失礼ながら、どこにでもあるような展示だろうと、入ったことはありませんでした。

その建物の中には、町に散在する数々の伝統芸能が、紹介されていました。

そして、そのもう一つ奥に、なんと下のような八連蔵なるものが、現存していました。

この地方の庄屋の蔵だったそうです。

八連蔵、蔵が八つ続いていて、全国でも、ここと徳島県にしかないそうです。

写真は、その右側部分です。

いかに財力のある大庄屋だったか、想像できるというものです。

展示物も豊富でした。

ぜひ一度、足を運ばれることをお勧めします。

入館料100円、9:00~17:00、水曜日定休。

ただし、八連蔵についてのパンフは、ありませんでした。

農村文化伝承センターのパンフにも、なにも書いてありません。

いつも、説明をしてくれる人が、交替で待機しているそうです。

親切に説明してくれるので、お願いすると良いでしょう。

とにかく、文字通り奥が深い資料館でした。





ひょうたんランプ作り


ひょうたんランプ作り、という珍しいパンフを見かけました。

以下、パンフに書いてあるままです。


日時    11月12日(火)  10時~約4時間ぐらい

場所    カフェ、ギャラリーのの庵(売木村役場の前)

参加費  4500円(ひょうたんランプとランチ代)




新久助橋、完成しました。


下の写真は、ふるさと館の前から、西のほう、平谷村方向に走ってきた所です。

細い小さな橋だった久助橋が、新しい立派な橋になりました。

まだ、正式に完成したわけではないし、橋の名前も、どうなるかは知りません。

でも、ほとんど完成です。

上の写真では、向こうの方に、道の駅ふるさと館が、かすかに見えます。

左のほうへ行く、こまどりの湯の下への道は、たぶん旧道になるのでしょう。

これで、まっしぐらに、売木村を通り抜けてしまえるようになったような…。

村が、単なる通過点となってしまわないことを、望むばかりです。

うれしいのは、歩道のある区間が、かなり延長されたことでしょう。

ほんとうに、安全で明るい道になりました。


売木村一円


「それでは、郵便番号からお願いします」

「399-1601です」

「わかりました。長野県下伊那郡ですね。

売木村一円、でよろしいですか」

最寄りのコンビニまで30分、大型店のある飯田市までは、1時間以上かかる山の中です。

時には、通販を利用することがあります。

お店に行っても、欲しいものの実物がないこともあるから、かえって便利かもしれません。

お店も、大変な時代になったものです。

もちろん、手にとってみたほうが、安心があるのは確かですが…。

それはさておき、電話の続きです。

「あの〜、一円というのは、無くていいです。とってください」

よく、そういうことがあります。

「一円」とは、辞書によると、「ある地域全体」と行った意味のようです。

売木村は小さな村なので、村内のどこでも、同じ郵便番号ということなのでしょう。

たぶん、電話の向こうでは、「一円」を地名、と思ってのことだ、と推測します。

時々よく、あります。

もちろん、どうということではありません。

なにしろ、人口550名、小さな村なのです。


河川敷に遊水池を掘れないものか



台風19号、来る前から、恐ろしい台風だ、とは思っていました。

けれども、あんなにあちこちに水害をもたらすとは、思いもしませんでした。

3日前の気象庁の会見では、狩野川台風の例をあげていました。

でも、千葉での風台風の印象が、強すぎたのです。

もう少し踏み込んで、あちこちで川が氾濫しますよ、と言ってくれたらよかったのにと、思わないわけでもありません。

けれども、そうしたとしても、自分のところが水害に見舞われるなどと、想像できた人は少なかったことでしょう。

悔しいけれど、想定外の天災ばかり起こります。

千曲川の氾濫も、ほんとうに気の毒に思います。

あの地形では、残念ながら、なんらかの対策をしない限り、これから先も起こりうるでしょう。

以下、まったくの素人考えです。

ただ単に堤防をより高く築いても、水の量が増えれば、その重量、水圧で決壊する心配は、残るのではないでしょうか。

東京の地下には、遊水池が掘られているそうです。

地下でなくても良いから、河川敷に露天掘りの遊水池を、作ることはできないものでしょうか。

ふだんの雨水などは、ポンプで汲み上げて空にしておけば、良いように思います。

河川敷が、りんご畑だとか、いろいろ使われているようだから、簡単ではないでしょう。

でも、なんとかしなくては…。

今回の東北もそうですが、地方はますます疲弊するばかりの気がします。

掘り上げた土を、どこへ持っていくかですか。

堤防に使う、くらいでは、使いきれないのかもしれませんね。

難しい。




ただ今、うっすらと紅葉です。売木村。


昨日今日と、雨の日々。

雨が降ると、どこかで災害が起きる感じで、これも温暖化のひとつの現象なのでしょうか。

そうなら、ほんとうに困ったものです。

テレビは、長野の局はどこも、長野県台風災害のテロップが入ります。

名古屋の局は、テロップ無し。

隣同士の県なのに、明暗が分かれるようで、複雑です。

話は変わって、遅れていた紅葉が、ようやく始まりました。

以前は、8月の終わりころに、まず桜から薄汚れた紅葉が始まったものでした。

でも、この数年、桜もきれいに紅葉するようになった気がします。

思い違いかもしれません。

雨のせいもあって、室温は20℃を越えているのに肌寒くて、一日中薪ストーブを焚いています。

紅葉、これからどんどん深まっていくのでしょう。


雨の後の岩倉川


昨日の午後くらいから降り出した雨、ようやく晴れ間が見えてきました。

ただ今、9/23のお昼過ぎです。

夜のうちにも、午前中にも激しく降る時がありました。

浪合の観測点では、20个曚匹旅濘紊世辰燭茲Δ任后

先ほど岩倉川を覗いてきました。

写真の通りです。

意外にも、それほど濁ってはいませんでした。

ささ濁りと言って良いのでしょうか。

岩倉川は、流域が広くはなく、濁ってもすぐに回復する傾向にあります。

売木川の本流は、もう少し濁りがあるかもしれません。

でも、それも早くに回復するように思います。

危険はなさそうだし、午後に、様子を見に行ってみようか、というところです。


コンテナハウスホール


先日の音草学校のコンテナハウスのことです。

しの笛や太鼓、琴の演奏が行われたホールは、コンテナを集めて造られたものです。

18年前に作られて、世界の海や陸を旅した8個の中古コンテナを、長方形の「ロ」の字形に並べてあります。

コンテナはあちこち傷やらヘコミやらがあるそうですが、綺麗に塗装してありました。

その「ロ」の字の内側に、上の写真のような屋根をつけて、ホールにしています。

8つのコンテナの中は、事務所や住居、宿泊室など、なのでしょう。

遠くから、音草学校に学びに来る生徒たちのためにも、使うのだと思います。

オープンの日は、暑い日でしたが、コンテナの中に断熱材が入れてあるとかで、涼しいものでした。

古いコンテナをリホームして、ここまでするには、随分お金がかかったと思います。

しかし、ホールと8つの部屋を作ろうとしたら、もっと莫大な費用が要ったことでしょう。

基礎がないから、固定資産税も要らないとも、ある人から聞きました。

去年のある日、不思議な雰囲気の2人の女性が、浜松のコンテナ会社に訪ねて来て、始まったというこのコンテナ施設。

よく思いついたものです。

ただ、ここ以外では、行政の建築許可が下りないから、作れないみたい。

実を言うと、いくつものコンテナが置かれた時には、びっくりしました。

でも、溶け込みつつあるように思います。