ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
タブの木は残った


福井県坂井市三国町、旧森田銀行の斜め向かいに、タブの木がありました。

森田家と同じく、北前船の廻船問屋だった、豪商内田家の屋敷跡だそうです。

明治の頃の当主が、三国港の突堤や三国病院など、ずいぶん私費を投じだとか。

ところが、鉄道事業の進展とともに、北前船が衰退し、没落したそうです。

時代の変化を読めなかったとはいえ、人々のために尽くしての結果は、ほんとうに残念です。

ただ、その子孫は岡山の方で、活躍しているとのこと。

タブノキの下には、実が落ちていました。

記念に拾って、いくつか持ち帰りました。

待てよ、売木村のような厳寒地で、育ったものでしょうか。


新宿の都市高速は街路樹の中


「あれっ、高速道路なのに道路わきに何台も車がとまっている」
 先日、銀座方面から高井戸へ向けて、都内の高速道路を走っていたときのことです。

 カーナビの指示に従って、右のほう、「新宿方面」だったと思います、そちらのほうへハンドルを切りました。
 道はどんどん下っていきましたが、そんなことは都市高速ではよくあることです。すると、広い道に出ました。そこの道路わきに何台も車がとまっていたのです。

 それで、反対側を見ると、道路の向こうに低い柵だかガードレールだかがあって、その向こうには人々が歩いています。
「あっ、ここって都庁のところの道路だぞ。前に修学旅行で生徒と来たことがある。おかしいなあ、こんなところを高速道路が走っていたのかなあ」

 さっぱり事態が飲みこめませんでした。なおも車を走らせている間、カーナビは落ち着いて道案内をしています。
「そうか、道を間違えたのか。高速道路から出てしまったんだ」
 ようやく、状況がわかりました。

 それにしてもカーナビはえらい。なにひとつ文句を言うわけでも、馬鹿にするわけでもなく、あくまでも冷静に高井戸方向へ案内をしてくれました。
 指示に従って、新宿見物をしながら車を走らせて、やがて高速道路に戻ることが出来たのでした。

「ああ、あそこはよく間違えるみたいですよ。知人で東京の道をよく知っているはずの人間も間違えたことがあるといっていました。」
 最近まで東京に住んでいた人が、そんなふうに慰めてくれました。
 
 まあ、言うならば、異次元空間に入り込んだみたいで、とても楽しい体験でした。ということにしておきます。 
 
写真はゲラニュウムの花。日本のゲンノショウコの仲間です。