ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
葉っぱから茎が出て、実が付いている木


袋井市法多山本堂に向かって左側、太子堂の左右に、木が植えられていました。

垣根で囲われていました。

何の気なしに足元を見ると、写真のような実が落ちていました。

葉っぱのまんなかから茎が出て、実がついています。

見上げると、複数の実がぶら下がっているのもありました。

なんの木なのか、標札らしいものはありませんでした。

家に帰って、「葉っぱに実のついている植物」で検索してみました。

ハナイカダ、それなら我が家にもありますが、ぜんぜん違います。

結局、法多山に電話をかけました。

「ああ、菩提樹です」

調べてみると、菩提樹には3種類あるみたいです。

お釈迦さまの菩提樹、シューベルトの歌曲の菩提樹、そして中国原産のシナノキ科の菩提樹。

これは、中国原産シナノキ科の菩提樹でした。

葉っぱと思ったのは、苞葉と呼ばれるもので、確かに葉っぱとは少し違っていました。

うまく検索できなくて、当たり前なのでした。


冬の花わらびを見つけた


サビタのブルーベリー畑に降りて行く時、フユノハナワラビを見つけました。

階段を降りたところ、用水のすぐ上です。

写真のものは、花のように見えるけれど、花ではなくて胞子葉だとか。

そんなに珍しいものではないそうですが、形に特徴があるので、見つければ気になります。

確かに、花の谷では毎年園内のどこかで見かけるから、珍しくはないでしょう。

そうか、いろんな草花が枯れて来る時期なので、なおのこと目につくのかもしれません。


スズランの木は世界三大広葉樹?


スズランの木が、紅葉してきました。

小さな白い花を、スズランのようにつけることから、この名がついたようです。

でも、スズランほどに可憐なのかなあ?

その理由ではなくて、「世界三大広葉樹のひとつ」につられて、通販で購入しました。

とは言え、ずーっと、紅葉もそんなにすごくはなかった・・・。

と思ってきたら、今年はだいぶ綺麗です。

木が大きくなったせいでしょうか。

今年は、紅葉が全体的に綺麗な気がするから、そっちのせいかもしれません。

これなら、ブルーベリーに日影を落とすから伐る、なんてことはやめて、もう何年か様子を見ることにします。

ちなみに三大紅葉樹、あとの二つは、ニシキギとニッサだそうです。

ニシキギはわかります。

でも、ニッサって?

もちろん、購入の気はありません。

ニシキギもいいけど、ドウダンとか、ブルーベリーとかだって、いいんではなかろうか。







浦島草の赤い実


車庫から村道へ登っていく途中に、赤い実が目立つようになりました。

浦島草とか、マムシグサと、呼ばれる野草です。

今年はトウヤクリンドウなど、なぜか、園内で新しくいろんな花を見つけることが、多いように思います。

浦島草とは、花の様子を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てたとか。

この浦島草も、わが家のメインストリート?あたりでは、初めて見かけます。

花の時期のほうが、まだ目立ちませんでした。

ここまで赤いと、よく目立ちます。

毒という話もあるし、マムシグサなんて怖い別名もある。

まあしかし、せっかくです。

そっとしておいてやりましょう。







白菜


8月から9月にかけて植えた野菜の苗が、だいぶしっかりしてきました。

レタスと白菜、キャベツです。

大きさに差があるのは、2回か3回に分けて植えたから。

一度に全部が採り頃になると、食べきれないのです。

この春には、キャベツが採りきれない、食べきれなくて、割れてしまいました。

それで、3つくらいずつ、分けて植えつけました。

まったく、農業というもの、ないときはないけれど、採れはじめると一度にどっと採れて困ってしまいます。

そうそう夏のころに、野菜が値上がりしたことがありました。

それで、少し熱を入れて野菜作りに取り組んだのでした。

まあ、二、三回に分けて、苗を植え付けたくらいのことですけどね。

するとなんということか、新聞には、白菜が普段の年の半値、と出ていました。

そんなものでしょう。

だから、わが家でもまあまあ順調?に育っているのでしょう。





ゆめかおりも、南部小麦も、パン向きのようです


花の谷の近くで、小麦がきれいに、芽を出しています。

聞けば、南部小麦という品種とか。

この畑の隣にあるのは、ゆめかおりという品種だそうです。

どちらも、パンにするための品種のようです。

ゆめかおりは、長野県ゆかり、南部小麦は岩手県の小麦、と教えてもらいました。

10月のこの時期に、もうこんなに芽が伸びています。

売木村は、このあと厳しい冬が来て、地面も凍りついてしまうので、心配になります。

たぶん冬の間は、根を充実させるのでしょう。

「2回は踏んでやらないと・・・」

春までは、ずいぶん長い気がします。




アケビをどうするか


「食べて美味しい、と言うほどではないねえ。」

「まあ、話のタネくらいのものだね」

わが家での、アケビについての評価は、このように定まっています。

それでも、見つけると、うれしいことは確かです。

村道のわき、ブルーベリー畑との境に、何年か前に動物避けのフェンスを設けました。

主に、野うさぎが入ってくるのを、防ぎたかったのです。

けれども、株が大きくなって、せっかくの苗を、プチンと噛み切られることは、なくなりました。

イノシシが、ミミズ目的などて、ブルーベリーを掘り起こすことも、なくなりました。

これは村の周りに、動物除けの柵が、はりめぐらされた効果だと思います。

と言うわけで、草刈りなどの作業の邪魔になるし、わが家のフェンスは、撤去しつつあります。

でも、アケビがいつの間にか、幾つもぶら下がっているのを見つけました。

自然に生えてきたものです。

まったく、つる植物はたくましい。

ここだけは、フェンスを残して、アケビを楽しんだものでしょうか。



ほおずきは、南信州の特産です。


庭の片隅で、鬼灯がすっかり赤くなっています。

と言っても、何の手入れもしないせいなのか、小さな実です。

それに、この時期になってからでは、お盆にはとうてい間に合いませんでした。

聞けば、隣町では栽培していて、東京方面などに出荷しているそうです。

お盆前にいただきましたが、見事に色づいていました。

早生の品種があるのでしょうか。

ハウス栽培など、特別なことはしてないそうです。

南信州のほおずきは、東京でも一級品として定評があるとか。

八十半ばの夫妻が栽培しているケースもあると聞きましたが、収穫時に重くないから都合いいでしょう。

そうそう、南信州では、お盆に鬼灯をお供えする風習は無いような・・・。

そういうものなのでしょう。


赤い実


赤い実が、目に入る季節になりました。

上の写真は、ツリマユミ。

実がぶら下がって、半分に割れます。

マユミは毒と聞きますが、こちらはどうでしょう。

花の谷では、川沿いに何本か生えています。



ガマズミ。

この木は小さな実です。

葉まで赤いのは、少し早すぎる紅葉なのか、シンクイムシなのか。

株元が藪の中なので、確かめてないのです。



これもガマズミ。

実が大きいのです。

曼珠沙華の咲く坂道


「もう咲いてる。まだお彼岸はだいぶ先なのに」

9月になって、曼珠沙華の花が咲き始めると、いつもそう思います。

そして気がつくと、いつの間にかお彼岸は、過ぎてしまっているのです。

今年もそのようにして、日々が過ぎています。

と思ってたら、ブルーベリー園の外、村道の脇に三本の赤い花を見つけました。

植えた記憶はあって、村内のある家からもらってきたものです。

敷地内には置きたくないから、と聞いて、わが家でも敷地の外に植えました。

まだこれから、大きな株になって行くのでしょう。

彼岸花の続く坂道、そうなると良いのですが・・・。