ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年には7月7日に開園し、8月10日(木)に閉園したブルーベリー摘み。

今年も同じような日程で、やっていけたらと思っています。少し早く開園できそうです。

どうぞよろしくお願いします。

なお、今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえます。お楽しみに。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ミョウガタケ


うるぎふるさと館に、びっくりコーンを売っていました。

とうもろこし2本分の乾燥トウモロコシが入って、480円です。

「試食をしてもらうと、ほとんどの人が買われます。中には、まったくダメと言う人もありますけどね。」

そのままかじってもよし、ご飯に炊き込んでも良しのヒット商品であることは、以前にも書きました。

ふるさと館の表には、ミョウガタケやワラビを売っていました。

でも、今年はワラビの出も、まだ今ひとつとか。

180円とか200円とかで、商品として出すのは、なんだか割に合わない気がします。





夕暮れの木々たち


我が家の前の木々たちです。

もう少し早くに撮れば良かったけれど、少し暗くなりすぎてしまいました。

左手のまだ葉が付いてない枝が、ねむの木。

文字通り、まだ眠っています。

その右、赤っぽい葉の木が、スモークツリー。

10本ほどもあったうちの二本が、去年、一昨年に枯れました。

原因は分からなくて、なにか弱さがあるのだろうかと、思ったりしています。

その右の白いのは、ナンジャモンジャの花。

もうすぐ満開です。

その右下は、山ボウシの白い花。

次々に、木々の花たちが咲いていきます。



カンアオイが増殖中です


「これだけカンアオイが殖えたら、あとはギフチョウだ。エノキだってあるんだし…」

ブルーベリーの株元に、カンアオイの群落を見つけました。

以前から、小さな株があるのは知っていましたが、なぜか実生らしいものが、いくつも生えてきています。

ブルーベリーのための木くずが、いいほうに作用したのでしょうか。

というところまで来て、なにか変な気がしました。

はて?エノキはなんだったろう。

そうか、エノキはオオムラサキのために、植えたのだった。

オオムラサキが飛来することも、長年の夢なのです。

そして、ギフチョウもぜひ目撃してみたいのです。

どちらも未だ見たことがないなんて…。

鳥もそうですか、とにかく飛ぶものは素人、かつ研究不足家には、目撃困難。

いやその前に、当地にはいないのかもしれません。

まあとにかく、カンアオイとエノキ、食草はあるのです。

ブラックベリーは、今年も期待できません。



「サビタの入り口に、ブラックベリーのツルがあったと思うけど」

「あれって、ブラックベリーだったの。切ったと思うよ」

やっぱりそうか。

でも、仕方がないか、と言ったところです。

とにかく、花の谷では、ツルものトゲものは、不倶戴天の仇のようなものです。

すぐに草花や樹木に絡んで、うっかり引きちぎろうとすると、大事な植物まで巻き添えにします。

トゲももちろん大嫌い。

バラの花は大好きだけど、トゲが嫌だし、厳寒地のせいもあって、ほとんど植えないくらいです。

問題のブラックベリー、以前植えたけれど、はかばかしくなかった。

そして、ツルトゲものなので、粗略にしてたのでした。

でも、しっかりした株を見つけて密かに楽しみにしてた。

まあ、仕方ないでしょう。

それでもがんばってくる気なら、待つことにします。


ウドから、木くずを外して、ブルーベリーに


ウドにかけてあった木くずを、取り除けてやりました。

もう何本も、この春に収穫させてもらったのです。

これ以上はとらないで、来年のために株を肥えさせる必要があります。

それに、木くずをそのままにしておくと、だんだん根っこが、上に上がってくるそうです。

で、取り除けた木屑はどこへ?

近くのブルーベリーの株元に、かけてやりました。

もともとここは、ウドが植わっているだけの草の原でした。

いまこそ主役みたいにしていますが、ブルーベリーは、後から植えたものです。

ウドさんには、牛フン堆肥もかけてやりました。

ブルーベリー摘みの邪魔になってもいいです。

どんどん大きくなって、ウドの大木になって、来年も美味しいウドをよろしく。








梅を切る


3株の伸び放題だった梅の木を、思い切って切ってやりました。

花がついて見ると、枯れ枝がやけに目立ったのです。

ブルーベリー摘みのお客様の中には、ワラビもという人も多くいます。

そのため、ワラビを採れるように、園内の一部を、わざと原野のままにしてあります。

でも、荒れ放題になりすぎました。

梅を切らないなんとかの典型例に、成り下がってしまいました。

で、やることが極端ですが、写真の通り。

枯れ枝が目立ちすぎだったのです。

でも、大丈夫。

きっとまた花を咲かせてくれるでしょう。

そうそう、切った太い枝は薪にします。

ダンコウバイの花


もうほとんど終わりかかっていますが、今年は黄色いダンコウバイの花がよく咲きました。

これまでも毎年咲いて来たけれど、気がつかなかったのかもしれません。

去年の冬に、森林組合で岩倉川沿いを整備してもらったせいがあるのでしょう。

細かな花が、川沿いの何本もの木に咲きました。

クスノキ科だそうで、枝を折ると良い香りがするそうですか、まだ実感はしていません。

この時期を過ぎると、あとはもうブルーベリーに影を落とす、邪魔な木になってしまいます。


ムクゲの枝は繊維質


園内のあちこちで、木が大きくなってきて、このところ、切ったり枝を落としたりを、ずいぶんやってきました。。

すると、その枝が目障りになって、チッパーを大金を出して購入。

出来たチップを、ブルーベリーの株元にかけてやるつもりもあったのです。

とは言え、チッパー購入の是非については、別の機会に。

それで、このところ、ほとんど毎日、1時間くらいは使っています。

上の枝は、ムクゲ。

このくらいの太さなら造作もないわ、とばかりどんどん放り込みました。

ところが、チップになって出て来るはずが、全然出てこない。

ついに、カバーを外して、のぞいて見る羽目に。

枝は砕けてはいるものの、長いまま機械に絡まっていました。

繊維質が多いということでしょうか。

もちろん、今後ムクゲは投入禁止とします。



葉っぱから茎が出て、実が付いている木


袋井市法多山本堂に向かって左側、太子堂の左右に、木が植えられていました。

垣根で囲われていました。

何の気なしに足元を見ると、写真のような実が落ちていました。

葉っぱのまんなかから茎が出て、実がついています。

見上げると、複数の実がぶら下がっているのもありました。

なんの木なのか、標札らしいものはありませんでした。

家に帰って、「葉っぱに実のついている植物」で検索してみました。

ハナイカダ、それなら我が家にもありますが、ぜんぜん違います。

結局、法多山に電話をかけました。

「ああ、菩提樹です」

調べてみると、菩提樹には3種類あるみたいです。

お釈迦さまの菩提樹、シューベルトの歌曲の菩提樹、そして中国原産のシナノキ科の菩提樹。

これは、中国原産シナノキ科の菩提樹でした。

葉っぱと思ったのは、苞葉と呼ばれるもので、確かに葉っぱとは少し違っていました。

うまく検索できなくて、当たり前なのでした。


冬の花わらびを見つけた


サビタのブルーベリー畑に降りて行く時、フユノハナワラビを見つけました。

階段を降りたところ、用水のすぐ上です。

写真のものは、花のように見えるけれど、花ではなくて胞子葉だとか。

そんなに珍しいものではないそうですが、形に特徴があるので、見つければ気になります。

確かに、花の谷では毎年園内のどこかで見かけるから、珍しくはないでしょう。

そうか、いろんな草花が枯れて来る時期なので、なおのこと目につくのかもしれません。