ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アオツヅラフジ


以前にも見かけたことがあって、青い色が気にはなっていました。

でも、ヘクソカズラだろうかな、くらいに思って調べもせずでした。

検索してみたら、ヘクソカズラは茶色の実。

そうだ茶色っぽい実だったんだ。

というわけで、つる草の青っぽい実を検索すると、アオツヅラフジ。

その名前は、どこかでみたことはあるけれど、きちんと把握はしてなかった。

なんと毒だそうです。

もうひとつ、同じような色のつる草ではない実がありました。

これって、アマドコロなのかナルコユリなのか。

たぶん、アマドコロと思うのですが、どうでしょう。

調べてもなんとなく判然としないのです。


セイタカアワダチソウ退治


朝、部屋から外を見ると、黄色いセイタカアワダチソウの花が目につきました。
そうだった、花を刈り取らなければ…。
タネになって、そこらじゅうに蒔かれたらたまらないのです。
もうこの何日か、思ってきました。
でも、身支度をして外へ出る頃には、もう忘れてしまって、他のことをやっている毎日です。
今日こそはと、文字通りわき目もふらず、鎌を片手に現場に駆けつけました。
本当は、一本一本引き抜いたほうがとは思うのですが、やることがいろいろあって…。
ても、現場へ行ってみてわかりました。
目につく大きいのだけでなく、背の低い小さなのがいっぱい咲いているのでした。
四輪草刈機を持ち出すべきでしょう。
セイタカアワダチソウ退治、面倒だなあ。
これでまた、別の日になってしまいました。

行方不明のポポー


「やっぱり、動物が拾って行ったのかなあ。」

昨日の夕方のことです。

キューちゃんとお母さんが、散歩から帰ってきた時でした。

お父さんが、玄関近くの植え込みで、下草をかき分けて、なにかを探していました。

「どうしても、見つからないものねえ。ここまで来る人なんて、まずいないから、動物かもしれないね」

そうなんです。訪れる人なんて滅多にない老夫婦のおうちなのです。

「しっかり熟してからと思って、置いておいたのが失敗だった。

植えて十何年で、やっと一個だけ生ったポポーだったのに」

そうなんです。

台風のあと、ふたりが入れ替わり立ち代り、いつも探しているんです。

「あれっ、キュート、どうした。今、草むらに鼻を突っ込んだよ」

お父さんが、キューちゃんの鼻先から、薄緑色の卵のような実を拾い上げました。

「ありがとう、キュート。こんなところにあったのか」

夕飯のあと、ふたりで試食している様子でした。

でも、キューちゃんには回ってきませんでした。

「来年はもっとたくさん生るといいな。

日当たりがイマイチだ。

天気が良くなったら、周りの木を切ってやろう」


ノコンギク


園主の他は、ほとんど誰も立ち入らなくなった花の谷のブルーベリー畑。
ごく一部に草取りのあとはあるものの、ほとんどが草ぼうぼうの雑草園になっています。
そのブルーベリー畑に、今年特に目立つのがノコンギクです。
シオンだろうかとも思いましたが、楚々とした花姿は、ノコンギクで間違いないでしょう。
ブルーベリー畑なので、もちろんブルーベリーは植えてあります。
でも、季節折々に、 ウド、フキ、ワラビ、ミョウガなどの山菜や花々も楽しめるのです。
山法師の枝が折れた。実がなりすぎて?


台風24号、我が家のあたりにも最悪のコースで、通って行きました。

でも、幸いにも被害らしい被害はありませんでした。

風は強かったけれど、今回の雨の量は、24時間で175ミリメートル。

前回は250ミリメートルくらいだったので、今回のほうが軽微かもと思っています。

そう、上の写真で枝が折れているのは、台風のせいではありません。

その前に折れていました。

たぶん、実がなりすぎてだろう、と思いました。

枝を引っ張ってもちぎれないので、下の方で切り落としてみました。

虫が食ったのか、幹が傷ついていて、そこから折れているのでした。

それにしても山法師、今年はたくさんの実をつけました。

ブルーベリーもそうでしたので、ついつい何か変事でもあるのではないかと、心配になります。

まあ、たぶん去年の天候のおかげでしょう。




一本だけの彼岸花


昨日も今日も雨、止んだかと思って外へ出ても、じきにまた降ってきます。
おかげで、まったくの手持ち無沙汰。
とりためてあるテレビ番組のビデオを再生してみては、観たり消したりしてです。
写真は、わが家の道路脇に咲いた彼岸花。
草刈り機を移動するときに、もう二、三株はあったはずなのを、刈ってしまったとみえます。
これでは、いずれ彼岸花の小径をと思っても到底無理な話でしょう。
初なりのポポー


今年の春に花をつけたポポーの実、ようやく食べごろになって来たようです。

といっても、小さめの中途半端な実です。

もっとたくさんの花をつけたのに、結局この一個だけになりました。

極寒の地売木村で実をつける果樹はあまりないので、楽しみにして来ました。

熟すると芳香がするとか、まだ食べるのは少し早いかもしれません。

もう少し待ってからにするつもりです。

食べるというほどではないけれど、山ボウシの実も色づいて来ました。

ブルーベリーがそうでしたが、山ボウシもやたらと多くの実をつけた感じがします。

どういうわけかはわかりません。

これはたくさん実をつけても、あまりメリットはないのです。


キンミズヒキとミズヒキ


実が服にくっつくし、そんなに花姿も良くは思えないキンミズヒキ。

金なんて、名前負けの感もあります。

花の谷の片隅で、毎年ひっそりと咲いていました。

ところが今年、ちょっとした群生になって、咲き誇っています。

それでも最初は、セイタカアワダチソウか何か、と思ったりしていました。

同じミズヒキといっても、キンミズヒキはバラ科のようです。

それに対して、ミズヒキはタデ科とか。

赤い色が悪くはありません。

こちらのほうが、まだ風情がある気がしてしまいます。


ズッキーニは不作だった。


暑かったり雨不足だった今年の夏でした。

近くの農家に聞くと、ズッキーニはさっぱりだったそうです。

もちろん、農家と言っても、昔からの農家はズッキーニなどつくりません。

作るのは、比較的若い年代の農家です。

それでもこの頃は、ふるさと館に出ていて、売れていくようです。

我が家はと言うと、適期より少し遅れて、売れ残りの苗を植えました。

そのせいか、この頃になって、ぐんぐん株が大きくなって…。

でも、今のところ、実が育っていく様子は無いのです。

やっぱりだめでしょうか。


榎は枝折れしやすいのか


台風23号で、エノキの枝が折れました、

以前の風の時にもありましたが、今回は、かなり太い枝が2本も折れたのでした。

他の木でも枝は折れたけれど、榎は特に折れやすい感じです。

この榎、もともとオオムラサキが来ないかと植えました。

でもそれは叶いそうにもなくて、家の近くでこんなに折れては、いささか物騒。

せっかく大きくなったけれど、葉が落ちたあとに、切り倒すことも考えることにします。