ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
トリアシショウマ


どんどん春がすぎていきます。

と言うか、売木村も朝夕こそ肌寒いものの、かなり初夏らしくなってきました。

トリアシショウマもいつのまにか葉を広げて、鳥足の面影はありません。

スズランもアミガサユリも、あんまり花を楽しまないうちに、いつのまにか終わってしまいました。




チョウジソウはずいぶん殖えました


丁字草の青い花が、咲き始めました。

丁の字の花をつけるから、丁字草と勝手に思っていましたが、星形の花です。

はて、どうして丁字草なのでしょう。

それに絶滅危惧種とかなのに、花の谷では殖えている、と思っていたら、園芸店のものは北米産が多いとか。

もちろん花の谷のは、園芸店由来です。

北米産が殖えても、あんまり威張れないのでした。

なんて、まあ難しいことはやめて、花を楽しむことにしましょう。


ツルハナシノブは、よく広がります。


今朝は、-1.3℃、久しぶりに、しっかり霜が降りていました。

出始めていたワラビも、ほとんどやられてしまいました。

野菜苗の植え付けをためらっていて、良かったとひと安心です。

(準備が遅れていただけ、という声あり)


シバザクラの仲間と言って良いらしいツルハナシノブ、十数年でずいぶん広がりました。

名前がきちんと頭に入ってなくて、この記事を書いたことで、たぶん覚えられたことでしょう。

シバザクラと比べると、花付きがまばらな感じですが、これはこれで楽しめます。

とにかく強健で、何も手をかけなくても良いのがありがたい。

花いろは、ピンクとブルーがありますが、ブルーは色が少し薄いようです。

と思っていたら、もっと色の濃いのもあるようです。

通販にありました。

でも、とりよせるのは、送料が苗代の倍かかるし、面倒だしと、二の足を踏んだままです。



ハウスのワラビ


今朝の最低気温は、浪合観測地点で-3.4℃。

花の谷の戸外も、霜でうっすらと白くなっていました。

お陰で、せっかく出始めていたワラビ、萎れてしまいました。

毎年、連休の終わる頃までは、霜が降りることがあるので、仕方がないことですが、残念です。

写真は、ハウスの中のワラビです。

ここは、萎れることも少ないのですが、ワラビを生やしているハウスなんて、あんまりないのでしょう。

ラングワートの青花、あった


ピンクのラングワートは、かなり殖えていくつも咲いています。

何年も前に、八ヶ岳山麓の種苗店で買ってきたものです。

ところが、青花のラングワートは、その時売ってなかった。

愛読書「週末八ヶ岳田舎暮らし」にも出てくるあこがれの青花です。

そうしたら、なんと村の中で咲いているのを見つけました。

早速、ジョンソンズブルーなどいくつかを持って行って、もらってきました。

でも、それもいつのまにか、行方不明になってしまって…。

と思っていたら、素敵な青い花を、昨日見つけました。

たった一本ですが、しっかり管理していくことにしましょう。


ウド出てた


「去年のあした、シイタケやウドを採り入れてる。ギボウシもまだ小さいし、今年はさっぱりだなあ」

昨夜、日記を見ながら、そんな話をしていました。

今年は冬の間雪も少なく、比較的暖かでした。

でも、3月以降に寒い日があったせいなのか、全体に遅れ気味な気がします。

と思っていたら、木くずの間から、ウドが芽を出しているのを見つけました。

木くずがあまりかかってないところに、芽を出していて、まだ寸足らずですが、今年もいよいよ楽しめそうです。

少しだけ採り入れして、あとは木くずをしっかりかけてやりました。

そうそう、今年は雪も雨も少なくて、シイタケはさっぱりです。

小さな芽は少し見かけるので、雨が降れば多少は…と、思っているところです。


今咲いている花たちのメモ2


これも4/9に撮影したものです。

上は水仙のティータティータ



クリスマスローズ



ヒヤシンス



リュウキンカ、野草です。



ラングワート

桜の枝が折れた、春の雪10センチメートル


昨日の雪、わが家も停電になりました。

折れた木の枝が、電線に引っかかってのことでしょう。

5分くらいと30分くらい、2回にわたってです。

幸い日中だったので、特に困ることもなくすみました。

でも、もう少し長くなれば、冷蔵庫と井戸ポンプのために、ガス発電機を稼働させるところでした。

ところが、村内では、夜になっても復旧しなかったところがあったようで、気の毒なことでした。

村では避難所を設けたと、ニュースでも言っていました。

以前の時もそうでしたが、村の中心部あたりのほうが、長く停電しがちなようです。

単なる偶然かもしれません。

それにしても、雪の中を復旧にあたった方々、本当にご苦労様でした。

今朝になって、わが家の桜の木が枝折れしているのを、見つけました。

せっかくツボミが膨らんできていたのに…。

とにかく春の雪は、水分が多くて重いのです。

飯田黄梅院の一本桜も、枝折れしたようです。

こちらは、樹齢300年の古木だけに、気の毒だし残念でした。

なお、下の写真は、2月の時の

使い回しです。


ふきのとう、ひとつ見つけました


「見るだけは見てきてもいいですか。」

「もちろん、でもまだ無いと思いますよ」

事前に電話のあった都会からの一団です。

ふきのとうを採りに、早春ではなくまだまだ冬の売木村を、訪ねてきてくれました。

じつは前日にチェックしてあって、申し訳けない結果になると、わかっていました。

ところが…。

「ありましたよ。ひとつ」

よく見つけたものです。

もしかして、山菜採りのプロたちかも。

「ひとつでは、なんか申し訳なかったですね」

「大丈夫です。○○さんに連れて行ってもらって、村の下の方で、たくさんありました」

車の中の段ボール箱には、沢山のふきのとうが入っていました。

どこにあったんだろう。

わが家には、今年初めて見る春の使者です。

村の中心部は花の谷よりも、標高が50メートルくらいは、低いのです。

それでも、よくこんなに採れたものです。

いやいや、たくさんで良かった。

今日もずいぶん暖かかったし、売木村にもいよいよ待ちかねた春の訪れ、かもしれません。









ふきのとうを採りに行きたい


「みんなで、ふきのとうを取りに行きたいのですが、立ち寄ってもいいでしょうか」

南の方の都会の人から、電話がありました。

えっ、ふきのとう…。

もちろん、大歓迎です。

でも、まだ早いのではないのか。

その人は、売木村で生えているところがある、と聞いたようです。

念のため、園内の心当たりの場所を見に行きました。

まったく何もありませんでした。

花の谷は、村の中でも、市街地からは50メートル以上、標高が高いのです。

今冬は暖かい日が多いけれと、まだまだそんなものでしょう。

とは言え、今日から3月。

ふきのとう、もうすぐのことでしょう。