ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
食べそこねたフキノトウ


刻んで味噌汁に入れてもいいし、天ぷらにしてもいいフキノトウ。

自分では調理できないけれど、大好物です。

そうそう、何週間か前に、阿南町富草のまかない食堂で、フキ味噌をいただいたことがありました。

でも、それはサービス品で、自由にお取りくださいだったので、ほんの少ししかいただけなかったのです。

蛇足ですが、まかない食堂、おすすめです。

おかずを自由にとって、代金を払う形式なので、血糖値に問題をかかえる人間には、ありがたいです。

それに、味も美味しいのです。

それはさておき、朝のキューちゃん散歩の時とか、剪定作業の時とかに、毎日探し回っています。

なのに、なかなかフキノトウは見つからない。

と思っていたら、陽のあたる斜面に、もう花が咲き始めたのが一個。

こんなところにあったのか。

でも、ここまで来ては、食べられない。

まっ、明日からも、枯れ草のブルーベリー畑を、さがしまわることにします。

ビンカは貧家だから


「繭玉は、ビンカの木につけたこともあったけど、ビンカが貧家、つまり貧しい家、ではよくないという人がいた。」

小正月に、練った米の粉で、繭の形をした団子を作って、大黒柱に飾るのに使った小枝の話です。

「それで、ほとんどソヨモの木に飾るようになった」

そういうことを言い出したら、確かにそうなるでしょう。

それはさておき、ビンカってどんな木なのか。

「ソヨモの葉よりも、もっと細かい葉の木だ。背も低い。」

常緑の広葉樹ですが、売木みたいに寒いところにも、育つ木のようでした。

ソヨモという名も、方言らしいのですが、これはソヨゴのこととすぐわかります。

家に帰って、検索してみました。

ニチニチソウのこととあります。

そうだった、でもこれではない。

「ビンカ、下伊那」と検索してみました。

すると、ビンカ峠というのが、目につきました。

静岡県の春野町と中川根町の間の峠で、イヌツゲの木があって、それをビンカと呼ぶようでした。

イヌツゲなら常緑ですが、寒さの厳しい売木にもあって、納得でした。

ビンカ峠、なんか軽やかで楽しそうではありませんか。

実際は山の中の大変なところのようですが、売木からそうは遠くないように思います。

いつか訪ねてみたいものです。








エゴマって、シソなのか


「紫蘇が干してあるけど、なにに使うの?」

「ああ、あれね。シソじゃなくて、エゴマだわ。油を取ろうと思ってね。」

エゴマって、シソの仲間だなんて、思っていませんでした。

素人だから、ゴマの仲間と思い込んでいたとしても、不思議はないでしょう。

でも、ゴマの仲間のイメージとは、全然違いました。

エゴマは、五平もちに塗って食べると、香ばしいというか、とても合うと思っています。

そのことは知っていましたし、売木では、ゴマの代わりにエゴマを使うということも、聞いたことがあります。

でも、見るからに、収穫後の手間がかかりそうな植物です。

育てるのは、シソと同じなら、そんなに難しくはないかもしれないけれど、やはり買ったほうがいいようでした。







ムカゴよりも、自然薯掘りをやろうよ


「ゴミを持ってきたけど、ムカゴを見つけた。もらっていいか」

ゴミではなくて、ブルーベリー園花の谷にとっては、とってもありがたい木くずのことです。

ブルーベリーの乾燥防止、踏みつけ防止、草抑え、肥料など、株元に入れてやれば、大活躍してくれます。

その木くずを持ってきてくれた、村内で木工工場をやっている◯◯さんから、ケータイがありました。

「もちろん。それもいいけど、自然薯掘りをやろうよ」

これこそ一石二鳥。

じつは、自然薯のツルに、困っているのです。

ブルーベリーやら、いろんな花木にからまって、うっかり除去しようとすると、枝を折ってしまいます。

もとは、料理のあとの自然薯の芋先を、おもしろ半分に植えただけなのに、こんなにあちこちに・・・。

今年の冬は、自然薯が味わえそうです。


辛いピーマンとか甘長


もうシーズンは終わってしまいましたが、ピーマンや甘長は、大好きな夏野菜のひとつです。

なのに、彼らからは嫌われているのでしょうか。

たべるたび必ず、一個か二個、猛烈に辛いのに、遭遇してしまいます。

最初に噛んだ時は、辛いのかなと思うくらいなのに、もう一回噛むと、猛烈な辛さが口の中じゅうに広がります。

しまったと思って、立ち上がるわけですが、一緒に食べている相手は、一つも辛いのに当たらないのです。

自分だけ、辛さに敏感なのか、と思うこともあるけれど、確実に誰でも感じるひどい辛さ、に違いありません。

まったく、どうしていつも、自分だけ辛いのに当たるのでしょう。

人間があまいせいが、あるかもしれません。

そう、当たるといえば、砂のある貝にも、必ず自分だけは、どこで食べてもあたります。

本当に運がいいのか、悪いのか。

そういう稀少な人生なのでしょう。

写真は、我が農園の甘長。

株は、もう引き抜いてしまってました。











コクワ、採りに行くべきか


「売木には、実をつけるコクワが、なかなか無いんじゃないか」

コクワとは、さるなしのことです。

さるなしを改良した栽培種が、キューイだと思っています。

小さな実ですが、もちろん食べられます。

果実酒やジャムにしても、美味しいようです。

当地には、はなくそ団子というすごい呼び名があって、ヤマボウシの実のことだ、と聞いていました。

でも、さるなしの方言だと、「おいしく食べる山菜と木の実・草の実(信濃毎日新聞)」には、書いてありました。

「○○さんの前の沢を降りて行って、大川に出会うところにある。

普通は、高いところにあるんだけど、からまった枝が折れて、垂れ下がっているから、簡単に採れる」

それは朗報です。

念のため、高枝切りを、持参することにしましょう。

「けど、足元を見たら、足跡があった。釣りのかと思ったけど、熊のだった」

なぜかその人は、ニヤリと笑いました。


写真は、わが家にあるさるなしの葉。

確かに、これも実をつけないのです。
八重の桜、伐るべきか


ある朝、ブルーベリー狩り受付所の脇、水飲み場に立った時のことでした。

流しいちめんに、茶色っぽいつぶつぶが、落ちていました。

のこり水が、ひどく汚れていました。

毛虫のせいでした。

標高794メートルあって、冬の寒さが厳しいせいか、桜の木にも、普通は毛虫がつくことはないのです。

でも、今年の暑さ、水飲み場近くの八重桜に、毛虫が発生したのでした。

大急ぎで流して、綺麗にしました。

とりあえず、この夏のブルーベリー狩りシーズンは、とくに何もありませんでした。

しかし、来年以降のことを考えると、この八重桜、伐ったほうがいいかもしれません。

でも、それもかわいそうですし.・・・。

来年も暑い夏なのでしょうか。







スモークツリーが枯れていく


「あれは、なんの木ですか。初めて見ます。」

ブルーベリー園花の谷で、最もお客様の目を引く樹木は、たぶんスモークツリーでしょう。

「立派なスモークツリーが、いくつもありますねえ。お花でおぼえました。」

そんなふうに言う人もあります。

その大切なスモークツリー、用水沿いにある木の様子が、おかしくなりました。

まだその時期でもないのに、葉が黄色くなってきたのです。

黄変、といったほうが良いでしょう。

実は、このような現象は、2本目なのです。

一本目は去年の秋でした。

家屋に近い所だったこともあって、しぶしぶでしたが、切り倒してもらいました。

まだ数本はあると言っても、これはずいぶん悔しい話でした。

今から二十年近く前、園芸店の片隅で、見切り品みたいに、安くなっていたスモークツリー。

その頃は、自分もあまり詳しくは、知らなかったと思います。

冬の寒さの厳しい当地なのに、どんどん大きくなってくれました。

我が家のシンボルツリーとして、思う存分に枝を伸ばし、花をつけてきたのに・・・。

中国南西部から東ヨーロッパあたりが、原産地だそうです。

もしかして、日本では合わない部分が、あるのでしょうか。

残りの木もそうならないかと、心配になります。

救いなのは、今回の木は、健康そうなひこばえが、脇で大きくなっていること。

そちらに、望みを託すことにしましょう。









タイマツソウの花色はいくつあるか



週末とはうってかわって、本日は静かな花の谷です。

昨夜も雨が降って、今は曇り空、暑くないし、これが最高の気象条件です。


赤い花が咲いて、まるでタイマツのように見える松明草(下の写真)。

甘い香りがして、ハーブとしても知られています。

その花色違いが、いくつか咲いているので、撮ってみました。

やはり野の花なのか、自然の中では、どんどん殖えていきます。







しゅうでんぽ


本日、快晴。

ただ、9:25現在、昨日の雨で葉っぱが濡れています。

じきに乾くでしょう。


昨日は、せっかくの土曜日なのに、未明から激しい雨。

もちろん休園のつもりでした。

それでも、午後になって雨も止み、少しは明るくなったりしました。

そんな中、遠く日本海側の町からのお客さま、そして、長靴にカッパと完全装備のお客さまが・・・。

実が水っぽいし、第一濡れてしまう、と心配しましたが、なんとか楽しんでいただけたようでした。


「シオデだけど、ウチのボタのところで見つけた。前に見つけたのは、どこかへ行ったままだけど」

4人で話していた時、そんな話題を持ち出しました。

そのうちの一人とは、以前にシオデの話を、したことがあったのです。

シオデ、「山菜のアスパラガス」と言うそうです。

東北地方では、山菜の王様とされているとか。

「ああ、これなら見たことがある」

スマホの画像を、近くにいた知り合いの若い子に頼んで、出してもらいました。

もう一人のお兄様は、まったく知らないようでした。

「シュウデンポと、言っとった気がするなあ。」

ぜひ一度、食べてみたいとは思うのですが、わが家にたった一本の新芽では、食べるわけにもいかないのです。