ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ギボウシ、美味しかった




「ギボウシか、売木では食べんなあ。タラもそう食べん。」

ある村の人は言いました。

もったいない話です。

焼肉パーティに、ギボウシの芽、芽を出したばかりのツノみたいなのを、持って行きました。

炭火で炙って食べたのですが、都会から来た人には、ヌルッとして美味しいと、好評でした。

タラの芽も、それほどには人気がなくて、コシアブラのほうが美味しい言います。

確かにわが家も、タラの芽よりもウドの芽派なのです。

まあ、そんなふうにすみ分けているのが、ちょうどいいかもしれません。

そうそうワラビ、少し生えてき始めました。

でも、本格的には連休明けからでしょう。

今生えているのが、霜にやられて、黒くなってしまうことも、まだまだありそうなのです。

ハスカップの花


コナラやらヤマボウシやら、ほとんどの落葉樹は、まだ芽が硬い様子です。

ところが、さすが北国育ち、ハスカップの株はいつの間にか葉を広げ、花を咲かせていました。

花は、黄緑色の地味な花です。

このあと、6月下旬には、黒い細長い実を付けます。

ブルーベリー畑の傍にあって、株分けもして殖やしてもいます。

でも、ブルーベリーほどには、利用していません。

実の数も少ないし、味もそれほど、言わば話のタネ的存在です。

下のように、品種によっては、まだこれからのハスカップもあります。

そうそう、ブルーベリーはと言うと、ようやく花芽が、動き始めたところです。

ヤマユリが石垣に生えてきた



同じ集落にある農家から、いただいて来たヤマユリが、わが家の庭にあります。

その農家には、実生で広がったらしく、毎年たくさんのヤマユリが咲きます。

と言っても、売木村由来ではなく、群馬県からもらって来た、と言ってました。

よほど場所が、気に入ったのでしょう。

ほんとうに見事に咲きます。

ただ、その農家は、お父さんが亡くなった後、お母さんも、都会の息子のところに行ってしまって、今では無人です。

寂しいことです。

それはさておき、もらって来たヤマユリからの実生らしい、小さな株を見つけました。

なんと、石垣の間から、生えて来ているようです。

写真の細かい枝は、タイム、その間から芽が出て来ています。

将来、球根が大きくなって来たら、石垣の間でどうするだろうと思います。

まあ、もう少し様子を見ましょう。





椎茸の種駒うち


うまい!うるぎ米育て隊、今年で10回目になります。

4/15に、58人の参加者があって、今年度の第1回目が行われました。

午前中は、役場と村の農家とに分かれて、それそれ種駒打ちでした。

このところの傾向ですが、小学生やもっと小さい子の参加が増えてきています。

子どものうちに、農業体験をさせておきたいという、若いお父さんお母さんの考えが、あるのかもしれません。

その子どもたちが、楽しそうにとても熱心に、コマ打ちをやっていました。

都会へ持って帰ると、暑さで菌が死滅してしまうため、持って帰ってもらうわけにいかないのが、残念です。

でも、早ければ、来年の秋には、椎茸が生えて来ます。

お楽しみに。

なお、役場の班は、桜の木に打っていて、これはナメコの菌でした。

標高850メートルで冬を越した野菜たち


手前から、

花を食べるんだけど、名前は出てこん。〇〇さんにもらった。

ラッキョウ

ニンニク

葉っぱの広がっとるのは、ゴボウ

いちばん奥は、ネギ

だそうです。


愛知県のほうでも、1反、つまり300坪ほど、畑をやっているけれど、農家ではないとか。

売木村でも、畑を借りてやっている人の畑です。

冬の寒さの厳しい売木村です。

秋にタネを蒔いてと言うのは、地元の農家はあまりやってない気がします。

ハウスでの玉ねぎや、ほうれん草くらいでしょうか。

大雪があると、ハウスが潰れてしまうので、冬はビニールをはずす農家もあるくらいです。

いや、この頃は、歳をとってきて大変になったからと、ビニールを外さないかもしれません。

それにしても、これだけいろいろ、売木でも作れるとは思いませんでした。

なんというのか、こういう都会の人のほうが、パワーはあって思い込みはないから、やれるのかもしれません。

そうそう、保温の黒マルチが、キチンと張ってありました。

とにかく、何もかも丁寧にやってあるところは、地元の農家と同じでした。

某ブルーベリー園の、手をかけない、お金をかけない、気にしないの三ない農業とは、真逆の素晴らしい畑です。












雪に埋もれた水仙の花


桜の花に、雪が積もっている映像を、見たことがあります。

水仙のほうが、より早い春に咲くから、あまり珍しくはないかもしれません。

それでも、この26日と27日との二日間にわたって降った、それぞれ10僂寮磧

そのせいで、写真のような水仙には気の毒な画像を、撮ることができました。

水仙の種類は、ミニ水仙のティータティータ。

春に先駆けて咲くだけあって、水仙の中でも、背を伸ばすよりも、花を咲かせることに、専念するタイプなのでしょう。

と思っていたら、大型水仙も、いつの間にか一輪、花を咲かせていました。

食べそこねたフキノトウ


刻んで味噌汁に入れてもいいし、天ぷらにしてもいいフキノトウ。

自分では調理できないけれど、大好物です。

そうそう、何週間か前に、阿南町富草のまかない食堂で、フキ味噌をいただいたことがありました。

でも、それはサービス品で、自由にお取りくださいだったので、ほんの少ししかいただけなかったのです。

蛇足ですが、まかない食堂、おすすめです。

おかずを自由にとって、代金を払う形式なので、血糖値に問題をかかえる人間には、ありがたいです。

それに、味も美味しいのです。

それはさておき、朝のキューちゃん散歩の時とか、剪定作業の時とかに、毎日探し回っています。

なのに、なかなかフキノトウは見つからない。

と思っていたら、陽のあたる斜面に、もう花が咲き始めたのが一個。

こんなところにあったのか。

でも、ここまで来ては、食べられない。

まっ、明日からも、枯れ草のブルーベリー畑を、さがしまわることにします。

ビンカは貧家だから


「繭玉は、ビンカの木につけたこともあったけど、ビンカが貧家、つまり貧しい家、ではよくないという人がいた。」

小正月に、練った米の粉で、繭の形をした団子を作って、大黒柱に飾るのに使った小枝の話です。

「それで、ほとんどソヨモの木に飾るようになった」

そういうことを言い出したら、確かにそうなるでしょう。

それはさておき、ビンカってどんな木なのか。

「ソヨモの葉よりも、もっと細かい葉の木だ。背も低い。」

常緑の広葉樹ですが、売木みたいに寒いところにも、育つ木のようでした。

ソヨモという名も、方言らしいのですが、これはソヨゴのこととすぐわかります。

家に帰って、検索してみました。

ニチニチソウのこととあります。

そうだった、でもこれではない。

「ビンカ、下伊那」と検索してみました。

すると、ビンカ峠というのが、目につきました。

静岡県の春野町と中川根町の間の峠で、イヌツゲの木があって、それをビンカと呼ぶようでした。

イヌツゲなら常緑ですが、寒さの厳しい売木にもあって、納得でした。

ビンカ峠、なんか軽やかで楽しそうではありませんか。

実際は山の中の大変なところのようですが、売木からそうは遠くないように思います。

いつか訪ねてみたいものです。








エゴマって、シソなのか


「紫蘇が干してあるけど、なにに使うの?」

「ああ、あれね。シソじゃなくて、エゴマだわ。油を取ろうと思ってね。」

エゴマって、シソの仲間だなんて、思っていませんでした。

素人だから、ゴマの仲間と思い込んでいたとしても、不思議はないでしょう。

でも、ゴマの仲間のイメージとは、全然違いました。

エゴマは、五平もちに塗って食べると、香ばしいというか、とても合うと思っています。

そのことは知っていましたし、売木では、ゴマの代わりにエゴマを使うということも、聞いたことがあります。

でも、見るからに、収穫後の手間がかかりそうな植物です。

育てるのは、シソと同じなら、そんなに難しくはないかもしれないけれど、やはり買ったほうがいいようでした。







ムカゴよりも、自然薯掘りをやろうよ


「ゴミを持ってきたけど、ムカゴを見つけた。もらっていいか」

ゴミではなくて、ブルーベリー園花の谷にとっては、とってもありがたい木くずのことです。

ブルーベリーの乾燥防止、踏みつけ防止、草抑え、肥料など、株元に入れてやれば、大活躍してくれます。

その木くずを持ってきてくれた、村内で木工工場をやっている◯◯さんから、ケータイがありました。

「もちろん。それもいいけど、自然薯掘りをやろうよ」

これこそ一石二鳥。

じつは、自然薯のツルに、困っているのです。

ブルーベリーやら、いろんな花木にからまって、うっかり除去しようとすると、枝を折ってしまいます。

もとは、料理のあとの自然薯の芋先を、おもしろ半分に植えただけなのに、こんなにあちこちに・・・。

今年の冬は、自然薯が味わえそうです。