ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キタアカリのナゾ


「あとからモロッコインゲンの苗を植え付けた畝、ジャガイモが規則正しく出てきている。

種イモを貰ったキタアカリ、やっぱり、ふた畝植えたんではなかったろうか」

上の画像の左側の畝、支柱が立っているところが、問題の畝です。

その右の畝は、キタアカリの株がたくましく育っています。

左側の畝は、いかにも貧弱な株で、去年獲り入れしなかった芋が、芽を出してきたかと思うほどです。

それで、何も植えてないと思って、モロッコインゲンを植えつけたのでした。

そうしたら、今はジャガイモの株と、モロッコインゲンのツルが混生しています。

「そうだったのかしら。

そうか、何も植えてないと思ったけど、キタアカリ、大きな芋だけ先に植えたんだ。

そのあと、残った小さいのを、まとめて植えたかもしれない」

と言うわけで、ふたりともきちんとやっているようで、わずか2ヶ月前のことなのに、記憶がはっきりしないのです。

きっと、ジャガイモとインゲン、競い合うことで、どちらからも立派なものが、収穫できることでしょう。


ビンボウカズラが繁茂するようになった。


「この頃、ビンボウカズラが増えてきた気がする。

見たら引き抜くようにしているんだけどねえ。」

ビンボウカズラだなんて、確かにブルーベリー園に、ずいぶん大金を使ってきてしまいました。

でも、ビンボウだなんて、身内に言われたくはないなあ。

聞けば、ヤブガラシのことだそうです。

子供の頃、そう言っていたとか。

ブルーベリーに絡んでくるから、いかにも憎たらしいつる草です。

「やっぱり温暖化のせいかしら。」

言われてみれば、そんな気がしないでもありません。

当地では、緑っぽい細かい花が咲いて、蝶が舞う光景は見ない気がします。

高冷地のためかどうか、思いっきり繁茂するには至っていないようなのです。

まっ、ビンボウカズラさん、あんまり大きな顔をしてのさばらないで下さい。

じゃがいも長者かな


ジャガイモの花が咲き始めました。

上は、キタアカリ。下は、メークインです。

4月17日に、ここよりは低地の飯田市へ行った時、ホームセンターに半額で売っていました。

高冷地のここでは、まだ充分間に合うと思ったのです。

草抑えのつもりもありました。

品種は、メークイン、サッチー、シャドウクイーン、グウェン、シンシア。

「メークインやキタアカリは美味しいけど、あとはちょっとだと思うよ」

値段を見て、種イモを買っただけでした。

すると、ある人からキタアカリをいただきました。

よかった、美味しいのが2つになりました。

「男爵もいいけど、もう買わないでね」

まったく。

芽が出て、どんどん大きくなってきました。

あの下には、ジャガイモがゴロゴロできているに違いない。

高冷地で美味しいと言っても、ジャガイモばかり食べていくわけにはいかないでしょう。

行商にでも出たものでしょうか。



6月は白い花3


「朴の木、花が咲いてるみたいだよ」

「あっ、ほんとだ。やっと咲いたんだ」

家の中からでもよく見えるようにと、20年近くも前に、小さい苗木を、川沿いから連れてきたほうの木です。

途中で、人にあげる話もあったけど、大きくなっていて、そのままになったのでした。

木曽地方では、あんこの入った餅を包んで、朴葉巻きと呼ぶそうです。

この辺りでは、朴葉餅と呼びます。

岐阜県東濃地方では、朴葉寿司がありますし、飛騨地方では朴葉味噌もあります。

大きな葉っぱがいろいろに使えて、愛着があるのです。

その朴の木の白い花、やっと咲きました。



葉っぱが見ごろ、スモークツリー


花のあとのモワモワが目を惹くクリスマスツリー、今は若葉が見事です。

上は、ゴールデンスピリッツ。

金色の若葉が、ひときわ目立ちます。

下は、ロイヤルパープル。

やはり、見ごろは、花の時期ではなく、若葉の今でしょう。

その下は、グレース。

若葉の頃の銅葉色もいいですが、花のあとのモワモワが人気です。



6月は白い花2


5月のあいだ、どの株にも咲いていたブルーベリーの白い花は、ずいぶんまばらになりました。

7月になったら実際に開園できるのかと、毎年やきもきさせますが、小さな緑の実をつけ始めています。

下は、なんじゃもんじゃの木。

もうすぐ、雪が降ったように真っ白に、木いちめんに花を咲かせると思います。



下は、山ボウシの花。

ようやくツボミを広げ始めたところです。

その下は、栃の木のシャンデリア状の花。

木の上の方で、あまり目立たぬような花をつけます。

もう花は終わりかかっています。

この赤花は、かなり派手るけれど、花の谷ではたった一本の木が、木喰い虫にやられてしまいました。

白花の方は、茶色の実が落ちて、あちこちに実生の芽を出しています。



6月は白い花



ブログとは日記のことだとか。

とすると、毎年同じ花の記事を書いても、それで咲く時期の比較ができるから、いいことにしましょう。

というわけで、上はフランス菊の坂道。

下はオオデマリ。



下はオオカメノの木、またはムシカリ



草叢化しますブルーベリー畑


気温が上がってきて、ブルーベリー畑、ずいぶん草も大きくなってきました。

白やピンクのスズラン状のブルーベリーの花が咲いているのを、喜んでばかりはいられないところです。

四輪草刈機をも持ち出してきて、さっそく草刈りを…。

ところが、サビタブルーベリー畑はそれができない。

4月の頃に、いちめんに咲いてくれた水仙の葉っぱが、まだ残っています。

来年もしっかり花を咲かせてもらうには、葉っぱを残して球根を肥やしておく必要があるのです。

それに青やピンク、白のカンパニュラが、草むらの中で咲いています。

そうそう、ブルーベリーの頃に花を咲かせるフロックスも、だいぶ大きくなってきたところです。

やっぱり、草刈りやめておきましょう。

いえいえ、これは怠け癖からの決心では毛頭ありませぬ。

「お花がいっぱいあって、踏みつけるわけにもいかないし、ブルーベリー摘みにくかった」

かくて、この夏もお客様に叱られそうです。


トリアシショウマ


どんどん春がすぎていきます。

と言うか、売木村も朝夕こそ肌寒いものの、かなり初夏らしくなってきました。

トリアシショウマもいつのまにか葉を広げて、鳥足の面影はありません。

スズランもアミガサユリも、あんまり花を楽しまないうちに、いつのまにか終わってしまいました。




チョウジソウはずいぶん殖えました


丁字草の青い花が、咲き始めました。

丁の字の花をつけるから、丁字草と勝手に思っていましたが、星形の花です。

はて、どうして丁字草なのでしょう。

それに絶滅危惧種とかなのに、花の谷では殖えている、と思っていたら、園芸店のものは北米産が多いとか。

もちろん花の谷のは、園芸店由来です。

北米産が殖えても、あんまり威張れないのでした。

なんて、まあ難しいことはやめて、花を楽しむことにしましょう。