ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
山のアスパラガス、食べました


写真の真ん中で、すーっと伸びて、上のほうにヒゲのようなものがある植物。

特に、雪国でシオデとかアイコとか呼ばれる山菜です。

この辺りでは、シュウデンコと呼ぶ人もいます。

花の谷の園内で、二ヶ所見つけたけど、一つはいつの間にか行方不明。

もう一つを、この何年か大切に見守ってきました。

けれどついに、食い気に負けて、採ってしまいました。

結果。

まったくアスパラガスそっくり。

貴重なぶんだけ、美味しかったというところでしょうか。

上の方だけ切り取ったので、茎がまだ残っています。

たぶん滅びることはないつもりです。




ハスカップ


「今年は、ハスカップの実、少ないような気がする。実がついてないかもしれない」

ある日、お母さんが言いました。

酸っぱいし、ブルーベリーのように、たくさんの実をつけるわけでもありません。

北国は北海道の生まれ、というロマンはあるものの、あんまり実用的には思えないのです。

でも、年々木は大きくなって、立派な株になってきました。

やっぱり気になっていたか、という感じです。

ところが、昨日、株を下から覗いてみたら、いくつもの青い実がついていました。

さっそくその場で、愛犬キュートと食べてみました。

酸っぱい。

もう少し熟すと、甘くなるんだったかな。

でもこれで、ブルーベリーも、もうすぐ色づきそう。

待ちかねた季節がやって来ることでしょう。




わが家の栃の木が、花をつけ始めました。

上向きのシャンデリアのような、素敵な花です。

去年よりも、たくさんの実をつけそうです。

でも、いくらたくさん実をつけても、利用はできそうにありません。

アクを抜いて、栃餅なりにするのには、とても手間がかかります。

そうそう、南信州のどこかに、栃の実を処理できる工場があったけれど、豪雨で使えなくなったとか。

栃の実のアク抜きができるお年寄りもいなくなってきて、技術が失われてしまうかもしれません。

なお、写真は左から、赤い葉がスモークツリー、花穂を出し始めています。

その右、栃の木。

その右が、なんじゃもんじゃ。やはり白い花をつけ始めています。

その右手前は、ネムノの木。ようやく目を覚まそうとしています。









青い花×4


ルピナス。この辺りでは、農家の庭先に普通にあって、ノボリフジと呼んでいます。

花の谷では、このごろようやく、花を咲かせるようになってきました。

農家の端くれになったのでしょうか。

いや、ちょっとまだ無理でしょう。



ツルハナシノブ。ピンクもあって、よく広がります。



ジュウニヒトエ。いつの間にかどこからか、来てくれました。

今年は、三本の花茎を伸ばしました。



丁子草。先日の写真が良くなかったので、再掲です。



オダマキ。これもこの辺りでは、農家の庭先に、普通にあります。

でも、園芸店などには売っていないので、わが家にはありませんでした。

うれしいことに、今年は青とピンクと、2種類が咲きました。

もらってきて植えたことはありますが、そことは別の場所で咲いてます。

青い花青い花青い花


先日もアップしたカンパニュラ。好きな花と言うこともあるけれど、あまりにも立派な株を見つけたので・・・。

球根植物のはずですが、タネによっても広がっていくように思われます。

園内のあちこちに、植えた覚えはないのに、咲いている気がします。



十数年前に植えたビオラです。

毎年タネで、引き継がれてきているのでしょう。



ライラック。芯食い虫にやられずに頑張っている、数少ないライラックです。



マメ科で、ニホンミツバチの蜜源植物として蒔きました。

ニホンミツバチは、居なくなってしまったのに・・・。

田畑を肥やすための植物でもあるようです。



これもライラック。花いろが薄いのです。



実がならない前に、ポポーを切る


何年も前に、ある人がポポーの実を、持ってきてくれたことがありました。

美味しかったし、標高850メートルでも大丈夫とわかって、楽しみにしてきました。

上の写真は、元気なほうのポポーです。

ところが、もう一本のもっと大きくなったほうが、去年の途中から、元気がなくなって・・・。

株元に、にっくき芯食い虫が、入ったのでした。

この春になっても、緑の新芽を出しません。

ブルーベリーも同じような被害を受けることがあります。

でも、こちらは何本もの幹が、生えてくるので、一本くらいは、まだ許せるのです。

まったくもう、ポポーの一本しかない幹がようやく太くなってきたと楽しみにし始めたら、・・・。

重い充電式チェーンソーを持ち出して、思い心で、切り倒しました。

いや、普通の手鋸でも切れたのに。

でも、ひこばえが2本。

よかった。

これが大きくなるまで、頑張らなければ・・・。




ハナノキは水揚げがわるい?良い?


言ったことはやる、というわけでもないけれど、機会があったのです。

挿し木用のハナノキの枝を、誰もいない空き家の農家近くから、ほんの少しいただいてきました。

あすやるぞ、とばかりに、たっぷり水を入れたバケツに枝を入れて、そのまま午前のブルーベリー作業に・・・。

昼に作業から帰ってくると、哀れハナノキの葉は萎れています。

こんなに水を、吸い上げられない植物なのか、挿し木ができるのかなあ、そう思いました。

それでもまあ、家に入って昼食そして昼寝・・・。

午後を回って、外へ出ました。

なんと、ハナノキの小枝は、葉っぱを伸ばして、ピンとしていました。

おかしいなあ、萎れてたはずなのに、見間違えたんだろうか。

そして、夕方、お母さんが言いました。

「あのねえ、ハナノキの枝、バケツに入れておいたよ。

バケツの下に、落ちてたから。

風で飛んだと思う」

というわけで、近くの沢から、砂をもらっきて、プランターで挿し木をしてやりました。





伐られた90歳のモミの木


「数えたら90の年輪があった」

写真で、左上の丸太が根元に近くのものです。

あまり太く見えないかもしれませんが、右手のN-BOXや電柱と、見比べてもらえたらと思います。

崖の途中にあったモミの木を、下のような狭い足場で、伐り倒したそうです。

「半径分の刃があれば、両側から伐っていって、倒せるよ」

そんな簡単なものかなあ。

ほんとうに、その場面を見ていたかった。

崖の側にではなく、田んぼの側に、見事に倒されている様子は、見ました。

カメラもメジャーも持参してなくて、なんとも間の抜けたことしか、書けないのです。

次に行ったら、もう刻まれていて、写真のようにきちんと積まれていました。

長さ30センチくらいの輪切りをもらって、飾っておけないものかと思いました。

そんなの、動かしたくても、ビクともしなくて、持て余すのが関の山でしょう。

「田んぼの日陰になるからねえ」

田んぼの西側の斜面にありました。

東側とか、南側とかだったとしても、こんな大変なこと、やるものでしょうか。

ハナノキの新芽って、こんなに紅かったのか


山の中で、古い農家の脇を、通りかかった時でした。

もう長く誰も住んでいなくて、周りの田畑も、ずいぶん荒れていました。

そんな中に、紅いモミジのような木が・・・。

モミジではないだろうけど、何だろう。

ハナノキって、こんなに紅いものだったろうか。

近づいてみると、モミジではない何かでした。

ひと枝持ち帰って、家で調べてみると、やはりハナノキのようでした。

わが家の近くにも、ハナノキはあるのですが、枝が高くにあって、こんなに紅いとは思っていませんでした。

いや、個体差があるのかもしれません。

わが家には無くて、以前から挿し木をしてみようと、考えてはいました。

挿し木、得意ではないけれど、やってみたいものです。

ウドが黒変


「今朝はかなり強い霜だよ。デッキの上が真っ白」

昨日は4月30日、朝一番の会話でした。

ずいぶん暖かくなって来ましたが、それでも、時々こういうことがあります。

テレビで見ると、近くの阿智村浪合では、マイナス0.6℃。

ここ売木村でも、同じような最低気温だったことでしょう。

いや、もう少し低かった感じです。

というわけで、白樺ブルーベリー畑に降りて行くと、もみ殻の上に出たウドの芽は、真っ黒でした。

わが家では、茎ばかりでなく、ウドの新芽もいただくので、ちょっとがっかり。

このウド、上に芽を出すたびに、近くのブルーベリーの株から、もみ殻や木くずをとって、かけています。

秋のうちに、計画的にかけておいたらよかったものを、いわゆる出たとこ勝負、出たとこかけてやる、なのです。

でも、ウドの成長は速くて速くて・・・。

大木になる前に、どれだけ食べられるものでしょう。