ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アケビをどうするか


「食べて美味しい、と言うほどではないねえ。」

「まあ、話のタネくらいのものだね」

わが家での、アケビについての評価は、このように定まっています。

それでも、見つけると、うれしいことは確かです。

村道のわき、ブルーベリー畑との境に、何年か前に動物避けのフェンスを設けました。

主に、野うさぎが入ってくるのを、防ぎたかったのです。

けれども、株が大きくなって、せっかくの苗を、プチンと噛み切られることは、なくなりました。

イノシシが、ミミズ目的などて、ブルーベリーを掘り起こすことも、なくなりました。

これは村の周りに、動物除けの柵が、はりめぐらされた効果だと思います。

と言うわけで、草刈りなどの作業の邪魔になるし、わが家のフェンスは、撤去しつつあります。

でも、アケビがいつの間にか、幾つもぶら下がっているのを見つけました。

自然に生えてきたものです。

まったく、つる植物はたくましい。

ここだけは、フェンスを残して、アケビを楽しんだものでしょうか。



ほおずきは、南信州の特産です。


庭の片隅で、鬼灯がすっかり赤くなっています。

と言っても、何の手入れもしないせいなのか、小さな実です。

それに、この時期になってからでは、お盆にはとうてい間に合いませんでした。

聞けば、隣町では栽培していて、東京方面などに出荷しているそうです。

お盆前にいただきましたが、見事に色づいていました。

早生の品種があるのでしょうか。

ハウス栽培など、特別なことはしてないそうです。

南信州のほおずきは、東京でも一級品として定評があるとか。

八十半ばの夫妻が栽培しているケースもあると聞きましたが、収穫時に重くないから都合いいでしょう。

そうそう、南信州では、お盆に鬼灯をお供えする風習は無いような・・・。

そういうものなのでしょう。


赤い実


赤い実が、目に入る季節になりました。

上の写真は、ツリマユミ。

実がぶら下がって、半分に割れます。

マユミは毒と聞きますが、こちらはどうでしょう。

花の谷では、川沿いに何本か生えています。



ガマズミ。

この木は小さな実です。

葉まで赤いのは、少し早すぎる紅葉なのか、シンクイムシなのか。

株元が藪の中なので、確かめてないのです。



これもガマズミ。

実が大きいのです。

曼珠沙華の咲く坂道


「もう咲いてる。まだお彼岸はだいぶ先なのに」

9月になって、曼珠沙華の花が咲き始めると、いつもそう思います。

そして気がつくと、いつの間にかお彼岸は、過ぎてしまっているのです。

今年もそのようにして、日々が過ぎています。

と思ってたら、ブルーベリー園の外、村道の脇に三本の赤い花を見つけました。

植えた記憶はあって、村内のある家からもらってきたものです。

敷地内には置きたくないから、と聞いて、わが家でも敷地の外に植えました。

まだこれから、大きな株になって行くのでしょう。

彼岸花の続く坂道、そうなると良いのですが・・・。




ソバナかツリガネニンジンか


「木が大きくなって、実をとろうにも届かない」

まがりなりにも、今年は開園12周年でした。

水はけの良いところでは、ずいぶん木が大きくなってきました。

ブルーベリー摘みのお客様からは、そんな声さえいただきました。

ブルーベリー園花の谷、これまでほとんど剪定をしないできたことを深く反省し、今は剪定と草取りの毎日です。

すると、その大きくなったブルーベリーの木のその上に、大きく伸びて咲いてる花が・・・。

ソバナだったろうか、ツリガネニンジンだったろうか。

よく見ると、釣鐘の下に柱頭がのぞいています。

釣鐘人参でした。

それにしても、よく伸びたもの。

もう少しこのままで、花を楽しむことにします。




エノキが折れた



台風18号、975hPaに下がったし、当地からは北西に外れてくれたから、と思っていました。

でも、夜中にゴーッという風の音が何度も・・・。

村道の向こう、山の上の松の木が、揺れている音に聞こえました。

キュートの朝散歩のときには、あちこちに小枝が落ちていました。

枯れ枝は、薪ストーブの焚付けに、最高なのです。

そんなに通行量があるわけではないけれど、車に踏み潰されないうちに、拾わなければ・・・。

もっとも適度にタイヤで折ってもらえたほうが、手で折る手間が省けるのです。

ところで、わが家のエノキ、上の方で折れていました。

もしもオオムラサキが来てくれたらと、20年近くも前に、とほうもない望みで植えたものです。

なぜだったか一度枯れて、ひこばえが出てきて、ようやくここまでになりました。

でも、折れたままにしておくわけにはいかないでしょう。

と言って、高いところにのぼって切るのは、いかにも危なさそうです。

左手の太い枝なら、手が届きます。

それが比較的安全そうですが、しかし、切れば切ったで、片付けが一仕事になるのです。







花が咲いた笹たちは、確かに枯れた


二年くらい前から、笹が花をつけていることは、新聞などでも話題になっています。

60年ごとに咲くとか、咲いたら枯れるとか。

あるいは、花のあとの実を食べて、ネズミが大発生するとか。

咲いたことは、子供の頃、つまり60年前にもありました。

しかし、ネズミの大発生も、枯れることも、実際に見た記憶はありませんでした。

その笹たち、確かに今年は、村のあちこちで枯れているのを目撃します。

このあと、来年になると、タネから芽を出すものなのか、どうなるのか。

完全に滅びるわけではなく、必ず復活してくるとは思うのですが、どのようになのか、興味があります。



三つとも今晩咲く


「あっ、そうだ今晩咲くんだった。見に行ってこようか」

夜8時すぎになってから、夕方のことを思い出しました。

村民運動会のプログラムを、集落の家々に届けに行った時のことです。

「これって、何でした。つぼみが大きくなってるけど」

クジャクなんとかではなかったし、なんだろう。とにかく出てこないのです。

「月下美人。3つとも今晩に咲くと思うよ」

「こんな寒いところでも、咲くんですねえ。難しそうなのに」

冬、そんなに暖房のなさそうな玄関に、鉢が置いてありました。

「夏の間、屋外の木の下に置いてやって、雨や風に当たりっぱなしにする。

それがわかって、やっと咲かせられるようになった」

そう言えば、浜松あたりから、シンビジュウムなどを、業者の人が、夏の間売木村に持って来ています。

夜間の低温に当ててやると、つぼみをつけると聞いたことがあります。

「家の中じゅうに、いい香りがしても、家のだれも気がないもんねえ。」

それならなおさら見に言ってあげようかと、相談しました。

でも、この時間に突然は、ちょっと遅すぎるということになりました。












アメリカンブルーが咲いて、いつの間にか秋


玄関わきのアメリカンブルーが、今を盛りと咲いています。

8月上旬のブルーベリー摘みの頃には、まだ咲いていませんでした。

晩夏というか初秋というか、とにかくそんな時期の花なのでしょう。

青い色がみごとですが、残念なことは花が小さいこと。

そんなふうに、毎年同じ思いをしながら、時間が過ぎていきます。

そうそう、シュウメイギクの花も咲き始めて来ました。

さて、ブルーベリー園花の谷、当面の課題は、草刈りと剪定でしょうか。

あれだけたくさんのお客さんに、入ってもらったけれど、お構いもなしに、草は大きくなっています。

ブルーベリーの木も、またまた大きくなって、なんとかしないと、立ち入り不可能になりそうなのです。


スモークツリーは枯れてゆくのか


「あの赤っぽい葉のモフモフとした木はなんですか」

ブルーベリー園花の谷を訪れるお客さんから、よく尋ねられます。

10本ほどもある花の谷のスモークツリー、シンボルツリーといっても良いほどです。

植えてから20年近くになっていて、すっかり大きくなりました。

ところが、去年と今年と2本切り倒しました。

葉っぱが縮れて来て、枯れてしまったからです。

ひこばえがあったので、それが育ってくれるかと期待しました。

でも、それも同じように枯れてしまいました。

なにか病気にかかったような印象でした。

そして今朝、残っている木の一本に、新芽が伸びていないことに、気がつきました。

実は、モフモフの色合いが、この頃になって、いやに汚くなっているようにも、思っていたのです。

下の写真の木は、少し後から植えた木です。

新芽がしっかり伸びています。

このようにして、どの木もどんどん大きくなって来たものでした。

やはり、枯れてしまうのでしょうか。

日本在来の病菌があって、それにやられてしまうのかと、想像したりします。

どうでしょうか。

はたしてどういうものなのか、どうにも手のつけようはありません。

個体差があって、少しでも生き残ってくれれば、と望みを託す気持ちです。