ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
シャクナゲに巣食う虫


門から受付へ降りてくる道の傍らにあるシャクナゲの株、なんとなく元気がない。

もう、小さなつぼみがあってもいいはず。

そう思って見ると、株元に木くずらしきものが…。

ブルーベリーの株元だったら、乾燥防止そのほかの理由で、どっさり木くずをかけてあります。

でもこれは、にっくき芯食い虫でしょう。

さっそく、手元にあったクレ5-56を、噴射してやりました。

ブルーベリーを無農薬栽培、というだけあって、殺虫剤を切らしているのです。

まさか枯れることはないでしょう。

いや、いささか心配です。


ヘメロカリス


今日から休園。

と言っても、やらなければならないことはいろいろ…。

草刈り、ほんとうは開園中こそやるべきだったのですが…。

実の摘み取り。ジャム用です。

畑めぐりのビンの回収。

折れた枝、枯れた枝の整理。

いろんな店舗用品の片付け。

受付所を車庫に戻す。

そうだ、各所ののぼり旗、案内看板の回収もありました。

そして、やりたいのは、ミョウガ採り、ブルーベリー畑でのさばって、もう花がついていると思います。


ニッコウキスゲの仲間のヘメロカリス。

いろんな色の花が咲いています。

一番好きなのは、レモン色の花ですが、撮る前に終わってしまいました。

1日のうちに、花が終わってしまうのが、今さらながらほんとうに残念です。

花茎に白くアブラムシがつくのも、うれしくはないのですが、それでもとてもいい花です。






天狗ナス



ブルーベリー園花の谷、今日も青空です。

ただ週末は暑そうです。

もちろん、都会から来た人には、そんなでもないようですが、大きな帽子などの暑さ対策があると良いでしょう。

来週になると、少し涼しくなる予報ですので、とにかくそれを待ちかねています。


写真のナス、天狗ナスと言うそうです。

確かに、天狗のお鼻のような突起物が付いています。

そこも食べられるようです。

この地方の伝統野菜だそうです。

花の谷と同じ集落で、農業をしている若いファミリーが、作ったものです。

ここの野菜は、花の谷にも置いてもらっています。

美味しいと人気で、何組ものお客さまが、野菜目的で来園している様子です。

「ブルーベリー園が終わったら、買えなくなるでしょう。なんか方法無いの?」

幸いにも、自宅前に直売所を開設したようです。

どちらででも良いので、ぜひ購入してみてください。


ネジバナの大群落を発見


せっかくの土曜日というのに、台風の影響らしい雨。

9時少し前、風も出てきました。

「伊勢湾台風と同じようなコースらしいぞ」

昨日の午前、ブルーベリー園に来たお客様が言いました。

えっ、静岡あたりから関東方面に、抜けるのではなかったのか。

と言う間に、一台のお客様が…。

でも、ベタベタになるからと話したら、帰って行かれました。

パックに入れた実の販売はしてないのです。

道の駅うるぎふるさと館には、売っていると思います。


ネジバナ、つまりモジズリの花の群落を、村内で見つけました。

日本の蘭の仲間です。

小さなピンクの花が、穂状にねじれて、可愛らしく咲きます。

咲いているのは、村役場の近く、「ぶなの木」の裏側です。

国道418号の、村で唯一の信号機から、東へ数十メートル走ったところです。

以前から咲いてた記憶は無くて、比較的近年になって広がったように思います。

法面は最近に草刈りした後がありますが、気づいてここは残してある様子です。

刈っても、また来年は生えてくるでしょうが、大切にしたいものです。

もう少し大きくて目立つ花だと、観光名所になるかもしれません。

でも、まあこれで良いのです。





6月の終わりのジューンベリー


今日も雨。

困るのが、愛犬キュートのお散歩です。

何しろ、訓練をしてないので、家の周りの草原に、連れて行く必要があるのです。

でも、朝夕とも雨雲情報を見ながら、隙を見て、なんとか散歩を済ますことができました。

昨日は濁っていなかった岩倉川、今日は濁って激しい流れでした。

写真は、すっかり色づいてきたジューンベリー、赤黒いほうが甘みが濃いのです。

さくらんぼより甘いかも、と思うこともあります。

でも、何しろ実が小さくて、タネがあるので、人には勧められません。

そうそう、十数年前に植えた何本ものジューンベリーの木たち、すっかり混み合ってきていました。

ブルーベリーの上にも覆いかぶさってきていたので、止むを得ず一本を切りました。

もちろん、上の写真のようなしっかりと実をつけている木は残してです。

だれか、ジューンベリーの品種改良をしてくれないものでしょか。


じゃがいもの花々


キタアカリとメイクイーンに続いて、他のじゃがいもの花も咲き始めてきました。

上は、サッシー。



上は、シンシア。

肝心の花ですが、実はシンシアはほとんど花をつけていません。

少しつけた花も虫に食べられたのか、いつのまにかなくなっていました。

花が美味しいのでしょうか、それなら芋も美味しいといいのですが、まさかねえ。



上は、シャドウクイーン。

名前のように、いささかものものしい花です。



グウエン。

白い花です

右下は、メイクイーン。

村の人の中には、メークンと呼ぶ人もいます。

にょっきり、ふたつ


去年初めて生えてきて、花を咲かせたオニノヤガラです。

蘭科の花ですが、色からして、いささか薄気味悪い感じでした。

去年は、秋になって周りにキノコがいっぱい生えてきました。

でも、オニノヤガラの菌に寄生するナラタケとは、全く思いつかぬまま過ぎてしまいました。

今年は、狙っていこうと思っています。

下は、それとはぜんぜん関係のないシオデです。

山菜のアスパラガスと呼ばれていて、殖やそうと大切にしています。

でも、さっぱり殖えない。

もう食べてしまいましょうか。


キタアカリのナゾ


「あとからモロッコインゲンの苗を植え付けた畝、ジャガイモが規則正しく出てきている。

種イモを貰ったキタアカリ、やっぱり、ふた畝植えたんではなかったろうか」

上の画像の左側の畝、支柱が立っているところが、問題の畝です。

その右の畝は、キタアカリの株がたくましく育っています。

左側の畝は、いかにも貧弱な株で、去年獲り入れしなかった芋が、芽を出してきたかと思うほどです。

それで、何も植えてないと思って、モロッコインゲンを植えつけたのでした。

そうしたら、今はジャガイモの株と、モロッコインゲンのツルが混生しています。

「そうだったのかしら。

そうか、何も植えてないと思ったけど、キタアカリ、大きな芋だけ先に植えたんだ。

そのあと、残った小さいのを、まとめて植えたかもしれない」

と言うわけで、ふたりともきちんとやっているようで、わずか2ヶ月前のことなのに、記憶がはっきりしないのです。

きっと、ジャガイモとインゲン、競い合うことで、どちらからも立派なものが、収穫できることでしょう。


ビンボウカズラが繁茂するようになった。


「この頃、ビンボウカズラが増えてきた気がする。

見たら引き抜くようにしているんだけどねえ。」

ビンボウカズラだなんて、確かにブルーベリー園に、ずいぶん大金を使ってきてしまいました。

でも、ビンボウだなんて、身内に言われたくはないなあ。

聞けば、ヤブガラシのことだそうです。

子供の頃、そう言っていたとか。

ブルーベリーに絡んでくるから、いかにも憎たらしいつる草です。

「やっぱり温暖化のせいかしら。」

言われてみれば、そんな気がしないでもありません。

当地では、緑っぽい細かい花が咲いて、蝶が舞う光景は見ない気がします。

高冷地のためかどうか、思いっきり繁茂するには至っていないようなのです。

まっ、ビンボウカズラさん、あんまり大きな顔をしてのさばらないで下さい。

じゃがいも長者かな


ジャガイモの花が咲き始めました。

上は、キタアカリ。下は、メークインです。

4月17日に、ここよりは低地の飯田市へ行った時、ホームセンターに半額で売っていました。

高冷地のここでは、まだ充分間に合うと思ったのです。

草抑えのつもりもありました。

品種は、メークイン、サッチー、シャドウクイーン、グウェン、シンシア。

「メークインやキタアカリは美味しいけど、あとはちょっとだと思うよ」

値段を見て、種イモを買っただけでした。

すると、ある人からキタアカリをいただきました。

よかった、美味しいのが2つになりました。

「男爵もいいけど、もう買わないでね」

まったく。

芽が出て、どんどん大きくなってきました。

あの下には、ジャガイモがゴロゴロできているに違いない。

高冷地で美味しいと言っても、ジャガイモばかり食べていくわけにはいかないでしょう。

行商にでも出たものでしょうか。