ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
野村モミジ


前に住んでいた所から、連れてきた野村モミジです。

実生の小さな苗木でした。

野村モミジというのは、春先に紅葉するけれど、自分には好みというほどではありませんでした。

たまたま木の陰になっていて、大きくなれる見込みがないのを、気の毒に思ったのでした。

この野村モミジ、秋の紅葉はあまり綺麗にはならない、と思ってきました。

ところが、今年見事に染まりました。

今年だけに終わるのか、来年以降もなのか、どうでしょう。

とにかくこの辺り、今年は紅葉が見事です。

ゆっくりと季節が移ってきたからなのか、夏が長くて木の葉のできる量が、多かったからなのか。

勝手な想像はしますが、真相は不明です。

野村モミジ、ここの自然に慣れて、本来の秋に紅葉の性質を思い出したのかもしれません。

まっ、勝手な想像はやめて、今年の紅葉もあと少し、楽しむことにしましょう。



冬桜が咲いています


撮影時間が悪くて、うまく写っていませんが、桜の花が満開です。

場所は、塩淵橋の東側、遊星館の対岸にあたるところです。

毎年この時期に、咲いて来たものか確証はないけれど、これまでは気がつきませんでした。

たぶん、売木村の中で、この時期に桜が咲いているのは、ここだけと思います。

品種なのか、今年の天候なのか、それもわかりません。

冬桜と言っていいものでしょうか。

一本の桜の木全体に、見事に花をつけています。

と言っても、これでは写りが悪すぎます。

今朝の最低気温は、浪合観測点でー0.6℃、遅れているとは言え、これから冷え込んでくることでしょう。

早めに撮り直しに行かなければ…。


ハウスの中と外


花の谷はブルーベリー専業農家です(!?!?)ので、野菜も不得手です。

野菜畑、とても人に見せられるような代物ではありません。

まあでも、ハウスの外と中での差異の参考までに、ご覧ください。

上の写真は、露地植えの小松菜です。

コメリで、売れ残りが安くなっていたので、十株購入してきて植えました。

下は、ハウス内に植えた同じ小松菜です。

明らかに成長の度合いに差があります。

もっとも、露地のあまり大きくなってない小松菜のほうが、甘みがあって美味しい可能性はあるように思います。

参考までに、今年は暖かい秋が続いています。

未だにはっきりした霜の降りた日は2~3日程度です。

とは言え、果たしてこの先、どの程度大きくなるものなのか。

期待はしていませんが、二人で食べるくらいはありそうです。


桑の木


花の谷には、数本の桑の木があります。

あちこちに散らばっていて、芽生えてきたばかりのようなものもあります。

たぶん、大昔に、養蚕用に栽培していた名残りだろうと思います。

実際、近くには屋根裏でお蚕さまを飼っていた、という農家がいくつもあります。

芽生えてきたばかりのは、小鳥が実を食べてタネを落としたのでしょう。

桑の実を食べてみたいと思って、そのままにしておいたら、ずいぶん大きくなりました。

でも、食べてそれほど美味しくもなく、実用性もなかったので、去年邪魔な一本を株元から切りました。

ブルーベリーの日陰になるとも、思ったのです。

すると、1年でもうこんなに大きくなりました。

他の落葉樹が紅葉してきているのに、まだ青々としています。

これなら、蚕の食料として、とても都合が良かったんだろうと、痛感したことでした。

そして、突然思い出しました。

「朝、桑の木の枝を切ってきて、お蚕さまにあげてから、2里の道を中学へ通ったものだぞ」

大正元年生まれの父親が言っていた言葉です。



フユノハナワラビを見つけました。


本日は立冬、と言うことは、直接的には関係ないけれど、見つけました。

村道の脇のフユノハナワラビです。

シダの仲間で、そんなに珍しいものではないようです。

でも、草花が枯れていくこの時期なので目に付きます。

花の谷では、毎年生えてくる場所が二箇所ほどあります。

とともに、時々思いがけないところで、生えてくる気がします。

まあ、いい名前を付けてもらった草のひとつ、と言えるかもしれません。


ケンポナシ、大きな落ち葉ばかり


「花の時期になると、ポタポタと落ちるくらいに蜜を垂らします」

10年くらいも前に、そんなふうに聞いて、植えたケンポナシ、すっかり大きくなりました。

幹の太さは、直径20僂曚匹砲發覆辰討い泙后

でも、今年も花は咲かなかった。

今年は、巣箱をひとつ預かっているので、ぜひとも咲いて欲しかったのに…。

ミニミニのグローブみたいな実が食べられるそうで、それも楽しみに、毎年待ちかねているのです。

そうしたら、今朝はいちめんに大きな木の葉が落ちています。

ケンポナシの落ち葉たちです。

これまでも、落ちてきたはずなのに、今年はいやに目立ちます。

そうか、来年はいよいよ花が咲くのかな。


アオツヅラフジ


以前にも見かけたことがあって、青い色が気にはなっていました。

でも、ヘクソカズラだろうかな、くらいに思って調べもせずでした。

検索してみたら、ヘクソカズラは茶色の実。

そうだ茶色っぽい実だったんだ。

というわけで、つる草の青っぽい実を検索すると、アオツヅラフジ。

その名前は、どこかでみたことはあるけれど、きちんと把握はしてなかった。

なんと毒だそうです。

もうひとつ、同じような色のつる草ではない実がありました。

これって、アマドコロなのかナルコユリなのか。

たぶん、アマドコロと思うのですが、どうでしょう。

調べてもなんとなく判然としないのです。


セイタカアワダチソウ退治


朝、部屋から外を見ると、黄色いセイタカアワダチソウの花が目につきました。
そうだった、花を刈り取らなければ…。
タネになって、そこらじゅうに蒔かれたらたまらないのです。
もうこの何日か、思ってきました。
でも、身支度をして外へ出る頃には、もう忘れてしまって、他のことをやっている毎日です。
今日こそはと、文字通りわき目もふらず、鎌を片手に現場に駆けつけました。
本当は、一本一本引き抜いたほうがとは思うのですが、やることがいろいろあって…。
ても、現場へ行ってみてわかりました。
目につく大きいのだけでなく、背の低い小さなのがいっぱい咲いているのでした。
四輪草刈機を持ち出すべきでしょう。
セイタカアワダチソウ退治、面倒だなあ。
これでまた、別の日になってしまいました。

行方不明のポポー


「やっぱり、動物が拾って行ったのかなあ。」

昨日の夕方のことです。

キューちゃんとお母さんが、散歩から帰ってきた時でした。

お父さんが、玄関近くの植え込みで、下草をかき分けて、なにかを探していました。

「どうしても、見つからないものねえ。ここまで来る人なんて、まずいないから、動物かもしれないね」

そうなんです。訪れる人なんて滅多にない老夫婦のおうちなのです。

「しっかり熟してからと思って、置いておいたのが失敗だった。

植えて十何年で、やっと一個だけ生ったポポーだったのに」

そうなんです。

台風のあと、ふたりが入れ替わり立ち代り、いつも探しているんです。

「あれっ、キュート、どうした。今、草むらに鼻を突っ込んだよ」

お父さんが、キューちゃんの鼻先から、薄緑色の卵のような実を拾い上げました。

「ありがとう、キュート。こんなところにあったのか」

夕飯のあと、ふたりで試食している様子でした。

でも、キューちゃんには回ってきませんでした。

「来年はもっとたくさん生るといいな。

日当たりがイマイチだ。

天気が良くなったら、周りの木を切ってやろう」


ノコンギク


園主の他は、ほとんど誰も立ち入らなくなった花の谷のブルーベリー畑。
ごく一部に草取りのあとはあるものの、ほとんどが草ぼうぼうの雑草園になっています。
そのブルーベリー畑に、今年特に目立つのがノコンギクです。
シオンだろうかとも思いましたが、楚々とした花姿は、ノコンギクで間違いないでしょう。
ブルーベリー畑なので、もちろんブルーベリーは植えてあります。
でも、季節折々に、 ウド、フキ、ワラビ、ミョウガなどの山菜や花々も楽しめるのです。