ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
シイタケ、ヒラタケ、ナメコ、生えてくるのかな


「シイタケ、まだ生えて来んなあ」

そうなんです。

わが家でも、9月の終わりころだったかに、3~4個生えてきたきり、ずっと生えてきません。

マツタケが豊作とかの噂とは大違いのシイタケ界です。

と思っていたら、上のように、キノコ原木置き場から、ヒラタケがほんのひとかたまり生えてきました。

人に見てもらうのが恥ずかしいくらいの量ですが、いいとしましょう。

と思ったら、シイタケの芽も発見。

いよいよ生えてくるのかもしれません。

一雨ほしいなあ。

というところで、お化けシイタケが見つかりました。

毎度のことですが、これだけ鵜の目鷹の目で毎日チェックしているのに、見落としがあるのです。

これだけ大きいと、裏が赤っぽくなっていて、食べるのを断念するところですが、幸い食べれそうでした。

栽培しているのに、なんとも収穫量が少ないわが家のキノコ畑なのです。



あわて者のナメコと今頃のズッキーニ


桜の木の原木から、ナメコが生えてきました。
3~4年前に、タネ駒打ちをした原木と思います。
何本も駒を入れたのに、生えてきたのは、今回一本だけです。
他の原木は、駒打ちに失敗したのか、と心配になってきます。
でも、まだ本格的な冷え込みはないので、たぶんこのナメコが狂い生えなのでしょう。
一昨日に、小さな芽を見つけたので、雨のあとに採ればと思っていたら、急に大きくなっていました。
これだけあれば、二人きりのわが家では充分です。
なめこやシイタケ、いずれいっせいに生えて来るでしょうが、それはそれで大変なのです。
畑の二株だけのズッキーニでも、手頃の大きさの実を見つけました。
今年の夏は、暑さのせいか、さっぱりだったのに、ようやくもとがとれそうです。

畑シメジを踏みつぶしてた


川沿いのブルーベリー畑を、歩いていたときのことです。

なにか茶色っぽいような白っぽいようなものが、踏まれていました。

畑シメジ。

ピーンときました。

というか、もう何度かあちこちで目撃してきたので、間違いはないでしょう。

ここから、数百メートルの農家の庭先にも、毎年生えて来るところがあります。

採って食べたことはないけれど、たぶん菌が飛んできたのでしょう。

まあこれで花の谷、畑シメジの生えるブルーベリー園に昇格しました。

けど、誰が踏んづけたのでしょう。

とは言え、自分ではないと言い張る自信は無いのです。

話は変わります。

今年になって、長野県内でキノコ採りに行って、亡くなった人がすでに9人とか。

一方で、メデイア等は、毒キノコを食べないようにと、盛んに警告しています。

でも、キノコで危険なのは採るほうなのでは、と思ったりです。


マツタケ、やはり豊作なんだ


「若いのを連れて行ったら、いっぱいあった」
「えーっ、こんなにいいの。これだけたくさん持つの、生まれて初めてだ」
つい先日、さっぱり無いと言っていたキノコ名人のひとりが、マツタケを持ってきてくれました。
なんとつぼみばかり5本もです。
興味はあっても、お金を出してまでは、食べようとはしない家風なのです。
昨日、ふるさと館でりっぱなのを目撃したばかりなので、余計に感慨ひとしおです。
さて、どうやって食べたものか。
マツタケご飯、ホイル焼き、吸い物、まあそれだけあれば十分です。
どうやら売木村でも豊作のようです。
ふるさと館に売られていたキノコたち


今日10月2日、売木ふるさと館で売られていたキノコたちです。
マツタケ、コウタケ、ショウゲンジ、クロカワが、置いてありました。
売木村産もそうでないのもありました。
「売木の山でも、けっこう出とるなあ。まあ豊作だわ。けど、雨でやられとるのも多い」
「そろそろ終わりみたいだなあ。こんなもんか」
そんな話が出ていました。
わが家の栽培キノコもそろそろかと思いますが、まだその気配はありません。



キノコの様子は


「山へ入ってみたけど、何にもなかったぞ。紫色のが生えとったくらいだわ」

知り合いのキノコ採り名人が言いました。

ここで言うキノコは、マツタケ、シメジ、あとショウゲンジくらいです。

そのほかのキノコは、食べられるキノコでも、このあたりの人の眼中にはないのです。

そうなのかなあ、つい最近のテレビで、マツタケがたくさん採れた、とやっていたはずです。

もっともこの地方ではなく、中信とか北信の方だったようでした。

「まだ、あったかいでなあ。冷えて来んといかんわ」

ということで、いずれは生えてくるものなのか、ダメなままで終わってしまうのか、今のところ不明です。

写真は、ツルニンジンの花。

朝鮮ニンジンと同じくらいの薬効があるとか言いますが、毎年花を見るだけで終わっています。

写真のは、花の色が濃いほうだと思います。





今年のキノコ、どうなのかな


花の谷の園内で、松茸だとかシメジだとか、食べて美味しいキノコが生えることは、あり得ません。

でも、ブルーベリー畑の脇に、キノコが生えてくることは、よくあります。

写真の大きなのは、イグチの仲間でしょう。

イタリアで人気のボルチーニの日本版かも、と思うけれどまあいいのです。

世の中には、キノコの価値観を食べられるかどうかにおく人は多いようです。

けど、そんなに無理に食べるものでもない、と思っているのです。

それはそうと、裏山の奥のほう、高いところで、今年のマツタケはどうでしょうか。

これも、わざわざ採りに行くほどでもない、と思っているのです。


マイタケ採り



「この前、〇〇さんを連れて、キノコに行ったんだってね。誰が行ったの?」

〇〇さんとは、30代のうら若き女性です。

〇〇さんによれば、70代の爺さんたちと行ったけれど、あまりにもハードだったとか。

爺さんたちはケロっとしていて、〇〇さんだけがダウンしたようでした。

「ここで動かずに待っていろと言われて、じっとしてた」

まあ、よくある話ではあるのです。

「採れたの。マツタケに行ったの?」

メンバーを聞いたら、村の中でも、とびっきりの爺さんたちでした。

山があるから生きているような、強健メンバーばかり。

それで、肝心のこと、いちばん気になることを聞いたのです。

「いや、マイタケ。5年くらい前に、大きなのを採って、毎年行ってるけど、ぜんぜん無いわなあ」

腕を大きく広げて、示してくれました。

魚釣りなどと同じで、毎年毎年、記憶の中で大きくなっていく、のではないでしょうか。

もちろん、それでいいのです。

ミズナラではなくて、ブナの株元のようです。

どんなブナの木なのでしょう。

天然の巨大マイタケ、来年は自分も連れて行ってもらおうか、と思わないでもありません。

でも、同じ70代といっても、いろいろなのです。








ナメコは、ベールに包まれて


わが家の原木ナメコが、ようやく芽?を出してきました。

まだ、片手に乗るくらい、毎日ほんの少しずつ収穫して、頂いています。

ナメコで厄介なのは、落ち葉や小枝などで汚れやすいところ。

湯がけば取れるのですが、面倒なのです。

で、ネットを掛けることにしました。

キャベツや白菜に虫除けに掛けていたネット、冷えてきたので、転用してもいいでしょう。。

ナメコが大きくなると目につくので、そこだけめくって、収穫しています。

ただ、ヒラタケは目につきにくいかも。

まだ生えてきてないけれど、要注意です。

それと、来週くらいになると、ナメコがぎっしりと生えてくるかも。

それはそれで困るのです。


ふるさと館で、売られてたキノコです


一昨日に、売木村ふるさと館で、売られていたキノコたちです。

販売者名まで写してしまったので、カットした写真です。

今年は不作のようですが、栽培種も含めて、いろいろ出ています。

上の左は、コウタケ。

実は、安いと思ったので購入して、炊き込みご飯にしてもらいました。

夜、朝、昼と続けて、飽きもせず美味しくいただきました。

右は栽培物のシイタケ。



先日もアップしたけれど、栽培物のナメコ。

「面倒だからと、みんな作らなくなってきたでなあ。でも、都会の人は、ひとりで何パックも買って行ってくれる」

確かに、きれいにして、石づきを落として、パックにするのは、けっこうな手間なのです。



ご存知、マツタケ。

この辺りでは、標高が高いので、ツガタケと言う人もいます。

白っぽい気がします。

安いのでも、2,000円はしていました。一番高いのが4,800円でした。



本シメジ。1パックで、5,000円前後でした。

当地では、キノコとは、マツタケと本シメジのことで、そのほかは食べなかったそうです。


なお、昨日は、この他にショウゲンジ、クリタケ、フウセンタケなども、売ってました。