ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー狩り、今夏は中止です。

コロナウイルス感染防止のため、2020年夏のブルーベリー狩りは、行わないことにしました。
大変残念ですが、検温や消毒、受付での密集回避など、年寄りふたりでは、充分に対策できそうにありません。
また、病院まで1時間以上かかる山の中のため、もしものことがあると、みんなが困ってしまいます。
どうかお許しください。
来年をめざして、手入れに努めますので、よろしくお願いします。

以下、令和3年(2021年)夏のための、参考資料です。(作成中)

1 入園料 (時間制限なし・2,500坪の園内で、自由に食べ歩いて、お土産パックをつくる)
☆ 大人
○ミニパック付き 500円
○大バック付き 1,000円
○大パック2つ付き 1,700円
☆ 小・中学生
○パック無し 200円
○ミニパック付き 300円
○大パック付き 500円
☆幼児
○パック無し 0円
○ミニパック付き 100円
☆ペット 0円

2 開園期間
7月7日頃~8月8日頃
090の7862の4605へ確認してから、おでかけください。

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
しいたけが生え始めた


先日の雨と冷え込みのせいでしょう。

しいたけが、生えてきているのを見つけました。

わずか4個ですが、いずれもう少しは、生えてくることでしょう。

しいたけだけと思っていたら、なめこもほんの少しですが、生えてきていました。

秋の終わりのキノコと聞いていますが、少しずつはこのタイミングでも、毎年生えてくるのです。

ようやく、秋らしくなってきました。


キノコまだ出てこない。でも、19号は来て欲しくない。


「電話の問い合わせは、いっぱいあるけど、キノコ、ぜんぜん出ないんだよ。

ショウゲンジが腐っとったって、暑さのせいだろうねぇ。」

昨日、うるぎふるさと館には、マツタケが2パック、千本シメジ1パックでした。

あとは、ハナイグチ、栽培物の舞茸だけでした。

普通なら、台風が来て、雨と風があれば、というところです。

でも、台風19号、それどころではない台風です。

だいぶ近づいてきたはずなのに、915hPaから衰えないなんて、どういうことなんだろう。

東方海上にそれればいいのに、なかなかそうならないみたいです。

「ひとつ強い台風が来ると、大空に道が出来て、その年は同じところに来る」

子供のころ、そう聞いたことがあります。

大空の台風の道、どんなだろうと思ったものでした。

たぶん、似たような気圧配置か何かが、できるのでしょう。

19号、この前の台風にコースが似ている。

もっと怖そうな台風だから、日本じゅう大いに警戒をして、備えなければ…。





マツタケはまだ。もう今年は出ない説も。


「友だちからラインがあって、

『エノキタケが出てたら、教えてね。あした買いに行くから』

だって。

ふるさと館に、出てるかしら。天然のエノキタケが前に出てて、買って帰ったことがあるみたい」

「エノキタケねえ?

天然のものが、出てたことなんてあったかなあ。

マツタケとかショウゲンジとか、ハナイグチならわかるけど…」

するとしばらくして、

「エノキタケじゃなかった。シメジだそうです」

「ああ、シメジ。マツタケもだけど、ふるさと館とか大橋屋さんに、地元の人が毎年出してくれるよ」

でも、今年はまだ、全然出ないのです。

原因は、9月の残暑と雨不足みたい。

7月の長雨の時は、期待を持たせる話もあったけれど、とにかくさっぱりみたいですね。

このまま、出ずに終わってしまうのではないか、という話もあるほどです。

午後になって、ふるさと館に立ち寄ってみました。

上の写真の通り、マツタケのパックがひとつだけ。

4800円でした。

高いみたいですが、何時間も山の中を歩き回っての報酬としては、気の毒にも思います。

午前中に、ひとパックは売れたそうです。

あとの、4パックのキノコは、ベニハナイグチだそうで、500円でした。

下の写真は、野菜コーナー、まだトウモロコシまで売ってました。



アミガサタケは春のキノコの代表格


外水道の近く、咲き始めた八重桜の株元に、何か奇妙なものが…。

アミガサタケ。

なぜか名前がすぐにうかんできました。

この頃は、知ってた筈の名前でも、なかなか出てこないのに、珍しいことです。

これも認知症の一種だろうか。

それはさておき、このキノコ、フランスやイタリアでは人気だそうです。

ポリチーニの2倍くらいの値段がつくことも、とか。

いやそれよりも、このキノコが出てくると、春のキノコシーズンの始まりだそうです。

春キノコと言ったら、シイタケくらいしか思い浮かばなかった。

3つもまとまって生えてきたことだし、たべたものだろうか。

いや、やめておきます。



ナメコが出てた


ブルー畑の脇、キノコの原木畑になにか黄褐色っぽいものが…。

落ち葉に埋もれたナメコでした。

この時期、雨が降ると出てきます。

ナメコは凍りつくような気温でも平気のようです。

落ち葉を取り除け、原木をひっくり返したのが下の写真。

たったこれだけですが、これだけあれば十分、これからもチェックを怠らないことにします。


ツチアケビと関係あったのかなあ


写真は撮ってあったけれど、この話、UPしそこなっていました。

この秋に、用水沿いの道に、これまで見かけたことのないキノコが、ギッシリと生えてきました。

なんだろうとは思いました。

でも、君子!というわけではないけど、危うきに近寄らずなので、そのままに…。

「ねぇ、キノコが生えてたでしょう。ナラタケじゃなかったの」

えっ、ナラタケ、そうかツチアケビだ。

ツチアケビのあるところにナラタケあり、とは頭の中ではわかっていました。

けれど、知識と現実とをうまく結びつける能力は、持ち合わせていないようでした。

と言うのか、これって本当にナラタケ?

あわてて写真を撮りに行った時には、ほとんどが腐っていて、かろうじて撮れたのが上の写真です。

あくまでも用心深いので、食べようという気はまったくありません。

でも、惜しいことをした。

来年は、気をつけていて、見つけたら誰かに判定してもらうか、食べてもらう事にします。

なお、下の写真のツチアケビは、このナラタケらしきキノコ群生地の数メートル斜面下に、生えていました。

そうか、至近距離に生えてくるわけではないらしい。

いやてっきり、ツチアケビのすぐ近く、つまりその周りくらいにナラタケは生えてくる、と思っていたのでした。


シイタケ、ヒラタケ、ナメコ、生えてくるのかな


「シイタケ、まだ生えて来んなあ」

そうなんです。

わが家でも、9月の終わりころだったかに、3~4個生えてきたきり、ずっと生えてきません。

マツタケが豊作とかの噂とは大違いのシイタケ界です。

と思っていたら、上のように、キノコ原木置き場から、ヒラタケがほんのひとかたまり生えてきました。

人に見てもらうのが恥ずかしいくらいの量ですが、いいとしましょう。

と思ったら、シイタケの芽も発見。

いよいよ生えてくるのかもしれません。

一雨ほしいなあ。

というところで、お化けシイタケが見つかりました。

毎度のことですが、これだけ鵜の目鷹の目で毎日チェックしているのに、見落としがあるのです。

これだけ大きいと、裏が赤っぽくなっていて、食べるのを断念するところですが、幸い食べれそうでした。

栽培しているのに、なんとも収穫量が少ないわが家のキノコ畑なのです。



あわて者のナメコと今頃のズッキーニ


桜の木の原木から、ナメコが生えてきました。
3~4年前に、タネ駒打ちをした原木と思います。
何本も駒を入れたのに、生えてきたのは、今回一本だけです。
他の原木は、駒打ちに失敗したのか、と心配になってきます。
でも、まだ本格的な冷え込みはないので、たぶんこのナメコが狂い生えなのでしょう。
一昨日に、小さな芽を見つけたので、雨のあとに採ればと思っていたら、急に大きくなっていました。
これだけあれば、二人きりのわが家では充分です。
なめこやシイタケ、いずれいっせいに生えて来るでしょうが、それはそれで大変なのです。
畑の二株だけのズッキーニでも、手頃の大きさの実を見つけました。
今年の夏は、暑さのせいか、さっぱりだったのに、ようやくもとがとれそうです。

畑シメジを踏みつぶしてた


川沿いのブルーベリー畑を、歩いていたときのことです。

なにか茶色っぽいような白っぽいようなものが、踏まれていました。

畑シメジ。

ピーンときました。

というか、もう何度かあちこちで目撃してきたので、間違いはないでしょう。

ここから、数百メートルの農家の庭先にも、毎年生えて来るところがあります。

採って食べたことはないけれど、たぶん菌が飛んできたのでしょう。

まあこれで花の谷、畑シメジの生えるブルーベリー園に昇格しました。

けど、誰が踏んづけたのでしょう。

とは言え、自分ではないと言い張る自信は無いのです。

話は変わります。

今年になって、長野県内でキノコ採りに行って、亡くなった人がすでに9人とか。

一方で、メデイア等は、毒キノコを食べないようにと、盛んに警告しています。

でも、キノコで危険なのは採るほうなのでは、と思ったりです。


マツタケ、やはり豊作なんだ


「若いのを連れて行ったら、いっぱいあった」
「えーっ、こんなにいいの。これだけたくさん持つの、生まれて初めてだ」
つい先日、さっぱり無いと言っていたキノコ名人のひとりが、マツタケを持ってきてくれました。
なんとつぼみばかり5本もです。
興味はあっても、お金を出してまでは、食べようとはしない家風なのです。
昨日、ふるさと館でりっぱなのを目撃したばかりなので、余計に感慨ひとしおです。
さて、どうやって食べたものか。
マツタケご飯、ホイル焼き、吸い物、まあそれだけあれば十分です。
どうやら売木村でも豊作のようです。