ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マイタケ採り



「この前、〇〇さんを連れて、キノコに行ったんだってね。誰が行ったの?」

〇〇さんとは、30代のうら若き女性です。

〇〇さんによれば、70代の爺さんたちと行ったけれど、あまりにもハードだったとか。

爺さんたちはケロっとしていて、〇〇さんだけがダウンしたようでした。

「ここで動かずに待っていろと言われて、じっとしてた」

まあ、よくある話ではあるのです。

「採れたの。マツタケに行ったの?」

メンバーを聞いたら、村の中でも、とびっきりの爺さんたちでした。

山があるから生きているような、強健メンバーばかり。

それで、肝心のこと、いちばん気になることを聞いたのです。

「いや、マイタケ。5年くらい前に、大きなのを採って、毎年行ってるけど、ぜんぜん無いわなあ」

腕を大きく広げて、示してくれました。

魚釣りなどと同じで、毎年毎年、記憶の中で大きくなっていく、のではないでしょうか。

もちろん、それでいいのです。

ミズナラではなくて、ブナの株元のようです。

どんなブナの木なのでしょう。

天然の巨大マイタケ、来年は自分も連れて行ってもらおうか、と思わないでもありません。

でも、同じ70代といっても、いろいろなのです。








ナメコは、ベールに包まれて


わが家の原木ナメコが、ようやく芽?を出してきました。

まだ、片手に乗るくらい、毎日ほんの少しずつ収穫して、頂いています。

ナメコで厄介なのは、落ち葉や小枝などで汚れやすいところ。

湯がけば取れるのですが、面倒なのです。

で、ネットを掛けることにしました。

キャベツや白菜に虫除けに掛けていたネット、冷えてきたので、転用してもいいでしょう。。

ナメコが大きくなると目につくので、そこだけめくって、収穫しています。

ただ、ヒラタケは目につきにくいかも。

まだ生えてきてないけれど、要注意です。

それと、来週くらいになると、ナメコがぎっしりと生えてくるかも。

それはそれで困るのです。


ふるさと館で、売られてたキノコです


一昨日に、売木村ふるさと館で、売られていたキノコたちです。

販売者名まで写してしまったので、カットした写真です。

今年は不作のようですが、栽培種も含めて、いろいろ出ています。

上の左は、コウタケ。

実は、安いと思ったので購入して、炊き込みご飯にしてもらいました。

夜、朝、昼と続けて、飽きもせず美味しくいただきました。

右は栽培物のシイタケ。



先日もアップしたけれど、栽培物のナメコ。

「面倒だからと、みんな作らなくなってきたでなあ。でも、都会の人は、ひとりで何パックも買って行ってくれる」

確かに、きれいにして、石づきを落として、パックにするのは、けっこうな手間なのです。



ご存知、マツタケ。

この辺りでは、標高が高いので、ツガタケと言う人もいます。

白っぽい気がします。

安いのでも、2,000円はしていました。一番高いのが4,800円でした。



本シメジ。1パックで、5,000円前後でした。

当地では、キノコとは、マツタケと本シメジのことで、そのほかは食べなかったそうです。


なお、昨日は、この他にショウゲンジ、クリタケ、フウセンタケなども、売ってました。

マツタケはやっぱり不作だって

 


「ダメ、ダメ。ほんとうに採れんのだわ」

テレビで、マツタケが採れない、と騒いでいます。

念のため、売木のマッタケ事情に詳しい人に聞いたら、やはりそうでした。

「9月になって、雨が降らんかったでなあ。」

そして一昨日、村の総合スーパーである大橋屋を覗いて見ました。

形のいいのが二本入って、3400円。

売木のは、標高が高いせいなのか、白っぽいのが多いのです。

他にパックはありませんでした。

「去年、おととしと2年続けて、良かったでなあ。まあ、毎年というわけにもいかんわ。」

と言うわけで、今年こそ食するぞと思っていたのですが、また先に延びてしまいました。


もう原木しいたけ


特に用もないのに、ふるさと館に立ち寄りました。

中に入るのではなくて、のき下の野菜類を見るのです。

すると、知り合いが椎茸を出していました。

そういえば、村民運動会の打ち上げ会で、イボイボが出てきていると言ってました。

あれから一週間、少し開き過ぎ気味です。

「この時期の椎茸は、珍しいなあ」

近くにいた村の人が言いました。

やはりそうか。

わが家の原木はなんの気配もないのです。

1パック300円でした。

「生えてきてたから出しました」

その日のうちに、出品者に聞いてみましたが、この時期に生えてきた理由は不明のようでした。

原木生しいたけ、もちろん絶品でした。




もうナメコ、ふるさと館に売ってた


昨日9/18、うるぎふるさと館に立ち寄ると、ナメコを売っていました。

もちろん、原木栽培ものでしょう。

と言っても、味は天然物と変わらない、がたいていの意見です。

なんと220円。

こんなにきれいなのを、こんなに安く売るなんて・・・。

わが家のナメコも、生えているかもと思いましたが、購入しました。

さっそく、お昼の味噌煮込みうどんに、使ってもらいました。

夕方には、ナメコおろしにもしてもらいました。

うーん、絶品。

村内商店街の大橋屋さんには、マツタケ、ボウズ(ショウゲンジ)、ロウジを売ってたそうです。

もちろん、売木産天然ものです。

いよいよキノコシーズンなのでしょう。

なお、わが家の原木さんたち、なんの気配もありませんでした。

プロとの差なのか、それとも早生種なのか、まあ両方でしょう。




毒キノコを食べてより、探してのほうが多い


渓流釣りもそうですが、キノコ採りも、ここに住んでから、さっぱりしなくなりました。

カラマツ林に生えるハナイグチが、少し歩くだけのところに出るのですが、それもこの2、3年とっていません。

シイタケ、ヒラタケ、ナメコの栽培もので、満足している状態です。

ところで、その山のキノコ、今年も長野県内で、4、5名の人が亡くなられたようです。

と言っても、毒に当たったのではなく、キノコを採りに行って、山で遭難して・・・。

キノコの毒のことは、よく本で読んだりして、警戒心をしっかり持っています。

でも、それよりも、キノコ探しの方が、危険なようでした。

キノコ採り、宝探しの面白さだと思っています。

けれど、来年以降出かけることがあったにしても、探す方に、じゅうぶん気をつけることにします。





松茸、香茸、老茸、正源寺が、出ていました。ふるさと館。


本日102(日)、マツタケ6000円、コウタケ1500円、ロウジ(クロカワ)1500円、ショウゲンジ(ボウズ)500円。

値段は、サイズにもよるので、あくまで参考ですが、以上のキノコが、売木村ふるさと館に出ていました。

もちろん売木産、お値打ちの値段と思います。

「マツタケは、飯田の市場にも、あんまり出とらんなあ」

7、8月に雨が降らなかったし、まだ暑さが残っていることもあって、今年はキノコの出が悪いようです。

さて、この後、出るものでしょうか。

わが家は、採りに山へ入ることが、ほとんどなくて、関心は、シイタケ、ナメコなどの、栽培キノコにあります。

出すぎても、困るのですが、そのほうが気になります。

大橋屋さんの巨大香茸


既視感というか、前にも見たような表題だぞと、思われた方もあるかもしれません。

と言うか、そんなにこのブログを訪れる方は、いないでしょう。

巨大松茸と同じネタ元なので、アップをいちおうためらっていました。

でも、これよりも大きいと思われる香茸が、「ささゆり荘けいこのブログ」に出ましたので。

香茸、その名の通り香りも味も良くて、特に乾燥させると、なおのこと香るとか。

実はずーっと以前に、食べたことはあるのですが、あんまり記憶がなくて・・・。

特徴的な色と形ですので、すぐ覚えられます。

値段もクロカワやマツタケと比べれば、安いようです。

とはいえ、このところ、松茸もそうですが、地元のお店で見るほう専門なのです。

そうそう、ささゆり荘では、10,000円のきのこプランと13,000円のきのこすき焼プランがあるようです。

やはり今年、きのこは豊作なのでしょうか。

マイタケの芽が3つ


ブルーベリー畑の脇、小さな林の中に、舞茸の幼菌を見つけました。

と言っても、自然のものであるはずはありません。

何年も前に、森林組合から、菌を植えた丸太を買ってきて、埋めたのでした。

だんだん少なくなってはきていても、毎年いくつか芽を出しています。

ただ、なぜかたいてい、見に行くタイミングが遅く、傷み始めてから収穫することが多くて・・・。

今年は間に合いそうです。

この舞茸、うまく収穫しないと、土や落ち葉などが、ヒダの間に入りがちです。

収穫するのは、確かに舞い上がりたくなるほど楽しいけれど、ものすごく美味しいというほどでもないような・・・。

やっぱり購入したほうが、お値打ちというか、お手軽というか、農産物類一般の例にもれず、まあそんな感想になってしまいます。