ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
毒キノコを食べてより、探してのほうが多い


渓流釣りもそうですが、キノコ採りも、ここに住んでから、さっぱりしなくなりました。

カラマツ林に生えるハナイグチが、少し歩くだけのところに出るのですが、それもこの2、3年とっていません。

シイタケ、ヒラタケ、ナメコの栽培もので、満足している状態です。

ところで、その山のキノコ、今年も長野県内で、4、5名の人が亡くなられたようです。

と言っても、毒に当たったのではなく、キノコを採りに行って、山で遭難して・・・。

キノコの毒のことは、よく本で読んだりして、警戒心をしっかり持っています。

でも、それよりも、キノコ探しの方が、危険なようでした。

キノコ採り、宝探しの面白さだと思っています。

けれど、来年以降出かけることがあったにしても、探す方に、じゅうぶん気をつけることにします。





松茸、香茸、老茸、正源寺が、出ていました。ふるさと館。


本日102(日)、マツタケ6000円、コウタケ1500円、ロウジ(クロカワ)1500円、ショウゲンジ(ボウズ)500円。

値段は、サイズにもよるので、あくまで参考ですが、以上のキノコが、売木村ふるさと館に出ていました。

もちろん売木産、お値打ちの値段と思います。

「マツタケは、飯田の市場にも、あんまり出とらんなあ」

7、8月に雨が降らなかったし、まだ暑さが残っていることもあって、今年はキノコの出が悪いようです。

さて、この後、出るものでしょうか。

わが家は、採りに山へ入ることが、ほとんどなくて、関心は、シイタケ、ナメコなどの、栽培キノコにあります。

出すぎても、困るのですが、そのほうが気になります。

大橋屋さんの巨大香茸


既視感というか、前にも見たような表題だぞと、思われた方もあるかもしれません。

と言うか、そんなにこのブログを訪れる方は、いないでしょう。

巨大松茸と同じネタ元なので、アップをいちおうためらっていました。

でも、これよりも大きいと思われる香茸が、「ささゆり荘けいこのブログ」に出ましたので。

香茸、その名の通り香りも味も良くて、特に乾燥させると、なおのこと香るとか。

実はずーっと以前に、食べたことはあるのですが、あんまり記憶がなくて・・・。

特徴的な色と形ですので、すぐ覚えられます。

値段もクロカワやマツタケと比べれば、安いようです。

とはいえ、このところ、松茸もそうですが、地元のお店で見るほう専門なのです。

そうそう、ささゆり荘では、10,000円のきのこプランと13,000円のきのこすき焼プランがあるようです。

やはり今年、きのこは豊作なのでしょうか。

マイタケの芽が3つ


ブルーベリー畑の脇、小さな林の中に、舞茸の幼菌を見つけました。

と言っても、自然のものであるはずはありません。

何年も前に、森林組合から、菌を植えた丸太を買ってきて、埋めたのでした。

だんだん少なくなってはきていても、毎年いくつか芽を出しています。

ただ、なぜかたいてい、見に行くタイミングが遅く、傷み始めてから収穫することが多くて・・・。

今年は間に合いそうです。

この舞茸、うまく収穫しないと、土や落ち葉などが、ヒダの間に入りがちです。

収穫するのは、確かに舞い上がりたくなるほど楽しいけれど、ものすごく美味しいというほどでもないような・・・。

やっぱり購入したほうが、お値打ちというか、お手軽というか、農産物類一般の例にもれず、まあそんな感想になってしまいます。






ブルーベリー畑の、たぶんニガクリタケ


ブルーベリー畑で、写真のような、美味しそうなキノコを見つけました。

たぶん、毒キノコのニガクリタケか、その仲間でしょう。

傍の林の中に、下の写真のキノコもありました。

イグチの仲間ですが、もう古くなっていました。

話は全く変わって、常総市の水害、行方不明14名の所在が、確認されたそうです。

昨日の日中、ラジオで言っていて、本当に良かった、と思いました。

これについては、一昨日の夕方に、2遺体発見の報道がありました。

それなのに行方不明は、依然として15名と聞いて、どうにも変だ、と思っていたところでした。

現場は、そのくらいに大変なのでしょう。

例えば、氏名を公表すれば、早くに解決したかもしれないけれど、そういう時代ではないのかもしれません。

東海豪雨の一端を、体験したものとしては、思うことはたくさんあります。

いざとなると、全体像を把握して、的確に行動することは、とても困難なことだと思います。

ことにあたっているみなさん、くれぐれも体に気をつけて、頑張ってください。

千本シメジをいただきました




2枚目の写真は、村内のある人がとってきた、千本シメジです。

ちょうど山から降りてきたところみたいで、大きい株の方を貰ってしまいました。

釈迦シメジとも言って、検索したら「発生数が少ない幻の高級きのこ」とありました。

厚かましすぎたでしょうか。

炊き込みご飯にして、美味しくいただきました。

1枚目の写真、左からアカヤマドリタケ、フウセンタケ、タマゴタケ、名称不詳のイグチの仲間です。

考えてみたら、どれもまだ食べたことのないものでした。

今年のキノコの様子、どうなんでしょう。

もう始まっていることは確かのようです。
コカラカサタケなら有毒なのか


高速道路のサービスエリアに、キノコが生えていました。

カラカサタケだと思って、写真に撮りました。

以前見たのと比べると、少し大きさが小さいようです。

これから大きくなるのかと思いましたが、家に帰って、ネットで調べてみました。

カラカサタケは、もう少し茶色ぽいようです。

白っぽいのが載っていて、シロカラカサタケ。

でも、もう少し探していたら、そっくりなのがありました。

コカラカサタケ。

これでしょう。

ところが、なんと、有毒とあります。

これだから、キノコの世界は恐ろしい。

幸いなことに、キノコを見たら食べるぞ、という趣味はありません。

ところで、このしつこい長雨、今年のキノコたちには恵みかもしれません。

山へ入るほどの気持ちはないけれど、どうなるか楽しみです。

今頃の椎茸


「今年はシイタケがおかしい。なかなか出んなあと思ってたら、今頃になって出てきた。」

11/8の「うまい!うるぎ米育て隊」の昼食に、シイタケの網焼きが出ました。

薪の火で焼いて、醤油を大胆にかけただけでしたが、とても好評。確かに濃い味があってジューシー、「うまい」ものでした。

で、その原木シイタケ、わが家でも、今シーズンはさっぱり出ません。

原木が古くなってきたせいだろうか、来春はぜひとも駒打ちをと、心ひそかに決意を、かためつつあったところでした。

ところが、念のためにと、ささやかなホダ場に行ってみると、生えている生えている。

入れるものがないと思ったけれど、あった。帽子に入れて持ち帰りました。

写真を見ると、たいした量ではないようですが、わが家にはこれだけあればじゅうぶん。ときどき、こんなふうに生えてくれれば良いのです。

けど、ヒラタケは生えてこなかったなあ。ナメコもほんの少しだけ。やっぱり、原木が寿命なのでしょう

マツタケ6本、時すでに遅そすぎし


「山の持ち主が言うんだから、だいじょうぶだ。見てきてくれ。」

90歳を越えるお父さんから、頼まれました。お父さんもそうですが、お母さんは、マツタケ名人三人娘?として、鳴らした人です。

でも、寄る年波で、もう自分では、山へいけないのです。

マツタケ採り、とてつもなく魅力があります。でも、わが家は山を持ってないので、入らないようにしています。

ただ、2010年、あの豊作だった年には、このお父さんに連れられて、入ったことがありました。まだつぼみのマツタケを一本採ったものでした。

あの時は、クロカワの大きなフェアリーリング、群生も見つけたのでした。

もちろん、そのあとは、お父さんも自分も、山へは行っていません。

というわけで、頼まれた?ので、村内のきのこ名人に付き添ってもらって、若い人もいっしょに行ってきました。

で、結果です。

若い人が、ちよっとバランスを崩して、手近の立木につかまりました。ところが、枯れ木だったので、あわや・・・。

でも、なんとか踏みこたえて、本当に危なかった。そういう、かなり険しいところでした。

と、そのすぐあとで、

「これ、なんだろう。きのこみたい」

「マツタケの腐ったのだ。惜しいねえ」
と、キノコ名人。

そして続けて、
「ああ、ここにもある。よさそうだけど、これも、もうダメだ」

それが上の写真です。とても残念でしたが、やはり食べるのは、無理なようでした。

そして近くにもう4本。黒っぽく腐って、わずかにマツタケの名残りをとどめていました。

「やっぱりお彼岸の頃だな。10月12日では、ちよっと遅すぎた。来年は早めにいってくるといいぞ」

90歳を越えるお父さんのお言葉に、来年こそは・・・と、かたく誓う一同でした。

有毒に変更となったキノコふたつ


上の写真は、スギヒラタケ。

これまで普通に食べられて来たけれど、急性脳症を惹き起こす可能性があるらしく、食べてはいけないことになったようです。

可能性があると言うのは、人体実験ができるはずはなく、簡単に分析ができるわけでもないので、よくわからないと言うことでしょう。

今回初めて、実物を教えてもらったばかりですので、これまでに食べたことはありません。

もちろん、今後とも、食べてみる気もありません。でも、やさしげな美味しそうなキノコです。

下は、キシメジ。今回、やたらにあちこちに生えていました。くやしい。

これは過去に何回か、食べたことがありました。

「ドイツで死者が出たので、食べないことになった。けど、日本ではそんな例はない。少しキノコが違うのかもしれない。まあでも、食べないことだ」

同行のキノコの先生の言葉です。

これまで、苦いので湯こぼしするように言われて、それで良かったのかもしれません。

もちろん、今後いっさい食べる気はありません。

キノコは、人によるでしょうが、食べることではなくて、採ることが楽しいのです。

それにしても、昔の人は食べてたのに、現代人には毒なんて、それだけ弱くなったのかな。いや、そういう話じゃないのか。