ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
痛恨の外出、分蜂だったのに2


「やっぱり2番目か3番目のだろうな。オヤの数が少ない」

家の前を通りかかったら、○○さんが日本ミツバチの巣箱の前に、立っていました。

オヤと言うのは、働き蜂のことです。

確かに6月中旬過ぎでは、高原の売木村でも、分蜂は遅いほうでしょう。

1番目分蜂とか、2番目分蜂とかは、どこへ行ったのか、気になります。

たぶん、山の中で自然の巣を、作っていることでしょう。

せっかく分蜂の電話があったのに、外出中のために、泣く泣く○○さんに、捕獲権を譲ったのでした。

でも、無事捕獲できたようで、良かった。

「けど、恵まれすぎだがね。蜂は来るし、若いのがふたりも、近くの空き家に入ってくれるし」

○○さんが、目を細めるようにして、蜂の出入りを見守っているので、ついつい突っ込んでしまいました。

「ほんでもなあ、農機具は貸さなかんし、野菜の作り方も教えなかんしなあ」

そう言ってても、なんかうれしそうでした。


明治からこのかた、田舎は都会に奉仕してきた、とこの頃よく思います。

きわめつけは、人材の提供でしょう。

農産物、木材、あるいは山などを売って、子どもたちに教育をつけさせてまで、都会に差し出してきたのです。

この頃のIターンの若者は、その返礼、都会からの感謝のお返し、と言ってよいと思います。

喜んで受け取って、これからの田舎のために、手を貸してもらったら、と思うようになりました。
痛恨の外出、分蜂だったのに


「ミツが、かたまっとるんだけど」

夜のうちに雨があがって、気持ちよく晴れた朝の山道を、走っていた時のことでした。

ケータイには、普通ではかかってこない、近くのお家からでした。

言いにくい話ですが、集落のどこかで訃報、かと思ってしまいました。

なにしろ、人口589人の村なのに、今年になってすでに、二桁に達しているのです。

でも、そうでなくて良かった。

ミツとは、日本ミツバチのことです。

「えっ、日本ミツバチの分蜂ですか。うわー、残念。出かけてるんです。」

日本ミツバチの巣、いない歴1年弱。

去年の春に、空き巣箱に群れが入ったのに、しばらくしてどこかへ、行ってしまいました。

ケータイをくれた人は、分蜂を捕獲したりはしない人なのです

とっさに、日本ミツバチ仲間の顔が、浮かびました。

「家の巣箱に入ってなくても、蜂くらいは見かけるのに、この頃はその気配さえない」

その日本ミツバチ仲間とは、つい一昨日、そんな会話をしたばかりでした。

でも残念。

その人は、親戚ののっびきならない用事で、村にいないはずでした。

続いて、もう一人蜂仲間が、思い浮かびました。

いや、その人も、ほぼ同じ理由で、今日は村にいないんだった。

「そんなら、○○に連絡してみる」

そうか、○○さんがいたんだ。

よかったなあ、村でただ一人の、日本ミツバチが居る家、になるんだろうなあ。

でも待てよ、○○さん。

つい最近、近所の空き家二軒のそれぞれに、Iターンの若者が一人ずつ入った、と言ってた。

○○さん老夫婦と若者2人とかで、歓迎焼肉パーティーをやったらしい。

神様、偏りすぎではないでしょうか。

写真は、春先の空き家の、日本ミツバチ巣箱です。すみません。




たった一群の巣箱なのに


「やっぱりダメみたい。スズメバチが出入りしているよ。一匹やっつけたけど、たくさんだから、怖くてやめた」

台風18号が、もうすぐ日本海に抜けるという、昨日の午後のことでした。

庭へ出たお母さんが、帰ってきて言いました。

先日見たときに、出入りがないみたいで、気になっていた日本ミツバチの巣箱のことです。

今年の初夏に、車庫の北側、薪置き場の上の空巣箱に、どこからか一群が入ってくれたのでした。

去年の秋頃からの、ミツバチいないいない時代が解消して、大喜びしたばかりだったのに・・・。

スズメバチのせいだったのか。

もう少し注意深く見ていれば良かった。

またしても、日本ミツバチいないいない時代に、なってしまいました。

あんまり悔しいので、巣箱の入り口を、細長い板で封鎖しました。

これで、スズメバチは、出入りできないでしょう。

いずれ中を覗いてみましょう。

残り蜜がほしい、ということではありません。

この辺りで、スズメバチさんが、増えすぎても困るのです。




2群御入居、ではないみたい。日本みつばち様。


6/29に、車庫裏の巣箱置き場に、入居した日本みつばちの分蜂群、順調のようです。

昨日も、近づくと巣箱からウォーンという羽音が、聞こえてきました。

上の写真の右から三つ目が、その巣箱です。

入り口には、数匹の門番が居て、せわしなく出入りする蜂たちを、見張っているみたいです。

一昨日は、スズメバチが一匹来て、あたりをうかがうように、遊弋していました。

門番蜂が羽根を震わせて、迎撃態勢に入っていたので、おせっかいとは思ったのですが、タモを持ってきて、助けてあげました。

それはさておき、右から二つ目の巣箱にも、別の一群が入居したか、と喜んでいました。

でも、そうではないかもしれません。

確かに、帰ってきた蜂たち、5匹に一匹くらいは、二つ目の巣箱に入っていきます。

でも、すぐに出てきて、三つ目のにぎやかな巣箱に、入っていくのです。

そそっかしい連中が、間違えるのでしょうか。

それとも、にぎやかな巣箱の群れの倉庫にでも、なっているのかもしれません。

まあ、もう少し様子をみましょう。

いない歴、数ヶ月ですみました。日本ミツバチのはなしです。


梅雨の中休みというのか、昨日6/29はしっかりした晴れ。

そんな午前、ブルーベリー狩り開園の準備で、うろうろしていたときのことでした。

車庫裏においた巣箱のひとつに、たくさんのミツバチが、集まっているではありませんか。

もちろん、分蜂でしょう。

車庫裏の巣箱置き場の巣箱に入るの、これで4年連続になります。

何がうれしくて、あんな北側の、冬は日も当たらないし、北風の吹きすさぶところに、住もうとするのでしょう。

ブルーベリー園内のあちこちに、見晴らしも日当たりも良し、巣箱状態も良しのお家が、いくつも用意してあるのです。

それなのに、そちらは入居蜂無し、どれも空き家なのです。

でもまあ、良かった。

南信州のあちこちで、日本みつばち愛好家が、居なくなった居なくなった、と嘆いています。

でも、わが家だけは、去年の秋までは、複数保有を誇っていました。

なのにいつからか、ひとつも居なくなって、いない歴数ヶ月状態だったのです。

これでまた、誉れある日本みつばち保有家に、もどることができたのです。

なお、上の写真にもあるように、隣の巣箱にも絶えず、数匹が出入りしています。

そそっかしいのが、間違えて・・・なのでしょうか。

もしふた群入ったなら、嬉しいのですが、そうではないようです。

日本みつばち


「うん、一つ秋にはおったけど、ダメになった。やっぱりダニかなあ」

「うちもだわ。今、村の中でミツがおるのは、何軒だろう。あそことあそことあそこ。三軒だけかもしれんぞ。それも一つずつだ」

標高が高く、交通の便もあまり良くはないため、日本みつばちにとっては楽園なのだろうと、勝手に思ってきた売木村です。

でも、みつばち逃去の魔の手は、ここにも忍び寄っていたのでしょう。

わが家も、去年の秋までは、3群という、このみつばち界苦難の時代にあっては、驚異的な隆盛を誇っていたのに、ここにきて、0群となってしまいました。

アカリンダニなのでしょうか。

先日の日本みつばちの会でも、30人ほどの会員のほとんどが、0群でした。南信州でも名古屋でも同じようでした。

7、8年前の、ただいま7群など、完全に古き良き時代の夢物語です。

まあ、愚痴っていても仕方がないでしょう。

巣箱をお掃除して、分蜂群到来の奇跡にかけることにします。



いも蜂に刺された


「○○さん、ニホンミツバチの巣箱を覗き込んで、いも蜂に刺されたらしい。」

赤バチなら、いわゆるスズメバチのことです。でも、いも蜂とは、一大事。かの巨大で猛毒を持つオオスズメバチのことなのです。

「顔がはれて、ジンマシンまで出てた。けど、医者には行ってない」

冗談ではありません。さっそく、ケータイをかけました。

「うん、ふつうはそんな時は、刺さないと思ってたんだけど、刺して来た。もうだいじょうぶ。」

「知っている人で、以前に聞いた話だけど、オオスズメにさされると、刺されたところから、毒が全身に回ってくるのが、わかると言ってた。今からでも、病院に行ったほうが良くないですか」

「まあいいと思う。けど、毒が回ってくるのは、確かにわかったなあ」

以前話を聞いた人によれば、負けるもんかと、気合を入れてがんばると、からだに回ってくる毒を、撃退できるそうです。

けれどその時に、近くにいた人は言ってました。

「この人は人間ではない」

まったく、なみの人間にできる技ではないでしょう。

ということは、もう1人、人間ではない人が、出現したことになります。

いや、そんな冗談を言っている場合ではありません。

「今度、刺されたら、本人がなんと言ったって無視して、救急車を呼ぶこと。」

周りの人には、きつくお願いしておきました。

日本みつばち、復活傾向?


「この前の下条の日本みつばちの会、行って来ました。みなさん、今年は分蜂を、確保できたみたいでしたよ。」

「ふーん、よかったね。やっぱりそうなんだ。前から思ってたんだけど、自然には復元力があるんだと思う。」

「そうそう、いくらいなくなったみたいでも、どこかで生き残ってるのがあって、また回復して来るんですね」

6月の会が、うまい!うるぎ米育て隊のイベントと重なったので、出席した人から聞きました。これでまた、みんなで楽しめると言うものです。

それで、わが家の分蜂事情ですか。

1群、桜の皮付き引き出し、つまり分蜂群様一時待機所に、集まっている所を巣箱に強制的入居。2群、あきの巣箱、つまり待ち箱に自分たちでご入居。

但し、1群、去年からの群れが、いつの間にか無断夜逃げ。

以上です。

なお、下條村やまみつ愛好会第20会勉強会の会、次回は8月3日だそうです。つまり、ミツバチでなく、今回はハチミツの日です。オープンな会なので、どなたでもいいと思いますよ。

9時30分~11時30分 下條親田ライスセンター 会費300円 。

花の谷はどうするかですか。ブルーベリー園が、その頃も開園していて欲しいので・・・。

凶暴日本ミツバチは逃去の前兆?
iPhoneImage.png

「どうもいなくなったみたいだよ。出入りしてないように思って、巣箱を棒でたたいてみたけど、一匹も出てこなかった」

去年の春、スモモブルーベリー畑のカラ巣箱に、いつの間にか住みついていた日本ミツバチの一家、いつの間にかまたいなくなったみたいです。

「入ってくれたのはうれしいけど、日本ミツバチにしては、少しからだが小さいみたいだ。本物だろうか」
去年の今頃は、そんなことを言ってました。

でも、下の写真のように、秋にはちゃんとした巣を作っていました。

ところがこの春、巣箱の近く、2~3メートルのところで、ブルーベリーの手入れをしていると、巣箱から飛んで来て、頭や顔のあたりに、絡んでくるではありませんか。

あわてて何メートルも遠ざかって、やっと離れてくれるほどに、しつこく攻撃を再三受けました。

これまで何年も、他の巣箱で、そんな攻撃を受けたことは、ありませんでした。

今にして思えば、巣箱の中でなんらかの事件というか、トラブルがあって、凶暴になっていたのかもしれません。結局、そのトラブルが解決できず、たち去ったのでしょうか。

去年の秋、この巣箱からハチミツは採りませんでした。つまり、地代も家賃もいただかないまま、夜逃げ?か昼逃げ?されてしまったわけです。

でもまあ、自然の中のこと、それもありでしょう。一家の無事を祈るばかりです。







iPhoneImage.png 
さかさま巣箱を直してやるには


「ブログ、見ましたよ。3回目なんですねえ。冬は寒いだろうに、北側の巣箱に、どうして入るんでしょう。それもさかさまの巣箱のほうにねえ」
ある人から電話がありました。6/5の「まさかさ、さかさま日本みつばち巣箱」の記事のことです。

「そうなんです。いつの間にか入っていました。いっそ待ち箱は、全部薪棚の上の北側のところに、置こうかと思ったりして・・・。冗談ですけど」

待ち箱というのは、日本みつばちの分蜂に備えて、庭先などに置いておくカラの巣箱のことです。南信州の山道を走るだけで、道路の脇に良く見かけます。

たいてい東南に向かって開けた日当たりが良くて、見晴らしの良い高台に置いてあります。みつばちだって、好ましい住環境は人間と同じでしょう。

「入口が上になっている件ですけど、箱をひっくり返してやらなくてもいいですよ。入口の板だけネジを外して、上と下とひっくり返せばいいです」

なんだ、それだけのことでした。年のせいもあるでしょうが、昔から頭が硬いのです。それにしても、そんな簡単なことを思いつかないなんて、情けない。

さっそく、と言っても何日かしてから、ドライバーを持って、巣箱に近づき、実行に移しました。ネット付きの帽子もかぶらず、でしたが、刺されることもなく簡単に下の写真のようにできました。

ちらりと見たところでは、巣の中には3~4層の巣ができていました。やはり、ここで本気で生活していくつもりのようです。

あとで見に行くと、下のほうの出入り口がわからずに、上のほうをうろついているらしい蜂もいました。でもまあ、いずれ気がつくでしょう。