ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
西洋ミツバチ、生き残ってた。


車庫の北側、薪棚の上に、この春にやって来た西洋ミツバチたちのその後です。

秋になって、アカバチつまりスズメバチが、襲ってくるようになりました。

少しは、タモを振り回しもしましたが、なにしろ四六時中手助けするわけには、いきませんでした。

それに、やっぱり怖いし…。

と言うわけで、あっさり見捨ててしまって、もう滅んでしまったと思っていました。

ところが、小春日和の今日、巣の前を通りかかると、何匹ものミツバチが出入りしています。

えっ、まだ残っていたのか。

間違いなく、西洋ミツバチでした。

あのアカバチの猛攻に耐えたものとみえます。

たぶんこの時期には、スズメバチの働きバチは死に絶えたことでしょう。

生き残った働きバチと女王蜂とで、冬を越すことができそうです。

蜜をとれないし、日本ミツバチいのちなので、西洋ミツバチはそんなに歓迎ではありません。

でも、こうして頑張っているんだもの、いいでしょう。

なお、わが家で預かっている日本ミツバチ、下の写真のように、暖かい今日は特に元気です。

巣の出入り口には、スズメバチの死骸がはさまっていました。

侵入しようとしてひっかかったところを、やられたのかと思います。


イチイの赤い実、スズメバチは大好きみたい

隣り村の郵便局の駐車場でのことです。

目の前に、見事な一位の木が、何本もあります。

エンジンを切って、ふと見ると、数匹のスズメバチが飛び交っています。

枝に止まっているのもいます。

巣があるのだろうか、そうだとすると危ないなあ、局の人に教えてあげたものだろうか。

でも、なおも観察すると、巣ではないようでした。

イチイの赤い実を、かじっているようでした。

巣がないなら、そんなに危険ではないでしょう。

イチイの実、赤くて綺麗です。

食べると甘い味がします。

ただ、針葉樹のヤニの匂いも、したような気がします。

まあ、人間にはそれほど食べるものでもないでしょう。

でも、スズメバチがこんなに好きとは知りませんでした。

そうそう、あれは何年か前の雨の多い夏でした。

スズメバチがブルーベリーに殺到してきたことを、思い出してしまいました。

まあ、イチイの実くらいでとどまってもらえればありがたいのです。



オオスズメバチの巣を見つける

「お墓にオオスズメバチの巣があるらしい。見に行ってくる」
村道を通りがかった知り合いが言ったので、ついて行きました。
わが家の西洋ミツバチには、このところ何匹ものオオスズメバチが、入れ替わり立ち替わりに来ています。
もはや風前のともし火です。
もちろん、タモで加勢なんて、とてもとても。
遠くから見ているだけです。
但し、少し離れたところの日本ミツバチには、まだオオスズメバチの姿はありません。
でも、いずれは見つかってしまわないかと、心配で仕方がないのです。
お墓に行ってみても、最初はそれらしいものは見つかりませんでした。
でも、情報をもたらしてくれた知り合いを、ケータイで呼び出して探すと、みつかりました。
お墓ではなく、道ひとつ隔てた山の斜面でした。
少し離れたところから見ても、大きな蜂が出入りしているのが、見えました。
「土の盛り上がりが小さい。そう大きな巣ではないだろうなあ」
今晩、煙幕を焚いて獲るということでしたが、情報をもたらしてくれた知り合いは、棄権しました。
「小さい巣くらいで、刺されたらかなわん。クロスズメなら、刺されても獲るけどなあ」
自分は、クロスズメバチ、つまりヘボであっても、刺されたくはありません。
当然、棄権といきたいところですが、はじめから数には入れてもらえないのです。
明日から、西洋ミツバチに襲来するオオスズメバチが減るか、いなくなることを願って、今宵は眠ることにします。

哀れ西洋ミツバチ


春に薪棚の上にやって来た西洋ミツバチのひと群れのその後です。

今日も、上の写真のように、たくさんの蜂たちが巣の入り口に集まっています。

とても元気そうです。

けれども実は、毎日毎日、凶悪なギャングたちに、襲われ続けているのです。

スズメバチ、以前は1匹くらいでしたが、このところ絶えず5、6匹が、巣のあたりを遊弋しています。

ミツバチを隙を見て捕獲、あたりの草むらで羽根をちぎり肉団子にして、巣に持ち帰るのです。

1匹くらいなら、タモで獲って踏んづけることもできました。

でも、こんなに飛んでいると、タモで加勢するのも、危険を感じてしまいます。

餌を漁っているときは、人間には襲って来ないとは聞きますが、やはり怖くて…。

第一、一日中付き合ってもいられない。

ゴキブリホイホイに、数匹のスズメバチをくっつけておくと良い、と読んだことがあります。

「そんなとこでなにをしてるの」と、どんどんくっついてくるのだそうです。

でもやってみても、うまく行かないみたい。

というわけで、かわいそうな西洋ミツバチさんたちだけど、有効な加勢手段が見つからない。

さて、どうしたものか。

自然のままに任せるしかないのでしょうか。


歓迎、日本ミツバチ様


「ミツ、持ってく』

村のある人が、言いました。

日本ミツバチの巣箱を預かってくれ、ということです。

借り物とはいえ、わが家の日本ミツバチいないない歴の日々が、ここでひとまず、解消されることとなりました。

でも、大丈夫だろうか。

現在、村の中にある数少ない巣のひとつなのです。

村内に、3つくらいしかないのではなかろうか。

十年くらい前だったら、分蜂するたびに確保して、わが家だけで、8つも巣箱を誇っていました。

ところがその後、どんどんいなくなってしまって…。

もちろん、わが家だけでなく全国的にです。

今では完全に、絶滅危惧種になってしまった、と思っています。

もしも、逃げて行ってしまったら、どうしたものでしょう。

「分蜂したときは、頼むでなあ」

だいたいいつも家にいるので、そこを見込まれてしまったのでした。










哀れ、西洋ミツバチ


春にミツバチの分蜂が来てくれて、日本ミツバチとぬかよろこびした薪棚です。

西洋ミツバチとわかってからは、ずーっと無関心のままでした。

秋になって、スズメバチが来襲するようになったときは、夫婦それぞれにタモを振り回しはしました。

特に、相談しあったわけではなく、それぞれにてんで勝手にやってたのです。

でも、スズメバチだって、生きていかなければならないことでしょう。

それに、日本ミツバチではないので、なんともやる気が出なくて・・・。

四六時中みはって闘ってやることも、できなかったのでした。

かくして見捨てられた、西洋ミツバチの哀れな巣です。

薪をだいぶ取り除いてありますが、そうでなくても、スケスケで守りに弱い巣だったとも思います。

どうしてこんなところに、来たものだったのか。

近くに空の巣箱はあったのに、それには入らなかったし、取り込もうにも気がついた時は、もう巣がかなり出来てた。

とにかく、残念な結果でした。





蜂に、顔面を数カ所、刺されたって


「今年はけっこうお客さんが、多いみたいだなあ」

昨日のうるぎ村秋色感謝祭で、午後になって、ある人が話しかけて来ました。

確かに、絶好の秋晴れに恵まれたし、先週と先々週は台風で出かけられなかったしで、多いように思えました。

けど、午前中は、メチャクチャ寒かった。

冷たい風がビュービューと吹いて来て、日当たりの良いところでも、震えあがりました。

真冬になればもっと寒いはずなのに、11月の風でも、老いらくの身にはこたえました。

「さっき、蜂に刺されて来た。」

言われて顔を見ると、確かに3~4個所、腫れているところがあります。

「ふーん、体質はだいじょうぶなの。病院へ行かんでもいいのかなあ。」

キイロスズメバチではなくてヘボだそうで、本人は大丈夫そうでした。

秋色感謝祭の合間に、ヘボの巣採りもやってたようです。

どう見ても、かなりひどいと思いましたが、普通に話しています。

「トウジが居らんかったでなあ。飛び立った気配もない。全然だわ」

はてトウジってなんだったけ。

言葉は知ってても忘れたのか、理解してなかったのか、さっぱりわかりません。

こういうのは、ネットで検索しても出てこないのです。

「この前のは、カビとったしなあ。どれも巣が小さいし、どうにもならん」

確かに、例年は同志会でやる「ヘボご飯」の販売は、本日はありませんでした。

今年は長雨があったりして、蜂にとっては暮らしにくかったことでしょう。

でも、この蜂たちの不調、果たして今年だけで終わってくれるのか。

日本ミツバチのように、いつまでも居ないまま、になってしまわないかと、とても心配です。

なお、トウジのことですが

「秋になって交尾をすませた、来年用の女王蜂のこと。冬の前に、1つの巣から何匹も飛び立って、それぞれに木の葉の陰などで、冬を越す。春にたったひとりで、巣作りを始め、何千匹もの働き蜂を産む」

ということのようです。

この時期には、巣にいるか、すでに巣から飛び立っていたとしても、巣の様子でわかるそうです。

あとで、トウジについて教えてくれた人も、言っていました。

「やっぱり、雨が多かったからだろうなあ。去年もトウジがいなかったから、それもあるかもしれん」


あわれ西洋ミツバチの今


春に、薪棚に巣づくりを始めたミツバチ。

日本ミツバチさんいないいない歴数年ともなると、西洋ミツバチとの区別もつかなくなっていました。

てっきり、日本ミツバチさんの分蜂、と思い込んでしまって・・・。

もちろん、西洋ミツバチさんだからと言って、粗略に扱った覚えはありません。

ブルーベリー摘みの頃には、余裕があれば、お客さまを案内したことも、何度かあります。

ところが秋になると、キイロスズメバチ、つまりアカバチが、襲ってくるように・・・。

目に入れば、タモを振り回して捕獲、踏んづけたりもしていました。

でも、四六時中見張っているわけには、いかないのでした。

それにアカバチだって、生きていかなければならないでしょう。

あまりにも露出し過ぎた巣のせいも、あったと思います。

日本ミツバチとは違って、熱殺という対抗手段を持たないせいも、あったのでしょう。

結局一匹も居なくなってしまいました。

覚悟していたところはありますが、ほんとうに残念です。

「ミツバチに  棚を取られて  もらい薪」

だったらよかったのに。



その後の西洋ミツバチ



日本ミツバチと、勝手にこちらが思い込んで、大喜びした蜂の巣のその後です。

まず、容れ物を作るということなのか、六角形の蜜の入ってない容器が、どんどん作られてきました。

そろそろ、はちみつ集めも、本格するのかもしれません。

このごろは、巣の様子を見にもいかない。

西洋ミツバチでは、蜜採取のつもりがないので、さっぱり気がないのです。






日本ミツバチ巣作り、笑撃の真実



「日本ミツバチ、分蜂と思ったら、巣作りを始めたみたいだよ。
変なところに作ったけど、久しぶりにひと群れ確保できた」
自慢げに、花の谷を訪れた知り合いのおじさんに、キューちゃんのお父さんが言いました。
もちろん、ミツ仲間、日本ミツバチ大好き仲間のひとりです。
おじさんちにも、以前は日本ミツバチがいました。
でも、やはりこのところずっーと、日本ミツバチ様いないいない歴を、更新中なのです。
「ここだよ。こーんな薪棚のすきまに、つくっちゃった。
まあ、様子がすぐ見えるから、これでもいいわ」
おじさんは、巣を覗き込みました。
そして、無情にも、あっさりと言いました。
「ヨウミツだがね」
ヨウミツ。
西洋ミツバチのことです。
「そんな。ほんとだ・・・、細長い。
日本ミツバチなら、ずんぐりムックリのはずだ」
ミツバチの世界でも、西洋人とかつての日本人とみたいに、体型の違いがあるみたいです。
えっ、コーギー犬のキューちゃんですか、確かにイギリス由来ですが、それは置いておきましょう。
「ミツを採るにしてもよほどしっかり防護服を着ないとね。
すぐ、刺してくるよ」
西洋ミツバチは、日本ミツバチほどには、温厚ではないそうです。
「寒さに強くないのか。
ちょうどいいよ、冬になってもカバーなんかしてやるもんか」
お父さんは、ひとりで怒ってました。
それにしても、何人ものおじさんやお兄さんが、見に来ました。
皆さん、何を見たのでしょうね。
日本ミツバチさん、かくも長き不在、なのです。