ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
その後の西洋ミツバチ



日本ミツバチと、勝手にこちらが思い込んで、大喜びした蜂の巣のその後です。

まず、容れ物を作るということなのか、六角形の蜜の入ってない容器が、どんどん作られてきました。

そろそろ、はちみつ集めも、本格するのかもしれません。

このごろは、巣の様子を見にもいかない。

西洋ミツバチでは、蜜採取のつもりがないので、さっぱり気がないのです。






日本ミツバチ巣作り、笑撃の真実



「日本ミツバチ、分蜂と思ったら、巣作りを始めたみたいだよ。
変なところに作ったけど、久しぶりにひと群れ確保できた」
自慢げに、花の谷を訪れた知り合いのおじさんに、キューちゃんのお父さんが言いました。
もちろん、ミツ仲間、日本ミツバチ大好き仲間のひとりです。
おじさんちにも、以前は日本ミツバチがいました。
でも、やはりこのところずっーと、日本ミツバチ様いないいない歴を、更新中なのです。
「ここだよ。こーんな薪棚のすきまに、つくっちゃった。
まあ、様子がすぐ見えるから、これでもいいわ」
おじさんは、巣を覗き込みました。
そして、無情にも、あっさりと言いました。
「ヨウミツだがね」
ヨウミツ。
西洋ミツバチのことです。
「そんな。ほんとだ・・・、細長い。
日本ミツバチなら、ずんぐりムックリのはずだ」
ミツバチの世界でも、西洋人とかつての日本人とみたいに、体型の違いがあるみたいです。
えっ、コーギー犬のキューちゃんですか、確かにイギリス由来ですが、それは置いておきましょう。
「ミツを採るにしてもよほどしっかり防護服を着ないとね。
すぐ、刺してくるよ」
西洋ミツバチは、日本ミツバチほどには、温厚ではないそうです。
「寒さに強くないのか。
ちょうどいいよ、冬になってもカバーなんかしてやるもんか」
お父さんは、ひとりで怒ってました。
それにしても、何人ものおじさんやお兄さんが、見に来ました。
皆さん、何を見たのでしょうね。
日本ミツバチさん、かくも長き不在、なのです。

発見から10日、日本ミツバチの巣作り状況


6月16日に、日本ミツバチの群れを見つけてから、10日が経ちました。

26日現在の巣作り状況です。

いくつもの巣の房?がはっきりと見えます。

たくさんの蜂のかたまりは、そこでじっとしているのではないようです。

入れ替わり立ち替わり出入りして、巣を作っていると思います。

日中は、出かける蜂も多くて、巣の様子がよく見えます。

巣箱のドアがない形なので、手軽に覗き込めます。

初めての経験です。

ても、冬になったら、簡単な防寒用のフタないしはドアをつけてやったものでしょうか。

日本ミツバチ、巣作りに入ってるみたい



6月16日に、分蜂かと思った日本ミツバチの群れの、その後です。

その後も、どこかへ行ってしまうような気配は全くなく、蜂たちのかたまりのままです。

というか、花粉を両わきに抱えた蜂が、せっせと飛んで来て、薪棚の奥に入っていきます。

どうやら、分蜂後の一時滞留ではなく、巣作りを始めているようです。

写真でも、真ん中あたりに巣らしきものが、見えます。

たまたま通りかかって、発見した時は、すでにもういく日も前から巣作りしていた、ということかも知れません。

もうこうなっては、下手な手出しは、機嫌を損ねるだけ。

こんなところの、覗きやすい巣では、冬に寒そうですが、そっとしておきましょう。

ある青年が、日本ミツバチの本を持参して、見にきてくれました。

こういうのを自然巣というらしく、分蜂は出にくいとか、でもまあ仕方がないのです。

観察しやすいからこれも良し、ということにします。


久しぶりです。日本ミツバチ、分蜂を見つける


昨日の昼過ぎ、少し薪ができました。

一輪車に積んで、車庫ウラの薪棚近くを通ると、ブーンと音が・・・。

何匹かの蜂が飛び回っています。

分蜂でした。

薪棚の上のほう、保管中の空き巣箱の下あたりに、蜂さんたちがかたまっていました。

ほんとうに何年ぶりでしょう。

去年は、近くの農家から分蜂の電話があったけれど、痛恨の外出中でした。

その前は、やはり車庫ウラの巣箱に、勝手に入っていたことがありました。

でも、この数年、分蜂を見つけて、巣箱に描き落とすことはなかったのです。

これこそ、山中のほそぼそと生きのびていた群れから、分蜂してきたに違いありません。

ただ、今回の分蜂、薪棚の奥で、手の出しようがありません。

無理に捕獲すると、その後の経過が良くないとも聞きます。

今回も、空き巣箱に勝手に入ってくれることを期待して、待つことにします。


追記

現在6/16の18時40分、様子を見に行ってきました。

昨日からまる一日経つのに、蜂たちは同じところに丸く群がったまま。

考えてみると、これまでは、分蜂を見つけ次第、空き巣箱に掻き落としていました。

まる一日後の分蜂の様子なんて、見たことがなかったのでした。

さて、どうなるのでしょう。


痛恨の外出、分蜂だったのに2


「やっぱり2番目か3番目のだろうな。オヤの数が少ない」

家の前を通りかかったら、○○さんが日本ミツバチの巣箱の前に、立っていました。

オヤと言うのは、働き蜂のことです。

確かに6月中旬過ぎでは、高原の売木村でも、分蜂は遅いほうでしょう。

1番目分蜂とか、2番目分蜂とかは、どこへ行ったのか、気になります。

たぶん、山の中で自然の巣を、作っていることでしょう。

せっかく分蜂の電話があったのに、外出中のために、泣く泣く○○さんに、捕獲権を譲ったのでした。

でも、無事捕獲できたようで、良かった。

「けど、恵まれすぎだがね。蜂は来るし、若いのがふたりも、近くの空き家に入ってくれるし」

○○さんが、目を細めるようにして、蜂の出入りを見守っているので、ついつい突っ込んでしまいました。

「ほんでもなあ、農機具は貸さなかんし、野菜の作り方も教えなかんしなあ」

そう言ってても、なんかうれしそうでした。


明治からこのかた、田舎は都会に奉仕してきた、とこの頃よく思います。

きわめつけは、人材の提供でしょう。

農産物、木材、あるいは山などを売って、子どもたちに教育をつけさせてまで、都会に差し出してきたのです。

この頃のIターンの若者は、その返礼、都会からの感謝のお返し、と言ってよいと思います。

喜んで受け取って、これからの田舎のために、手を貸してもらったら、と思うようになりました。
痛恨の外出、分蜂だったのに


「ミツが、かたまっとるんだけど」

夜のうちに雨があがって、気持ちよく晴れた朝の山道を、走っていた時のことでした。

ケータイには、普通ではかかってこない、近くのお家からでした。

言いにくい話ですが、集落のどこかで訃報、かと思ってしまいました。

なにしろ、人口589人の村なのに、今年になってすでに、二桁に達しているのです。

でも、そうでなくて良かった。

ミツとは、日本ミツバチのことです。

「えっ、日本ミツバチの分蜂ですか。うわー、残念。出かけてるんです。」

日本ミツバチの巣、いない歴1年弱。

去年の春に、空き巣箱に群れが入ったのに、しばらくしてどこかへ、行ってしまいました。

ケータイをくれた人は、分蜂を捕獲したりはしない人なのです

とっさに、日本ミツバチ仲間の顔が、浮かびました。

「家の巣箱に入ってなくても、蜂くらいは見かけるのに、この頃はその気配さえない」

その日本ミツバチ仲間とは、つい一昨日、そんな会話をしたばかりでした。

でも残念。

その人は、親戚ののっびきならない用事で、村にいないはずでした。

続いて、もう一人蜂仲間が、思い浮かびました。

いや、その人も、ほぼ同じ理由で、今日は村にいないんだった。

「そんなら、○○に連絡してみる」

そうか、○○さんがいたんだ。

よかったなあ、村でただ一人の、日本ミツバチが居る家、になるんだろうなあ。

でも待てよ、○○さん。

つい最近、近所の空き家二軒のそれぞれに、Iターンの若者が一人ずつ入った、と言ってた。

○○さん老夫婦と若者2人とかで、歓迎焼肉パーティーをやったらしい。

神様、偏りすぎではないでしょうか。

写真は、春先の空き家の、日本ミツバチ巣箱です。すみません。




たった一群の巣箱なのに


「やっぱりダメみたい。スズメバチが出入りしているよ。一匹やっつけたけど、たくさんだから、怖くてやめた」

台風18号が、もうすぐ日本海に抜けるという、昨日の午後のことでした。

庭へ出たお母さんが、帰ってきて言いました。

先日見たときに、出入りがないみたいで、気になっていた日本ミツバチの巣箱のことです。

今年の初夏に、車庫の北側、薪置き場の上の空巣箱に、どこからか一群が入ってくれたのでした。

去年の秋頃からの、ミツバチいないいない時代が解消して、大喜びしたばかりだったのに・・・。

スズメバチのせいだったのか。

もう少し注意深く見ていれば良かった。

またしても、日本ミツバチいないいない時代に、なってしまいました。

あんまり悔しいので、巣箱の入り口を、細長い板で封鎖しました。

これで、スズメバチは、出入りできないでしょう。

いずれ中を覗いてみましょう。

残り蜜がほしい、ということではありません。

この辺りで、スズメバチさんが、増えすぎても困るのです。




2群御入居、ではないみたい。日本みつばち様。


6/29に、車庫裏の巣箱置き場に、入居した日本みつばちの分蜂群、順調のようです。

昨日も、近づくと巣箱からウォーンという羽音が、聞こえてきました。

上の写真の右から三つ目が、その巣箱です。

入り口には、数匹の門番が居て、せわしなく出入りする蜂たちを、見張っているみたいです。

一昨日は、スズメバチが一匹来て、あたりをうかがうように、遊弋していました。

門番蜂が羽根を震わせて、迎撃態勢に入っていたので、おせっかいとは思ったのですが、タモを持ってきて、助けてあげました。

それはさておき、右から二つ目の巣箱にも、別の一群が入居したか、と喜んでいました。

でも、そうではないかもしれません。

確かに、帰ってきた蜂たち、5匹に一匹くらいは、二つ目の巣箱に入っていきます。

でも、すぐに出てきて、三つ目のにぎやかな巣箱に、入っていくのです。

そそっかしい連中が、間違えるのでしょうか。

それとも、にぎやかな巣箱の群れの倉庫にでも、なっているのかもしれません。

まあ、もう少し様子をみましょう。

いない歴、数ヶ月ですみました。日本ミツバチのはなしです。


梅雨の中休みというのか、昨日6/29はしっかりした晴れ。

そんな午前、ブルーベリー狩り開園の準備で、うろうろしていたときのことでした。

車庫裏においた巣箱のひとつに、たくさんのミツバチが、集まっているではありませんか。

もちろん、分蜂でしょう。

車庫裏の巣箱置き場の巣箱に入るの、これで4年連続になります。

何がうれしくて、あんな北側の、冬は日も当たらないし、北風の吹きすさぶところに、住もうとするのでしょう。

ブルーベリー園内のあちこちに、見晴らしも日当たりも良し、巣箱状態も良しのお家が、いくつも用意してあるのです。

それなのに、そちらは入居蜂無し、どれも空き家なのです。

でもまあ、良かった。

南信州のあちこちで、日本みつばち愛好家が、居なくなった居なくなった、と嘆いています。

でも、わが家だけは、去年の秋までは、複数保有を誇っていました。

なのにいつからか、ひとつも居なくなって、いない歴数ヶ月状態だったのです。

これでまた、誉れある日本みつばち保有家に、もどることができたのです。

なお、上の写真にもあるように、隣の巣箱にも絶えず、数匹が出入りしています。

そそっかしいのが、間違えて・・・なのでしょうか。

もしふた群入ったなら、嬉しいのですが、そうではないようです。