ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児無料は無料です。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
いつも元気だね


「先生はいつも元気だね」
 もう、10年以上も前のことです。ある雪の日の朝に、すれちがった男の子が、ニコニコした顔でそう声をかけてきました。小学校低学年の子でした。
 その言葉はそのときの自分にとっては、本当にうれしい言葉でした。
 
 でも、その朝は、
「久しぶりの雪だ。子どもたちはうれしくてはしゃぎまわるだろうけど、びっくりしたドライバーが、急ブレーキでも踏んだら大変だぞ。みんな雪に慣れてないんだから」
 そう思って、通学路の交差点に急いでいたのでした。

「先生だけが、明るい」
 それよりもずっと以前のあるときは、生徒の1人にそういわれてしまいました。全国的に中学校が荒れていた頃のことです。

「授業に行く前に、自分に気合を入れないと、とても階段が上がれない」
 そう言った先生がいましたが、自分だって同じ気持ちで授業に行っていたものでした。そんな時代でしたのに、それはいくらなんでも言われ過ぎでした。
 さすがに気にしました。みんなが苦しんで、暗い気持ちでいるのに、まるっきりなんにも感じないノーテンキな鈍感な教師、といわれたようなものですから。

 でも、「まあそれも悪くないな」と、すぐに喜んだりして・・・。

「この世のことは、この世きりのことなんだから、そんなに気にやまなくてもいいんですよ」
 そういうふうに言ってもらったことだってあります。

写真は、この冬でいちばんの大雪のときの薪ラック 今では、ウソみたいな光景です

 

 
 
 
 
歌手になるために、一生懸命練習しているんだよ
 

あるとき、生徒のひとりを、例によって例のごとく、厳しく叱ったことがありました。あんなに厳しくしなくてもよかったのに、と今でこそ後悔していますが、いつも真剣すぎるのが、なんとも悲しすぎる欠点でした。

 もっとも、先生って、たぶんみんなそうです。
「《少しでも背中を見せたら、おしまいだ・・・》なんてこともないぞ」と気がつくのは、教師歴何十年ののちみたいです。
 そして、やっとそう気がついた頃には、もはや生徒を惹きつける力は、ほとんど失われているでしょう。きっと。

「先生、○○ちゃんねえ、本当はとてもいい子なんだよ」
 その翌日の休み時間、副級長さんが、職員室に来て言いました。
「だってあの子、歌手になるのが夢でねぇ、毎日毎日、ものすごく一生懸命練習しているんだよ。」
 もちろん、そんな話は初耳でした。そういう教室に通っているのか、と思いました。歌手になるなんて、そんな簡単な話ではないのに・・・。

「歌手になったときのためにね、毎日毎日、一生懸命、サインの練習をしているの。いい子でしょう。」
 
 かばう子も、かばわれる子も、素晴らしい生徒たちでした。それなのに、次の日もまた、誰かを怒鳴ったりして・・・。
 
紙芝居は、有名なプロの朗読テープで?


 「今日の紙芝居は,有名なプロの人の録音テープでやります。おもしろいと思うからね」
 どんぐり学級へ入っていくと,二人とももう席について,待っていてくれました。たぶん、よその学校での研修会に出かける前に、担任の先生がよく言い聞かせて、席に着かせておいてくれたのでしょう。
 でも、先生の紙芝居は、いつもたのしみにしててくれるみたいでもありました。

 ひろ君は、いつものように,こっくりこっくり、うなづくように顔を前後に動かしていました。
 ゆみちゃんは、にこにこ顔で,いつものように、何も言わずに、出迎えてくれました。
 
 さっそく、カセットレコーダーをセットして、再生のボタンを押します。
有名な俳優の語りで、紙芝居が始まりました。

 これまでは、いつも先生の語りで、紙芝居を愉しんできました。でも、昨日、先生が職員室の本棚で、紙芝居のカセットテープを見つけたのです。
 なんだ、こんなテープがあったのか、有名な人のテープだからきっと上手だろう、そうだ明日はこれで紙芝居をやってみよう。きっと、ひろくんもゆみちゃんも大喜びだ、先生はそう思ったのでした。

 それは、おおげさでなく、それでいてとても力のこもったいい話しぶりでした。三人で静かに聴きました。

 でも、いつもとは、何か違う気がしました。いつも、先生が読むときは、たった三人の教室でも、なんだかにぎやかで楽しかったような気がしました。
「ひろ君も、やっぱり同じ考えでした」
などと、突然、紙芝居の中の人物の一人にされたりすることは、今日はありませんでした。
 上手だけど、勝手にどんどんしゃべって、お話は進んでいくのでした。
 
 テープが終わっても、今日は二人の拍手はありませんでした。

 ふと、先生が思いついて
「どっちがよかったか、聞いてみます。どちらかに手を上げましょう。
今日のようなテープを使った紙芝居がいい人。」
 ひろ君は、いつものように、こっくりこっくり、うなづくように顔を前後に動かしていました。
 ゆみちゃんは、いつものように、にこにこ顔で、何も言わずに黙っていました。
 でも、二人とも手を上げませんでした。

「それでは、先生がお話したほうがいい人はいますか」
 ひろ君は、先ほどよりも大きく、こっくりこっくり、うなづくように顔を前後にして、少しだけ右手を動かしました。
 ゆみちゃんは、いつものようににこにこ顔で、何も言わずに、黙ったまま、手をはっきりと上げました。

 先生はとてもうれしく思いました。へたくそでもいいんだ、やっぱり機械よりは、人間のほうがいいんだと思いました。
 ときには話が脱線したり、間違えたりしてもいいから、これからも、三人でいっしょに紙芝居をやろう、そう思いました。
 
・・・・・・・・・・・・・

写真は、アマドコロの花 
テストはひとつ3点で、33問。0点はなし。


 若い頃は、易しい問題は1点か2点、難しい問題はよくできたから5点か10点、などと配点していました。
 高校入試など、そういうふうでなくて、全部2点などと配点していますので、たぶんそんな軽重をつけた配点などする人は、もういないかもしれません。それが正しいのです。

 というのは、勉強の不得意な子が、やっと正答できたのに1点では気の毒なのです。
 そして、できそうもない難しい問題を、10点などと高配点にするなんて、できない子だけに、はじめから90点満点で戦え、と言うようなものではありませんか。
 
 それで、テスト問題はいつも33問出すようにしました。
むつかしいのもやさしいのも、どれもひとつ3点で99点、と言うわけです。残り1点は名前を書いた人には全員にあげます、としましたから、0点の生徒はまず出現しなかったわけです。
 この配点法は、点数の計算間違いも起きにくくて、その点でも便利です。
 ただし、名前だけで1点というのは、自分はそんな目にあわなかったけれど、難しいことを言う人も、もしかしているかも。その場合、最初の1問を4点にすれば解決です。


 もっとも、そんなふうにして1点をあげなくても、どんな生徒でも10点や20点は取れるような問題構成にするのが、教師の務めと考えて、自分はやっていましたが。
 むろん、それでいて、できる子に挑戦しがいのあるきつい問題を出すことも大切です。

 このはなしは別の機会にと思っていますが、テストをやってから、生徒ができていないと怒るのは、最低の教師というのも、持論です。

 以上、最初のテスト週間が終わった頃、と思いますので。

・・・・・・・・・・・・・・・

写真は、オダマキの花。
ひとつのことを繰り返してやってるだけ


「結局、ドッグフードの缶詰が、いちばんおいしかったわ」
 留学するご主人とともに、渡米したことのある先生が、ある時、話してくれました。昭和30年代の前半のことか、と思います。

 船でアメリカ西海岸まで渡って、そのあとは、大陸横断鉄道で東海岸まで行った、とのことでした。もちろん、飛行機に乗るお金がなかったからです。
 途中で、列車が駅に停まると、食べ物の買い出しに行くのだけれど、普通の食べ物は買えなくて、ご主人と二人で、毎日毎日、ドッグフードを食べながら、旅をしたのだそうです。

 でも、それはそれで素敵な旅だったように思えます。

 その英語の先生の授業は、特別なものでした。
 授業の前の休み時間になると、ほとんどの生徒は、授業の準備で必死でした。次の時間がたとえ数学の授業であっても、そのあとの英語の授業のために、休み時間を費やしているのでした。
 
 そして、英語の時間が終わった後は、たいていの生徒がぐったりしていました。
一時間の間、次々に何度でも指名されたりするのか、息をつく暇もないと、生徒達は言っていました。
 怖いお話や不思議なお話などと、遊んでばかりいる某数学教師の授業とは、全然違っているみたいでした。

 そのころは、模擬テスト全盛の頃でしたが、その先生が教えるクラスの英語の平均点だけが、いつも県内でひとケタ前後の順位でした。
 といって、他の教科の平均点だって、名古屋近郊のごく普通の中学校にしては、たいしたものだったのに、とにかく、ぬきんでていたのです。
 むろんテストの点数だけが、すべてではありませんが、ある程度、点が取れてこそ、他の議論もできると思います。

「授業中によほどレベルの高いことをやっているのでしょうね」
 ある日、思い切って、尋ねてみました。
《でも、そんな高いレベルの授業によく生徒たちが、ついてくるものですね》
 とは、さすがに言えませんでした。

 「私はレベルの高いことなんてやってないよ。簡単なこと、ひとつのことを繰り返してやっているだけ」
 返ってきたのは、意外な言葉でした。

 そんなことがあるのでしょうか。簡単なことを繰り返してやっているだけで、あんな高い平均点が取れるわけはないのに、と不思議に思ったことでした。

 ずっとあとになって、部活で気がついたことがあります。
 年によっては、レベルの高い子どもたちが、集まってくることがありました。そういう年に、期待を膨らませて、高いレベルの練習をしたり、あれもこれも練習したりすると、思ったよりも勝てませんでした。
 逆に、これではと嘆きながら、基礎的な練習ばかり繰り返したときに、思いもかけない成績を、収めることができたのでした。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真は丁字草
教科書はたくさんの知恵の集まり


 研究授業というと、わざわざ別のところから教材を持ってきたり、自分で工夫して、授業をやってみるという失敗は、自分もやったことがあります。
 若き教師たるもの、ぜひ、一度はやってみるべき失敗です。

 それだからこそわかったことですが、教科書は、たくさんの知識も知恵もあり、経験も豊富な人々が、話し合って編集されたものです。
 一人や二人の教師の力で、太刀打ちできるものではないと、失敗してみると、きっと判ると思います。

 一時間の授業がそのように構成されているのには、それなりのよく考えられた理由がある、とわかるだけでも大きな収穫です。
 ぜひ、みんなの前で恥をかきながら、自分にプレッシャーをかけてみましょう。
 そのとき、教科書がそうなっている理由がわかってきます。そこで、ぐんと教師としての力がつきます。

 教科書の意図するものを十分に把握して、納得した上で、忠実に授業できるようになってこそ、本物の授業への第一歩なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 写真は、れんげつつじ
教えただけでは できるようにはなってくれない


 どんなに明快に説明して見せたとしても,それで類題が解けるようになる生徒なんて、ほとんどいないと思ったほうが良いでしょう。

「見ているだけで、できるようになれるんだったら、先生なんて、とっくの昔にプロ野球の名選手だぞ。だって、毎晩テレビで、野球を見ているんだから。自分で実際にやってみないと、できるようにはならん。」
 いつも、生徒にそう言っていました。

 だから、「説明は簡潔明快にして、生徒が自分でやってみる時間をたくさんとれるようにせよ。」です。

 その子その子で、考え方もやり方も、基礎的な力も、それぞれに違うのだから、自分でやって、自分で考えてみて、ようやくできるようになると思います。
 幸い、数学という教科は、問題練習をすればするほど、力がついていく教科です。どんどん練習の時間をたくさんとりたいものです。
 ただし、集団で互いの考え方を交換しながら学ぶ時間は、それはそれで大切にしていきたいものです。

 といっても、週3時間では、カリキュラムをこなすだけで、せいいっぱいになりがちです。でも、そんなたぐいの「ぐち」には、はまりたくはありません。
 とすれば、結局は「精選」です。この言葉のほんとうの意味が、わかるようになってくると、練習のための時間を、生み出すことができるようになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  写真は、ブルーベリーの花
チャイムが鳴ったら,だーれも聞いとらん
 「最後の一番大事なところでチャイムが鳴って,いつまでも鳴っているんだもんな。もっと短いチャイムにしてもらえんだろうか。」
「そんな時まで,授業やってたらいかんわ。まとめはチャイムの前に持ってくる。でなければ授業の組み立てが悪い。いくら一生懸命先生がしゃべっても,生徒はだーれも聞いとらんぞ。」
 若い頃、ベテランの先生に言われて,そのとおりなんだと思いました。

 たったこれだけのことが,わかってない先生って,ずいぶんいると思いませんか。
 チャイムが鳴り終わってからもしゃべっている先生なんて,生徒には迷惑。
 わずか10分の休み時間で,生徒はトイレ,情報収集,借り入れ、遊び,憂さ晴らしなどなど,大切なことをあれもこれもしなければならないのに。
 どんなことがあっても,休み時間は確保してやらなければなりません。

 実際,「ああ,もう時間がきてしまったか」などという授業は,最後のまとめも練習もない無計画な授業だと思いませんか。
 「授業終了の着地点は,チャイムの直前」なのです。それを意識して授業を計画しましょう。

 もちろん,チャイムの前に生徒を解放してしまったのでは,隣りのクラスに迷惑がかかります。
 チャイム3分前に,ノートは閉じて,ムニャムニャと,どうでも良いお話をしたり,みんなでしゃべっていて,チャイムとともに解散,というのならいちばんいいと思いますよ。