ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ネズミとリス


「リスを見かけたから、クルミを拾って来て、山盛りに置いてやった。」

あるIターンのお家での話です。

「けど、毎朝見に行っても、何んにも変化がない。」

リスはわが家でも、何年か前に見かけたことがあります。

西の境、タクラタ沢の橋の上を、駆けて行ったのでした。

一瞬のことですが、大きな尻尾を、しっかりと見たものです。

「そしたら、何日かして、クルミの山が小さくなっていた。大喜びで女房を呼んで・・・。

そのうち、子リスを見かけるようになった。」

お二人から、スマホを見せていただきました。

小さなリスが、なんだか楽しそうに動めいていました。

「ふーん、わが家にいるのは、小さなネズミくらいのもんですよ。

朝方、カサカサ音がすると思ったら、ゴミ籠に入ってた。

入れてあるビニール袋のせいで、出られなかったみたいです」

ああ、言わなければ良かった。

フサフサの大きな尻尾と、細いつるんとした尻尾、たったそれだけの違いなのにねえ。





蛾の世界のキューちゃんは、宝石のようにきれいな繭


ブルーベリー畑で剪定をしていたら、黄緑色の繭を見つけました。

宝石のようなとてもきれいな色です。

なんの繭なのか、以前にも書いたことがあると思ったけれど、どうだったか忘れています。

さっそく、検索してみました。

ウスタビガ。

今の時期に成虫が出てるそうで、どうやら空き家のようです。

写真のように、穴が空いていますが、そこから出たようには思えません。

そうか、振ってみれば、カラかどうかわかったかもしれません。

卵を繭の外側に、産み付けることがあるそうですが、見当たりませんでした。

この時期に見つけたのは、ブルーベリーの葉が散ったからでしょう。

カラだから外敵に見つけられても、あんじゃない、心配ないと思います。

けど、ちょっと目立ちすぎないでしょうか。

いや、そんなことより、幼虫を突っつくと、キュー、キューと鳴くとか。

コーギー犬キューちゃんならぬ、蛾のキューちゃんのようです。

幼虫を見つけて、やってみたい気はしますが、芋虫、毛虫系は、得意ではないのです。



目の高さ160cmくらいにカマキリのたまご


昨日、11月13日は、デッキの手すりに降霜がなく、まあまあの朝でした。

午前中は、暖かい日差しの下で、相変わらずのブルーベリー剪定。

これだけ頑張ってるみたいでも、計算によれば、春になっても、全株剪定には行きつかないようです。

ところで、カマキリの卵を発見。

なんと目の高さ、160センチメートルくらいのところにありました。

カマキリが高いところに卵を産む年は、雪が多く積もる。

信じているわけではなく、話のタネくらいのつもりです。

でも、去年は実際にほとんど雪が積もらなかった。

しかし、160センチメートルは、さすがに信じたくない。

そんなに積もったら、ビニールハウスどころか、いろいろ被害が出そうです。

もちろん、ありえないでしょう。

気まぐれなのか、個人的な事情があったのか、当該のカマキリさん、あんまり人を脅かさないでください。





おかげさまで、本日カメムシ日和


今朝の最低気温は、浪合の観測点でマイナス0.7℃。

この時期としては、そんなにきつい冷え込みでは、ありませんでした。

「明日の朝はぐんと冷え込みます。」なんて、テレビは脅しすぎな気がします。

それはさておき、日中は射し込んでくる日差しのおかげで、室内はポカポカ陽気。

おかげで、日がな一日カメムシ退治となりました。

すみません、毎年同じ話題なのです。

ちょうど都会からのお客様があって、楽しく話題がはずんだのだけれど、その間も、何度でもカメムシが出現。

失礼も省みず、とにかくその場でガムテープ捕獲作戦を強行しないと、夜になって踏んづけたりしかねないのです。

カメムシさん、なんだか今年は多いような気がします。

夏の間、チョウチョもカブトムシも、夜に明かりに飛んでくる虫も、やたら少なかったと思います。

こんなことで大丈夫かと思ってきましたが、カメムシだけはご健在の様子。

どうなってるのでしょう。






網戸のすいっちょん


掃き出しの網戸に、緑色の虫がとまっていました。

南側の日の当たる所です。

すぃちょん。

ウマオイだと思います。

この時期、カメムシが網戸にいることは、よくあります。

カメムシは、どのような技を使うのか、いつの間にか室内に入り込みます。

悪臭を発するせいで、嫌われものの一番手、もちろん入室お断り。

ただちに、ガムテープを背中に貼り付けて捕獲密閉、ゴミ箱送りです。

でもウマオイは、たぶんあと少しの命。迷惑もかけない。

このまま、そっとしておいてやりましょう。




10月のクワガタは、今季初めて見るクワガタ


午後2時の外気温が26℃と、10月の売木高原なのに、昨日は夏日でした。

そんな暑い秋の日のお昼時、網戸にぶつかってきたものが・・・。

立派なクワガタでした。

早速デッキで記念写真。

例年、ブルーベリー摘みの子どもとかが、クワガタを2~3回は捕らえてきます。

でも、今年はそういうことはなかった。

カブトムシも皆無だったと思います。

こんな秋の季節になって、初めてのクワガタでした。

もちろん、撮影のあとは、草むらに投げ打ってやりました。

いつ頃まで生きているものなのか、今年もまだ霜がおりそうにないので、もう少し生きてくれるでしょう。


大きなカミキリムシ


いい歳をした男3人、つまりおじさんたちが、休憩でお茶を飲んでいました。

9月とはいえ、まだまだ陽射しが暑い、午後のある日のことでした。

大きなカミキリムシが、飛んで来ました。

3人の仲間に入れていいような、おじさん色のカミキリでした。

ルリボシカミキリとか、ベニカミキリのような、きれいな色のかわいいカミキリでは、ありませんでした。

シロスジカミキリ、国内最大種だそうです。

「あっ、カミキリ。ブルーベリーの幹に入り込んで、枯らしてしまう。悪いやつだ」

ブルーベリー園主が、言いました。

「やっつけときます。こっちへ下さい」

別のおじさんが言いました。

かわいそうに、大きなカミキリムシは、やっつけられてしまいました。



カニさん


今日も夜のうちに雨、しかし今は曇り空です。

今シーズン、日中に雨が降って休園、ということはまだありません。

ありがたいことです。

でも、雨つゆで足元が濡れるので、レジ袋などで足元を包むと安心なのです。


朝、ストックヤードから外へでょうとしたら、サワガニさんが網戸にとまっていました。

内側にです。

いつの間にどこから、入ってきていたのでしょう。

虫やら小動物が入ってくる心配があるので、網戸は必ず閉めるようにしているのです。

それに、以前にも思ったことですが、沢からは100メートルくらいは離れているのです。

よく日干しにもならずに、ここまで来たものと、思ってしまいます。

もちろん、掴んで外の草むらに、放り投げてやりました。

カニ料理はそんなに好きではない、なんてことは、この際は無関係ですが・・・。




朝帰りホタル


最盛期は少し過ぎたかもしれませんが、今年もホタルが、村のあちこちで、飛んでいるようです。

花の谷でも、夜には見ることができます。

大きめのゲンジボタルも、小さいヘイケボタルもいます。

平家のほうが、遅い時期に出る、と聞きました。

ところで、花の谷では朝になって、ふらふらと飛んでいるホタルを、見ることがよくあります。

文字通り朝帰り、と言うか、朝まで遊び呆けて、帰る先も分からなくなっているみたい。

今朝も、コンクリートの上で、小さな小さな平家が休んでいました。

不思議な生き物たちを見た人


「ものすごく大きなイノシシを、見てしまったんです。

毛が足元まで長く伸びていて、もののけ姫に出てくるような・・・。

それを見て、ふたりとも震えあがってしまった」

我が家のすぐ近く、別荘の人の話です。

それ以来、奥さんも子どもも、別荘には来なくなったとか。

10年くらい前の話のようです。

そんなイノシシが、いるものでしょうか。

この人は、腕の太さくらいもある大きなトカゲも、別荘で見かけたことがあるそうです。

「たぶん、持て余したかして、誰かが捨てたんでしょう。」

それならありそうです。

けど、国道からこんなところまで入ってきて、捨てるものでしょうか。

まあ、越冬はできないだろうから、出くわすことはないでしょう。

「黒っぽい顔で、猿のような生き物が、こっちをみていたこともあります。

親父は、台湾リスではないのか、と言ってました。

でも、図鑑を見ても、そうではなかったし、それらしいものはなかった」

猿と台湾リスとでは、なにかかけ離れた感じです。

本当の話なのか、疑ってしまいます。

でも、元教師とはいっても、いたって真面目な人で、とてもホラを吹く人には思えません。

渓流釣りの名人で、別荘には十数枚以上の尺ヤマメ、尺イワナの魚拓が、所狭しと貼ってあります。

奥深い山河をも歩き回っているくらいだから、きちんとした観察眼もあるだろうと思うのです。

「羽を広げたら2メートルくらいはある鳥が、飛んでいくのを見たこともあります。

これは親父もみています」

アオサギではないかと思いましたが、もっともっと大きい鳥のようでした。

けど、2メートルなんて、どうやって測ったんでしょう。

そういえば、わが家近くの農家の人も、大きな鳥が飛んでいくのを見たことがある、と言ってました。

どの生きものの話も、わが家近くでの出来事です。

待てよ、こんなことを書くと、ブルーベリー狩りのお客様が、激減するかも知れない。

それはともかく、残念にもというか、不思議にわが家は、そういう目撃談がないのです。

まあ、いつかはきっとと、希望を持って生きることにしましょう。