ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
10月のクワガタは、今季初めて見るクワガタ


午後2時の外気温が26℃と、10月の売木高原なのに、昨日は夏日でした。

そんな暑い秋の日のお昼時、網戸にぶつかってきたものが・・・。

立派なクワガタでした。

早速デッキで記念写真。

例年、ブルーベリー摘みの子どもとかが、クワガタを2~3回は捕らえてきます。

でも、今年はそういうことはなかった。

カブトムシも皆無だったと思います。

こんな秋の季節になって、初めてのクワガタでした。

もちろん、撮影のあとは、草むらに投げ打ってやりました。

いつ頃まで生きているものなのか、今年もまだ霜がおりそうにないので、もう少し生きてくれるでしょう。


大きなカミキリムシ


いい歳をした男3人、つまりおじさんたちが、休憩でお茶を飲んでいました。

9月とはいえ、まだまだ陽射しが暑い、午後のある日のことでした。

大きなカミキリムシが、飛んで来ました。

3人の仲間に入れていいような、おじさん色のカミキリでした。

ルリボシカミキリとか、ベニカミキリのような、きれいな色のかわいいカミキリでは、ありませんでした。

シロスジカミキリ、国内最大種だそうです。

「あっ、カミキリ。ブルーベリーの幹に入り込んで、枯らしてしまう。悪いやつだ」

ブルーベリー園主が、言いました。

「やっつけときます。こっちへ下さい」

別のおじさんが言いました。

かわいそうに、大きなカミキリムシは、やっつけられてしまいました。



カニさん


今日も夜のうちに雨、しかし今は曇り空です。

今シーズン、日中に雨が降って休園、ということはまだありません。

ありがたいことです。

でも、雨つゆで足元が濡れるので、レジ袋などで足元を包むと安心なのです。


朝、ストックヤードから外へでょうとしたら、サワガニさんが網戸にとまっていました。

内側にです。

いつの間にどこから、入ってきていたのでしょう。

虫やら小動物が入ってくる心配があるので、網戸は必ず閉めるようにしているのです。

それに、以前にも思ったことですが、沢からは100メートルくらいは離れているのです。

よく日干しにもならずに、ここまで来たものと、思ってしまいます。

もちろん、掴んで外の草むらに、放り投げてやりました。

カニ料理はそんなに好きではない、なんてことは、この際は無関係ですが・・・。




朝帰りホタル


最盛期は少し過ぎたかもしれませんが、今年もホタルが、村のあちこちで、飛んでいるようです。

花の谷でも、夜には見ることができます。

大きめのゲンジボタルも、小さいヘイケボタルもいます。

平家のほうが、遅い時期に出る、と聞きました。

ところで、花の谷では朝になって、ふらふらと飛んでいるホタルを、見ることがよくあります。

文字通り朝帰り、と言うか、朝まで遊び呆けて、帰る先も分からなくなっているみたい。

今朝も、コンクリートの上で、小さな小さな平家が休んでいました。

不思議な生き物たちを見た人


「ものすごく大きなイノシシを、見てしまったんです。

毛が足元まで長く伸びていて、もののけ姫に出てくるような・・・。

それを見て、ふたりとも震えあがってしまった」

我が家のすぐ近く、別荘の人の話です。

それ以来、奥さんも子どもも、別荘には来なくなったとか。

10年くらい前の話のようです。

そんなイノシシが、いるものでしょうか。

この人は、腕の太さくらいもある大きなトカゲも、別荘で見かけたことがあるそうです。

「たぶん、持て余したかして、誰かが捨てたんでしょう。」

それならありそうです。

けど、国道からこんなところまで入ってきて、捨てるものでしょうか。

まあ、越冬はできないだろうから、出くわすことはないでしょう。

「黒っぽい顔で、猿のような生き物が、こっちをみていたこともあります。

親父は、台湾リスではないのか、と言ってました。

でも、図鑑を見ても、そうではなかったし、それらしいものはなかった」

猿と台湾リスとでは、なにかかけ離れた感じです。

本当の話なのか、疑ってしまいます。

でも、元教師とはいっても、いたって真面目な人で、とてもホラを吹く人には思えません。

渓流釣りの名人で、別荘には十数枚以上の尺ヤマメ、尺イワナの魚拓が、所狭しと貼ってあります。

奥深い山河をも歩き回っているくらいだから、きちんとした観察眼もあるだろうと思うのです。

「羽を広げたら2メートルくらいはある鳥が、飛んでいくのを見たこともあります。

これは親父もみています」

アオサギではないかと思いましたが、もっともっと大きい鳥のようでした。

けど、2メートルなんて、どうやって測ったんでしょう。

そういえば、わが家近くの農家の人も、大きな鳥が飛んでいくのを見たことがある、と言ってました。

どの生きものの話も、わが家近くでの出来事です。

待てよ、こんなことを書くと、ブルーベリー狩りのお客様が、激減するかも知れない。

それはともかく、残念にもというか、不思議にわが家は、そういう目撃談がないのです。

まあ、いつかはきっとと、希望を持って生きることにしましょう。













ヤマガラとシジュウカラの赤ちゃんたち


ブルーベリー畑にある小鳥の巣箱、天井板を開けて、撮ってみました。

巣箱は、かろうじて上から覗けるくらいの高さにあります。

それで、画像を確認せずに、シャッターを押したものです。

以前にのぞいた時には、親鳥がじっとしていました。

でも今回は、だいぶ大きくなったらしいヒナたちが・・・。

数えてみると、6羽のようです。

親鳥がヤマガラだったので、これがヤマガラのヒナと思います。



こちらはシジュウカラのはずです。

それにしても、たくさんの赤ちゃん。

10匹以上と思いますが、写真では数えられません。

エサ運びで、親は大変でしょう。

ブルーベリー園としては、毛虫やらいろいろ害虫を退治してくれて、ありがたいのですが・・・。


それはともかく、もうこれで覗きません。




ネコの命の恩人


「〇〇ちゃん、交通事故に遭ってしまったんです。」

びっくりしました。

〇〇ちゃんというのは、その女の人のおうちの飼い猫です。

「ああ、でも命はとりとめて・・・。2週間入院してました。」

なぜか、てっきりダメだったと、思ってしまったのでした。

後ろ足に骨折はないけれど、尾に骨折があるそうです。

けれども、脊髄に損傷があるのか、今も後ろ足がうまく動かせないとか。

「どこの猫だろうかと、倒れてるのを見つけてくれた家で話してたけど、わからなかったらしくて・・・。」

いくら人口577名の小さな村でも、猫のこととなると、なかなかわからないでしょう。

人が近づくと、うなり声をあげて、怒っていたそうです。

それで、手が出せないまま、1日が過ぎてしまって、役場の人に来てもらおうか、となったようです。

「そしたら、中学生の男の子が、あの声の低いお姉さんのところのだろうと、言ってくれたそうです。」

自分は今まで、声が低いなんて思ったことは、ありませんでした。

「◎◎君、命の恩人なんだねえ」

その男の子が特別なのか、それともその年代は感受性が強いというのか、視野が広いということなのか。

本当に良かった。

そうでなければ、保健所に連れていかれるところでした。

足が治ると良いのですが、今の所トイレにも不自由しているようです。

お母さんに言われて、小さい時に、愛犬キュートが嫌がって、使わなかったオムツを届けました。

ダメ元、と思っています。





ガラ、ゲラ。でなかった、セミだったろうか。


朝、カーテンを開けた時のことでした。

「あっ、ガラ。ガラじゃない、ゲラだ」

桜の木の幹で、何かが動いたのを見て、思わず叫んでしまいました。

ゲラ、つまりアカゲラ、カワゲラなどのキツツキの仲間だ、と思ったのです。

ガラは、ヤマガラとかシジュウカラの仲間のつもりです。

確かに、幹と垂直に脚をたてて、木をつつくようにして、上に登って行きました。

でも、灰黒色と白の模様が、あったような気がする。

もしかして、カワセミ。

カワセミは、以前に軒下で飛び回っているのを、見たことがあります。

それまで想像していたよりは、ずいぶん大きくて、その姿かたちにも感動したものでした。

でも、桜の幹の向こうに隠れたのは、冠が無かった。

それに、小さかった。

やはり、ゲラ、つまりキツツキの仲間でしょう。

ネットで調べてみると、コゲラのようでした。

確かに、大きさからも、コゲラだったのでしょう。

ヤマセミにも、もう一度会いたいけれど、コゲラに会えたのも、悪くはありませんでした。



キューちゃんの毛、いただいていきます。


「さっきねえ、小鳥が2羽、デッキに来てたよ。

茶色っぽいとこのある小鳥、なにかしら。

シジュウカラではなかった」

お母さんが言いました。

珍しく朝早くに、お父さんが、散歩に連れ出してくれた、今朝のことです。

やっと、冬モード時間から、目が覚めたのかもしれません。

「デッキに、水飲みに来たかと思ったら、キューちゃんの毛を、拾ってた。

1羽は、ねむの木にとまってたから、見張りしてるようす。

けど、デッキのほうが、木に飛んで行って、口移しで毛を渡したみたい。

そしたら、ねむの木から西のほうへ、飛んで行った」

キューちゃんの抜け毛を、再利用してもらっているのは、この何年か毎年のことです。

いよいよ、巣作りが始まったようです。

「デッキにキューちゃんを、出さないようにしなければ。

安心して、小鳥さんに来てもらいましょう。

でも、朝早くとかに、来ているからいいか。」

さて、キューちゃんの居場所は、どうなるのでしょう。


キジを撮る
大昔は休耕田だったブルーベリー園花の谷、敷地内には、今もその頃のままのところがあります。

つまり、ススキやらヨモギやらが生い茂ったままなのです。

ブルーベリー狩りにきたお客さんに、ワラビもとってもらうためです。

7月になってからのワラビなんてどうかな、というところでしょう。

でも、標高が高いせいで、アクも少ないし、十分美味しいのです。

その自然のままのワラビ畑、隠れやすいのか、キジさんにも役に立っているようで、よくみかけます。

写真は、村道に出てきたオスのキジです。

さすが望遠付きのカメラ、大きく撮れました。

残念ながら、逆光になっていましたが、これからいろいろ撮れるかなと、思っています。