ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
笹の花の置き土産


「トマト、ほとんど食べられちゃった。無事のもあるけど、気持ち悪いからねえ」

お母さんが言いました。

ネズミだ。

「トウモロコシの種を蒔いたけど、ほとんど食べられた」

インゲンの種をやられた人もいるようです。

とにかく今年は、ネズミが多いらしいです。

どうやら去年、一昨年と笹の花が咲いたせいのようです。

60年ぶりとか、新聞でも言っていましたが、笹麦とも言うくらいで、ネズミにはご馳走なのでしょう。。

それでネズミが繁殖したとか。

笹の花が咲くと不吉なことがある、という言い伝えもあるみたいです。

食べるものの豊かでなかった昔、ネズミが増えるだけでも、不吉だったと思います。

もうこのくらいの不吉で、終わってほしいものです。


細アシナガバチ


「ブルーベリーって、甘いんですねえ。すっぱいものと思ってた」

お客さまのひとり、若いお母さんが言いました。

このところの晴天と雨不足で、ほんとうに甘くなっています。

ただ、実がドライフルーツのようになっているのもあります。

株が枯れるのではと、心配になって来ます。

ああ、雨が欲しい。

話変わって、当ブログ、このところ昆虫系が多いです。

そういうものが特別に好きというわけでもないけれど、今年は目撃が多いのです。


昨日はサビタブルーベリー畑へ降りていって、蜂の巣を見つけてしまいました。

アシナガバチにしては、か細い巣でした。

蜂の様子も、細長くて飴色のようなやさしい色でした。

でも、お客さまが刺されでもしたら大変です。

止むを得ず、夕方にマグナムなんとかという強力スプレーを持ち出して、やっつけました。

気の毒で、心が痛みました。

下の写真は、今朝取ってきた巣です。

ネットで調べたら、どうやら細アシナガバチというようです。

暖地に多いようなことが書いてありました。

今年の暑さと関係があるのでしょうか。

たしかに初めて見ます。

以前お客様が「刺されたけど、今はなんともない」と言ってたことがあります。

一緒に行ってもらったけど、巣の所在位置不明となったきりでした。

この巣だったかもしれません。


若いらしいキジ


今日8月3日も、暑くなりそう。

中部地方が、特に狙われているのではないでしょうか。

ブルーベリー、今年は、なり過ぎなくらい実がなって、水不足でしぼむ実も出て来ています。

こんなに消耗しては、来年大丈夫かと思うくらいです。

たくさん食べてもらうと助かるけど、この暑さではそれも望み薄なのです。


ブルーベリー畑の東、村道の向こう側の空き地に、キジが立っていました。

少し小ぶりな感じがしていて、若いキジのように思えます。

朝早くなどに、ケーンケーンと鳴く声を聞くことがあります。

たぶんこのキジか、その一族でしょう。

ブルーベリー園は、あまり草刈りをしないと言っても、少しはすることがあります。

巣を作ったとしても、うっかり刈ってしまいそうです。

とすると、このキジ、巣のありかとしては、お隣のウド畑あたりでしょう。

ウド畑なら刈られることもないし、夏の終わりまでは人が立ち入ることもないはず。

ときどき村道を渡って、ブルーベリー畑にもやって来ているようです。




ヨスジハナカミキリだそうです



本日も、ブルーベリー日和。

とっても美味しい実が、皆様をお待ちしています。


「LINEで、お父さんに写真を送ったんだよ。

見てくれてないから、お母さんにも、写真を見るように言って、とメールで頼んだ。けど、どっちも見とらん」

ある人が花の谷へ来て、言いました。

この老夫婦には、直接でないと音信不通になりかねないと、わかったのでしょう。

メールはふたりとも時々使います。

でも、LINEはよくわからないのです。

見ないでいると、見ないことがバレてしまうなんて、不便なものです。

この冬に、ある人がLineのアプリを入れてくれました。

国外からでも送りやすいからということだったのでしょうか。

入れるのにけっこう時間がかかってて、申し訳なかったので、その後頼まれた写真は、無事に撮影して送ってあげました。

LINE使用はそれっきりです。

でも、懐かしい人からスタンプとかが来ることがあって、それは嬉しいのです。

とは言え、まったく知らない人から、お友達とか言って、通信が来るのはどうしたものでしょう。

それはさておき、上の写真、ヨスジハナカミキリと教えてもらいました。

これで、ハンノキカミキリ、ルリボシカミキリに続いて、今年3種類めのカミキリの訪問です。

ヨスジハナカミキリは、どうやら花の谷の受付あたりに、住み着いているような…。

このところ、たまに見かけます。

他にもいろいろいると思うので、カミキリさん、お待ちしております。







朱色カミキリムシ、ではなかったけれど


暑い日が続きますが、すこし一段落したみたい。

本来の売木高原の夏に戻りそうです。

と思ったら、今週の土日、雨になりそうとか。

土日のお客様でもっているブルーベリー園なのに、どうしたことでしょう。

けど、もういい加減に雨が降らないと、さすがのブルーベリーさんだって、苦しそうなのです。

夜だけ雨、てな具合には行かないものでしょうか。


小さなカミキリムシが飛んで来ました。

ちらりと朱色が目に入りましたが、朱色カミキリは、全体がきれいな朱色だったように覚えています。

急いでとらえてみたら、真ん中にネクタイみたいなスジが入っていました。

ハンノキカミキリだそうです。

元気なカミキリで、すぐに飛んで行ってしまいました。

カミキリは幹に入り込んで枯らしてしまう害虫と聞いています。

ブルーベリーも、芯くい虫にやられているのを、見つけることがあります。

それに虫としても、カブトやクワガタほどには人気がないようです。

でも、美しい種類が多いみたいなので、悪くはありません。

これからも注意して見ていくことにします。


おじさんに捕まえられたキリギリス


「孫にやるつもりで獲ってきた」

ビニール袋の中には、子どものキリギリスらしいものが、入っていました。

小さくても産卵管があって、オスとメスの区別は簡単につきます。

メスとオスが一匹ずつでした。

ところが、ビニール袋から出てきて、冷蔵庫の陰に隠れそうです。

でも、おじさんはそんなに未練があるようではありません。

隠れてしまうままにして、結局行ってしまいました。

翌々日、何気なく天井を見上げると、蜘蛛の巣があって、幼いキリギリスがぶら下がっていました。

気の毒なことでした。




ブルーベリー色のカミキリムシ


なん年ぶりかで、ルリボシカミキリに出会いました。

これで通算2回目です。

写真でもわかるように、瑠璃色のとても美しいカミキリムシです。

実は、つい先日は、トラフカミキリを目撃しました。

最初、飛んでいるのを見て、スズメバチかと思いました。

でも、刺したりはしないそうです。あたりまえか。

昔は、桑の木の害虫だったとか、たしかに園内に、3本くらい自生の桑の木があります。

ブルーベリーに陰を作るので気になっているのですが、切らないことにしましょうか。

それにしても、防御のためとはいえ、よくここまで似せたものです。

はじめにスズメバチがいて、長い努力の何万年もあとに、トラフカミキリが現れたということでしょうか。

そこまで進化するまでに、よくトラフカミキリ、やられてしまわなかったものです。

というか、スズメバチがその間に滅んたりしたら、トラフカミキリさん、さぞ困ったことでしょう。

話が逸れました。

ルリボシカミキリを見ていたら、突然気がつきました。

ブルーベリーの色あいと似てないでしょうか。

プルームの白っぽい色の感じも、似ています。

これならば、ブルーベリーカミキリと、改名することをお勧めしたいです。

カミキリといえば、もうひとつ、朱色のカミキリムシも見事です。

今年は、虫が豊富な感じもあります。

また見られるかもしれません。


トックリ型の巣は小型スズメバチ?


「蜂が群がっているみたいですよ」

お客さんが知らせてくれました。

それは嬉しい、いや物騒な話です。

お客さんが刺されでもしたら大変。

早速ラビットブルーベリー畑まで行ってみました。

こんな時期にはありえないとは思ったけれど、日本ミツバチの分蜂かと胸がときめいたのです。

残念、見間違いでした。

山法師の木の上のほう、葉の繁った間に、トックリ型の巣がぶら下がっています。

「小型スズメバチ。と言っても、スズメバチよりは少し大きい。唯一トックリ型の巣を作る」

とネットにはありました。

さっそく、村の蜂プロに退治を依頼しました。

下見のあと、夜になってから、退治に来てくれるということになりました。

日中に巣を除去すると、外出中だった蜂が帰ってきて、帰るところが無くなったへとばかり、凶暴になるんだそうです。

夜になって、待っていましたが、蜂プロの現れた様子はありませんでした。

でも、…。

「昨日の夜、退治にきてくれたんだねえ。今朝見たら巣がなくなってた」

「うん、どうも新型の蜂だわ。赤バチよりも少し大きい。巣が柔らかかったなあ」

売木では初めて見る蜂だそうです。

小型スズメバチそのものが、売木にはいなかったろうか。

それはないとは思いますが…。

「刺されたの?気の毒だった。どうもないだろうか」

「うん、だいじょうぶ。ちょっと痛かったけど、もうなんともない」

毒性の弱い蜂なのか、それとも蜂プロが強靭なのか、謎は深まるばかりです。





長いものです


この猛烈な暑さの始まる少し前の日のことです。

北側の勝手口を出ると、配水管ボックスの上に、なにか長いみょうなものが…。

蛇でした。

青大将というものがどういうものなのか、きちんと知ってはいないけれど、たぶんそれでしょう。

右の金属のたらいから左のバケツまで、いなくなってから測ったら、1メートル20センチほどありました。

触ったりはできないけれど、嫌いと言うほどではありません。

それにしても、デカかった。

おまけにネズミか何かを飲み込んでいるみたいでした。

排水管ボックスの中に入って行ったから、もしかするとそこが住居かもしれません。

蛇嫌いのお客様は多いけれど、摘み取りコーナーからは離れたところです。

お客様様の前に、出現することは無いように思います。

まあ、静かに暮らしてください。


日本ミツバチと西洋ミツバチ


今年、花の谷では、それぞれ一群ずつの日本ミツバチと、西洋ミツバチとが、暮らしています。

日本ミツバチは、村内の人から預かったものです。

当然、巣箱に入っていて、盛んに出入りしています。

来年春に、分蜂があったら捕獲するように、頼まれています。

分蜂の時期には、できる限り屋外にいて、見張っていなければなりません。

大変といえば大変ですが、まだ寒いうちから、ブルーベリーの受粉をしてくれるので、いいでしょう。

西洋ミツバチは勝手にやって来て、住み着きました。

去年に引き続いて2回目です。

去年は秋になって、スズメバチにやられてしまったようでした。

北側で、冬は劇寒のところだし、今年も危ういと思っています。

そうそう、以前は日本ミツバチが何年も来てくれた場所でもあります。

日本ミツバチの分蜂が激減して、そのあとの西洋ミツバチということかもしれません。

巣箱に入っているわけではなく、巣箱と巣箱の隙間に巣を作っています。

ミツを採ることは出来そうにないし、日本ミツバチから盗蜜するとも聞きます。

でもまあ、せっかく来てくれたのだから、というところです。