ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
イノシシ、どうしてるのかなあ


「2、3日前の朝、山のほうへ軽トラが2台も、走っていったよ。」

誰だったかは、わからなかったけれど、カーキ色っぽい服が、遠くからでも見えました。

「あゝ、交代でワナを見回っています。」

「獲れたんだったのかなあ」

「こないだうちは、鹿が2頭です。それとたぬきが獲れました」

たぬきの場合は、シッポを届けると、5,000円がもらえるそうです。

やはり害獣なのでしょうか。

たぬき汁にはしなくて、埋めてしまうようです。

それぞれの動物について、年間の捕獲頭数が決められているのだと思います。

ありがたいことに、若い人でも何人か、猟友会に入っている人がいるのです。

動物たちには申し訳ないけれど、農作物の被害はよく聞きます。

この夏は、近くの農家で野菜に被害があったので、慌てて防除フェンスを張りました。

幸い、わが家は、被害がありませんでした。

いい加減な栽培なので、野菜畑と思わなかったのでしょうか。

「イノシシは、少ないです」

気になります。

やはり、豚コレラの影響なのでしょうか、いや、そうではないかもしれません。

けれど、狂犬病がニホンオオカミ滅亡の一因だった、という説を信じる者としては、とても気になります。

増えすぎても困るけど、山の奥ででも、どうか生き延びてください。


ぬけがら


赤い蛇、つまりツチムグリの記事を、つい最近書いたばかりです。

なのに、またまた、ヘビで恐縮です。

「ヘビは出ないですね」

ブルーベリー狩りに訪れるお客さんから、訪ねられことが、たまにあります。

「この13年間でも、見かけた人はまずいなかったと思います。大丈夫と思いますよ」

そう答えたりしています。

でも、自分たちは、年に1~2回は、見かけることがあります。

毎日、この園内で活動しているから、不思議ではないでしょう。

すると昨日、サビタブルーベリー畑で、脱皮した蛇の皮を見つけました。

どのようなヘビのものなのかは、まったく不明です。

お金持ちにはなれればうれしいけれど、財布に入れておくほどではないので、そのままにしてあります。

来年のブルーベリー狩りの頃までには、どうにかなっていることでしょう。

ウルシ系がやられてる


写真は、スモークツリーの木です。

毛虫のようなものにやられて、葉がスケスケになっています。

吐き出した糸で、葉と葉を寄せ集めるようにしている、と思います。

スモークツリーばかりでなく、当地でフシと呼ばれる木も、あちこちで被害にあっています。

子どもの頃に、かぶれと呼んでいた木の仲間を、好きな害虫でしょうか。

なんだかあいまいないい加減な表現ばかりですが、毛虫はまったくダメなのです。

まだ、ヘビの方が、よほど我慢できそうです。

この現象、今年特に目につく気がします。

やはり、これも長引いた残暑のせいでしょうか。

こうなると、早く冷え込みが欲しい、という気になります。





赤いヘビ


今日の午後、サビタブルーベリー畑へ、降りて行く手前でした。

赤い小さなヘビを見つけました。

細かな黒い斑点があって、とてもゆっくりと動いていました。

怪我をしているようには見えません。

美しい蛇でした。

ヘビ!!

と言っても、ギャーと叫ぶほどには、苦手ではないのです。

しかし、こんなに赤いと、噂に聞く赤マムシでは?と気になります。

でも、頭を見ても、三角形らしくはなかったので、タモですくいました。

川岸までタモに入れて行って、放しました。

流れには落ちなくて、土手のあたりに落ちたので、また帰ってくるかもしれません。

例によって、ネットで調べると、ツチムグリのようでした。

おとなしいヘビで、昼間はほとんど活動しないそうです。

それであんなにゆっくり移動していたのでしょうか。

話は変わって、夕方にブルーベリーの株元整理をしました。

ブヨが出てきて、目の当たりにぶつかってきます。

思わずまぶたを閉じたら、一匹捕獲してしまいました。

けどねえ、ブヨを捕獲しても、仕方がありません。

10月になっても、この高原でも、残暑が続いている、ということなのかもしれません。

残暑も気になりますが、雨もさっぱり降らない。

昨日も今日も、予報では雨のはずだったのに、雨のあの字もありません。

少しは振ってくれると、うれしいのです。


ブルーベリー畑のサワガニ


例によって、シラカバブルーベリー畑で、ブルーベリーの株元整理をしていました。

草を抜いて、シュートを切って、コケやカイガラムシをやっつけて、などです。

すると、サワガニが出現しました。

水辺でなくて、畑や家の周りで見かけることは、時々あります。

たまたま、宇江敏勝さんの本を読んでいたら、サワガニのことが書いてありました。

唯一の淡水産のカニで、やはり、水辺だけにいるとは限らないそうです。

片方のハサミが大きいのは、オスだそうです。

紀州人は食べないけれど、遠州人、信州人は食べるそうです。

食べると言っても、ほとんどカルシウムばかり、ではないでしょうか。

カリカリとして、美味しそうな気はします。

でも、何しろ小さいから、たくさん捕まえる必要がありそう。

残念ながら、生粋の信州人とは言えないので、カニさんどうぞご安心ください。


ヒメスズメバチでした。たぶん。

 


昨日の午前のことでした。

例によって、ブルーベリーの株元の草取りやら、シュート切りの途中です。

かねて設置の小鳥の巣箱が、目に留まりました。

もうずいぶん古くなったけれど、今年は入ったことがあったでしょうか。

掃除をしてやらなければと、引き抜いて倒しました。

巣の出入り口から中が覗けて、チラリと縞模様の蜂の巣が見えました。

やばい、慌てて逃げました。

大きめのスズメバチらしき蜂が、ゆっくりと出てきました。

幸いにも、攻撃してくる様子はありません。

夕方、マグナムスプレーを持って退治に出かけました。

巣から出てきた様子のを、まずやっつけました。

他に出てくる様子はなかったので、巣箱の穴にスプレーを吹きかけて、終了。

今朝、見に行きました。

思ったより小さな巣でした。

ネットで見ると、お尻の端が黒いのは、ヒメスズメバチとありました。

狭い閉鎖空間に、巣を作るとあります。

おとなしくて、毒も弱いそうです。

確かに、こんな時期に、こんな巣なんて、意外でした。

いや、おとなしい蜂でほんとうに良かった。

ヒメスズメバチさんに、気の毒なことをした気がしないでもないのです。


たぶんミヤマクワガタ


今朝は、8時過ぎから、4輪エンジン草刈機で、白樺ブルーベリー畑の草刈り。

でも、快晴。

どんどん温度が上がってきて、紫外線も強そうなので、9時半頃には、室内にもどりました。

先日、暮らしの手帖を、病院の待合室で見ました。

白内障の手術をしたら、屋外ではサングラス着用が必須だとか。

人工レンズは透過率が高くて、網膜に良くないらしいです。

例によって、そんなこと知らなかった。

今さら手遅れかも知らないけれど、サングラスを買ってきました。

それはさておき、この暑さでは熱中症だって心配です。

とにかく、口実は簡単にできるので、屋内で日中を過ごしました。

そして午後、3時半過ぎに、外へ…。

でも、やっぱ暑い。

NHKテレビの気象情報で、浪合地点を見ると、今日の最高気温が29.6℃。

売木村なら、完全に30℃越えでしょう、9月10日なのに。

次に外へ出たのは、5時過ぎ、草刈機に夜露避けを掛けに、です。

すると、小さなクワガタムシのメスが…。

先日はカブトムシで、今年2匹めです。

ミヤマクワガタは、背中が赤みがかっていると、ネットにありましたから、たぶんそれでしょう。

こんな時期に大丈夫か、と気になります。


アシナガバチらしい


「ミツバチの巣箱の外側に、ハチの巣がありますよ」

ブルーベリー狩りの折、中学生の男の子が教えてくれました。

さっそく、見に行ったけれど、それらしいものは見つかりませんでした。

男の子も帰ってしまっていて、聞きなおすこともできませんでした。

昨日、ミツバチの巣箱に、ハチの巣を見つけました。

群の入っている巣箱ではなくて、カラの巣箱でした。

階段のところではなく、サビタブルーベリー畑の入り口近くでした。

こっちの勝手な思い込みで、お客さんの通路近くに、ハチの巣を放置していたことになります。

ふつうに脇を通るだけだったら、大丈夫だろうけど、やはり物騒な話です。

夕方、ハチアブマグナムなるスプレーを持って行って、吹きかけました。

防虫ネット帽に、革手袋の重装備でしたが、あっさりやつけることができました。

かわいそうな気もしますが、草刈りに来てもらう予定もあるのです。

今朝、蜂と巣を取ってきましたが、アシナガバチのようです。

でも、子どもの時のアシナガバチよりは、怖そうなハチに思えました。







今年初めてのカブトムシ


「カブトムシって、いませんか」

ブルーベリー狩りのファミリーから、尋ねられることがあります。

姉弟が本格的な高価そうなタモを持って、お母さんはふつうのタモだった家族のことも、今とつぜん思い出しました。

お姉さんは、弟の影響ではまってしまった、と言ってました。

でも、以前にも書きましたが、今年はほんとうに甲虫を見ませんでした。

ブルーベリーの敵のゴマダラカミキリを、見かけたくらいでした。

ところが今朝、ブルーベリーの移植をしていた時のことです。

首筋で何かごそごそしています。

蜂ではないなと思いながら、帽子で払ってみました。

ポトリと目の前に黒いものが落ちて、メスのカブトムシでした。

今年初めてのカブトムシです。

よかった、いるんだ。

もう産卵の時期に入るのでしょうか。

いや、その前に相手は見つかったのでしょうか。

それはともかく、来年以降、以前のようにカブトムシを見掛けられれば、うれしいのです。








7羽の鳥が飛んで行った


一昨日の夕方のことでした。

岩倉川の下流のほうから、つまり東のほうから、かなりの高い空を、4羽の鳥が飛んできました。

曇っていて、少し霞んだ感じもありましたが、羽を広げ、脚を伸ばした様子が、はっきり見えました。

トンビとかノスリとかの様子とは、明らかに違って見えました。

ほっそりとして、足が長く見えました。

アオサギではないだろう、カワウだろうか、と思いました。

もちろん、手元にカメラはないし、あっても小さくて撮れなかったでしょう。

4羽の後から、もう2羽が飛んできました。

4羽のほうは、少し旋回して待つように見えました。

と思ったら、いつのまにか5羽になっています。

そしてすぐに、雲の中に入ってしまったのか、見えなくなりました。

あとからの2羽も、いつのまにか消えています。

家に入って、大きな細い鳥で検索してみました。

でも、よくわかりません。

カワウを見てみました。

羽を広げた写真は、1枚しかなかったものの、脚は伸びてなくて、違うようでした。

結局、アオサギらしく思えました。

アオサギだとして、これ以上、上流方向へ飛んで、どうするのか、大きな川も池もないはずです。

いや、峠を越えて、矢作川水系まで、行ったのかも知れません。

どっちにしても、7羽ものアオサギだったら、アマゴさんもイワナさんも、ますますいなくなることでしょう。

などと気にしても、なにしろ高い空の上の、まぼろしのような光景なのでした。