ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ダイミョウセセリ


ピントが合っていないのですが、カメラの調子が悪いようです。

腕のせいかもしれませんので、検証は必要でしょう。

もちろん、蝶はすぐに飛んで行ってしまいました。

ミスジチョウと思ったら、スジが一本でした。

早速ネットで調べたら、ダイモンジセセリのようです。

イチモンジチョウかもしれません。

とろろ芋の仲間を食草としているようです。

確かに花の谷には、蔓が伸びていて、引っ張るとブルーベリーの枝を傷めたりします。

掘って芋を収穫するズクはないので、ダイモンジセセリ、安心でしょう。

どんな鳥の羽根でしょうか?


「玄関先に落ちてたけど、何の羽根だろう。」

「うーん、わからない。もしかして、ヤマドリだろうか」

ヤマドリの長い羽根は、ブルーベリー園内で拾ったことがあります。

こんないろあいだったけれど、ちょっと違う気はします。

そのヤマドリ、姿を見かけたことはまだありません。

羽根があったくらいだから、いるはずとは思っています。

「ヤマセミかもしれないよ」

ヤマセミは以前に、軒先で飛んでいたことがあります。

つがいでした。

ほとんど一瞬のことでしたが、思っていたよりもはるかに存在感があって、格好良かったと記憶しています。

もう一度見てみたいと、ずーっと思っています。

でもこんな羽根なものなのかどうか。

専門家なら、どんな鳥の羽根なのかわかるでしょう。

教えてもらえたら嬉しいのです。



網戸の外のミスジチョウ


網戸の外に、蝶がヒラヒラとしていました。

外へ出て、写真を撮りたかったのですが、そうすると逃げて行ってしまいそうでした。

それで、網戸越しの写真ですが、間違いなくミスジチョウだと思います。

ユキヤナギのある庭にいると書いたブログがありましたが、確かに花の谷にはユキヤナギが植わっています。

それはさておき、明日から5月には稀な暑さとか。

去年夏のの猛暑、ブルーベリーの実がたくさんなったのに、海の日以降、お客様が激減でした。

あまりの暑さに、家の外へ出ることもできず、涼しいはずの売木高原まで来てもらえなかったと、勝手に思っています。

今年はそれほど暑くはならないと、予報があったような記憶が…。

でも、予報が変わったのかもしれません。

お客様の数はともかく、せめてブルーベリーが枯れない暑さであって欲しいものです。

そうそう、水やりをしなくて良い程度の雨も、忘れずにお願いします。


サビタブルーベリー畑には、キジの巣があるに違いない


「昨日見たキジ、綺麗な羽根の見事なオスだった。」

「うん、この頃よく鳴いているのはあれだろうね。どこかに巣があるかもしれない」

そんな話をしていて、今朝サビタブルーベリー畑に行ったら、バサバサと大きな鳥が飛び出して行きました。

やはり巣があるのでしょう。

キジは、人が巣に近づくと、卵を放棄してもう巣に帰ってこない、と聞いたことがあります。

かと思うと、人が近づいても、卵を温めて巣から離れようとしない。

そのため、ある人はビーバー、つまり草刈機で、親鳥を傷つけてしまったとも聞きます。

花の谷でも、何年か前、卵が1個だけ放置された巣を、見つけたことがあります。

とにかく、巣があったら大変、当分サビタブルーベリー畑に入ることは、やめることにしましょう。


ツバメの巣って、移してやっても大丈夫なの?


「お客さんに迷惑がかかるからと、さるのこしかけのスタッフで、巣の場所を移してやったそうです」

迷惑がかかると言うのは、ツバメのフンがお客さんにかかる、という意味です。

そして、「さるのこしかけと」は、道の駅ふるさと館に、4月に新規開店した食堂のことです。

まあそんなくどくどしいことは、どうでもよいでしょう。

それよりも、ツバメの巣、作りかけの途中で、手を出しても良いものでしょうか。

普通は、巣の下に板を敷いてやったり、注意書きを掲げたりすると思います。

よほど優しいスタッで、ツバメさんたち、安心して巣をまかせたのでしょう。

とにかく、なにごともなかったように、出入りしていました。


オオミズアオでした。羽化中みたい。


夕方、ジューンベリーの花の写真を撮ろうと、外へ出ました。

5/3、平地では暑いくらいだそうですが、ここではちょうど良いくらいの気温です。

そのジューンベリー、もう満開です。

それはそうでしょう。

あんまりのんびりでは、6月の赤い実が間に合わなくなりそうです。

ブルーベリーもそうですが、わずか2ヶ月で食べられるようになるから、たいしたものと思います。

写真を撮ったあと、家の近くで、薄緑色のものを見つけました。

10年ぶりくらいでしょうか。

久しぶりの出会いです。

ところが、こんなに美しいのに名前が出てこない。

「薄緑色のガ」で検索すると、即出てきました。

大水青、名前まで美しくて、翡翠色とありました。

なるほどね、もちろん、そっとしておいてやります。



シジュウカラが巣作りを始めてる


ガラス戸の向こうの桜の木、ヤマザクラ系なのか、まだまだツボミも硬いままです。

その桜の木のあたりの小木で、シジュウカラが二羽、盛んに鳴き交わしていました。

そうか、もう巣作りが始まったのか。

巣の中の掃除がしてないけれど、もう下手な手出しは、しないほうが良さそうです。

そういえば、すももの木ブルーベリー畑の巣箱は、屋根が吹っ飛んでいた。

あれは直してやらなければ…。

行ってみると、中にはきれいにコケが敷き詰められていました。

去年、使ってくれたとみえます。

少し遠いせいか、愛犬キュートの毛は、使われていませんでした。

別の巣箱のまわりには、赤いお腹の小鳥が二羽、来ていました。

ジョウビタキだと思います。


トンビがノスリを追い払ってる


「珍しいねぇ。トンビの鳴き声」

そうなんです。

我が家のあたりの空、トンビの旋回するのはよく見かけます。

でも、鳴き声をきくことはほとんどないのです。

急いで外へ出てみました。

北の空から南の空へ、あまり高くないところを、きつい声で鳴きながら、トンビが、飛んでいきました。

するとその下、木々のこずえ近くを、斜め上に向かって、一羽の鳥が…。

トンビに追い出されたような飛び方でした。

トンビよりはだいぶ小柄で、尾羽は一直線になっていました。

このところ、時々見かけるノスリなのでしょう。

トンビがノスリを追い払ったように見えました。

大きさから言っても、トンビのほうが強そうです。

でも、トンビごときに、タカが追い払われるなんてねえ。

まあ、どちらもネズミやらの小動物などを、食べているらしいから、おんなじことなのかな。

とにかくせっかく住み着いたらしいノスリ、トンビさんよ、お手柔らかに。



またノスリだろうな


今朝のことでした。

ガラス戸のすぐ向こう、ヤマザクラの枝あたりです。

大きめの鳥が、羽を広げて動くのを見ました。

タカの仲間だろう、トンビではない、と思いました。

鳥はそのまま飛んでいって、少し離れた木の枝に止まりました。

春が近いというのに、まだ枯れ葉のしっかり残っている木の間から、止まっているのがよく見えます。

ふだんはほとんど使っていないけれど、望遠のついたカメラを慌てて持ち出してきました。

手に持って構えると、画像がグラグラ揺れます。

でも、三脚を出してくる余裕はないでしょう。

かろうじてグラグラが留まったところで、シャッターを押したのが、上の写真です。

やっぱり、ノスリみたいです。

と言うか、ノスリのほかにどんな鷹がいるのか、知らないのです。

ノスリなら、以前にも、向かい側の山のあたりで、撮ったことがありました。

この辺りを縄張りにしているのが、いるのでしょうか。

家の中から、鷹を見られるなんて幸せ、と言うことにしておきましょう。

なお、午後になって、木の枝に止まって、真正面からこちらをみている鳥を見つけました。

首のあたりからお腹まで、真っ白に見えました。

しかし、今度は、三脚を取り出そうとしているうちに、いなくなってしまいました。

まあ、こっちを見ていたのだから、家の中ででも動いたのは、失敗だったと思います。









ネズミだ


スタッドレスにとりかえてもらおうと、タイヤを取り出しました。

今年の春にとりかえた時、ビニールの袋に入れてもらったのが、破れています。

ひとつは上のように部分的に、もうひとつは粉々になって、かためてありました。

ネズミのせいでしょう。

春先はまだ寒い日が続くので、防寒用に利用したのでしょうか。

あるいは、子どもを育てる巣に使ったのかもしれません。

さすがに、タイヤは無傷のようなので、この田舎では、仕方がないとします。