ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年には7月7日に開園し、8月10日(木)に閉園したブルーベリー摘み。

今年も同じような日程で、やっていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ノスリ目撃、3回目と4回目


過日、「鷹らしいけど…」と記事を書きました。

ノスリでした。

ノスリは、これまでにも見たことがあったから、もっと違う鷹を見たかったのに…。

どうもネズミを主食としているらしくて、鷹としてはあんまり人気が無いようです。

まあしかし、我が家としては、特に冬場にネズミの専横に悩まされています。

で、この辺りがノスリのナワバリになるのは歓迎なのです。

先日、写真を撮ってアップしたのは、目撃2回目。

1回目は、家のすぐ上の村道でした。

飛び立って一瞬だったので、トンビではないぞ、くらいでした。

そして、3回目はやはり上の村道の向こうのほう、飛び立った時に、尾が弧を描いた形なのを確認しました。

4回目は、またしても家の前を、川向こうに飛んでいって、上のような写真が撮れました。

どうやら、この辺りで暮らしているようです。

去年の秋に生まれた幼鳥らしいということですが、渡りをしなくてもすむ涼しいところです。

のんびりとここで暮らしてください。



教えてください。鷹の仲間かと思うのですが。


今朝8時過ぎ、雨はいつ頃に止むのだろうかと、外を見た時でした。

家の近くから、大きめの鳥が飛びたちました。

もちろん、なんという鳥かはわかりません。

でも、つい先日すぐ上の村道で見かけた鳥と、同じだと思えました。

鳥は川を越えて、畑の向こう、村道の上あたりの木の枝に、止まりました。

枝の上で、時々首を動かしているように見えます。

デジカメで20×にしてみても、はっきりしません。

すると、下を車が通って行きました。

でも、飛び立つ様子はありません。

早速、N-boxを運転して、行って見ました。

なんと、鳥は村道のすぐ上、落葉樹の枝に止まっていました。

あまり近づいて飛び立たれてもと思い、少し離れたところで撮ったのが、上の写真です。

フロントガラス越しに、それも雨のためワイパーを動かしたままだったので、少しボケている気がします。

腕のせいもあるでしょう。

それから、車を前に進めて、すぐ下あたりまで行きました。

さすがに飛び立ちそうになって、慌てて撮りました。

連続モードにしておけば良かった。

続けて取ろうとしても、「処理中」になってしばらくはシャッターがきれないのです。

それはともかく、じきに飛び立って森の中へ飛んで行ってしまいました。

なんという鳥でしょうか。

ノスリかな。

トンビでないとは思います。

トンビならいつも見ているから、教えていただきたくはない気持ちです。

でも、ご存知の方、教えてください。


鷹の仲間だとは思うけど


お昼前、どんぐりブルーベリー畑へと、村道を歩いて行った時でした。

村道の上を、大きな鳥が飛んで行きました。

でも、あっと思った時には、もう森の中へ入ってしまいました。

一瞬のことでしたが、灰色と薄茶色の模様が見えました。

尾が一直線ではなく、弧状になっているのも見えた気がしました。

トンビではなく

鷹の仲間だろうと思いました。

けれど、残念ながら、自分には、それ以上見きわめる能力はないのです。

よく旋回しているトンビとは別に、鷹らしい鳥がいるように思うときはあるけれど、その方面もまったくダメなのです。

植物のように、じっとしていてくれたらねえ。

これからも、注意深くはしていたいと思います。




巣箱の住人


桜の木の高いところにも、2年前に巣箱を取り付けてありました。

そのままにしてあったので、脚立を持って行って、取り外してみました。

掃除をしてやろうと思ったのです。

屋根の板を取ってみると、中には落ち葉がたくさん入っていました。

もちろん、出入り口の丸い穴から、落ち葉が自分で入り込んだわけはありません。

一瞬、どうしたんだろうと思いました。

他の巣箱は、底の方に厚くコケなどが敷き詰められていて、小鳥が使ってくれたと納得しています。

屋根のフタを外して覗き込んだら、卵を温めているお母さん鳥と、目があったこともあります。

どうして落ち葉が入っているんだろう。

ひっくり返してみると、落ち葉の下にはコケなどが敷かれていました。

下の写真は、わかりにくいけれど、そのコケなどと落ち葉です。

そうか、1年目は小鳥、2年目は何か他の動物が落ち葉を入れて、暮らしたのかもしれない。

出入り口の穴が小さいけれど、ムササビあたりは、出入りできそうに思います。

この巣箱は、家のデッキのすぐ向かいにあります。

「小鳥が出入りするのを見たことがない。使われてないんじゃないの」

確かに、わが家ではそう思ってきました。

ちゃんと小鳥さんが使った時もあったし、なにか他の動物の時もあったみたいなのです。

けど、落ち葉の上で寝た様子は、なかった気がします。

何枚も、巣箱の中に詰め込んだ様子でした。

なんだったのでしょう。

待てよ、春がきて何かの動物が、巣を作り始めたところ、だったかもしれません。


コウモリさんいつから?



車庫の壁に、なにか黒っぽいものがぶら下がっているのに、気がつきました。

ふだん、車の出し入れをしているのに、全く気がつきませんでした。

寒い冬のうちは、車を入れたら急いで家に入ります。

それに、日中、車庫で作業などをすることも、ほとんどないのです。

とは言え、かなりうかつな話です。

よく見たら、コウモリでした。

棒切れでつついてみても、全然動きません。

強く突いたら、カサカサの感じで落ちてきました。

コウモリがミイラ化していました。

まさか寒さのせいなのか、どういうわけでしょう。

冬は、夕方どころか、日中でもシャッターを閉めてしまうから、そのせいかもしれません。

とにかく、気の毒なことをしたものです。



鹿はイタパセが好きなのか


以下、アップしそこねた記事を、拾っていくことにします。


「欲しかったら、採ってもらっていいと言われてたもんで、畑に行ってみた。

まっ、パクチーはいらんけど、イタパセなら食べてみようかと思って・・・。」

村内の田んぼを借りて、2~3年前から、栽培を始めたグループがいます。

今では軌道にのったように思えます。

村道を、畑の作業をする人の車やら、収穫したものを都会へ運ぶらしい大型のトラックが、通ったりします。

その世話をしたりして、関わった人から聞きました。

わが家も、関わってはいないけれど、採ってもいいよとは、言われたことがあります。

でも、道路から畑を眺めるばかりです。

「そしたら、ぜんぶ食われてしまっとった・・・。鹿だろうなあ」

我が家の近くではなく、もっと村の中心部の畑の方の話でした。

村の周囲に、防獣柵をはりめぐらしてから、鹿やイノシシを見かけることは、ほぼ無くなりました。

でも、国道や県道から入ってくるのが、まだいるのでしょう。

鹿は、毎晩毎晩やって来て、畑全部を順に食べつくしてしまうと、聞いたことがあります。

イタパセは、お気に召してしまったのでしょうか。

そうそう、パクチーのことは、話題に上りませんでした。

当地では、総じて関心の外、となっているということでしょうか。

なお、パクチーの匂いについては、臭い臭いと話題になったことがあるようです。




ネズミとリス


「リスを見かけたから、クルミを拾って来て、山盛りに置いてやった。」

あるIターンのお家での話です。

「けど、毎朝見に行っても、何んにも変化がない。」

リスはわが家でも、何年か前に見かけたことがあります。

西の境、タクラタ沢の橋の上を、駆けて行ったのでした。

一瞬のことですが、大きな尻尾を、しっかりと見たものです。

「そしたら、何日かして、クルミの山が小さくなっていた。大喜びで女房を呼んで・・・。

そのうち、子リスを見かけるようになった。」

お二人から、スマホを見せていただきました。

小さなリスが、なんだか楽しそうに動めいていました。

「ふーん、わが家にいるのは、小さなネズミくらいのもんですよ。

朝方、カサカサ音がすると思ったら、ゴミ籠に入ってた。

入れてあるビニール袋のせいで、出られなかったみたいです」

ああ、言わなければ良かった。

フサフサの大きな尻尾と、細いつるんとした尻尾、たったそれだけの違いなのにねえ。





蛾の世界のキューちゃんは、宝石のようにきれいな繭


ブルーベリー畑で剪定をしていたら、黄緑色の繭を見つけました。

宝石のようなとてもきれいな色です。

なんの繭なのか、以前にも書いたことがあると思ったけれど、どうだったか忘れています。

さっそく、検索してみました。

ウスタビガ。

今の時期に成虫が出てるそうで、どうやら空き家のようです。

写真のように、穴が空いていますが、そこから出たようには思えません。

そうか、振ってみれば、カラかどうかわかったかもしれません。

卵を繭の外側に、産み付けることがあるそうですが、見当たりませんでした。

この時期に見つけたのは、ブルーベリーの葉が散ったからでしょう。

カラだから外敵に見つけられても、あんじゃない、心配ないと思います。

けど、ちょっと目立ちすぎないでしょうか。

いや、そんなことより、幼虫を突っつくと、キュー、キューと鳴くとか。

コーギー犬キューちゃんならぬ、蛾のキューちゃんのようです。

幼虫を見つけて、やってみたい気はしますが、芋虫、毛虫系は、得意ではないのです。



目の高さ160cmくらいにカマキリのたまご


昨日、11月13日は、デッキの手すりに降霜がなく、まあまあの朝でした。

午前中は、暖かい日差しの下で、相変わらずのブルーベリー剪定。

これだけ頑張ってるみたいでも、計算によれば、春になっても、全株剪定には行きつかないようです。

ところで、カマキリの卵を発見。

なんと目の高さ、160センチメートルくらいのところにありました。

カマキリが高いところに卵を産む年は、雪が多く積もる。

信じているわけではなく、話のタネくらいのつもりです。

でも、去年は実際にほとんど雪が積もらなかった。

しかし、160センチメートルは、さすがに信じたくない。

そんなに積もったら、ビニールハウスどころか、いろいろ被害が出そうです。

もちろん、ありえないでしょう。

気まぐれなのか、個人的な事情があったのか、当該のカマキリさん、あんまり人を脅かさないでください。





おかげさまで、本日カメムシ日和


今朝の最低気温は、浪合の観測点でマイナス0.7℃。

この時期としては、そんなにきつい冷え込みでは、ありませんでした。

「明日の朝はぐんと冷え込みます。」なんて、テレビは脅しすぎな気がします。

それはさておき、日中は射し込んでくる日差しのおかげで、室内はポカポカ陽気。

おかげで、日がな一日カメムシ退治となりました。

すみません、毎年同じ話題なのです。

ちょうど都会からのお客様があって、楽しく話題がはずんだのだけれど、その間も、何度でもカメムシが出現。

失礼も省みず、とにかくその場でガムテープ捕獲作戦を強行しないと、夜になって踏んづけたりしかねないのです。

カメムシさん、なんだか今年は多いような気がします。

夏の間、チョウチョもカブトムシも、夜に明かりに飛んでくる虫も、やたら少なかったと思います。

こんなことで大丈夫かと思ってきましたが、カメムシだけはご健在の様子。

どうなってるのでしょう。