ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
不思議な生き物たちを見た人


「ものすごく大きなイノシシを、見てしまったんです。

毛が足元まで長く伸びていて、もののけ姫に出てくるような・・・。

それを見て、ふたりとも震えあがってしまった」

我が家のすぐ近く、別荘の人の話です。

それ以来、奥さんも子どもも、別荘には来なくなったとか。

10年くらい前の話のようです。

そんなイノシシが、いるものでしょうか。

この人は、腕の太さくらいもある大きなトカゲも、別荘で見かけたことがあるそうです。

「たぶん、持て余したかして、誰かが捨てたんでしょう。」

それならありそうです。

けど、国道からこんなところまで入ってきて、捨てるものでしょうか。

まあ、越冬はできないだろうから、出くわすことはないでしょう。

「黒っぽい顔で、猿のような生き物が、こっちをみていたこともあります。

親父は、台湾リスではないのか、と言ってました。

でも、図鑑を見ても、そうではなかったし、それらしいものはなかった」

猿と台湾リスとでは、なにかかけ離れた感じです。

本当の話なのか、疑ってしまいます。

でも、元教師とはいっても、いたって真面目な人で、とてもホラを吹く人には思えません。

渓流釣りの名人で、別荘には十数枚以上の尺ヤマメ、尺イワナの魚拓が、所狭しと貼ってあります。

奥深い山河をも歩き回っているくらいだから、きちんとした観察眼もあるだろうと思うのです。

「羽を広げたら2メートルくらいはある鳥が、飛んでいくのを見たこともあります。

これは親父もみています」

アオサギではないかと思いましたが、もっともっと大きい鳥のようでした。

けど、2メートルなんて、どうやって測ったんでしょう。

そういえば、わが家近くの農家の人も、大きな鳥が飛んでいくのを見たことがある、と言ってました。

どの生きものの話も、わが家近くでの出来事です。

待てよ、こんなことを書くと、ブルーベリー狩りのお客様が、激減するかも知れない。

それはともかく、残念にもというか、不思議にわが家は、そういう目撃談がないのです。

まあ、いつかはきっとと、希望を持って生きることにしましょう。













ヤマガラとシジュウカラの赤ちゃんたち


ブルーベリー畑にある小鳥の巣箱、天井板を開けて、撮ってみました。

巣箱は、かろうじて上から覗けるくらいの高さにあります。

それで、画像を確認せずに、シャッターを押したものです。

以前にのぞいた時には、親鳥がじっとしていました。

でも今回は、だいぶ大きくなったらしいヒナたちが・・・。

数えてみると、6羽のようです。

親鳥がヤマガラだったので、これがヤマガラのヒナと思います。



こちらはシジュウカラのはずです。

それにしても、たくさんの赤ちゃん。

10匹以上と思いますが、写真では数えられません。

エサ運びで、親は大変でしょう。

ブルーベリー園としては、毛虫やらいろいろ害虫を退治してくれて、ありがたいのですが・・・。


それはともかく、もうこれで覗きません。




ネコの命の恩人


「〇〇ちゃん、交通事故に遭ってしまったんです。」

びっくりしました。

〇〇ちゃんというのは、その女の人のおうちの飼い猫です。

「ああ、でも命はとりとめて・・・。2週間入院してました。」

なぜか、てっきりダメだったと、思ってしまったのでした。

後ろ足に骨折はないけれど、尾に骨折があるそうです。

けれども、脊髄に損傷があるのか、今も後ろ足がうまく動かせないとか。

「どこの猫だろうかと、倒れてるのを見つけてくれた家で話してたけど、わからなかったらしくて・・・。」

いくら人口577名の小さな村でも、猫のこととなると、なかなかわからないでしょう。

人が近づくと、うなり声をあげて、怒っていたそうです。

それで、手が出せないまま、1日が過ぎてしまって、役場の人に来てもらおうか、となったようです。

「そしたら、中学生の男の子が、あの声の低いお姉さんのところのだろうと、言ってくれたそうです。」

自分は今まで、声が低いなんて思ったことは、ありませんでした。

「◎◎君、命の恩人なんだねえ」

その男の子が特別なのか、それともその年代は感受性が強いというのか、視野が広いということなのか。

本当に良かった。

そうでなければ、保健所に連れていかれるところでした。

足が治ると良いのですが、今の所トイレにも不自由しているようです。

お母さんに言われて、小さい時に、愛犬キュートが嫌がって、使わなかったオムツを届けました。

ダメ元、と思っています。





ガラ、ゲラ。でなかった、セミだったろうか。


朝、カーテンを開けた時のことでした。

「あっ、ガラ。ガラじゃない、ゲラだ」

桜の木の幹で、何かが動いたのを見て、思わず叫んでしまいました。

ゲラ、つまりアカゲラ、カワゲラなどのキツツキの仲間だ、と思ったのです。

ガラは、ヤマガラとかシジュウカラの仲間のつもりです。

確かに、幹と垂直に脚をたてて、木をつつくようにして、上に登って行きました。

でも、灰黒色と白の模様が、あったような気がする。

もしかして、カワセミ。

カワセミは、以前に軒下で飛び回っているのを、見たことがあります。

それまで想像していたよりは、ずいぶん大きくて、その姿かたちにも感動したものでした。

でも、桜の幹の向こうに隠れたのは、冠が無かった。

それに、小さかった。

やはり、ゲラ、つまりキツツキの仲間でしょう。

ネットで調べてみると、コゲラのようでした。

確かに、大きさからも、コゲラだったのでしょう。

ヤマセミにも、もう一度会いたいけれど、コゲラに会えたのも、悪くはありませんでした。



キューちゃんの毛、いただいていきます。


「さっきねえ、小鳥が2羽、デッキに来てたよ。

茶色っぽいとこのある小鳥、なにかしら。

シジュウカラではなかった」

お母さんが言いました。

珍しく朝早くに、お父さんが、散歩に連れ出してくれた、今朝のことです。

やっと、冬モード時間から、目が覚めたのかもしれません。

「デッキに、水飲みに来たかと思ったら、キューちゃんの毛を、拾ってた。

1羽は、ねむの木にとまってたから、見張りしてるようす。

けど、デッキのほうが、木に飛んで行って、口移しで毛を渡したみたい。

そしたら、ねむの木から西のほうへ、飛んで行った」

キューちゃんの抜け毛を、再利用してもらっているのは、この何年か毎年のことです。

いよいよ、巣作りが始まったようです。

「デッキにキューちゃんを、出さないようにしなければ。

安心して、小鳥さんに来てもらいましょう。

でも、朝早くとかに、来ているからいいか。」

さて、キューちゃんの居場所は、どうなるのでしょう。


キジを撮る
大昔は休耕田だったブルーベリー園花の谷、敷地内には、今もその頃のままのところがあります。

つまり、ススキやらヨモギやらが生い茂ったままなのです。

ブルーベリー狩りにきたお客さんに、ワラビもとってもらうためです。

7月になってからのワラビなんてどうかな、というところでしょう。

でも、標高が高いせいで、アクも少ないし、十分美味しいのです。

その自然のままのワラビ畑、隠れやすいのか、キジさんにも役に立っているようで、よくみかけます。

写真は、村道に出てきたオスのキジです。

さすが望遠付きのカメラ、大きく撮れました。

残念ながら、逆光になっていましたが、これからいろいろ撮れるかなと、思っています。

12月の熊さん


「長島峠へ登っていくあたりだろうか。道仙沢のほうかも知れんなあ。」

防災無線で、村内放送が流れたそうです。

わが家はうまく電波が入らないので、毎度のことですが、知りませんでした。

「とにかくあの辺だろう。熊が出たとしか言わんかったから、ようわからん」

売木村では、年に一回くらいは、熊出没注意が流れます。

今回のも、被害が出たということではないし、むしろ楽しそうでした。

「それにしても、一週間くらい前のことだ、12月に熊が出るもんかなあ」

そう、今回の熊騒動、特筆すべきは、そのことでした。

11月24日に、20僂梁臉磴降ったとはいえ、暖かい日が続いてきました。

そのせいで、熊さん、まだ冬眠に入ってないのでしょうか。

とはいえ、どんどん寒くなってきています。

もういまごろは、静かに眠りについたことでしょう。
ヘボはまだ活動中なのか


「うん、ちょっとイタヅラしとった。見るかね」

ある人について行くと、ヘボでした。

砂糖水を入れたうつわに、何匹ものクロススズメバチが、集まっていました。

今年は暖かい、と言っても、もう何回も霜の降りている売木村です。

「3つの方向から、飛んでくる。」

その人は、ニコニコして言いました。

たぶん、 巣の場所を把握しているのでしょう。

来年の秋には、採るつもりでしょうか。

いや待てよ。

スズメバチの場合は、この秋のうちに巣が放棄され、女王蜂だけが春まで、生き延びるそうです。

クロスズメバチは、冬の間も巣が維持されるのでしょうか。

それと、ヤマボウシの実に集まってきたスズメバチは、よく喧嘩をしてました。

巣が違うスズメバチの働き蜂同士は、喧嘩をすると聞いています。

ヘボは、巣が違っても、喧嘩をしないものなのでしょうか。

冬山で生き延びた牛


以前、「コトリ」と聞いたときは、なんのことかと思いました。

「子取り」つまり牛の子を育てて、市場に出すことまが、売木村では、かつては盛んだったようです。

でも、そういう牛の肥育農家が、今では3戸になってしまいました。

その肥育農家の人に、お話を聞く機会がありました。

「コンバインを使えば簡単だけど、稲わらをきざんで、田んぼに撒いてしまったんでは、冬の餌に困る。

それで、うちでは、はざかけをしとるようなもんだ」

売木村で、はざかけをする農家が多いのは、そういう流れもあるかもしれません。

でも、はざかけって、手間がかかって大変なんです。

まあ、美味しいはざかけ米が食べれて、牛さんもワラを食べれるなんて、うまくはできてます。

「トウモロコシの茎や葉も、もちろん餌になる。

同じものばかり、食べさせないように、いろいろやる」

村には、ブナの峰牧場というのがあります。

村の市街地が、標高800メートルくらい、ブナの峰牧場は、1200メートルくらいでしょうか。

夏でも涼しい売木村ですが、ブナの峰牧場ですごす牛も、いるようです。

「秋に、牛が牧場で行方不明になったことがあった。

さんざん探して、見つからなかったけど、春になって、生きて見つかった。」

そんなことがあるのでしょうか。

牛は暑さは苦手だけれど寒さには強い、とは言っても、マイナス20℃は、普通だろう真冬の山です。

第一、何を食べて生きていたのでしょう。

草が生えてないどころか、枯れ枝だって地面に凍りついて、持ち上げられない氷の世界と思います。

それも、たった一匹で。モオーこりごりだ、と牛が言ったかどうかは、聞き漏らしました。
カエル


「キューちゃんが、デッキでなにか、鼻をクンクンしてると思ったら、カエルさんだった」

いつ頃に、カエルは、冬眠に入るものなのでしょう。

今朝の最低温度は、9℃前後、まだ今年は、降霜がありません。

予報を見ると、25日火曜日に最低気温3℃があって、この日くらいは、霜が降りるかも。

あとの日は、それよりも高い日ばかりですから、カエルさん、まだ大丈夫なのでしょう。

でも、ガラス戸を開けた隙に、部屋の中に入り込んで欲しくはありません。

夜、寝ていたら耳のあたりでベチャ、あれは、もうごめんです。