ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
シジュウカラが巣作りを始めてる


ガラス戸の向こうの桜の木、ヤマザクラ系なのか、まだまだツボミも硬いままです。

その桜の木のあたりの小木で、シジュウカラが二羽、盛んに鳴き交わしていました。

そうか、もう巣作りが始まったのか。

巣の中の掃除がしてないけれど、もう下手な手出しは、しないほうが良さそうです。

そういえば、すももの木ブルーベリー畑の巣箱は、屋根が吹っ飛んでいた。

あれは直してやらなければ…。

行ってみると、中にはきれいにコケが敷き詰められていました。

去年、使ってくれたとみえます。

少し遠いせいか、愛犬キュートの毛は、使われていませんでした。

別の巣箱のまわりには、赤いお腹の小鳥が二羽、来ていました。

ジョウビタキだと思います。


トンビがノスリを追い払ってる


「珍しいねぇ。トンビの鳴き声」

そうなんです。

我が家のあたりの空、トンビの旋回するのはよく見かけます。

でも、鳴き声をきくことはほとんどないのです。

急いで外へ出てみました。

北の空から南の空へ、あまり高くないところを、きつい声で鳴きながら、トンビが、飛んでいきました。

するとその下、木々のこずえ近くを、斜め上に向かって、一羽の鳥が…。

トンビに追い出されたような飛び方でした。

トンビよりはだいぶ小柄で、尾羽は一直線になっていました。

このところ、時々見かけるノスリなのでしょう。

トンビがノスリを追い払ったように見えました。

大きさから言っても、トンビのほうが強そうです。

でも、トンビごときに、タカが追い払われるなんてねえ。

まあ、どちらもネズミやらの小動物などを、食べているらしいから、おんなじことなのかな。

とにかくせっかく住み着いたらしいノスリ、トンビさんよ、お手柔らかに。



またノスリだろうな


今朝のことでした。

ガラス戸のすぐ向こう、ヤマザクラの枝あたりです。

大きめの鳥が、羽を広げて動くのを見ました。

タカの仲間だろう、トンビではない、と思いました。

鳥はそのまま飛んでいって、少し離れた木の枝に止まりました。

春が近いというのに、まだ枯れ葉のしっかり残っている木の間から、止まっているのがよく見えます。

ふだんはほとんど使っていないけれど、望遠のついたカメラを慌てて持ち出してきました。

手に持って構えると、画像がグラグラ揺れます。

でも、三脚を出してくる余裕はないでしょう。

かろうじてグラグラが留まったところで、シャッターを押したのが、上の写真です。

やっぱり、ノスリみたいです。

と言うか、ノスリのほかにどんな鷹がいるのか、知らないのです。

ノスリなら、以前にも、向かい側の山のあたりで、撮ったことがありました。

この辺りを縄張りにしているのが、いるのでしょうか。

家の中から、鷹を見られるなんて幸せ、と言うことにしておきましょう。

なお、午後になって、木の枝に止まって、真正面からこちらをみている鳥を見つけました。

首のあたりからお腹まで、真っ白に見えました。

しかし、今度は、三脚を取り出そうとしているうちに、いなくなってしまいました。

まあ、こっちを見ていたのだから、家の中ででも動いたのは、失敗だったと思います。









ネズミだ


スタッドレスにとりかえてもらおうと、タイヤを取り出しました。

今年の春にとりかえた時、ビニールの袋に入れてもらったのが、破れています。

ひとつは上のように部分的に、もうひとつは粉々になって、かためてありました。

ネズミのせいでしょう。

春先はまだ寒い日が続くので、防寒用に利用したのでしょうか。

あるいは、子どもを育てる巣に使ったのかもしれません。

さすがに、タイヤは無傷のようなので、この田舎では、仕方がないとします。


ビニールハウスの来訪者


ビニールハウスに、小鳥が入り込んでいました。

入り口が開いていたので、中の暖かい空気に誘われたのでしょう。

小松菜や白菜が生えているけれど、貧弱すぎるから、それ狙いではないと思います。

ハウスに入ろうとすると、向こう側のビニール壁で、バタバタしています。

そうだ写真、と思いましたが、だいたいそういう時は、持ってないのです。

入り口の戸を閉めて、カメラを取りに戻りました。

密室だから、少し追い詰めて、まあまあうまく撮れました。 

ネットで調べてみると、どうやらホオジロのようです。

そうだろうか、頰というよりは、ひたいのあたりが白いようにおもえます。

何しろ小鳥と言うもの、飛び回るし、動きが早いので、名前を確認することも難しいのです。


石ころみたいでは、あったけど…。


今日のお昼前、雨の中、村道を走っていると、目の前になにやら石ころみたいなものが…。

一瞬のことでしたが、ハンドルを切ることはありませんでした。

2個は車体の真下に、1個は車体の外側にして、通り過ぎたと思いました。

タイヤの下になることは、無かったはずでした。

何だったろう。

どうも亀だった気がします。

そして、五分ほどして、再び現場を通りかかりました。

まだある、いるだろうと期待していたけれど、なにもいませんでした。

と言うことは、石ころでは無かった。

やはり亀だったのでしょう。

亀って意外に速く動くんだ、と思いました。

いや5分もあれば、急いで側溝に歩き込むくらいは、出来たでしょう。

何しろ、頭上を巨大な宇宙戦艦が通り過ぎた、みたいなものだったろうから…。

それで、上の写真には、亀らしきものは写っていないのです。






笹の花の置き土産


「トマト、ほとんど食べられちゃった。無事のもあるけど、気持ち悪いからねえ」

お母さんが言いました。

ネズミだ。

「トウモロコシの種を蒔いたけど、ほとんど食べられた」

インゲンの種をやられた人もいるようです。

とにかく今年は、ネズミが多いらしいです。

どうやら去年、一昨年と笹の花が咲いたせいのようです。

60年ぶりとか、新聞でも言っていましたが、笹麦とも言うくらいで、ネズミにはご馳走なのでしょう。。

それでネズミが繁殖したとか。

笹の花が咲くと不吉なことがある、という言い伝えもあるみたいです。

食べるものの豊かでなかった昔、ネズミが増えるだけでも、不吉だったと思います。

もうこのくらいの不吉で、終わってほしいものです。


細アシナガバチ


「ブルーベリーって、甘いんですねえ。すっぱいものと思ってた」

お客さまのひとり、若いお母さんが言いました。

このところの晴天と雨不足で、ほんとうに甘くなっています。

ただ、実がドライフルーツのようになっているのもあります。

株が枯れるのではと、心配になって来ます。

ああ、雨が欲しい。

話変わって、当ブログ、このところ昆虫系が多いです。

そういうものが特別に好きというわけでもないけれど、今年は目撃が多いのです。


昨日はサビタブルーベリー畑へ降りていって、蜂の巣を見つけてしまいました。

アシナガバチにしては、か細い巣でした。

蜂の様子も、細長くて飴色のようなやさしい色でした。

でも、お客さまが刺されでもしたら大変です。

止むを得ず、夕方にマグナムなんとかという強力スプレーを持ち出して、やっつけました。

気の毒で、心が痛みました。

下の写真は、今朝取ってきた巣です。

ネットで調べたら、どうやら細アシナガバチというようです。

暖地に多いようなことが書いてありました。

今年の暑さと関係があるのでしょうか。

たしかに初めて見ます。

以前お客様が「刺されたけど、今はなんともない」と言ってたことがあります。

一緒に行ってもらったけど、巣の所在位置不明となったきりでした。

この巣だったかもしれません。


若いらしいキジ


今日8月3日も、暑くなりそう。

中部地方が、特に狙われているのではないでしょうか。

ブルーベリー、今年は、なり過ぎなくらい実がなって、水不足でしぼむ実も出て来ています。

こんなに消耗しては、来年大丈夫かと思うくらいです。

たくさん食べてもらうと助かるけど、この暑さではそれも望み薄なのです。


ブルーベリー畑の東、村道の向こう側の空き地に、キジが立っていました。

少し小ぶりな感じがしていて、若いキジのように思えます。

朝早くなどに、ケーンケーンと鳴く声を聞くことがあります。

たぶんこのキジか、その一族でしょう。

ブルーベリー園は、あまり草刈りをしないと言っても、少しはすることがあります。

巣を作ったとしても、うっかり刈ってしまいそうです。

とすると、このキジ、巣のありかとしては、お隣のウド畑あたりでしょう。

ウド畑なら刈られることもないし、夏の終わりまでは人が立ち入ることもないはず。

ときどき村道を渡って、ブルーベリー畑にもやって来ているようです。




ヨスジハナカミキリだそうです



本日も、ブルーベリー日和。

とっても美味しい実が、皆様をお待ちしています。


「LINEで、お父さんに写真を送ったんだよ。

見てくれてないから、お母さんにも、写真を見るように言って、とメールで頼んだ。けど、どっちも見とらん」

ある人が花の谷へ来て、言いました。

この老夫婦には、直接でないと音信不通になりかねないと、わかったのでしょう。

メールはふたりとも時々使います。

でも、LINEはよくわからないのです。

見ないでいると、見ないことがバレてしまうなんて、不便なものです。

この冬に、ある人がLineのアプリを入れてくれました。

国外からでも送りやすいからということだったのでしょうか。

入れるのにけっこう時間がかかってて、申し訳なかったので、その後頼まれた写真は、無事に撮影して送ってあげました。

LINE使用はそれっきりです。

でも、懐かしい人からスタンプとかが来ることがあって、それは嬉しいのです。

とは言え、まったく知らない人から、お友達とか言って、通信が来るのはどうしたものでしょう。

それはさておき、上の写真、ヨスジハナカミキリと教えてもらいました。

これで、ハンノキカミキリ、ルリボシカミキリに続いて、今年3種類めのカミキリの訪問です。

ヨスジハナカミキリは、どうやら花の谷の受付あたりに、住み着いているような…。

このところ、たまに見かけます。

他にもいろいろいると思うので、カミキリさん、お待ちしております。