ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キジを撮る
大昔は休耕田だったブルーベリー園花の谷、敷地内には、今もその頃のままのところがあります。

つまり、ススキやらヨモギやらが生い茂ったままなのです。

ブルーベリー狩りにきたお客さんに、ワラビもとってもらうためです。

7月になってからのワラビなんてどうかな、というところでしょう。

でも、標高が高いせいで、アクも少ないし、十分美味しいのです。

その自然のままのワラビ畑、隠れやすいのか、キジさんにも役に立っているようで、よくみかけます。

写真は、村道に出てきたオスのキジです。

さすが望遠付きのカメラ、大きく撮れました。

残念ながら、逆光になっていましたが、これからいろいろ撮れるかなと、思っています。

12月の熊さん


「長島峠へ登っていくあたりだろうか。道仙沢のほうかも知れんなあ。」

防災無線で、村内放送が流れたそうです。

わが家はうまく電波が入らないので、毎度のことですが、知りませんでした。

「とにかくあの辺だろう。熊が出たとしか言わんかったから、ようわからん」

売木村では、年に一回くらいは、熊出没注意が流れます。

今回のも、被害が出たということではないし、むしろ楽しそうでした。

「それにしても、一週間くらい前のことだ、12月に熊が出るもんかなあ」

そう、今回の熊騒動、特筆すべきは、そのことでした。

11月24日に、20僂梁臉磴降ったとはいえ、暖かい日が続いてきました。

そのせいで、熊さん、まだ冬眠に入ってないのでしょうか。

とはいえ、どんどん寒くなってきています。

もういまごろは、静かに眠りについたことでしょう。
ヘボはまだ活動中なのか


「うん、ちょっとイタヅラしとった。見るかね」

ある人について行くと、ヘボでした。

砂糖水を入れたうつわに、何匹ものクロススズメバチが、集まっていました。

今年は暖かい、と言っても、もう何回も霜の降りている売木村です。

「3つの方向から、飛んでくる。」

その人は、ニコニコして言いました。

たぶん、 巣の場所を把握しているのでしょう。

来年の秋には、採るつもりでしょうか。

いや待てよ。

スズメバチの場合は、この秋のうちに巣が放棄され、女王蜂だけが春まで、生き延びるそうです。

クロスズメバチは、冬の間も巣が維持されるのでしょうか。

それと、ヤマボウシの実に集まってきたスズメバチは、よく喧嘩をしてました。

巣が違うスズメバチの働き蜂同士は、喧嘩をすると聞いています。

ヘボは、巣が違っても、喧嘩をしないものなのでしょうか。

冬山で生き延びた牛


以前、「コトリ」と聞いたときは、なんのことかと思いました。

「子取り」つまり牛の子を育てて、市場に出すことまが、売木村では、かつては盛んだったようです。

でも、そういう牛の肥育農家が、今では3戸になってしまいました。

その肥育農家の人に、お話を聞く機会がありました。

「コンバインを使えば簡単だけど、稲わらをきざんで、田んぼに撒いてしまったんでは、冬の餌に困る。

それで、うちでは、はざかけをしとるようなもんだ」

売木村で、はざかけをする農家が多いのは、そういう流れもあるかもしれません。

でも、はざかけって、手間がかかって大変なんです。

まあ、美味しいはざかけ米が食べれて、牛さんもワラを食べれるなんて、うまくはできてます。

「トウモロコシの茎や葉も、もちろん餌になる。

同じものばかり、食べさせないように、いろいろやる」

村には、ブナの峰牧場というのがあります。

村の市街地が、標高800メートルくらい、ブナの峰牧場は、1200メートルくらいでしょうか。

夏でも涼しい売木村ですが、ブナの峰牧場ですごす牛も、いるようです。

「秋に、牛が牧場で行方不明になったことがあった。

さんざん探して、見つからなかったけど、春になって、生きて見つかった。」

そんなことがあるのでしょうか。

牛は暑さは苦手だけれど寒さには強い、とは言っても、マイナス20℃は、普通だろう真冬の山です。

第一、何を食べて生きていたのでしょう。

草が生えてないどころか、枯れ枝だって地面に凍りついて、持ち上げられない氷の世界と思います。

それも、たった一匹で。モオーこりごりだ、と牛が言ったかどうかは、聞き漏らしました。
カエル


「キューちゃんが、デッキでなにか、鼻をクンクンしてると思ったら、カエルさんだった」

いつ頃に、カエルは、冬眠に入るものなのでしょう。

今朝の最低温度は、9℃前後、まだ今年は、降霜がありません。

予報を見ると、25日火曜日に最低気温3℃があって、この日くらいは、霜が降りるかも。

あとの日は、それよりも高い日ばかりですから、カエルさん、まだ大丈夫なのでしょう。

でも、ガラス戸を開けた隙に、部屋の中に入り込んで欲しくはありません。

夜、寝ていたら耳のあたりでベチャ、あれは、もうごめんです。

赤バチがたかってしょうがない


十数年前に、種をまいて育てたヤマボウシの木々、すっかり大きくなりました。

春には、ハナミズキにそっくりな、白い大きな花をつけます。

そして、秋には赤い実をぎっしりと・・・。

確かに、春にあれだけ多くの花を、葉が隠れるほどに咲かせたのだから、実もそうなるのでしょう。

やっかいなのは、ハナミズキの堅い実と違って、ヤマボウシのそれは、柔らかく甘いこと。

赤バチ、つまりスズメバチが、いっぱい集まってくるのです。

地面に落ちた実に取り付いて、近づいても逃げようとはしません。

いっそ踏みつぶしたら、とも思うくらいですが、彼らの命もあとわずか、それはできかねます。

「来る来る。りんごに来て、二三匹で、りんご一個くらい、1日で食べつくしてしまう」

村内の数少ない、りんご栽培家から聞きました。

「収穫の時なんか、赤バチの群れの中に、入って行くようなものだ」

ありそうな話です。

彼らも食べるのに忙しくて、襲ってくることは、まずないようですが。

でも、そうなると、りんごの産地では、どうしてるのでしょう。

それはさておき、赤バチ退治は、ブルーベリー園花の谷でも、必須事項です。

「春先のトウジが出てきた頃に、トラップを仕掛けるといいですよ。

トウジ一匹で、オヤを数百匹、やっつけることになるから」

トウジとは、女王蜂のこと、オヤとは働きバチのことです。

「そうか。やるやる。あのペットボトルで作るやつだろう」

教えてあげたら、とても喜んで、堅い決意に、燃えたように思えました。







蚊がいるなんて


昨日の日曜日、午前中は、ふるさと館でキノコを見たり、家に戻ってテレビを見たり。

上の写真は、そのキノコで、黄色いのがショウゲンジ。

真ん中下が、ロウジ。

右の二つが、コウタケです。

ロウジもコウタケも、見た目はあまり良くないけれど、とても美味しいのです。


それはさておき、未明に降った雨で濡れていたブルーベリー畑も、午後遅くには、だいぶ乾きました。

手入れに畑に出て、しばらくすると、手の甲やら、頬っぺたがかゆい。

高原の地売木村で、それも10月というのに、蚊がいるのでした。

そうそう、何日か前にも、真夜中に、蚊の羽音に飛び起きたことがありました。

蚊なんていない年が普通なのに、この夏は暑くて、繁殖したのでしょう。

いまだに暑さが残っているので、蚊も生き残っていると思います。

15℃くらいになると死滅するとか。

まったくもう、早く滅んでくれないと、高原の地に暮らす甲斐がない、というものです。






クワガタ


ある日、ブルーベリー園の受付所に、クワガタがきました。

いろいろ種類があるようですが、もちろん同定は無理です。

今年は、カブトもクワガタも、ほとんど見かけない気がします。

蝉の声は、いつもの年と同じように、うるさいのですが・・・。

そのあと、カミキリムシも来ました。

こちらはよく動くので、パックに入れて、並べて撮影しました。

そのままにしておいたら、まったく動かなかったはずのクワガタ、いつのまにかいなくなっていました。

パックに入れておいたはずのカミキリムシ、これもパックごと、いなくなっていました。

光沢のあるみどり色、ツノアオカメムシ


本日立秋。

夏空が広がっています。

けれども、ブルーベリーたち、ずいぶん食べられてしまいました。

実のなくなった木ばかり、目についてしまいます。

もちろん、まだまだあるのですが・・・。

でも、川遊びも楽しみたいファミリーもいるようです。

もう数日、細々と続けることにしましょう。


ブルーベリー狩りのお客様が、忘れていった人形の上です。

緑色の美しいカメムシが、とまっていました。

ツノアオカメムシ、だそうです。

お人形のほうは、このあと、日付を書いて、段ボール箱に保管しました。

そして、電話がかかって来て、一件落着でした。

カメムシ。

この臭い奴、秋が深まってくると、お家の中に入ってきます。

南向きの温かそうなお家ほど、たくさん入ってくる、と言われてもねえ。

ところが、ツノアオカメムシは、柑橘系のにおいがする、とありました。

さっそく、人形から移動させて、鉛筆で優しく叩いてみました。

柑橘系のにおいなのかなあ。

あのイヤなカメムシの独特のにおいも、確かにありました。

いくらみどり色が美しくても、これでは人気は出ないことでしょう。

このカメムシ。サシガメという仲間がいて、刺されると激痛だそうです。

アナフィラキシーの症状が出る場合もあるとか、オオトビサシカメと言うそうですが、知りませんでした。

腰のくびれた地味な色の虫です。

気をつけることにします。








小さなカニさん二匹


晴れ間も見える曇り空とはいえ、8/1(月)からの5日間のなかでは、空中湿度の低そうな朝です。

昨日も、午後3時頃には、激しい雨になりました。

でも、誰も濡れなかったから良かった。

天気予報によれば、明日まで、午後に雨の降りそうな空です。

ブルーベリー狩り、やはり午前中が何かにつけて、良いようです。



小さな男の子が、ビニール袋に何かを入れて、戻ってきました。

「川で、パパが捕まえた。」

小さなカニが、二匹でした。

川遊びをしていて、見つけたのでしょう。

どういうわけか、自分は谷川で、サワガニを見つけたことはありません。

沢からかなり離れた、村道あたりで見かけたりします。

川沿いにあるキャンプ場に宿泊とか、カニの子どもたち、たぶんそこに放されるのでしょう。