ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年は、ブルーベリー摘みを、7月1日に開園しました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえます。お楽しみに。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
白い花のヤマザクラ


ヤマザクラと言うと、花よりも葉が先と思っていました。

ところが、花の谷のヤマザクラの一群の中に、花ばかりが真っ白に咲いているのを発見。

これまでも、毎年咲いて来たはずですが、気がつきませんでした。

木が成熟して来て、はっきりしたのかもしれません。

もしかして、園芸品種かとも思うのですが、あんなところに植えた覚えはたぶんないのです。

それに、川向こうにも、以前から花の多いヤマザクラが咲いています。

同じヤマザクラと言っても、性格の違いみたいなのはあるのでしょう。

違いを楽しむことにします。


ソメイヨシノ満開に


日中は暖かくても、朝夕はひんやりとして、特に夕方は冷たい風が吹く毎日です。

それでも、例年よりは10日以上早くソメイヨシノが満開になりました。

植えて20年近くになるのもありますが、これまであまり綺麗には咲きませんでした。 

枝ぶりが貧弱で、てんぐ巣病が目立ったりして来ました。

でも、今年は見事です。

年数が来たということでしょうか。

残念なのは、ほとんど人が通らない場所だということ。

まあ仕方がないでしょう。

エドヒガン桜や、そのほかのピンク系の桜も、咲いています。

ただし、ヤマザクラはまだまだ先の話です。




ソメイヨシノ開花宣言です。


朝のうちは雨が降ったりしていたけれど、午後には晴れてきた今日。

でも、どんどん寒くなって、外での仕事をやる気は、無くなってしまいました。

夜には雪が降る予報です。

ところが、わが家のソメイヨシノは、確かに6輪以上咲きました。

それで、開花宣言です。

画像が暗いのは、アイパッドで、調節の仕方を知らないからです。

デジカメは、ただいま修理中なのです。

そうそう、村の一本桜たちも、開花宣言と言って良いようでした。

寒い寒い1日でしたが、このような花冷えはよくあること、桜の開花うれしいですね。


桜満開、飯田の街は霞に包まれている



買い物のために、それにデジカメが壊れたので、飯田の街に出てきました。

途中、新野からループの坂道を下ってくると、帯川あたりから、もうそこらじゅうに桜が咲いています。

梅やコブシ、モクレン、レンギョウなども…。

この地方では桜は、染井吉野よりも江戸彼岸などが多いのです。

そして、険しい山の斜面にも桜の花が…。

山桜なのか、それにしては、葉が出てないようにも見えます。

道中もそうでしたが、飯田の街も上の写真のように、山のあちこちに家があるし、桜があります。

カメラがなくて、アイパッドで撮ったので、イオンの屋上が丸わかりです。

そして、東の方向を撮ったら、まるっきり霞んでいました。

もしかして、黄砂も混じっているのか、風はないので、黄砂はないのかもしれません。


満開になりました。売木の一本桜たち。


開花が遅れ気味だった売木村の桜たち、ようやく満開となりました。

冬の寒さが厳しいせいか、村の主な木は、エドヒガンザクラなどです。

わが家には何本も、ソメイヨシノがありますが、てんぐ巣病が出て、咲き具合がいまいちなのです。

上は、こまどりの湯近く、国道418号から見える正平桜です。



29日にお祭りの行われる、白鳥神社入り口のしだれ桜です。

老人会らしい人たちが、草取りをしておられました。



宝蔵寺観音堂のしだれ桜です。

今朝の、曇り空の写真ですみません。
桜便り、少し枝が色づいたかな


昨日は、朝のうち雨。予報では、雨は降らないはずでした。

それでも午前中は、晴れたり曇ったりで、そこそこ暖かい陽気。

ところが、午後になると時雨れて、冷たい風も吹いて来ました。

農作業に出たものの、寒いし雨が降って来て、慌てて家に逃げ込む始末でした。

そんな売木村ですので、一本桜もまだまだ。

上の写真は、こまどりの湯近くの正平桜?です。

枝が少し色づいて来た感、でしょうか。



正平桜のアップです。




わが家の早咲き系桜です。品種はわかりません。




役場の南、白鳥神社の桜の遠景です。
さようなら売木村の辻桜
iPhoneImage.png

一昨日3/20、お練りで有名な太田稲荷の祭礼の日でした。

村内中心部の三叉路を通りかかると、どこか変な気が・・・。

桜の木がない。

毎年、とても美しく花を咲かせて来た辻桜の樹が、なくなっていたのでした。

確かに、そこに村営住宅が建てられる話は、聞いていました。

4戸の2階建てマンション形式の住宅、と思います。

このところ、売木村に住みたい人が増えてきています。

住宅が足りない傾向にあるので、喜んではいたのですが。

でも、あと少し、一ヶ月もすれば、花を咲かせるところだったのに・・・。

さようなら、辻桜さん、長い間楽しませてくれてありがとう。

なお、上の写真は、去年の春のものです。
白いヤマザクラ、ピンクのヤマザクラ


ヤマザクラの花に、白いのとピンクのとがあることに、この頃気がつきました。

険しい山の斜面などでも、両方見かけるので、どちらも野生のものと思います。

花の谷にも、伐らずに残すようにしてきたヤマザクラが、何本かあります。

ようやくしっかりと、花をつけるようになってきてみると、やはり二色のようでした。

ブルーベリーに日陰をつくるので、伐ろうかと思うことはありますが、樹の姿が好きです。

とすると、このまま毎年咲き続けて、樹がますます大きくなる。

日陰も大きくなって、ようやく切り伐り倒そうと決心する。

でもその時には、ブルーベリーに倒れこんで、何株も押しつぶしそう。

まあ、そんな先のことは、考えても仕方がないことでしょう。

花の谷の桜たち2


小さめの花を、ぎっしりとつける桜です。

南信州のあちこちで、早い時期から花を咲かせます。



富士桜。盆栽をもらって、地植えにしました。

ずいぶん大きくなりました。



エドヒガンザクラ。

花の谷では、いちばん大きくて、形の良い桜と思っています。


なお、ヤマザクラや八重桜は、まだ固いつぼみです。
花の谷の桜たち


昨日は、夜半からの激しい風雨が、午前中まで続きました。

けれど、売木の桜は満開前で、あまり散らされることはなかったようです。

ブルーベリー園花の谷の桜たち、植えてから十数年の年月を経ました。

かなり見ごたえのある花を、つけるようになったと思います。

残念なのは、訪れる人の少ない山の中にあること。

ブルーベリー狩りの季節までは、まだ3ヶ月程あるのです。

ここは、懸命に花を咲かせる桜たちに、敬意を表して、下手な画像をUPすることにしましょう。

上は、濃いピンクの花が見事な桜です。

八重ではありません。

株元の日本ミツバチさまのお家は、入居者募集中です。



これも濃いピンクの枝垂れ桜。

近くにもう一本枝垂れがあるけれど、そちらはもう少し後で咲きます。



平地ではありふれている染井吉野。

テングス病が出やすいせいもあって、ここでは珍しいようです。

今のところ小康状態で、今年はいい花を咲かせています。