ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
正永寺の樹齢400年、一本桜はみずから果てた

今日も暑くなりそうです。

でも、風はあります。

予報では、この後は最高気温が、27℃とか28℃とかの日が続くようです。

そうだといいのですが…。


「村には、桜が何本もあって、それぞれに名前が付いているんですねえ」

売木村ロードマップ「南信州うるぎむら」を見ながら、ブルーベリーのお客様が言いました。

「村の人たちが、大切にしているからだと思います。

都会のソメイヨシノの桜並木とは違って、一本桜なんですよ」

そこから、ついついおしゃべりしてしまいました。

「飯田市の桜も、一本桜です。

昔、お殿様が48箇所のお寺などに、植えさせたとかです。

そのなかに、正永寺の枝垂れ桜がある、あったんです。

もう、大変な老木で、何年か前に見に行った時には、かろうじて花をつけてました。」

以下は、先日、中日新聞に載っていたことの完全な受け売りです。

「もう樹齢400年、幹にウロが出来ていました。

ところが、今にも倒れそうになって、つい先日、もう伐ってやろうと、手配したそうです。

すると、いよいよ伐るというその朝、30分前に、ドーンと自分で倒れたそうです。」

「伐られるくらいなら自分で、と言うことなんですかねえ。わかったのかなあ」

「でしょうかねえ。

おまけに、境内にはいろんなものがあるのに、そこは避けて、何にもないところに倒れたとか。

中日新聞に書いてあったから、本当のことなんでしょうねえ」

まったく、話している当人にも、にわかには信じがたい話です。

400年間、よく人々を楽しませてくれたことでした。









花びらじゅうたんの坂道


明け方、雨音で目が覚めました。

一昨日も降ったものの、このところずーっと晴天続きで、もうひと雨欲しいと思ってたところでした。

でも、午前中は曇り空、晴れる時もあったけれど、屋外は濡れていて、ビニールトタンの下で、薪切り。

すると雨のかわりに、桜吹雪が…。

もうとっくに散ってしまったと思っていた山桜でした。

しらかばブルーベリー畑への小径は、花びらが敷きつめられてしまいました。

そして午後、ブルーベリーの剪定枝をチッパーにかけていると、本格的な雨が…。

そう、昨日播いた小かぶ、ミニ大根にも恵みの雨になりました。


山桜が咲き始めました


八重桜とともに、桜の時期のしんがりを務める山桜、ようやく咲き始めました。

山の神様が里に降りてきて、農耕の神様になると聞いたことがあります。

降霜も収まって、いよいよ農作業が本格的に始まります。

と書いたところで、明日の朝の最低気温は0℃、霜注意報だそうです。

それでも、明後日以降は3℃、5℃とだんだん上がっていくみたい。

今日買ってきたトマトの苗も、明日はハウスに植え付けるつもりでいます。

ところで、写真の山桜、年々花付きが良くなってきたようです。

でも、右下に写っている川向こうの山桜ほどではありません。

川向こうの山桜は、ほとんど葉が無くて、ほんとうに見事です。

花よりも葉が先、と言う山桜の定義?にはあてはまっていないみたいです。

山桜でも色々なのでしょう。

とは言え、あと何回花を見られることやら、大切に鑑賞してやることにしましょう。




売木村の一本桜たち、ほとんど満開、と言って良いでしょう。


昨日、「村の一本桜たち、咲き始めています」、と書きました。

訂正です。

今日、村の市街地に出かけたら、ほとんど満開になっていました。

あちこちに、桜色やら濃い桃色で、咲き誇っています。

これでは、4/29の白鳥神社のお祭りの頃には、落花しきり、かもしれません。

おっと、またここで、勝手な推測はやめておきましょう。


神代桜の実生苗を植えました


4/9に山梨県の実相寺まで行った折、樹齢2000年と言われる神代桜の実生苗を、購入しました。

駐車場の脇で、自分より年上らしい老夫婦が、売っていました。

きちんとどの苗にも水がやってあって、一緒になって、より良い苗を選んでくれました。

腐ってしまうから、縄はほどかなくてよいと、親切に教えてもらいました。

1000円のもありましたが、思い切って2000円のにしました。

タネからこの大きさにするには、ずいぶんかかったことでしょう。

何しろこの歳では、咲くまでに時間のかかるのは、花を見られない可能性があるのです。

つまり、時間をお金で買ったことになります。

まっ、時間を買えることなんて、こんなことくらいでしょう。

帰ってから、家からもよく見えるところに、植えました。

植えてみると、なんだか小さくなってしまいましたが、再来年くらいには、一輪くらい咲くかもしれません。

ブルーベリーのお客様にも見てもらえるように、大きな看板を出したものでしょうか。

そうそう、昨日はブルーベリー狩りの問い合わせがありました。

本年の問い合わせ第一号です。

この夏は、令和元年のブルーベリー狩り、お楽しみに。




神代桜、大丈夫だろうか


かねて念願だった神代桜を見に、4/9に行ってきました。

翌4/10に、信州中南部に4月の大雪が降ったその前日です。

実相寺の神代桜と根尾の淡墨桜とは、今のうちならドライブで行ける範囲なのです。

淡墨桜は、ずいぶん昔に渓流釣りの途中に、見たことがあります。

ただし、花が咲いている時期では、ありませんでした。

それはさておき神代桜、満開を少し過ぎていたものの、見事に咲いていました。

樹齢2000年というだけあって、ほんとうにすごい古木でした。

ただ、写真で様子を知ってはいたものの、ご老体に鞭打って…、というような感も否めませんでした。

見に行ったのに言うのもなんですが、もう少し囲いの範囲を広げてやってはどうでしょうか。

近くに人や車を近づけさせないようにしたほうが…、と思ってしまいました。

勝手なものです。

もちろん、いろいろとずいぶん努力されているようで、水仙やらたくさんの桜やらも見応えがありました。

宇宙桜も若々しく枝を広げ花を咲かせていました。

宇宙ステーションへ行ってきた神代桜のタネ118粒の中から、たった2粒発芽しただけだそうです。

とにかく、行ってよかった。



奥は甲斐駒ケ岳です。左手奥に神代桜があります。



下は宇宙桜


心配な山桜の紅葉


村道下の斜面に、数本の山桜があります。

20年近く前にはまだ小さくて、一緒にコナラなども、生えていました。

そちらは伐って、山桜だけを残して来ました。

今ではすっかり大きくなって、かなり多くの花を、咲かせるようになっています。

ただし、その分ブルーベリーが日陰になって、そこだけ実付きが悪いのです。

と言って、せっかく花をつけるようになったんだもの、伐る気はないのです。

いや、とても伐れそうにはない大きさに、なってしまいました。

ところでその山桜、写真の左の木がなにか変です。

もうこの時期から、桜は紅葉が始まるけれど、これは少し早すぎる感じ。

いつのまにか、特に梢あたりはすっかり葉が落ちてしまっています。

どうしたんだろう。

今年春に、この木は葉よりも花をたくさんつけて、喜ばせてくれました。

でも、喜んでいる場合ではなかったかもしれない。

心配です。




白い花のヤマザクラ


ヤマザクラと言うと、花よりも葉が先と思っていました。

ところが、花の谷のヤマザクラの一群の中に、花ばかりが真っ白に咲いているのを発見。

これまでも、毎年咲いて来たはずですが、気がつきませんでした。

木が成熟して来て、はっきりしたのかもしれません。

もしかして、園芸品種かとも思うのですが、あんなところに植えた覚えはたぶんないのです。

それに、川向こうにも、以前から花の多いヤマザクラが咲いています。

同じヤマザクラと言っても、性格の違いみたいなのはあるのでしょう。

違いを楽しむことにします。


ソメイヨシノ満開に


日中は暖かくても、朝夕はひんやりとして、特に夕方は冷たい風が吹く毎日です。

それでも、例年よりは10日以上早くソメイヨシノが満開になりました。

植えて20年近くになるのもありますが、これまであまり綺麗には咲きませんでした。 

枝ぶりが貧弱で、てんぐ巣病が目立ったりして来ました。

でも、今年は見事です。

年数が来たということでしょうか。

残念なのは、ほとんど人が通らない場所だということ。

まあ仕方がないでしょう。

エドヒガン桜や、そのほかのピンク系の桜も、咲いています。

ただし、ヤマザクラはまだまだ先の話です。




ソメイヨシノ開花宣言です。


朝のうちは雨が降ったりしていたけれど、午後には晴れてきた今日。

でも、どんどん寒くなって、外での仕事をやる気は、無くなってしまいました。

夜には雪が降る予報です。

ところが、わが家のソメイヨシノは、確かに6輪以上咲きました。

それで、開花宣言です。

画像が暗いのは、アイパッドで、調節の仕方を知らないからです。

デジカメは、ただいま修理中なのです。

そうそう、村の一本桜たちも、開花宣言と言って良いようでした。

寒い寒い1日でしたが、このような花冷えはよくあること、桜の開花うれしいですね。