ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
満開になりました。売木の一本桜たち。


開花が遅れ気味だった売木村の桜たち、ようやく満開となりました。

冬の寒さが厳しいせいか、村の主な木は、エドヒガンザクラなどです。

わが家には何本も、ソメイヨシノがありますが、てんぐ巣病が出て、咲き具合がいまいちなのです。

上は、こまどりの湯近く、国道418号から見える正平桜です。



29日にお祭りの行われる、白鳥神社入り口のしだれ桜です。

老人会らしい人たちが、草取りをしておられました。



宝蔵寺観音堂のしだれ桜です。

今朝の、曇り空の写真ですみません。
桜便り、少し枝が色づいたかな


昨日は、朝のうち雨。予報では、雨は降らないはずでした。

それでも午前中は、晴れたり曇ったりで、そこそこ暖かい陽気。

ところが、午後になると時雨れて、冷たい風も吹いて来ました。

農作業に出たものの、寒いし雨が降って来て、慌てて家に逃げ込む始末でした。

そんな売木村ですので、一本桜もまだまだ。

上の写真は、こまどりの湯近くの正平桜?です。

枝が少し色づいて来た感、でしょうか。



正平桜のアップです。




わが家の早咲き系桜です。品種はわかりません。




役場の南、白鳥神社の桜の遠景です。
さようなら売木村の辻桜
iPhoneImage.png

一昨日3/20、お練りで有名な太田稲荷の祭礼の日でした。

村内中心部の三叉路を通りかかると、どこか変な気が・・・。

桜の木がない。

毎年、とても美しく花を咲かせて来た辻桜の樹が、なくなっていたのでした。

確かに、そこに村営住宅が建てられる話は、聞いていました。

4戸の2階建てマンション形式の住宅、と思います。

このところ、売木村に住みたい人が増えてきています。

住宅が足りない傾向にあるので、喜んではいたのですが。

でも、あと少し、一ヶ月もすれば、花を咲かせるところだったのに・・・。

さようなら、辻桜さん、長い間楽しませてくれてありがとう。

なお、上の写真は、去年の春のものです。
白いヤマザクラ、ピンクのヤマザクラ


ヤマザクラの花に、白いのとピンクのとがあることに、この頃気がつきました。

険しい山の斜面などでも、両方見かけるので、どちらも野生のものと思います。

花の谷にも、伐らずに残すようにしてきたヤマザクラが、何本かあります。

ようやくしっかりと、花をつけるようになってきてみると、やはり二色のようでした。

ブルーベリーに日陰をつくるので、伐ろうかと思うことはありますが、樹の姿が好きです。

とすると、このまま毎年咲き続けて、樹がますます大きくなる。

日陰も大きくなって、ようやく切り伐り倒そうと決心する。

でもその時には、ブルーベリーに倒れこんで、何株も押しつぶしそう。

まあ、そんな先のことは、考えても仕方がないことでしょう。

花の谷の桜たち2


小さめの花を、ぎっしりとつける桜です。

南信州のあちこちで、早い時期から花を咲かせます。



富士桜。盆栽をもらって、地植えにしました。

ずいぶん大きくなりました。



エドヒガンザクラ。

花の谷では、いちばん大きくて、形の良い桜と思っています。


なお、ヤマザクラや八重桜は、まだ固いつぼみです。
花の谷の桜たち


昨日は、夜半からの激しい風雨が、午前中まで続きました。

けれど、売木の桜は満開前で、あまり散らされることはなかったようです。

ブルーベリー園花の谷の桜たち、植えてから十数年の年月を経ました。

かなり見ごたえのある花を、つけるようになったと思います。

残念なのは、訪れる人の少ない山の中にあること。

ブルーベリー狩りの季節までは、まだ3ヶ月程あるのです。

ここは、懸命に花を咲かせる桜たちに、敬意を表して、下手な画像をUPすることにしましょう。

上は、濃いピンクの花が見事な桜です。

八重ではありません。

株元の日本ミツバチさまのお家は、入居者募集中です。



これも濃いピンクの枝垂れ桜。

近くにもう一本枝垂れがあるけれど、そちらはもう少し後で咲きます。



平地ではありふれている染井吉野。

テングス病が出やすいせいもあって、ここでは珍しいようです。

今のところ小康状態で、今年はいい花を咲かせています。
うるぎの一本桜たち、わたくし的に開花宣言


「それがなあ、今年は遅いという人もいる」

今年は早くに咲くだろう、と思っていたら、そんなふうにいう人もいるようです。

主観的なものも入るから、簡単には言えないのでしょう。

昨日4/11は、3月中旬並みの肌寒い日に、戻ってしまったと、テレビで言ってました。

長野県北部では、雪も舞ったとか。

でも、南信州売木村はだいじょうぶ。

日差しは暖かく、屋外作業には、ほとんどなんということも、ありませんでした。

下の右の写真は、白鳥神社の桜、ちらほらと咲き始めていました。

勝手に開花宣言です。

上の写真は、その近くの辻桜。

下の左は、正平桜。

去年は4/14に、もう少し進んだ様子をアップしていました。

比較検証のためといえば、聞こえはいいのですが、単なる不精で、同じ場所の写真なのでした。

売木村の一本桜、開花始まる




雨続きの毎日ですが、売木村の一本桜たち、いよいよ咲き始めたようです。

1枚目の写真は、正平桜。平谷峠から国道418号を降りてきて、村の中心部が見え始めた所の、左手にあります。

本日4/14、ここに取り上げた桜の中では、いちばん早い印象でした。

2枚目は、役場の前の民家の桜。比較的若い桜のようですが、年々見事になってきている気がします。



商店街の三叉路にある、名付けて辻桜。豊橋方面からの道で撮りました。



正平桜の近くの神重桜。株元にあるのは、明治39年の馬頭観音だそうです。

平地よりは、一か月近く遅れて咲く売木村の一本桜たち。今年はいくぶん早いような気もしますが、どうでしょうか。

4/29の白鳥神社の祭礼の頃には、落花盛ん、かもしれません。
飯田・清秀桜は、咲き始め
iPhoneImage.png


iPhoneImage.png

本日3/31、飯田市に出かけて、時間があったので、愛宕神社に立ち寄ってみました。

上の1枚目の写真は、ソメイヨシノだと思って、飯田の街の桜状況の参考にと撮りました。但し、飯田ではエドヒガンザクラや枝垂れ桜の一本桜が、メジャーなのです。

2枚目は、樹齢200年の千代蔵桜。とても立派な樹形です。説明看板の写真は下の方にあります。

iPhoneImage.png




ここからが本題、飯田で一番古い、樹齢750年以上という清秀桜です。
開花状況は写真の通り。三分咲きとでも言うのでしょうか。今日のこの暖かさでいっきに開きそうです。



この清秀桜、飯田の一本桜に多いエドヒガンザクラです。
株元がすごい。幾星霜を思わせる素晴らしい古木です。


満開です。売木村宝蔵寺の桜
iPhoneImage.png

売木村の金生山宝蔵寺の桜が、今満開です。

午後には、時雨れやすいこの時期ですが、花散らしの雨は降らないようなので、週末は見頃でしょう。

上の写真は、宝蔵寺の参道から南方を望んだものです。このように売木村は、あちこちに一本桜が咲いている、桜の里です。

iPhoneImage.png

上の写真は、宝蔵寺の桜の一部ですが、本命桜は撮れませんでした。なにしろ、すごいカメラを構えた写真家たちが何人もいて、小さなデジカメで前に出るのは、はばかられたのです。

iPhoneImage.png 

上の写真は、宝蔵寺の境内から東方向、「大向の桜」を撮ったものです。ここには、築150年の古民家があって、民宿ゆりかをやっています。

大きな昔のお家に泊まってみたい人、お勧めです。

一度取材をと思いながら、なかなか機会がありません。本日は、遠景でお楽しみください。