ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
隣町にクラインガルテン
  当地、売木村から10分ほど、トンネルを抜けた先の阿南町新野で、クラインガルテン(宿泊棟付き市民菜園)が建設中です。

 敷地150坪前後のところに、おしゃれな囲炉裏つきのコテージが建てられつつあります。年40万円の賃貸料です。
 新聞には総工費3億くらいで20棟を建設とありました。上下水道等はもちろん完備です。

 年末の抽選会では、多少の空きがあるみたいでした。関心のある方は、検索「阿南町クラインガルテン」をどうぞ。

 新野は、豊橋から飯田への街道にある民俗学的遺産に恵まれたこじんまりとした集落です。売木とは双子のような感じを抱かせる標高800メートルほどの高原です。

 どちらも天竜川支流の源流域にあります。
 冬は厳しいけれどそれもよし、そして春から秋までの過ごしよさは、どちらもまったくおなじと思います。
 
田舎暮らしはまず村営住宅で


「自分だけで来ていて、家族はみんな東京におります。もう退職して収入がないから、村営住宅の家賃は一万円ちょっとです。きちんとした収入があって、いちばんたくさん家賃を払っている人で五万円くらいですね。それに駐車場が月に500円はらっています」

 南信州のある村で、一年ほど前から、田舎暮らしを始めたというその人は、そんなふうに話してくれました。60歳にはまだ少しある感じでした。
 別の話になりますが、ある別荘地の人は
「もう、みんな早く定住したいと言っている。だんなだけが先に退職したからと、ひとりで住み着いているところがいくつかある」
 ほんとうでしょうか。そんな傾向を感じないわけではありませんが、奥さんは都会暮らしのほうがいい、というケースも多いように思います。

 「アルバイトをして生活費を稼いでいます。もちろんほとんど自炊です。村営住宅は住民票さえ持ってくれば、申し込めます。」
 それは賢い方法だと思いました。多額の資金を必要としないし、そこに住んでいるうちに、定住に必要な情報を、集められるからです。場合によっては撤退も可能、というのは無駄がなくていいと思います。
 ただ、ふっと今思ったことですが、撤退可能にしておくと、意外に定住はしなくて、逆に大金を投じて定住覚悟で来れば、本当にそのまま、定住することになるのかもしれません。
その意味では、どちらがよいものやら・・・。

「ただ、自分の場合は他に希望者がなくて、無競争ですぐに入れたけれど、いつも村営住宅があいているとは限りませんからね」 
 というわけで、空いているかどうかと、その情報をどうやって手に入れるかが、村営住宅入居のいちばんのポイントのようでした。

 写真の花は名称不明。 購入したときに、名称をきちんと覚えた記憶がありません。カタログにもあまり載っていない花です。 
掘〆膿契瀏でこそ田舎暮らし


 田舎暮らしのために、農家の空き家を探す話を、聞きます。
 けれども、それで暮らしていけるのは、本当にごく一部の人たちだけと思います。

 お金がかかることですので、理想論と言われそうですが、都会の時と同じレベルの家を建てることが、田舎暮らし成功の第一歩です。 

 ここに、二冊、農家の空き家暮らしの本があります。

「野宿ライダー、田舎に暮らす(寺崎 勉 山海堂 ¥1500E)」は読んでいる限り、本当に楽しい本です。
 著者の人柄が、随所ににじみ出ていて、野宿ライダーなどという世界にも、親しみがわいてくるほどです。
 でも、読むことと、実際に暮すこととは、まったく別のことです。
 
 「山暮らし始末記(堀越哲朗 太田出版 ¥1700E )」となると、読んでいるだけでも、重くなってきます。

 一度読んでみると、この二人なら、農家の空き家でも暮らせると、わかると思います。

 しかし、この二人の著者にはできることも、都会で暮して、現代的な生活に、どっぶりつかってしまった人間には、とうてい無理なのです。
 まして、奥さんを始めとする女性の方々には・・・。

 せめて、台所とトイレ、風呂などは、最新の設備で、完璧なものにしなければ、世の女性方の支持は、とうてい得られません。
 
 また、当地の昔からの農家では、寒い日は、花瓶の水が凍ると言います。それだけでも、大変なことです。暖房もポイントです。 

 柱だとか内装だとかを豪華にすることは、人それぞれに好みもあるでしょう。
 でも、なにがなんでも、まずすべきことは、都会の時と同じレベルの快適な生活の維持でしょう。

 最新設備でこそ田舎暮らし、です。

  ・・・・・・・・・・・・・・

 写真は、平谷峠の「やまなみ広場」から見た残雪の山々

  ・・・・・・・・・・・・・・

素人農事メモ 4/28
 久しぶりで暖かい一日。ブルーベリー園の整理・整頓








供|傭覆茲蠅癲⊇条件で、土地を選ぼう
 今回も、ないものねだり、と言われそうですが、別荘はとびっきり高い買い物だから、あえて書きます。参考にどうぞ。
(1)水のことを忘れがち
 ガスと電気には、質の問題はありません。しかし、上下水道は要注意です。
 我が家の井戸は鉄分が含まれているそうです。食品衛生法による基準で0.3mg/1以下であるべきところを、0.030mg含有で問題はなく、むしろポンプ屋さんによれば、「鉄分は体に良いんですよ」です。
 でも、何日か家を空けると、鉄錆びのようなもので、水が濁るのです。
 当地ではないけれど、もっと鉄分の濃いところもあるようです。井戸を掘ってからでは遅いので、水質はぜひチェックポイントにすべきです。

 また、当地がそうですが、住民票がないと水道を引かせてもらえないところもあります。そうなるとどうしても井戸を掘ることになります。
 以前、他県のミニ別荘地で、小学生らしい男の子たちが、かいがいしく、バケツで下のほうから、水を運んでいました。ロビンソンクルーソーか何かのようで、生き生きとしていたし、とてもほほえましく思いました。
 しかし、それでは続かないとも思いました。当たり前のことですが、水道は絶対必要です。

 下水道は、別荘団地では集中浄化槽多いシ、それならばOKです。そうでない場合や、個人の場合には、合併浄化槽にぜひしたいところです。トイレが最新設備でないと、都会人、なかでも、女性には納得してもらえないことに、特に留意すべきです。

(2)土地は広すぎなくてもよい 
 どうしても広いところを探しがちです。でも、後の管理が大変。 
 確かに、広ければ、変なものを目の前に建てられなくてすむ、というメリットはありますし、自分の思うように使えますが。
 それよりも、田や畑だったら、借りたほうが良いかもしれません。貸したい人は、今の田舎にはたくさんいます。むろん、借りるのもいろんな面倒はあるでしょうが。
 なお、農地についての法律のせいで、田や畑の入手は、一般人には困難ですね。あの法律は、これからの時代、何とかすべきだと思いますが。みんなが、家庭菜園などで、農地を保全するようにしたほうが、現実的だと思うのです。

 土地の広さについて、いちばんのポイントは、他にお金を使いたくなるところが、いくらでもあるということです。だから、あまり土地にお金を使わずに、建物関係にお金を残しておくほうが、よいと思います。

 とはいえ、あまり狭いのもちょっと。理想的だったのは、原村で300坪の区画になっていた知人の別荘地です。しかし、300坪は、とても手が出にくいですね。
 
(3)絶対的な距離は重要
 例えば、名古屋から八ヶ岳というのは、別荘としては理想の理想。
 しかし、遠いし、高速道路の料金もずいぶんかかります。月に何回も通ううちに、高速料金も、ガソリン代も負担になってきます。急な場合にも、動きにくいと思います。
 絶対的な距離は、時間と共に、重くのしかかってきます。
 やっぱり、ある程度近いほうが、それでは別荘にはならないという考え方もあるとは思いますが、望ましいと思います。


素人農事メモ 3/29 朝、うっすらと雪。昨夜は強い風。
 ビニールハウスで、薪切り。今日も、菜の花を取り入れ、サラダに。
 風が来ないし、薄日もあって、ハウス内は南国。
 午後は、また風が強くなり、雪が舞う。
機(盟饕気靴賄澆砲海
(0)何百万円もする高い買い物。慎重に!!!そして,冬も使おう。 
 別荘地に行くと、長く閉ざされたままになっている建物を,よく見かけます。極端な場合は,完全な廃屋になっていることも,往々にしてあります。
 ふだん誰でも,10円安いとか100円安いとかを,気にして買い物をするのに,安くても何百万円もするものを,よくも無駄にするものと,他人事ながら残念でたまりません。
 以下、素人考えながら,より良い別荘探しについて,考えていきたいと思います。

 なかには, 夏にしか別荘には行かないから,という人もいるかもしれません。
 しかし,薪ストーブのある冬の別荘ライフは最高です。仮に,薪ストーブがなくても,冬木立や雪景色も,味わいのあるものです。動物の足跡を見る楽しみもあります。
 第一、高いお金を出して,半年しか使わないなんてもったいなさ過ぎると思いませんか。

(1)別荘は日当たりが一番大切
 冬に別荘に来ても,寒くては次から来る気がしなくなります。日当たりが良くてこその別荘です。
 実際に冬に来てみて,日当たりを確かめるべきです。
 まず,まわりが落葉樹であれば,夏の木陰と冬の日差しが,保証されます。もし,落葉樹がなくても,植えれば山ではすぐに大きくなります。ただし,他人の土地の木は自由にはならないので注意。
 また,南側の山の高さも大事なチェックポイントです。南に高い山がないとともに,冬至のころの日の出,日の入り方向が高い山でなければ,一番良いのです。
 冬至の日に見に行くわけにもいかないかも知れませんので、だいたいの目安で言うと,南東と南西方向の山が低ければ,朝早くから夕方遅くまで日当たりが確保されるといってよいと思います。
 両方は無理だからどちらか一方だけというなら,自分は南東方向よりも南西方向に山がなくて,日が沈むのが遅いことのほうが,望ましいと思います。日が沈むと、山では急に冷え込むし,寂しい感じになるからです。
 真東や真西の方向は,夏の日の出,日の入り方向ですので,高い山があってもまだ許容できると思います。北側の山は冬の風除けになります。
 なお,夏の野菜作り,花つくりにも日当たりは不可欠です。

(2)道路の雪の状態、凍結の様子を確める
 主要道路から山道に入ったところの道路の状態が一番問題です。
 坂道で前進も後退も怖くてできない状態になったことが,自分はあります。山蔭で日が当たらない道は,凍結の心配が大なのです。平らなところで安心してスピードを出したらしく,なんでもないようなところでスリップして,横倒しになった車を見たこともあります。
 別荘地へのアプローチは,山蔭でなく,坂道でなければ一番いいのですが、なかなかそうはいかないでしょう。当然のことながら。
 そうすると,南側斜面を登っていったところにある別荘地が,いいわけですが,問題は,地元の人は条件の悪いところから売りに出すという,考えてみれば当たり前の事実です。
 これは、なかなかクリアすることの難しい問題で,結局あわてて飛びつかず,根気良く時間をかけて探すしかない,ということになります。
 くれぐれも衝動買いは禁物です。条件の悪いものしか出ないと,腹をすえてかかりましょう。

(3)川沿いの別荘地は危険
 地元の人が一番気にするのは,大水の出ることです。何年かに一度は必ずあると経験的に知っているます。もう少し言うなら,「あんなところに」です。どうしても,自分たち町の人間は渓流沿いと喜んでしまうのですが。
 ここでも地元の人は,条件の悪い土地から手放すという原則が健在です。 
 (以下,次の機会に続く)