ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
うるぎ渓流釣り祭り賑わう

 


「いつもより人が多かったと違うんか」

「うん、車がいっぱい来とったなあ」

NHKテレビの18時45分、長野県内ニュースでも放映されました。

5月28日(日)のうるぎ渓流釣り祭りのことです。

実際には、例年と同じくらいの参加者だったようです。

でも、お天気にも恵まれて、良い釣りができたようです。

竿を出した村のお兄さまたちは、30~40匹くらいはザラのようでした。

釣り師たちが竿をしまう頃の、8時過ぎに行って、十数匹という人もいました。

写真は、お昼近くに、軒川橋から下流を見たものです。

きっと皆さん、満足して帰られたことでしょう。

自分はというと、竿を出すと、親指の付け根が痛くなるので、参加しませんでした。

それに、朝起きられなかったのです。










ほんの少し増水?、明日のうるぎ釣り祭り


二日間、続いたわりには、あまり雨量はなかった感でした。

その雨の上がった今朝の売木川です。

塩淵橋から、上流を見ました

この辺りが、釣り祭りのメインストリートでしょう。 

まあ、ほんのすこしの増水でも、好天にも恵まれて、よい釣りになりそうです。

そうそう、明日は、朝4時に放流。

漁協組合員も、ずいぶん高齢化して、放流担当者が不足気味とか。

自分も起きられれば、とは思うのですが、まったく自信はないのです。

高齢化といえば、釣り人もそうなのか、以前よりは減ってきたような・・・。

釣り人の数よりは、圧倒的にお魚さんのほうが、多いように思います。

どうでしょうか。

釣り人として確かめたい気はあるのですが、こちらももっと自信はないのです。

何れにしても、関心のある方は、売木村役場のHPをどうぞ。


下は、下流方向です。


大きい水です。売木川。


写真は、何日も続いた先日の雨、そのすぐあとのものです。

売木川を渡る国道418号の、橋の上から撮りました。

今は、だいぶ少なくなりましたが、それでも、水は大きいまま。

その前と比べれば、ずいぶん渓流釣りには、都合のいい水となっています。

そうそう、この辺りでは、水量が多いこと、水位が高いことを、大きいと言います。

歳をとっていることも、歳が大きいと言います。

それはさておき、水量はいいのですが、困ったことが・・・。

朝から、風が吹いている日が多いのです。

この時期、そんなものさ、と言ってしまえば、それまでですが、釣りに風はねえ。

と言うか、こんなに冷たい風ではねえ。

川に出て行く気にもなれません。

待望の雨、週末は渓流釣りいいかも
<br />

本日午前11時現在、細かな雨が、まだ降り続いています。

浪合の観測地点では、この24時間で60ミリの雨が降ったとか。

夜のうちにずいぶん降ったのでしょう。

白樺ブルーベリー畑を横切って、売木川支流の岩倉川を、のぞいてみました。

花の谷が、勝手にプライベートリバーのつもりでいるところです。

夏のブルーベリー狩の折には、子どもたちの格好の水遊び場になります。

たいていの時、水面より地面のほうが多いのに、今朝はかなりの量の水が流れていました。

渓流釣り解禁から、すでに一週間、水不足はこれで解消されたことでしょう。

たぶん、今日明日くらいは風が出て、そのあとこそは・・・と思います。

でも、出陣するかどうかは、微妙なのです。

下の写真は、雨の降る前、昨日の売木川支流、軒山川です。

夕暮れの渓流釣り


昨日9/27の夕方、売木村、塩吹旅館の下、塩淵橋からの写真です。

車が一台停まっていて、川べりでは1人の釣り師が、竿を振っていました。

フライのようでした。

ずっと、雨が続いて、ようやくこの頃になって、晴れ間がのぞき始めたところです。

もちろん、水は大きくて、絶好の釣りコンデイション。

今シーズンもあとわずか、近くの浪合漁協も、根羽漁協もすでに禁漁、となってしまいました。

この辺りでは、9/30までの、平谷と下伊那漁協くらいが、残るばかりでしょう。

ぜひ一度くらいはと思うのですが、今年も組合員証は、ほとんど持ち出されないまま、終わりそうです。

究極のピンポイント渓流釣り
iPhoneImage.png

久助橋は、茶臼山方面から流れてくる軒山川にかかる橋です。その橋のたもとに、点々と足あとがついていました。解禁からすでに1週間以上が過ぎています。

渓流釣りに入川した人の足跡でしょう。上流のほうには足跡は行っていませんでした。川に降りて竿を出した後、そのまま道に戻ったこととみえます。

溶けはじめているとはいえ、先日は大変な雪遡行はとても無理だったのでしょう。せっかく来たのに、思うように川には入れなくて、残念なことだったと思います。

このピンポイント入川、気持ちはよくわかります。

iPhoneImage.png 
ものすごい積雪の中。売木川渓流釣り'14
iPhoneImage.png 

明日2/16は、下伊那漁協の渓流釣り解禁日です。

で、売木川流域の川の様子ですが、上の写真は残念ながら、2/8以前のものです。くれぐれも誤解がありませんように・・・。

一昨日、2/14からの大雪で、我が家からは軽トラが村道へ出せなくなりました。まあ、腰痛その他を恐れて、雪かきをあまりやってないせいもありますが、そのために村中心部まで写真を撮りに出かけられないのです。

というわけで、ここからは想像の部分もありますが、おそらく道路から川まで歩いていくのに、大変な雪こぎをしなければならないことでしょう。

我が家にも、2/13に飯田で購入して来た釣り餌はありますが、今のところ寄る年波もあって、釣り出動の意欲はまったくありません。

遠くから来られる方々、相当の覚悟をもってお出かけされることをお勧めします。今回は、長野県南部が大雪に見舞われており、標高のいくらか低い飯田の町あたりも、2/14午後7時で、すでに40センチの積雪があるようです。

もちろん、四駆スタッドレスと、余裕のある時間設定が必須だと思います。それでは、良き釣果を!!!

追伸、2/14午後8時過ぎ現在、長野県内の高速道路は、ほとんどすべて通行止めのようです。

続追伸 2/15午前9時、我が家の玄関前でさえ、積雪80センチくらい。売木村への入村、明日ではずいぶん大変でしよう。
6人出かけて、尺1匹
iPhoneImage.png 

一応、大鹿村つながりでと言うことで、本日も昔のことを・・・。

男ばかり6人で、大鹿村まで渓流釣りに、出かけたことがありました。前日は民宿に泊まって、痛飲、痛食。

翌朝、それぞれに川に入りました。

で、釣果ですが、チビアマゴの一匹も釣れなかった。6人中の5人までが、ボウズでした。5人とも、一応それなりの輝かしい???釣歴をもつ男どもだったのですが・・・。

なのに、一人だけ30センチの尺イワナを釣り上げたのがいました。まったく悔しいと言うか、シャクな話でした。

まっ、自分がその尺を釣り上げた本人だったのなら、ここに書くほどのことでもありませんけどね。
今季絶望?もあるのか、下伊那渓流




写真は、飯田市内、天竜川東岸に注ぐ小さな河川です。9月17日のお昼頃まで、台風18号による豪雨があった、と思います。
昨日19日の午前中でもこの有様でした。水量はかなり収まっているのに、泥水が流れていました。

これまでだったら、丸一日たてば、ほぼ透明な水に戻っていたと思います。

いちばんショックだったのは、渕が砂で埋まってしまっているように見えたことです。覗いて見た東岸に流れ込む3つの河川とも、同じような状態でした。
水の引いた砂地に足を入れたら、ズブズブとヒザくらいまで、片足がめり込んだところもありました。

「とうぶん、魚は無理だろう」
地元の人らしい人が、やはり川を覗いていて、言ってました。来年2月の解禁日には、もとに戻っているものでしょうか。

もちろん、同じ地域でも無事だった川もあることでしょう。荒れたみたいでも、魚たちは無事で、釣れるかもしれません。
昔行ったことのある大鹿村の青木川は、こんなふうな感じの川だったけれど、釣れた記憶があります。

でも、問い合わせをするなどしてから、出かけた方が良いようです。

なお、売木の川のうち、軒山川と前川(売木川)は、すでに透明な水が流れています。我が家の前の岩倉川は、いまだ濁流です。

また、帰路に覗いて見た天竜川西岸に流れ込む支流、和知野川と門原川も、濁流でした。

鮎の餌釣り
 

「鮎の餌釣り、売木川でも釣れるんだろうかねえ」
漁協支部の幹部に聞いてみました。

鮎の友釣りは、得意ではないのです。
なにしろ、釣り糸の先に鮎さんが泳いでいるというのは、どうにも気になって落ち着かないのです。

腕の良い鮎釣り師ならそんなことはないでしょうが、さんざん引きずりまわして、ぐったりした鮎を見るのは、まったく慚愧の念にたえません。

けれども、高原の清流売木川の清らかな鮎は、魅力がありすぎます。
昔、静岡県の天竜川支流で、餌釣りを見かけたことがありました。確か、シラスか何かでやってて、10月頃だったように覚えています。

「セムシに鮎が来るって言ってたな。小さいもんで、釣っては捨て、だったらしい。」
どうも今年の初夏の頃の話のようでした。瀬虫、つまり川虫で渓流釣りをしていたら、今年はよく稚鮎がきたようです。
やはり、この辺りでは餌釣りはやらないようです。

「この時期にやるとしたら、どこに鮎はいるんだろうか。」
「そうさなあ、ひと雨ごとに下るでなあ。網が解禁になっとるで、おらんかもしれんぞ」

下伊那漁協のHPを見ると、餌釣り解禁は9月1日とあります。1月1日から、友釣り解禁の前日までが鮎の採捕禁止だそうで、そうなると、12月31日までは釣ってもいいのかな。
まあ、この寒冷地でそんな時までやる人もいないし、鮎もいなくなるでしょう。

とにかくまず、シラスかイカか、餌を手に入れなければ・・・。

「そんなうまいもん食べつけとらんだろう。食ってくれるかなあ」

12月31日までに、1回くらいは挑戦したいものです。