ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アマゴ2匹釣りの珍事


上の写真は、使い回しというか、単なるイメージですので、あしからず。


雨が降ったので、渓流釣りに行ってきました。

でも、チビアマゴばかりでした。

雨の降った様子は全くなくて、青いノリみたいなのまで生えていました。

渓流のはずなのに、まだ残暑の最中みたいでした。


今回、長い?釣り歴の中で、初めての経験をしました。

と言うのは、いっぺんに2匹のアマゴを、釣り上げたのです。

あっ、また小さいのの食いだ、と釣竿を持ち上げた時です。

小さいアマゴのあたりにしては、少し重いなあと思いました。

そのままあげてみると、13~14センチくらいのが、針にかかっています。

そして、なんと目印のところに、それより少し小さいのが、からまっていました。

もちろん手元に釣り上げて、はずした後、リリースしてやりました。

目印にからまっているほうは、はずすのに少し苦労しました。


そういえば、水面から釣り上げる時、もう1匹逃げていったのが見えました。

水中で、かなりの混乱が、あったのかもしれません。

待てよ、こんなこと書くと、目印まで水の中に沈めて釣るのか、と笑われそうです。

たまたまその時は、目印まで、水中に入っていってただけです。

そんなどんくさい釣りは、渓流釣りとは言えない、という声も聞こえてきそうです。

まあ、確かにそうでしょう。


そうそう、今回、とても大きな魚影を目撃しました。

昔、解禁の日に、下流から大きな魚が、目の前の小さな淵に入ってくるのを、目撃したことがあります。

確かに目があった、と思ったものでした。

そして、次の瞬間に、大きなアマゴを釣り上げました。

29センチありました。

今でも、目があった魚がそのまま釣れた、と信じています。

今回、目撃した魚影、それよりもはるかに大きかった。

あんな川に、あんな大きなのがいるのか、と信じられませんでした。

もうこの歳では、頭にのぼる血はなかったけれど、何回も仕掛けを流しました。

けど、なんのあたりもなかった。

あの川、来春か、暖かい来冬の日に、たぶんまた出かけていくと思います。

そうか、白内障の手術をして、よく見えるようになったせいも、あるかも知れません。












ドジョウはいたか?


今朝、6時前に家を出て、釣りに行ってきました。

言うまでもないことですが、釣り場所は、つい先日行ってきたところ。

放流物と言っても、渓相も良くて、やっぱりあの釣れた時の感触をいま一度、と思ったのでした。

「今日はもう、5人目だわ」

日釣り券売り場のお姉さまのお言葉です。

だめだこりゃ、と思ったのですが、目指すポイントに人影はなくてやれやれ。

降りてみても、足跡らしきものはまったくありません。

けど、二、三回流してもう、だめだこりゃ、でした。

とにかく、なんのあたりもないのです。

8/21の時は、ほとんど入れ食いみたいに、あたりがあったのに、ただ仕掛けが流れていくばかりでした。

そのうちに、下流から対岸を、ふたり連れが釣り上がってきました。

そのうちの若いほうが、1匹あげたようで、タモで受けた様子でした。

けれど、あとはさっぱり釣れている様子はありませんでした。

「日によって、釣れたり釣れなかったりするものでしょうかねえ」

こちら側に川を渡ってきて、仕掛けをしまい始めたので、声をかけました。

いい型のアマゴが2匹、活かしビクに入っています。

下の方からずいぶんな距離を上がってきたと見えます。

「うん、というか、今日は水が少ないでねえ。

ここは、台風なんかで水が出ると、上から大きいのが流れてくる、と思っとる」

自分は、8月下旬頃に、爆釣する、荒食いすることがある、と思っています。

急に気温が下がった日とか、かもしれません。

もう、4、5回は経験してきているのです。

産卵シーズンを控えての現象、なのではないのでしょうか。

「おととい雨が降ったけど、この辺りは、アメダスで見ても、降っとらんみたいだしねえ」

釣り名人と言って良い若い人は、言いました。

きっといつも確実に釣り上げているのでしょう。

それはそれ、とにかく先日の爆釣が嘘みたいでした。

というわけで、柳の下にドジョウはいませんでした。

いったいどこへ行ってしまったのでしょう。













爆落釣しました


今朝、思いついて、渓流釣りに行ってきました。

最初に入ったのは、上流の谷間の川。

チビちゃんアマゴばかり、せっせと釣り上げては放流でした。

そのあと、下流に行って竿を入れると、すぐに静かなあたりが来ました。

またまたチビちゃん、と思いながら竿をあげました。

バシャと音がして、逃げて行きました。

えっ、大きなのもいるんだ、そう思って再度エサを流しました。

今度も、水面に顔を出すところで、逃げて行きました。

上の写真は、持ち帰った6匹のうちの3匹です。

意気揚々と家に帰ったら、お客様が来ていて、型の揃ったのを3匹、差し上げたのです。

ところで、これって一番上のは、天然系と思われます。

下の2匹は、釣っているときは、思いが及ばなかったけれど、放流物でしょう。

あそこの川、最近放流してくれてたようです。

ちょっとがっかり。

でも、天然物だったら、こんなにも楽しませてもらえなかったから、良しとしましょうか。

渓相が抜群に良くて、おまけに座ったままで!!!!釣れてくるので、楽しみましたしね。

でも、前回は天然系がもう少し小さいけれど、釣れてた。

やっぱりうれしくないような…。

と言うことではなくて、この6匹よりもたくさんのお魚さんを、釣り落としました。

「腕が落ちたんだねえ」

家では、過分なお言葉をいただきましたが、落ちるほどの腕など、持ち合わせていません。

1匹は、ハリだけ無くなっていたから、これは仕方がないでしょう。

あとはとにかく、きちんと合わせをしなかったせいなのか、みんな外れて逃げて行きました。

近いうちに、もう一度釣行すべきでしょうか。

このくらいの型が釣れるって、この頃あんまりないから、いざという時の練習にはなると思います。

けど、放流物なんて、そう持ち帰りたくないし…。

そうか、釣り上げる寸前に、釣り落ちれば良いのか。



8月4日(日)は、「ふれあい子ども釣り教室」です。子どもなら誰でも、渓流つり体験できます。


1 日時 令和元年8月4日(日)8:00~11:00

2 場所 売木川大河原渕周辺(栗矢沢橋~瑞穂橋)

国道418号、売木村唯一の信号を阿南町方向へ、2~300メートル進んだ橋のあたり

人が集まっているから、わかると思います。

3 対象 小中学生ならだれでも

なるべく親の付き添いを。子どもだけでも可。

大人が釣る場合、日釣り券が必要です。

4 料金 参加無料

5 服装 帽子、運動靴

6 持ち物 魚釣り道具(道具一式は、漁協から借りることができます。)

( エサは漁協で用意してくれます)

水筒(日焼け、熱中症対策を十分に)


「釣り人口が減ってるでなあ。子どもたちにも、釣りの面白さを覚えてもらいたいんだわ」

売木村の支部長さんに電話したら、言ってました。

とってもうれしい、いい話です。

ブルーベリー狩りの最中で、参加できないのが残念です。

村の釣り名人さんたちが、どんなふうな秘伝を披露するのか、それも見てみたいのです。

当日参加もOKですので、こどもたち、ぜひどうぞ。


釣祭り4日目でも釣れました


「マスは釣られやすいから、1日目でほぼ釣られていなくなる。アマゴ狙いの人は、2日目に来たりするね」

5/26の売木村渓流釣祭り、マス、イワナ、アマゴが当日早朝に、成魚放流されました。

5/26、5/27、5/28の3日間は、参加料3,500円です。

そして、5/29の今日からは、普段どおりの1,000円に戻ります。

実は、昨日28日に雨が降る予報だったので、今朝を狙っていました。

そして、5時頃に売木川に行ったら、すでにパラパラと釣り人がいました。

1時間も過ぎると、随分たくさんの釣り人が…。

やっぱりみんな同じことを考えるんだ。

「二日目に来て、70くらい釣ったぞ。5人で来て、300はあった。今朝も、もう10は釣れた」

同じ年頃のじいさんが、話しかけてきました。

300なんて、本当かなあ。

それでもまだ、こんなにのこってるんだもの。

というわけで、4日目なのに、自分もたくさん釣れました。

田んぼの水の見回りに来たネットワークうるぎのスタッフに、何匹かあげたくらいです。

やはり、雨のあとということが、効いたようです。

それと、おそらく参加人口が減ってきてるのではないでしょうか。

放流する魚のほうが、はるかに多いと思います。

これまでも、赤字と聞いていますが、役場では存続の是非を、検討し始めているかもしれません。

たくさん釣れるなら成魚放流でもいいよという方、狙い目ですよ。

来年の参加をお勧めします。


写真は、ワスレナグサ。売木村の田んぼ脇に、咲いています。








40年前は


「こっちのほうは昔からよう来とる。」

ブルーベリー摘みに訪れたお客さんが言いました。

もうなんども、毎年のように来てくれるお客様です。

「前は釣り、イワナだ。この脚では、もう入れんようになったでなあ。」

「ふーん、売木ですか。どこですか」

「いや、この辺りだと、信玄の塚のとこだわ。左に入っていく」

「ああ、根羽の。あんなとこに川があったかなあ」

そう言えば、沢があったようにも思えます。でも、小さくて水だってほとんどなかったのではないのか。

「40センチくらいのが釣れたわ。それと王滝から入ってった三浦のダムのほう」

「木曽の…。三浦ダムって、ものすごい奥のほうでないのか。」

「庄内川くらいの川幅の川が3つもある。けど、そこではなしに、支流に入った」

ダムの上がそんなに広い川のようでした。やはり大きなイワナが釣れたようです。

「40年くらいも前のことだわ」

計算してみると、昭和の終わりころの少し前のことのようです。

「御岳が噴火した頃ですか。有史以来の噴火と言ってた」

「そう、前の時の噴火だ。その噴火の前とかあととか。よう釣れたし、よう行ったもんだわ」

やはりここでも、大きな魚は、むかしの世界にだけ、生きているようでした。




静かな売木川


9月30日で、渓流釣りが終了した売木川の昨日です。

国道418号の上から撮りました。

この辺り、ヨシが茂って釣りづらい箇所です。

9月に、漁協支部で草刈りや清掃などをする予定でした。

ところが、あいにくの雨で中止。

稲刈りなど、漁協組合員も日程が詰まっていて、別の日というわけにも、いかなかったのでした。

組合員の人たちも随分高齢化してきていますが、いざとなるととても頼もしい働きぶりです。

来年こそは、天気に恵まれますように。

それはさておき、今年の釣れ具合はどうだったでしょうか。

足場が良くて釣りやすい村の中心部では、なかなか難しかったように聞きます。

大昔は、上の写真のあたりで、大きなイワナを爆釣したことがあります。

今でも、いるかもしれませんが、昔のことを言ってもしょうがないでしょう。

自分はと言えば、年間でたった2回、竿を出しただけ。

全くのアタリなしでしたが、シロウトヘボ釣り師なので、参考にはなりません。

来年2月16日、再び賑やかになる日を、楽しみにすることにしましょう。



うるぎ渓流釣り祭り賑わう

 


「いつもより人が多かったと違うんか」

「うん、車がいっぱい来とったなあ」

NHKテレビの18時45分、長野県内ニュースでも放映されました。

5月28日(日)のうるぎ渓流釣り祭りのことです。

実際には、例年と同じくらいの参加者だったようです。

でも、お天気にも恵まれて、良い釣りができたようです。

竿を出した村のお兄さまたちは、30~40匹くらいはザラのようでした。

釣り師たちが竿をしまう頃の、8時過ぎに行って、十数匹という人もいました。

写真は、お昼近くに、軒川橋から下流を見たものです。

きっと皆さん、満足して帰られたことでしょう。

自分はというと、竿を出すと、親指の付け根が痛くなるので、参加しませんでした。

それに、朝起きられなかったのです。










ほんの少し増水?、明日のうるぎ釣り祭り


二日間、続いたわりには、あまり雨量はなかった感でした。

その雨の上がった今朝の売木川です。

塩淵橋から、上流を見ました

この辺りが、釣り祭りのメインストリートでしょう。 

まあ、ほんのすこしの増水でも、好天にも恵まれて、よい釣りになりそうです。

そうそう、明日は、朝4時に放流。

漁協組合員も、ずいぶん高齢化して、放流担当者が不足気味とか。

自分も起きられれば、とは思うのですが、まったく自信はないのです。

高齢化といえば、釣り人もそうなのか、以前よりは減ってきたような・・・。

釣り人の数よりは、圧倒的にお魚さんのほうが、多いように思います。

どうでしょうか。

釣り人として確かめたい気はあるのですが、こちらももっと自信はないのです。

何れにしても、関心のある方は、売木村役場のHPをどうぞ。


下は、下流方向です。


大きい水です。売木川。


写真は、何日も続いた先日の雨、そのすぐあとのものです。

売木川を渡る国道418号の、橋の上から撮りました。

今は、だいぶ少なくなりましたが、それでも、水は大きいまま。

その前と比べれば、ずいぶん渓流釣りには、都合のいい水となっています。

そうそう、この辺りでは、水量が多いこと、水位が高いことを、大きいと言います。

歳をとっていることも、歳が大きいと言います。

それはさておき、水量はいいのですが、困ったことが・・・。

朝から、風が吹いている日が多いのです。

この時期、そんなものさ、と言ってしまえば、それまでですが、釣りに風はねえ。

と言うか、こんなに冷たい風ではねえ。

川に出て行く気にもなれません。