ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.0と高評価まで出ていますが、まだ投稿は1名のみ、あまりあてにはなりません。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
移植したつもりだったのに


ブルーベリー畑で、小さな芽を見つけました。

ブルーベリーに間違いありません。

と言っても、実生ではなくて、混みすぎた株を間引いたあとに、出てきたもののようです。

掘り起こして、よそへ移植した株の根っこが、残っていたものと思われます。

もちろん、支柱を立てて踏んだりしないようにしました。

こんな小さな芽でも、数年すれば実をつけるようになるでしょう。

楽しみです。

いや、それでは間引きした意味がなくなってしまう。

と言って、もう植えるところは無いのです。


大雨に弱いブルーベリー畑


今日は、行楽シーズンの5月の日曜日。

売木村にもたくさんの人が…。

と言いたいところですが、朝から曇り空、お昼前には雨。

午後になると、どんどん激しくなって来ました。

岩倉川沿いの低地、白樺畑ブルーベリー園は、水たまりだらけです。

ここは、特別に木くずを入れたり、カンフル剤の硫安をやったり、いろいろ手を加えてきています。

でも、なかなか株が大きくならない。

剪定もほとんどできないのです。

けれどまあ、子どもたちには、手が届きやすい樹高だから、これで良しとしましょう。

そうそう、数日前の降霜で、ワラビは枯れが目立ちます。

ウドも葉っぱがだいぶやられました。

でも、ブルーベリーは平気なよう。

ほんとうに頼もしい果樹です。


ブルーベリーの紅葉は今


花の谷のブルーベリー、毎日、毎日、見るたびに落葉が進みます。

上の写真は、少し前の紅葉が一番いい頃、今ではほとんど散ってしまったものも多いのです。

「株が茂ってきて、摘みに入って行きたくても、大変だった」

この夏、ブルーベリー摘みのお客さんから、そんなふうに言われたことがありました。

少し前までは、木が小さいと気にしていたのに、文字通り隔世の感です。

それで、この秋は剪定に専念してきました。

と言いたいけれど、実際はなかなか進んでいない。

もっと、幹からすっぽりと、切り除かなければ・・・。

けれど、手際よくやらないと、株数がかせげない・・・。

そう、このあともっともっと葉が落ちたら、剪定がしやすくなることでしょう。

もうひと頑張りすることにします。

木くず撒きが出来ない


村内の木工所から、いつも届けてもらっている木くずです。

ブルーベリーの株元に入れてやるはずが、雨で延び延びになっています。

大き目の唐箕にかき入れて、ひと株ひと株に順に運ぶんでいくのが、けっこう面倒なのです。

とは言え、確かに木くず入れの効果はある、と思っています。

乾燥防止

草抑え

株元の踏みつけ防止

腐って有機肥料になる

などの効果です。

「木くず入れって、いつまで続けるのだ?ある程度やったら、終わりにならんのか。

ある人が、聞いてきました。

「いや、永遠に。肥料になって消えていくから、いつまででもやらないかん。」

それにしてもこの雨、いつまで続くのでしょう。

ビニールシートをかけてあるし、木くず、とりあえずは大丈夫でしょう。

けれども、木くずが入れられないとか、剪定ができないくらいなので、ブルーベリーはまだいいのです。

中断している稲刈りは、これでは稲が倒れたり、芽を出したりしかねません。

今年の米作り、せっかく、ここまでは比較的順調に来たのに、どうなるのでしょうか。





ナツハゼは日本のブルーベリー


ブルーベリー園の脇、雑木林に、黒っぽい実を見つけました。

小さな実が連なって、垂れ下がっています。

ウスノキやシャシャンボ、クロマメノキなどと共に、日本産のブルーベリーの仲間です。

以前から、木があるのは知っていましたが、ずいぶん大きくなりました。

実もかなりたくさんついていて、早速食べて見ました。

相変わらず酸っぱい。

霜が降りる頃になれば、少しは甘くなるのかもしれません。

ポリフェノールが、ブルーベリーの2倍くらい含まれていると聞きます。

でも、小さい、酸っぱい、見た目が地味、実付きが良くない。

どこから考えても、ブルーベリーには太刀打ちできないでしょう。

残念です。

売木にもあると聞いているウスノキは、甘くて赤い実が魅力です。

でも、実付きが少ないし、やはりブルーベリーにはかないそうにありません。

やはり、ブルーベリー一筋で行くしかないようです。




ギシギシ退治


ブルーベリー畑に生えてくる雑草たち、ヒメジョオンの仲間とか、ススキとか困ったものが、色々あります。

中でも、気に入らないのが、ギシギシ。

何しろごぼう根が、地中深くにもぐりこんでいて、手で抜こうとしても抜けないのです。

それに、タネがこぼれたらしいところには、いくつものしっかりしたロゼット状の株が生えてきます。

そのつもりで、縦長の深くまで掘れるスコップを持参して、本日はギシギシ退治。

スコップに飛び乗って、思いきり深く突き刺したあと、横に倒して起こす。

ああ、でもやっぱり、ごぼう根がちぎれて、残ってしまったらしい。

また何年かすると、やり直すことになるでしょう。

そうそう、掘り起こした株の始末。

うっかり、地面に置いておくと、どんなに枯れたようでも、また生き返ってくるのです。

ブルーベリー畑から、カマを取り戻す。1日にふたつも。


昨日の午前、サビタの木のブルーベリー畑でのこと。

枯れ枝やら、伸びすぎた枝やらを、剪定していたときです。

株元のかたわら、ようやく雑草が伸び始めたあたりで、なにかが目にとまりました。

つかんで取り出してみると、カマでした。

下の写真は取り出した後なので、草の上。

もっとしっかり、埋もれていました。

去年の夏頃に、失くしてしまって、さんざん探し回った記憶があります。

まあ、あの時はもっと草も伸びていて、見つけにくかったのでしょう。

錆びて汚れているけど、砥石があるので、使えるようになります。

出て来て良かった。

と思っていたら、夕方の愛犬キュートの散歩のとき、もう一本カマを見つけ出しました。

去年失くしたのは、この二本だと思います。

かなり一生懸命、その時には探したつもりでしたが、みつからなかったのです。

これであとは、剪定ばさみが一個、ブルーベリー畑のどこかに、埋もれているはずです。

使いやすいものから失くなっていくので、これも今のうちに、探し出さなければ。

雨の中休み、ブルーベリー畑は


4/6から降り続いて来た雨、今日4/9も朝のうちは、降ったり止んだりでした。

家の向こうの岩倉川は、相変わらず白く盛り上がって見えます。

でも、ただいま9時30分過ぎ。

空が明るくなって来て、このあと待望の青空が見えそうです。

で、ついこのあいだまでは枯野だったブルーベリー畑も、いつの間にかみどり色に。

確かに、ブルーベリーのつぼみもふくらみつつあります。

でも、それよりも先に、草刈りをしなければ・・・、となることは確かです。

ブルーベリーの株元から、解けていく


テレビなどでも、森の雪景色が映れば、見られる光景の話です。

株元は、木が呼吸しているせいというのか、温かくて先に雪が解けます。

花の谷のブルーベリー畑でも、その通りです。

写真の一番奥は、川沿いの樹木の陰のために、雪解けが遅いけれど、株元は解けています。

ここは、秋にモミガラを、入れきれなかったところです。

なにしろ、この白樺ブルーベリー畑だけで、200株以上もあります。

川沿いは、崖があるせいで水はけが良いのか、成長がよくて、モミガラ入れは、毎年後回しになります。

それでも、よく成長するから、生育環境って本当に大事なのでしょう。

で、剪定がより必要というところですが、この雪の中では、足元が冷たすぎるのです。





標高1200メートルのブルーベリー栽培


「ならせすぎたら、実が小さくなるのは確かだ。採りきれないしなあ。」

去年の秋に訪れたブルーベリー園での話です。

ずっと北のほう、それも標高1200メートルの地にあって、牛などもやっていました。

ブルーベリー畑には、ちょうど昨日剪定したばかりという枝が、まだそのままになっていました。

株元から切り倒した太い幹が、株ごとに何本も倒されていました。

今年は、本気になってやった、という感じでした。

植えてから20年近くは経っている、という株のようでしたが、なかなかそこまでは、惜しくて伐れない気がします。

「冬の来る前に、全部の株に支柱を立てて、しばってやる。」

そうしないと雪の重みで、折れてしまうそうです。

確か、北海道のブルーベリー園も、そんなようにしている、と読んだことがありました。

好きでやっていて、収入というほどにはならないし、家族には手伝ってもらってない、と言っていました。

見渡すところ、何本もありました。

大変な作業です。

それに、春になったら、今度はほどいて、支柱を取り除いてやらなければなりません。

来る年も来る年も、考えてみると、すごい話でした。