ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ああ、軽減税率とポイント還元


いよいよ、10月からは消費税2パーセントアップ。

軽減税率の実施と、キャシュレスによるポイント還元とが、当面の課題でしょうか。

というか、この表現でよいかどうかさえ、わからない人間です。


以下、まじめに読まないで下さい。

いや、当ブログ、ふだんでも本気で読んでいる方など、居ないものと確信しております。


ところで、当ブルーベリー園の入園料は500円です。

お客様には、その場で摘んで食べた上で、パックに摘んで持ち帰ってもらっています。

ということは、半分は10パーセントで、残り半分は8パーセントの消費税を、いただくことになるのでしょうか。

いや、人によって、その場で食べる割合が多い人も、持ち帰る割合が多い人もいます。

そういう場合は、どうしたもんでしょう。

いちいち聞くのかなあ。 

計算が大変だ。

なんてことは無くて、内税のまま来年以降も、値上げの予定はありません。

何しろ園主は、そんな細かい計算など、出来ない人間なのです。

でも、本当はパックその他の資材費や、農園整備のための機械修理費などは、値上がりするはずでしょう。

よく機械を壊すので、結構それもバカにはなりません。

だから、経営上、痛いことは痛いのです。

それはともかく、キャシュレスポイント還元も、やるつもりはありません。

だって、レジスターとか、やろうとしたら、これまた経費がかかって、経営危機?に見舞われそうです。

と思ったのですが、9ヶ月間だけとのこと。

ちょうど、来年の開園前に終わっているのでした。

でも、小規模だったりお年寄りだったりのお店とか、ほんとうに困ってることでしょう。

誰が、こんなことを計画したのか。

などと、よくわからないままに、思うのでした。


明けても暮れても株元整理


このところ毎日やっているのが、ブルーベリーの株元整理です。

草刈り機では誤って刈ってしまいそうな、ブルーベリーの株元の草取りが主な仕事。

特に、ヨモギやらなんやらの宿根草は、根っ子から思い切り引き抜きます。

そして、ほとんどのシュートを、剪定ばさみで切り取ります。

座り込んで見上げた株の、弱そうな幹や枝ももちろん剪定。

幹についたカイガラムシは、剪定バサミの背中で、削ぎ落とします。

たまに木くずのついた幹を見つけることもあって、これはカミキリムシの幼虫による被害。

止むを得ず、スプレーで穴に薬を吹きかけます。

花の谷で唯一の、農薬使用場面です。

そんなことをしていると、1時間で、5~6株くらいは株元整理ができるのでしょうか。

これではとうてい1,000株全部は、この秋のうちにはできそうにないけれど、まあやれるだけはやりましょう。

のり面の整備完了


しらかばブルーベリー畑の北東側、のり面を、このところ毎日、整備してきました。

現場は、農業用水とその脇道があって、その下がのり面、そのまた下がしらかばブルーベリー畑になっています。

こののり面、ずーっと手をつけずにいたら、どんどん木が大きくなってしまいました。

おかげで日陰になったブルーベリーたち、南西側に傾きだしてきて…。

実のつきぐあいも、悪くなってしまいました。

止むを得ず、果たしてやれるものかと思いましたが、伐採作業に乗り出しました。

道具は、剪定ばさみ、園芸用ノコギリ、充電式チェンソー。

この2~3年で枯れた笹、細い木々、5~6cm前後の木など、それぞれに道具を使い分けての作業です。

ところが意外に面白くて、ついに本日、のり面整備作業、完了しました。

切らなかったのは、桜の木、もみじ、つつじなど。

とにかくすっかり明るくなりました。

でも、まだ用水上のり面に木が残っていて、日陰解消効果のほどは今ひとつです。

まあしかし、用水上のり面は、やるとしても秋になってからとしましょう。

そうそう、今日はブヨがつきまとって鬱陶しかった。

せっかくの作業最適タイムと思うと、ブヨにもお気に入りタイムみたいです。



「人気のため!売り切れ中」花の谷のブルーベリージャム


売木村の日帰り温泉こまどりの湯に行ったら、空っぽのコーナーに、上のようなダンボールの紙が立ててありました。

20個の補充をした後で、思いついて写真を撮ったので、ジャムが写っています。

本日エイプリルフール、ですが、本当の話です。

たったそれだけの話ですが、嬉しかったので、厚かましく載せさせていただきました。

けどこのダンボール、ブルーベリージャムのために作ったのではないかもしれない。

きっと、売り切れ商品が出るたびに、使っているダンボールでしょう。

なお、ブルーベリージャム、まだ少しは在庫があります。

なんて、世間は「令和」一色なのに。





ピンクのブルーベリー、植えました


今頃になってですが、ピンクの実をつけるブルーベリーの苗を購入し、植えつけました。

ピンクレモネード。

ハイブッシュ系とラビットアイ系とのハイブリッドだそうです。

だいぶ前から、その存在は知っていましたが、今回800円程で売っていたのです。

いくつもの花芽がついていたので、ほんとうはとってしまうべきでした。

でも、少しだけは残して、この夏も楽しむつもりです。

花の谷のブルーベリーに、文字通り新しい色どりを、添えることになるでしょう。

もうひとつ、ラビットアイのフロリダローズと言うピンク種もありましたが、そちらはほぼ倍の値段でした。

こちらは、暖地向きのラビットアイ系なので、購入は断念です。

値段のせいだろうと言う意見には、ノーコメントです。


今頃のブルーベリー


今朝は、久し振りに冷えた感じでした。

浪合の観測地点でー3.0℃とのこと。

まだまだ序の口なのですが、暖かさに慣れている体には、こたえます。

それでも午前中は、日が当たってきてから、ブルーベリーの剪定作業。

すると、ブルーベリーの実を見つけました。

早生種のウェイマウスは、しばしば秋に狂い咲きします。

それが暖かい日々が続いて、実をつけてきたのでしょう。

つまんでみようかとも思いましたが、酸っぱいだけとそのままにしました。

剪定作業、午後は曇ってきて風も吹くので、とうていやる気にはなれませんでした。



日の入りは15時15分


久しぶりに、今朝は冷えました。

11月の初めころに寒い日が少しあったけれど、それ以来ずっと暖かかった…。

これでも、デジタル人間的部分もあるのです(そうかなあ)。

最低気温については、浪合観測点の記録を、テレビで見てすまします。

自分で外へ出てみて、温度計を調べるなどはしないのです。

-3.4℃。

本来のこの時期らしい気温、と言うべきでしょう。

でも、確かに小春日和、日中は暖かく気持ちよかった。

朝は完全な真冬用ジャンバーを着て外へ出たのに、途中で脱いで、剪定作業にいそしみました。

けど、14時半ともなると、急に午後遅くの日差しに…。

山が近いここでは、15時15分が日の入りなのでした。

昼寝の時間を節減しないと、午後はほとんど何もできない、なんとかしなければと反省しきりです。


再びのギシギシやっつけ


枯れ草が増えてきたら、目につく雑草が…。

あの憎らしいギシギシです。

とにかく退治が難しい。

ゴボウのような太い根が、地中深くまで入り込んでいるので、簡単には引き抜けないのです。

2~3年前に、細長いスコップで、一大決心のもと、懸命に掘り起こしたものでした。

でも、根っこの切れ端が残っていたのでしょう。

あるいは、タネが飛んできたのかもしれません。

もう少し寒くなって、根が小さくなってきたら、再び退治を始めることにしましょう。

春先のほうがいいかもしれません。

でも、こんなに早くよみがえってくるなんて…。

他にもいろいろ根性ある雑草族は、たくさんいます。

まあ、あんまりムキにならないほうが、いいかもしれません。






ブルーベリーを思い切って切る


このところ毎日、天気が良い限りやっているのは、ブルーベリーの剪定です。

本当は3月頃かもしれませんが、その頃では寒すぎるし、春までに終わりそうにはならないのです。

ある本に書いてあったのは、一株あたりの幹の数を、多くても10本までにするということ。

花の谷のブルーベリー畑、数えてみたら、十数本というのがザラです。

このままでは、「中まで入っていけないブルーベリー園」の評判が、今まで以上に立つことは必至でしょう。

というわけで、思い切った剪定を始めたのでした。

最初はおずおずでしたが、だんだん度胸がついてきました。

特に、この時期に紅葉している幹は、芯食い虫のせいで、幹もダメージがあるので、花芽があってもカット。

結構、剪定枝の山が築かれつつあります。

この山、どう片付けたものか、ということは後にして、まあ頑張りましょう。

1日に二十株ずつやっても、50日はかかるのです。


季節はずれ、ブルーベリーの花


ブルーベリー園花の谷、このところの作業は、剪定を兼ねた株元整理です。
まず、鎌でブルーベリーの株周りの草を刈る。
ひこばえのうち弱いのを、ハサミで切り取る。
芯食い虫にやられた幹を見つけて、ひどければ切る。
一株あたりの幹の本数を数え、多くても9本までに抑える。
幹に付いた苔を、鎌の背でそぎ取る。
枯れたり勢いのない枝を切る。
などなど。
毎日毎日、そんな作業をしています。
すると、花をつけた枝を見つけました。
ももちろん、この時期では実をつけることはないでしょう。
残念ですが、切り落としてやりました。
しまった、持ち帰って部屋に飾ってやればよかった。