ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブルーベリーの株元から、解けていく


テレビなどでも、森の雪景色が映れば、見られる光景の話です。

株元は、木が呼吸しているせいというのか、温かくて先に雪が解けます。

花の谷のブルーベリー畑でも、その通りです。

写真の一番奥は、川沿いの樹木の陰のために、雪解けが遅いけれど、株元は解けています。

ここは、秋にモミガラを、入れきれなかったところです。

なにしろ、この白樺ブルーベリー畑だけで、200株以上もあります。

川沿いは、崖があるせいで水はけが良いのか、成長がよくて、モミガラ入れは、毎年後回しになります。

それでも、よく成長するから、生育環境って本当に大事なのでしょう。

で、剪定がより必要というところですが、この雪の中では、足元が冷たすぎるのです。





標高1200メートルのブルーベリー栽培


「ならせすぎたら、実が小さくなるのは確かだ。採りきれないしなあ。」

去年の秋に訪れたブルーベリー園での話です。

ずっと北のほう、それも標高1200メートルの地にあって、牛などもやっていました。

ブルーベリー畑には、ちょうど昨日剪定したばかりという枝が、まだそのままになっていました。

株元から切り倒した太い幹が、株ごとに何本も倒されていました。

今年は、本気になってやった、という感じでした。

植えてから20年近くは経っている、という株のようでしたが、なかなかそこまでは、惜しくて伐れない気がします。

「冬の来る前に、全部の株に支柱を立てて、しばってやる。」

そうしないと雪の重みで、折れてしまうそうです。

確か、北海道のブルーベリー園も、そんなようにしている、と読んだことがありました。

好きでやっていて、収入というほどにはならないし、家族には手伝ってもらってない、と言っていました。

見渡すところ、何本もありました。

大変な作業です。

それに、春になったら、今度はほどいて、支柱を取り除いてやらなければなりません。

来る年も来る年も、考えてみると、すごい話でした。













ブルーベリーは冬も大きく育つのか


去年の冬は、雪が少なくて、真冬でも、ブルーベリーの剪定が、できる時がありました。

最低気温が、マイナス10℃くらいになることも、かなりある売木村です。

でも、日中は風がなくて、案外暖かいのです。

けど、このように畑に雪があってはねえ。

足元から冷えてくる。

段々畑になっているとはいえ、フラットなため、一度積もるとなかなか解けないのです。

何種類かの動物の足跡はあるものの、園主が入らないので、今年のブルーベリー畑、静かなものです。

そのブルーベリーたち、春になるといつも気になることが・・・。

冬の間に、一段と大きく、成長したような気がするのです。

春になって、新芽が出てどんどん伸びていくのとは、だいぶ違いますが、「あれっ、こんなに大きかったかなあ」

そんなふうに、いつも思わされます。

「冬でも大きくなると思うよ。特に、花芽のついた木は、準備しとかないかんから、太くもなるしね」

ある人は、そう言いました。

なるほどそうかもしれません。

やっぱり、冬の間も、成長するものなのでしょうか。







今年初めての落ち葉集め


我が家西の村道を走るたび、気になっていた道ばたの落ち葉。

本日ようやく、今年初めての落ち葉集めを、決行いたしました。

ブルーベリーの株元に、入れてやるためです。

開始が12月になってから、というのは初めてのことです。

例年、11月の中旬になれば、樹上の黄葉の残り具合を見上げながら、始めてきたものでした。

でも、今年は落ちぐあいが遅れているようで、なかなか始められなかったのです。

それに、あの11月の豪雪?もありましたし・・・。

道具は、熊手、落ち葉ぶくろ、大きめの箕、軍手、そして軽トラ。

と行きたいところですが、軽トラを手放したので、ほんとうに不便になりました。

落ち葉をかき集めると、下の方は濡れていて、落ち葉といっても、多少の重量はあるのです。

5袋を、ウィッシュの後部に押し込めて、ブルーベリー畑の入り口まで。

そのあとは、一袋ずつ株間を引きずって行って、ブルーベリーたちにかけてやりました。

冬の間はお布団にして、春からは肥料にしてもらうつもりです。

午前に一回5袋、午後も一回、合計10袋で、結局20株に。

明日も天気は良いようなので、もう少しかけてやれそうです。

落ち葉集めのタイミング


稲わら運びもモミガラ運びも、ようやくひとくぎりつきました。

で、気になるのが、村道の落ち葉の状態。

コナラたちの黄葉がすっかり進んで、ずいぶん落ち始めています。

でも、頭上の木々に、たくさん残っているようだと、かき集める効率が悪いのです。

かといって、時期が遅くなりすぎると、雪が降ってぐちゃぐちゃ、かき集められなくなってしまう。

いろんなバクテリアがくっついていて、ブルーベリーも喜ぶだろう落ち葉たち。

本当は昨日から開始とも、思っていたのだけど、夜半の雨で濡れてしまって・・・。

そして、なんとなんと明日11/24は、雪みたい。なんともねえ。











籾がら運び


この時期、村内のあちこちで、モミガラの山を見かけます。

ハザかけ稲の脱穀は、雨で遅れ気味の今年でも、11月上旬には大体終わりました。

そのあと、農家は、籾摺りをして、玄米の形で、保存したり販売したりします。

わが家では、ふるさと館わきの精米機で、必要に応じて、100円玉を入れて、玄米を白米にすることになります。

そのモミすりをした時に出るモミガラ、ブルーベリー園花の谷にとっては、とても貴重な農業資材です。

ブルーベリーの株元に入れてやるわけで、落ち葉、木くず、ワラなどとともに、いつも運び込んでいます。

でも、もちろん村の農家にも、大切な農業資材。

堆肥の一部にしたり、ミョウガ畑に入れたり、モミガラ灰にしたり、あるいは野菜の保存に使ったり。

色々あるようですが、ありがたいことに、そんなに多く需要はないみたい。

というわけで、今日も2トン車に山のように積んで、ブルーベリー畑へ向かって出発です。

ブルーベリー園花の谷、このところのお仕事


「ブルーベリー狩りが終わってしまって、今は何をしているのですか」

ブルーベリー園花の谷、7月から8月にかけての40日間だけ、お仕事があるように、人は思うみたいです。

でも、ご心配なく。

木くず運び

村の木工工場が持っきてくれた木くずを、大きな箕にかきよせる。

しゃがみこんで、腰を痛めないように、慎重に持ち上げる。

運んで行って、ブルーベリーの株元に、入れてやる。

籾がら運び

大きなビニール袋に入った籾がらを、小型運搬車にのせて、ブルーベリー畑に運ぶ。

これまた慎重に持ち上げて、ブルーベリーの株元にかけてやる。

稲わら運び

稲束を、運搬車に載せて、去年開拓したブルーベリー畑に、5袋づつ運ぶ。

敷きつめて、凸凹をならし、歩きやすくする。

剪定

株元に座り込んで、余分なシュートを切ったり、日陰になっている枝を切ってやる。


朝は露があって、長靴でないと歩けません。

昼食の後、昼寝をして目を覚ますと、2時前後。

運動靴でブルーベリー畑に出るものの、3時ころには、夕日が西の山に。

急に冷えてきて、1日が終わります。







花の谷には、鷹がいるのか


「鳥は来ないのかなあ。うちのブルーベリーには、来てしょうがない。五、六本しかないのに」

以前書きましたが、村内でも、南のほうに住む人から、尋ねられたことがありました。

都会から来た人が、鳥に食べられてしまう、と言うのはよく聞きます。

でも、村内でも、困っているところがあるのでした。

ところが、ペットボトルを嫌がってなのか、どうなのか、ブルーベリー園花の谷には、ほとんど来ないのです。

と言うところで、テレビでやっていた鷹の話を、思い出しました。

金沢駅で、鷹匠に鷹を飛ばせてもらったら、ハトのフン害が激減したそうです。

花の谷は、標高850メートル、後ろに1100メートルクラスの峰々を、控えています。

鷹の仲間が住んでいても、不思議ではないでしょう。

自分の目には、トンビくらいしか、目につきません。

でも、遠くの空に、鷹が旋回しているのを、教えてもらったことがあります。

それに、年に二、三回は、鳥の羽根を、拾うことがあります。

傷ついたキジを、見つけたこともありました。

と言っても、いろんな小鳥が、窓の外を訪れる毎日です。

やっぱり、鳥除けペットボトルは、そのままにしておきましょう。











実生のブルーベリー


「都会から来るお客さんが、鳥が来てしょうがないと言うんだけど、鳥って来ますか」

同じ村内で、ブルーベリーの出荷をやっている人に、聞きました。

「あんまり来んなあ。食われちまう、と言うほどではない」

ブルーベリー園花の谷のように、ペットボトルを逆さまにして、並べているわけではないけれど、来ないようでした。

「この前、草刈りをしとったら、種から生えてきたブルーベリーがあった。鳥がフンをしたところだ」

本当でしょうか。

花の谷では、実生なんて、見たことはありません。

「あれはやっぱり鳥の腹を通らないと、生えてこんもんだろうか」

そうかもしれません。

とにかくうらやましい話です。

こうなると、小鳥さん御一行様歓迎の横断幕でも作りたくなります。

めったにはないことでしょうが、実生だったら、甘いとか大きいとか、新しい品種ができるかもしれません。

「絶対、刈ったりせんようにしてね。そのうち見に行くから」

固く約束しましたが、まだ見に行ってないのです。







ブルーベリー園、雨が止んだら


このところずっと、相変わらずの雨模様というか、それこそぐずついた天気が続きました。

おかげで、窓越しに、ブルーベリー畑を見るばかりの毎日。

ようやく昨日、久しぶりの青空を、見ることができて、長靴で、ブルーベリー畑に出てみました。

草が生え放題というのは、まあこの後の季節は、枯れていくばかりだからいいでしょう。

気になるのは、今からもう紅葉し始めたブルーベリー。

まさしく虫色み、というやつ、芯食い虫に齧られた、哀れな幹たちです。

株元に木クズが落ちていたり、ぐるっと木クズが、取り巻いていたりします。

中には、以前にやられたけど、自力で修復したようすの見える株もあって、よけい哀れです。

実を言うと、今年のブルーベリー狩りシーズン、株が茂り過ぎて、お客様から苦情が殺到?でした。

「中へ入っていくのが、大変だった」

せっかく大きくなってきた株を惜しむあまり、剪定なんて、やってこなかったのです。

でもこうなると、来夏までに、剪定をしっかりしなければなりません。

この際です。

芯食い虫にやられた幹は、徹底的に伐ることにしましょう。