ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今頃のブルーベリー


今朝は、久し振りに冷えた感じでした。

浪合の観測地点でー3.0℃とのこと。

まだまだ序の口なのですが、暖かさに慣れている体には、こたえます。

それでも午前中は、日が当たってきてから、ブルーベリーの剪定作業。

すると、ブルーベリーの実を見つけました。

早生種のウェイマウスは、しばしば秋に狂い咲きします。

それが暖かい日々が続いて、実をつけてきたのでしょう。

つまんでみようかとも思いましたが、酸っぱいだけとそのままにしました。

剪定作業、午後は曇ってきて風も吹くので、とうていやる気にはなれませんでした。



日の入りは15時15分


久しぶりに、今朝は冷えました。

11月の初めころに寒い日が少しあったけれど、それ以来ずっと暖かかった…。

これでも、デジタル人間的部分もあるのです(そうかなあ)。

最低気温については、浪合観測点の記録を、テレビで見てすまします。

自分で外へ出てみて、温度計を調べるなどはしないのです。

-3.4℃。

本来のこの時期らしい気温、と言うべきでしょう。

でも、確かに小春日和、日中は暖かく気持ちよかった。

朝は完全な真冬用ジャンバーを着て外へ出たのに、途中で脱いで、剪定作業にいそしみました。

けど、14時半ともなると、急に午後遅くの日差しに…。

山が近いここでは、15時15分が日の入りなのでした。

昼寝の時間を節減しないと、午後はほとんど何もできない、なんとかしなければと反省しきりです。


再びのギシギシやっつけ


枯れ草が増えてきたら、目につく雑草が…。

あの憎らしいギシギシです。

とにかく退治が難しい。

ゴボウのような太い根が、地中深くまで入り込んでいるので、簡単には引き抜けないのです。

2~3年前に、細長いスコップで、一大決心のもと、懸命に掘り起こしたものでした。

でも、根っこの切れ端が残っていたのでしょう。

あるいは、タネが飛んできたのかもしれません。

もう少し寒くなって、根が小さくなってきたら、再び退治を始めることにしましょう。

春先のほうがいいかもしれません。

でも、こんなに早くよみがえってくるなんて…。

他にもいろいろ根性ある雑草族は、たくさんいます。

まあ、あんまりムキにならないほうが、いいかもしれません。






ブルーベリーを思い切って切る


このところ毎日、天気が良い限りやっているのは、ブルーベリーの剪定です。

本当は3月頃かもしれませんが、その頃では寒すぎるし、春までに終わりそうにはならないのです。

ある本に書いてあったのは、一株あたりの幹の数を、多くても10本までにするということ。

花の谷のブルーベリー畑、数えてみたら、十数本というのがザラです。

このままでは、「中まで入っていけないブルーベリー園」の評判が、今まで以上に立つことは必至でしょう。

というわけで、思い切った剪定を始めたのでした。

最初はおずおずでしたが、だんだん度胸がついてきました。

特に、この時期に紅葉している幹は、芯食い虫のせいで、幹もダメージがあるので、花芽があってもカット。

結構、剪定枝の山が築かれつつあります。

この山、どう片付けたものか、ということは後にして、まあ頑張りましょう。

1日に二十株ずつやっても、50日はかかるのです。


季節はずれ、ブルーベリーの花


ブルーベリー園花の谷、このところの作業は、剪定を兼ねた株元整理です。
まず、鎌でブルーベリーの株周りの草を刈る。
ひこばえのうち弱いのを、ハサミで切り取る。
芯食い虫にやられた幹を見つけて、ひどければ切る。
一株あたりの幹の本数を数え、多くても9本までに抑える。
幹に付いた苔を、鎌の背でそぎ取る。
枯れたり勢いのない枝を切る。
などなど。
毎日毎日、そんな作業をしています。
すると、花をつけた枝を見つけました。
ももちろん、この時期では実をつけることはないでしょう。
残念ですが、切り落としてやりました。
しまった、持ち帰って部屋に飾ってやればよかった。

ブルーベリーの枝で、草木染めすると


ブルーベリー園花の谷、あいにくとブルーベリーの枝であっても、草木染めをするほどのズクは、ないのです。
などと、おことわりするのさえ、気が引けます。
大鹿村の道の駅「歌舞伎の里大鹿」へ行ったら、草木染めの作品を売っていました。
大鹿村授産所のコーナーに、色々とありましたが。
最大の関心事は、ブルーベリーの枝でどんな色が出るの?
もちろん、ブルーベリーの紫っぽい色ではないとは思いました。
下の写真のような、ベージュ色系のいい色でした。
待てよ、実で染めたらどうなるのか、いやそれでは、草木染めとは言わないのかもしれません。
原材料も売っていて、煮出ししやすいように、チップにしてありました。
ブルーベリーのではなかったけれど、いい色の帽子がありました。
お母さんは、応援の気持ちも込めて、買い求めていました。

川の中の青いビニール袋


台風20号の何日か前のことです。

ブルーベリー畑の南、岩倉川の川底に、青いビニール袋があるのを、見つけました。

近くには、直径数センチ、長さ1メートルくらいのビニールパイプも、ありました。

滅多にないことですが、ぐうぜんふたつもゴミがあったのです。

どちらも、わが家由来のものではない、と思いました。

たぶん、その前の出水の時に、どこかから流れ込んできたものでしょう。

とは言え、ブルーベリー畑から見えるところです。

それにブルーベリー狩りに来た子どもたちが、大喜びで遊ばせてもらう大切な川なのです。

いずれ、もう少し水が引いた時に、長靴を履いて回収に行こう、と思いました。

気をつけないと、こんな小さい川でも、危ないのです。

と思っていたら、台風が来て、しつこくしつこく雨が降ってしまって…。

白状しますが、この雨でビニール袋もパイプも、流れていっただろうなあと、思いました。

今日川をのぞいて見ました。

たしかに、ビニールパイプはどこにも見当たりません。

でも、青いビニール袋はまだありました。

どうやら岩に引っかかっているようです。

やっぱり、いずれ、取りに行かなければ…。

でも、岩に食い込んでいて取れないかもしれません。

それに水もまだ大きいし…。








移植したつもりだったのに


ブルーベリー畑で、小さな芽を見つけました。

ブルーベリーに間違いありません。

と言っても、実生ではなくて、混みすぎた株を間引いたあとに、出てきたもののようです。

掘り起こして、よそへ移植した株の根っこが、残っていたものと思われます。

もちろん、支柱を立てて踏んだりしないようにしました。

こんな小さな芽でも、数年すれば実をつけるようになるでしょう。

楽しみです。

いや、それでは間引きした意味がなくなってしまう。

と言って、もう植えるところは無いのです。


大雨に弱いブルーベリー畑


今日は、行楽シーズンの5月の日曜日。

売木村にもたくさんの人が…。

と言いたいところですが、朝から曇り空、お昼前には雨。

午後になると、どんどん激しくなって来ました。

岩倉川沿いの低地、白樺畑ブルーベリー園は、水たまりだらけです。

ここは、特別に木くずを入れたり、カンフル剤の硫安をやったり、いろいろ手を加えてきています。

でも、なかなか株が大きくならない。

剪定もほとんどできないのです。

けれどまあ、子どもたちには、手が届きやすい樹高だから、これで良しとしましょう。

そうそう、数日前の降霜で、ワラビは枯れが目立ちます。

ウドも葉っぱがだいぶやられました。

でも、ブルーベリーは平気なよう。

ほんとうに頼もしい果樹です。


ブルーベリーの紅葉は今


花の谷のブルーベリー、毎日、毎日、見るたびに落葉が進みます。

上の写真は、少し前の紅葉が一番いい頃、今ではほとんど散ってしまったものも多いのです。

「株が茂ってきて、摘みに入って行きたくても、大変だった」

この夏、ブルーベリー摘みのお客さんから、そんなふうに言われたことがありました。

少し前までは、木が小さいと気にしていたのに、文字通り隔世の感です。

それで、この秋は剪定に専念してきました。

と言いたいけれど、実際はなかなか進んでいない。

もっと、幹からすっぽりと、切り除かなければ・・・。

けれど、手際よくやらないと、株数がかせげない・・・。

そう、このあともっともっと葉が落ちたら、剪定がしやすくなることでしょう。

もうひと頑張りすることにします。