ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年は、ブルーベリー摘みを、7月1日に開園しました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえます。お楽しみに。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キュウリばかりがよく育つ


「トマトが赤くならない。とまってしまった」

このところ、トマトもナスもうまく育ってないようです。

少し前には、走りのトマトが出て美味しかったのに、この何日かはたしかに見ていません。

「ズッキーニも、途中で真ん中が、変に黄色くなって育たない」

ナスもだそうです。

このひどい暑さのせいでしょうか。

素人農家のわが家でも、トマトの色づきは止まっています。

「キュウリだけはどんどん成る」

なーんだ、わが家では、農家の腕があがったかと思ってた。

「ジャガイモも大きいのがゴロゴロ出てきた。」

わが家はまだ掘っていません。

それにしてもこの暑さ、せっかく標高850メートルまで来てもらった甲斐がないというものです。


流木の謎


連休の3日目、昨日と比べれば、ずいぶん少ないお客様です。

昨日までですっかり減ってしまったブルーベリーだげど、これなら来てくれたお客様たちに味わってもらえたことでしょう。


「みんなのとこから、流れて来たんではないかなあ」

この地方では、あなたとかきみ、つまり二人称を、みんなとかみなさんと言います。

自分しかいないのに、みなさんはと言われた時は、思わずあたりを見回したものでした。

花の谷には、敷地内を流れる用水があります。

川だと思う人もいるようですが、人工的なもの、つまり用水です。

その用水を上のような長い丸太が、流れ下って、下流の家の敷地に入って行ったようでした。

用水は所々曲がっているから、花の谷より上流から流れて来たはずはありません。

確かに、デッキの下にヒノキで土留めがしてあった覚えはありました。

でも、こんなにきれいな太い丸太だったろうか。

丸太が斜面をころがり落ちたなら、その痕が残っていそうなものなのに…。

とは言え、うちの物ではないと言うのも何です。

よく道路の下のトンネルまでくぐり抜けて、流れていったものです。

素直に認めて、頂くことにしました。

いずれ輪切りにして、薪ストーブで燃やすことにします。



雨の日3日目


午後1時過ぎ、今日はなんの映画だろうかと、BS3にスイッチを入れました。

白黒の古き良きアメリカの正義感溢れる…かなと思って、途中中断もしながら、観ていました。

中断したのは、居眠りしたから…というかなんというか。

「太陽は光り輝く」という映画でした。

すると、そのうちに画面に横筋がチラチラと入って、そのまま受信不能に。

大雨が来たのでした。

BSはこれがあるのです。

BSプレミアムは、何度でも同じのをやるから、いずれまたやってくれるのでしょう。

でも、残念だった。初めて見る映画だったのに。

それにしても、この雨いつまで続くのか。

ブルーベリーの実たち、せっかく青くなって来たのに、これでは水っぽくて水っぽくて…。

あちこちで被害も出ているし、もうこれくらいで晴れてほしいものです。


野菜畑の今



今朝は外気温1℃。

心配していた遅霜がありました。

ワラビがしおれてしまいました。

ジャガイモの芽がやられた農家もあったょうですが、花の谷はなんとか無事。

地形によって、霜が降りたり降りなかったり、びみょうなのです。

その花の谷の野菜畑です。

今までのところでは、今年はずいぶんがんばっています。

露地の方は、レタス、ジャガイモ、ネギ、水菜、トンネルネットの中がカリフラワーです。

まだ、遅霜があるかもと、それでも大丈夫そうなのを選んであります。

草はほとんど生えていません。

でも、ブルーベリーの時期になると、草ぼうぼうで公開できなくなることでしょう。

毎年、そうなのです。

この頃は、ワラビまで侵入して来ているほどです。

ハウスの中は、トマト、キュウリ、ピーマン、キャベツです。

ハウスだから大丈夫とは思うけれど、2~3株ずつ、日をずらして植えています。

そのほうが、収穫時期もずれるから、というのもあります。

何れにしても、農家の半分くらいも収穫できればと思っています。


ATM振込画面の不思議


金融機関に行って、ATMで振り込みをしようと思いました。

もちろん、詐欺に引っかかるような大金ではありません。

と言うことは、ここでは関係ないか。

振込先の店名301を、入力しようとすると、イとか、サとかのキー画面が出ました。

あれっ、数字のキー画面でないと入力できないぞ、どういうことだろう。

「すみません。振込の仕方がわからないのです」

早速、窓口へ行きました。

待てよ、これと同じようなことが、前にもあったような…。

いわゆる既視感というやつです。

すぐに、親切にATMのところまで出て来てくれて、初めから誘導してくれました。

年寄りとはいえ、ATMでの振込くらいはできます。

ただ、この変なカタカナまばらの画面が、わからないのです。

「ああ、301なら、サを押してください」

そうだった。一年くらい前にも、それを教えてもらったのだった。

それにしても、3の場合にはサを押すなんて、思いつかない。

なんだか異次元の世界にでも、来たような気分になったものでした。

これもお年のせいでしょう。

なお、この1年間の間に、まったく振り込みをしなかったわけではありません。

たぶんその時は、請求書に店名が日本語で書いてあって、戸惑わなかったのだと思います。





今日のお仕事


「どうですか。道路混んでますか。」

宅配の人が荷物を届けてくれたので、聞いてみました。

今日も、一歩も花の谷園内からは、出なかったのです。

「オートバイが多いねえ」

確かに、国道の方から、爆音がよく聞こえて来ます。

それで、今日は何をしたか。

わらび畑から、N-boxを使って、かねて放置してあった廃材を、引きずり出す。

以前に、納屋をクマした(壊した)農家から、もらって来た廃材です。

駐車場のタイヤ留めにするつもりです。

デッキの手すりを取り替え修理。

屋根のあるベランダにしなかったものだから、長年の間に、腐ってきてたいへん。

屋根のないデッキは、木製はやめたほうがいいです。

けど、暑くて中断。

午後にようやく完成。

夕方は薪切り。

薪材のままにしてあって、連休中、お客さんでもあると、邪魔なのです。

というわけで、今日も過ぎていきます。




春先のお野菜は


高騰していた野菜、少しは落ち着いて来たものでしょうか。

高騰のせいもあってというか、このところわが家では、ひとり生えの山菜を愛用しています。

その一つが、うるいとも呼ばれるギボウシ。

去年、焼肉会の時に、思いついて持って行って好評でした。

それで、和え物や味噌汁などにしてもらっています。

少しぬるっとして、軽い苦味をかんじるときもありますが、なかなか美味しいのです。

とにかく、採ってきてそのままで、利用できるのもありがたい。

丈夫で少しくらいとっても、滅びそうにないのもいい。

そして、あさつき。

こちらは根を取ったり、きれいにしたりする手間がちょっと面倒です。

でも、長年の間にずいぶんふえてきて、何回も掘っています。

そのほかにと言えば、フキノトウ。

これもずいぶん頂きました。

そして、ウド。

これからで、芽が出て来て、あわてて木くずをかけたりしているところです。



マイナス6℃の寒波が来るそうだ


NHKの気象情報を見ていたら、4/7は0℃、4/8は-4℃、4/9は-6℃だそうです。

8日には、雪だるまのマークまで出ています。

この予報、お天気JPでは、8℃、1℃、0℃と、かなり高めに出ています。

お天気JPさんには悪いですが、経験的に言えば、NHKのほうが信用できる気がします。

それはさておき、このところずっと、最低気温は5℃とか6℃とかで、きています。

でも、売木村では、5月の連休の頃でも、霜が降るのでした。

それなのに、連日の暖かさで、ついうっかり、キャベツの苗とエンドウの苗を、買ってきたところでした。

うーん、やっぱり早まった。

仕方がない、ビニールトンネルと段ボール箱で、当日は備えることにしましょう。

でも、自然の植物たち、大丈夫でしょうか。


画像は黄色のクリスマスローズ。

黄色があるなんて、知らなかった。

開花株を、町から連れてきたけど、寒さには平気のようです。






法多山でお団子を買いました


このブログ、話が前後した形になりましたが、12月になって、袋井市の法多山に行ってきました。

ネットワークうるぎの忘年会で、御前崎へ行った折に、立ち寄ったのです。

信州は山国、毎年、どこかへ魚を食べに行くことになっています。

総勢18名、こんなに大勢なのかと、驚いてしまいます。

実際に働いているスタッフ、プラス協力者といったところでしょうか。

法多山は、お団子で知りました。

浜松市三方ヶ原で、公民館祭りが毎年12月にあります。

そこへ、ネットワークうるぎが、物品販売に出かけていて、よくついて行ってました。

そこで行列ができていて、つられて買ったのが、法多山のお団子だったのです。

食べ物つながりで、なんとも、昔風に言えば、はしたない話です。

行くまでは、門前町があって売っていると、勝手に思い込んでいました。

でも、そうではなくて、とても広大な境内は、ひっそりと静まり返っていました。

広い駐車場も、縁日の時には、いっぱいになるとのことでした。

お団子は、券を買って、社務所のようなところで、受け取るようになっていました。

他には、なにも売っていませんでした。

厄除けだんご。

来年もよい年でありますように。



いちょうの木が、何種類もの宿り木を、のせていました。


袋井市の法多山、お団子を買いに行っただけではありません。

お賽銭をあげて、お参りをしました。

境内の帰路では、イチョウの木に、何種類もの木が宿っているのを、見つけました。 

かなり太い桜の木、モミジ、ビワらしい木、カクレミノなど、モミもあったと思います。

イチョウの葉が、すっかり落ちてしまっていたので、よく目に付いたのです。

そうか、肝心?のヤドリギは見当たりませんでした。

でも、こんなに何種類もの木を乗せて、立っているなんてすごい。

なんという包容力のある木なんだろうと、感嘆しました。

ずいぶんいろんな鳥たちが、休憩をさせてもらっているのだろうと思います。