ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
法多山でお団子を買いました


このブログ、話が前後した形になりましたが、12月になって、袋井市の法多山に行ってきました。

ネットワークうるぎの忘年会で、御前崎へ行った折に、立ち寄ったのです。

信州は山国、毎年、どこかへ魚を食べに行くことになっています。

総勢18名、こんなに大勢なのかと、驚いてしまいます。

実際に働いているスタッフ、プラス協力者といったところでしょうか。

法多山は、お団子で知りました。

浜松市三方ヶ原で、公民館祭りが毎年12月にあります。

そこへ、ネットワークうるぎが、物品販売に出かけていて、よくついて行ってました。

そこで行列ができていて、つられて買ったのが、法多山のお団子だったのです。

食べ物つながりで、なんとも、昔風に言えば、はしたない話です。

行くまでは、門前町があって売っていると、勝手に思い込んでいました。

でも、そうではなくて、とても広大な境内は、ひっそりと静まり返っていました。

広い駐車場も、縁日の時には、いっぱいになるとのことでした。

お団子は、券を買って、社務所のようなところで、受け取るようになっていました。

他には、なにも売っていませんでした。

厄除けだんご。

来年もよい年でありますように。



いちょうの木が、何種類もの宿り木を、のせていました。


袋井市の法多山、お団子を買いに行っただけではありません。

お賽銭をあげて、お参りをしました。

境内の帰路では、イチョウの木に、何種類もの木が宿っているのを、見つけました。 

かなり太い桜の木、モミジ、ビワらしい木、カクレミノなど、モミもあったと思います。

イチョウの葉が、すっかり落ちてしまっていたので、よく目に付いたのです。

そうか、肝心?のヤドリギは見当たりませんでした。

でも、こんなに何種類もの木を乗せて、立っているなんてすごい。

なんという包容力のある木なんだろうと、感嘆しました。

ずいぶんいろんな鳥たちが、休憩をさせてもらっているのだろうと思います。


小春日和、でも3時まで


積もることはなかったけれど、昨日は日中にも雪が舞いました。

でも、今日は明るい日差しで、日中はまずまず暖か。

そうなると途端に元気が出て、落ち葉集めです。

近くの村道で、お日さまの光を浴びながら、熊手を使って落ち葉をかき寄せる。

プラスチックの箕で、落ち葉袋に入れて、クルマに載せる。

これを4袋やると、N-BOXは満杯になってしまいます。

軽トラのときは6袋は積めたのに、軽のワゴンに替えたら、すっかり不便になりました。

でもまあ、このくらいの量が、今の年齢と体力から言えば、相応かもしれません。

さて、ビニールハウスに落ち葉袋を引きずり込んで、次はブルーベリーの剪定。

昼食の後、うまいことに30分で、昼寝から目が覚めました。

今度は木くずを村道脇から、ブルーベリーの株元へ運び込み。

これもあまりやりすぎると、腰などにくるので、5~6回で終わり。

あとはまた、午後の剪定。

ところが、お日さまはどんどん山の端に近づいて、3時には冷たい風が・・・。

明日も小春日和だとうれしいのです。







自動車キーの電池って、2年寿命なのか




「一昨年買ったばかりなのに、もう電池切れだって、距離メーターの脇に表示が出た」

ディラーにキーを持って行った時、少しは不満顔をしていたかもしれません。

もちろん

(11年も乗ったウイッシュの時は、いちども電池切れなんてなかったのに)

とは、言いませんでした。

「そうですね。だいたい2年くらいだと思います。スペアキーのほうも、なってると思います。」

(そんな、スペアキーなんて、ほとんど使ってないのに、もうなるのか。)

というところで、気がつきました。

そうか、ウイッシュはドアロックを外す時だけ、電池を使ってたのだ。

こっちは、絶えず電波を出してるから、電池を消耗するはずだ。

だいたい、エンジンをかける時なんて、昔のように、キーを回すので十分なのに・・・。

今さらながら、便利になるとはお金がかかること、のようでした。

参考までに、電池交換の代金は、部品代399円、技術料486円、合計885円でした。

もちろん、スペアキーのほうは、自分で電池を買って自分でやります。

しまった。

ホームセンターには電池を売っているのかとか、やり方とか、聞いておくべきだった。





橋カード、面白そう。・・・。


隣町の阿南町で、「ちょっぴりマニアックな 橋カード」なるものを見つけました。

「あなん・やすおか(阿南・泰阜)を体験して、橋カードをゲット!」とあります。

たまたま食事をして、入手条件にあてはまっていたので、さっそくもらってみました。

「吉原橋 よしわらはし」。

裏には、「橋データ」も載っています。

人によっては、単なる橋の写真に過ぎない、と思うかもしれません。

でも、こんな歳なのに、自分には魅力的に思えたのです。

9月から始まって、この橋のカードを受け取った人は、47人のようです。

全部で11種、つまり11の橋の写真カードがあるそうです。

さて、問題は入手方法。

例えば、「道の駅信州新野千石平で1,000円以上の買い物もしくは食事」で「はかりまきループ橋」カード。

なかには、陶芸体験とか、ボブスレー体験などで、もらえる橋カードも。

うーん、ちょっとそろえにくいカードもあるかな。

11枚全部揃えるとこまではなかなか、かもしれません。

1枚いくらで、買いたいカードだけは買えるような、安直コースはないものか。

いやいやそれでは、このプロジェクトの狙いから、外れることでしょう。




国道153号は、そば街道なのか


飯田方面から国道153号を、名古屋方面に向けて走ってくると、左手に「そば勝縁」があります。

中央道の下をくぐり抜けるすぐ手前です。

昨日10月15日(日)、お昼どきに通りかかると、たくさんの車がとまっていました。

続いて「三日庵」、そして「おにひら」と、そば屋さんが続いて、やはりたくさんの車がとまっていました。

そのままなおも、険しい上り坂の国道を登ってくると、「十割そば治部坂」が右手にありました。

まだ10月10日に開店したばかりのお店とのことです。

詳しくは、平谷の酒屋さん「まつのやのつま」さんのブログでどうぞ。

それにしても、阿智村から浪合、治部坂と登ってくる国道153号、そば国道と言っても良いくらい、と気がつきました。

コンビニはおろか、あまり他のお店もないのです。

さて、平谷の信号で売木方面に左折、しばらく走ると「侍」が。

じつはわが家は、こんなにそば屋さんがありながら、「侍」にしか入ったことがないのでした。

それはさておき、上の写真は、その「侍」。

紅葉もお店もと思ったら、雨模様のせいもあって、こんな写真になってしまいました。

下の写真は、平谷峠を売木に降りてきて、撮りました。

紅葉の進み具合はと言えば、まだまだこれからでしょう。


石組み


「1つの石を、6つの石が、取り巻くようになっています。」

わが家の近くで、石組みの工事が行われました。

ぼんやりと見ていたら、ある人が言いました。

石垣の組み方にも、いろいろあるようです。

名前も付いているようで、確かに聞いたのに思い出せません。

下の写真がわかりやすいでしょう。

逆三角形の石の周りを、6つの石が取り巻いています。

上の写真でも、例外はあるものの、だいたいそうなっています。

なお、実際に石組み工事をやっている人も、名前まではあまり知らないようでした。


ドクターヘリから見た南信州


「ドクターヘリから見たら、山また山、山ばかりだった。

こんな山の中に住んでいたんだ、と思った」

急患に付き添って、ドクターヘリに乗ったことがある、という人が言いました。

ヘリが飛び立ったころには、容態が落ち着いていたそうです。

それで、少し気持ちの余裕が、でてきていたのでしょうか。

あるいは、心配のあまりの緊張感で、なおのこと外の様子が、印象に残ったのかもしれません。

それはともかく、山また山、山ばかりというのは、そうだろうなあと思います。

もしかすると、わが家から北へ直線で数十キロは民家無し、かも知れない、と思っているほどです。

不便な山奥と考えるか、自然の中にいると考えるのか、さてどうでしょう。




ブルーベリー摘みの朝に


先日9/15の朝、7時過ぎ、久しぶりにブルーベリーを、摘んでいました。

ジャム用の実は、たっぷり摘み終えてあります。

どうしても必要、というほどではなかったのです。

でも、晩生の実がたわわなくらい色づいているのを見て、採る気になったのです。

すると突然、気持ちの悪いサイレン?の音が・・・。

防災無線のスピーカーからでした。

「ミサイルが発射された模様です。」

そんなもの、もう頭上だったとしても、通りすぎてしまった時間ではないだろうか。

もちろん、ブルーベリー摘みを続行でした。

当局としては、せめてそのくらいはしなければ、立場がないのでしょう。

そう、ここから話がずれるのです。

わずか生まれてから半年余りとはいえ、あのいまわしい戦争中に生きた人間しては、どうもひっかかる。

戦争について、自分にはなんの記憶もありません。

でも、酷い目に遭わされた人たちから、あるいは本や映画などから、さまざまに知らされてきています。

なんか今の雰囲気、みんなの恐怖心をいいことに、1つの方向に持っていこうとしてはいないだろうか。

いつの間にか、軍事的なことが、いろいろと勝手に進められていってる気がするのは、私だけでしょうか。

確かに、そうでもしないと、と言うのはあるのです。

もちろん、難しい選択ではあるのですけどね。

この72年間、一度も戦争をしなかった国、これこそ世界に誇りうるものです。







側溝が怖い


この十年くらいの間に、車が側溝にハマっているのを助けたことが、2回あります。

正確にいうと、助けを呼んであげたのです。

で、自分は大丈夫かというと、もちろんそんなことはありません。

狭い山道とかですれ違う時など、明日はわが身と思っています。

いや、すれ違わなくても、この歳では、危ないものでしょう。

ところが最近、あることに気がつきました。

上の写真で、手前の方は側溝が深く掘られていません。

向こうの方は、地獄の深みが、えんえんと続いているのです。

たぶん雨天時の排水の都合を考えて、深い側溝にしてあるのでしょう。

でも山道なら、排水の都合は、それほど考慮しなくてもいいかもしれない。

それに、落ち葉とか雪で、側溝が隠されて、落とし穴みたいになっていることもあります。

下の写真のような側溝の方が、安全で経費もかからない気がします。

速攻で側溝を改修!とは言いませんけどね。