ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
機内モードがはずせない


気候が変わったのでしょうか。

毎夜、雨が降ります。

おかげで、ブリーベリーさんたち、水ぶくれして、すっかりご機嫌ななめ。

とてもブルーベリー摘み、オススメとは言えません。

星の森キャンプ場などに毎年来て、花の谷で遊んで行く、子どもたちもいることです。

もうしばらくは、オープンしています。

まだ緑色の実はあるので、晴れ間さえ続けば、と期待することにします。


ある朝、スマホでググろうと、つまり検索しようとしました。

「ネットに繋がっていません。」

突然そんな表示が出てもねえ。

でも、そのくらいのスマホからの嫌がらせに負けてては、この歳まで生きてきた甲斐がないのです。

そのうちなんとかなるだろうと、その場は断念。

すると、今度は電話をかける必要が、出てきました。

「電話をかけられません。機内モードをはずしてください」

機内モードにしたつもりなんかないの。

飛行機になんて、もうズーッと乗ってないんだから。

とにかく、勝手にいろいろやってくれるのです。このスマホ。

絶対に、どっかを触ってなんて、してない。

私は無実です。

それはいいけど、機内モード、どうやってはずすんだろう。

それでも、設定をクリックして・・・、けどわからない。

まったく、年寄りをからかうもんではないぞ。

突然、ひらめきました。

お母さんのスマホを借りて、はずし方を検索すればいいんだ。

「機内モードをはずしたい」

すると、なんということか。

お母さんのスマホが、答えてくれました。

「機内モードをはずしました」





村に来ていた工場


「役場が、工場を呼んでくれたもんで、ふたりで相談して行ったんだわ。

百姓ばっかやっとったから、指が動かんかった。

慣れんうちは苦労した。」

村のお姉さまが、ふたりで話してくれました。

「朝ドラの女の子みたいなもんですか。ラインを止めたりして・・・。」

「そうそう、あれあれ。恥ずかしかったわ」

ちょうど、朝ドラと同じ時代のことなのでしょうか。

もう少し、あとの頃のことかも知れません。

今、村にはボールペン関係と、パチンコ?関係の工場があります。

それとは別に、村が誘致した工場があったようです。

「おかげで、ちょこっとだけど、年金がもらえとる。」

「あれがなかったら、小遣いなんか何んにも無かった。百姓なんかそんなもんだわ」

「子どもたちを、学校に行かせてやれたもんなあ」

そう言えば、別の農家でも、おじいさんが働きに出るように、勧めてくれたそうです。

今では感謝していると、お姉さまから聞いたことがあります。

農業って、楽ではなかったようです。

現金収入があると、嫁としてはずいぶん助かったのだろうと、想像できます。





めんどくさいカーラジオの不思議


この歳では安全第一。
そう思って、11年、18万キロ乗ったウイッシュを、新しい車にしました。
それはいいとして、それについてきたナビ、つまりカーラジオが不思議なのです。
こっちが歳をとったせいで思い違いをしているのかとか思うのですが、どうにも不可解で・・・。
あまりこういう記事は書かない方が、とは思うのですが、許してください。

ナビの地図画面で車を走らせていて、カーラジオのスイッチを切りたいとします。

まず、画面下のHOMEボタンを押します。
次に、現れた画面で、「ソース電源」の部分をタッチします。
その次に、現れた画面で、「STANDBY」の部分をタッチします。
これでようやく、ラジオのスイッチが切れるのです。

運転中に、3回も操作をするなんて、年寄りには危ないのです。

ラジオをつけるにしても、電源ボタンを押すことから始めるのが、ものの順次ではないのでしょうか。

それと、上の写真の画面と、下の写真の画面を見比べてください。
下の別の車の画面は、放送局名がわかりやすく、選局もかんたんだと思います。

とにかく、不思議。

もしかして、時代が変わってしまったのでしょうか。
自分のような年寄りから見れば、まったく発想の違う世界に、なってしまったのかもしれません。
いやとにかく、自分の頭とは、違うみたいです。

ついでにもひとつ。
このナビさん、高速道路入口のゲートを通り抜けた後で
「ETCが使用可能です」
とアナウンスしてくれます。
『通れたんだから、そんなこと言われんでもわかっとるわい』
思わず突っ込んで、楽しませてもらってます。

昨夜、宇宙ステーションを見る



昨日6/11の夜、20時7分過ぎくらいから11分ころまでのことです。

宇宙ステーションが、北から東へと、夜空を横切っていくのを見ました。

昼中に、ラジオで気象予報士の人から、情報をえていたのです。

でも、ほんとうに見えるのかは、半信半疑でした。

最初、お母さんは関心を示さず、自分だけで外に出ていました。

そして、飛んでいるのを見つけたので、スマホで呼び出して、ふたりとも見ることができました。

そのくらいゆっくりと、よく見える明るさでした。

わが家のあたりの上空は、中部国際空港へ行く飛行機が、ライトを点滅させながら通ります。

でも、それとは明らかに違いました。

東のほうへ進むにつれて、暗くなって行って、途中で見えなくなりました。

東の空に雲があったのかもしれません。

あるいは、地球のかげに入ったのでしょうか。

そこはよくわからないのです。



年老いたハート


なんともバカバカしいものをアップすることは、当ブログの得意とするところです。

上の写真は、最近になってブルーベリー畑で見つけました。

なにしろ、石ころが少しでも地上に頭を出していると、草刈り機の歯に当たって危ないのです。

それで、取り除けようと掘り起こしてみたら、ハートの形をしていました。

と言っても、無理やり感は強いのですが・・・。

なんと言うのか、ゴツゴツしていて、歳を経た老人のハートといったところでしょうか。

かなり大きくて重いので、ブルーベリー園受付へのデビューは、少し時間がかかりそうです。

そうそう、下の写真は、以前から花の谷にあるもので、もう少しかわいげがあります。



下の丸太は、薪にするつもりだったものです。

ブルーベリー狩りのお客様からは、ハート型として認知してもらっています。

「ハートだ。かわいい」

かわいいという表現には、ちょっとあせりますが、今の若い人独特の表現のようです。



下の若葉は、カツラの木のもの。

「愛染かつら」の作者は、そこまで知っていて、書いたものなのかどうか。

と言っても、自分のような老人でさえも、読んだことはないのです。


井伊直親の子孫のお店


大河ドラマは、この歳になるまで、観たことはありませんでした。

ところが今回、井伊直政の父親つまり直親が、南信州高森の地へ、亡命していたことがあると聞きました。

直親の南信州での子どもは、ひとりとも、ふたりとも言われているようです。

飯田市の嶋田屋麹店は、その直親の子孫のお店だそうです。

たまたま近くへ行く機会があったので、立ち寄ってみました。

何しろ歳相応に、ミーハーなのです。

上の写真は、車の番号が、直虎ののぼりに隠れるよう配慮してのつもりです。

下の写真のように、麹やら甘酒やら麹味噌やら売ってました。

街中の小さめのお店ですが、味わいのあるいいお店でした。

平谷峠の昨日


新緑に染まった平谷峠です。

と言いたいのですが、さすが標高1100メートル、まだ新芽が出始めたところ、くらいでしょう。

でも、もちろんもう道は大丈夫、凍結の心配はありません。

来週土曜日、つまり5/20(土)には、うるぎ星の森音楽祭も、星の森オートキャンプ場で行われます。

どうか、春の売木村へお越しください。

というか、N-BOXのタイヤが、まだスタッドレスのままだった。

「6月いっぱいは、コタツは出したままだよ。使わないのは、7月と8月くらい。高地だからねえ。」

そんなふうに言う村の人もいます。

まあ、そのぶん、夏の暑さ知らず。

夏は天国なのです。

売木トンネルの入り口は


上の写真は、売木村への東側からの入り口、売木トンネルです。

左に、村の花ササユリが描かれています。

右は、大田神社のお練り祭りの様子です。

それはさておき、村内のある人がいいました。

「木を切ってもらったけど、薪に欲しいならあげる。見に行かんかね」

長く勤め人でいて、山仕事とか農作業とかは、それほどにはやりつけてないような人です。

「軽トラのほうが、行きやすいだろう。乗って行かんかね」

というわけで、助手席に乗せてもらいました。

すると、下の写真のような急な坂道を、登って行きました。

撮影の技術レベルが低くて、あまり急なようには写ってないのが、残念です。

でもその急坂は、文字通り序の口で、そのあと細くて険しい山道が延々と・・・。

なぜか、助手席の側ばかりが、はるか下の方まで、深い谷になっている気がしました。

そして、ようやくたどり着いてみると、真下に売木の集落が・・・。

隣町からのぼりはじめたけれど、たしかにそこは売木村の感じでした。

でも、ここまで上がって来て、重い薪材を積んで、急な坂道を下っていくのは、ちょっと・・・。

沈思黙考の上、高所恐怖症を理由に、薪をいただくことを、丁重にお断りしたのでした。

もちろん、その後、この坂道を登って行ったことはありません。

新太和金トンネル、 広くてきれいです。


売木村から、豊橋や浜松へ行く時に通る、新太和金トンネルが、通れるようになりました。

たわがねトンネルと読み、4月23日に、開通式があったようです。

写真は、売木から豊橋方向へのトンネル入り口です。

右手のほうに、旧のトンネルへの道があるのですが、どこだったかわからなくなっています。

こういうふうにして、古いものは忘れ去られて行くのでしょう。

通過時間にして、40秒ほど短縮されただけ、と聞きました。

でも大型バスでも、安全にすれ違えるようになりました。

補強してあると言っても、いつ崩れてくるかわからない気のしてた旧トンネル。

新しくなって、本当に良かった。

あと、辛いのが、トンネルを出て東栄町に降りていく、曲がりくねった急坂。

あれがどうにかなると、うれしいのですが。




道の駅信州新野千石平・蔵、駐車場のラインが、引き直されました。


「もし将来、白線の塗り直しをする機会が、あったらの話ですけど・・・。」

何年か前のことです。

ふだん、そんなことをすることはないのですが、思いきって、電話をかけたことがありました。

どこへかということが、はっきり記憶にはないのです。

長野県内の道路関係の事務所、だったと思います。

「トイレの前が、大型車の駐車スペースになっています。

お年寄りとか、障害のある人とかが、車を駐めて、トイレに行くのに遠すぎるし、危ないと思うのです。」

「わかりました。記録に残しておきます」

電話に出た人と、そんなふうな会話をした記憶があります。

そして先日、道の駅信州新野千石平・蔵へ行ったら、トイレの前は、小型車の駐車場になっていました。

すぐ脇、直売所棟に近いところには、障害者マークのついた駐車スペースも、作られていました。

あの時の電話のせいなのかどうかは、わかりません。

でも、みんなが便利になった気がするから、ほんとうによかった。

ありがとうございました。

けどまあ、そんな電話、これからはしないことにします。

いや、たぶんしないと思います。

道の駅信州新野千石平・蔵。

売木トンネルの向こう、阿南町新野の国道151、481号の交差点にあります。

飯田方面からも、豊橋方面からも、長い一本道の山坂を登って来て、ほっとひと息つくところです。

いろいろ努力しているようで、品数も多いし、よく人の出入りする人気の道の駅、と思っています。