ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
岩倉ダムキャンプ場、大賑わいです。


昨日10/13(土)、夕方の岩倉ダムキャンプ場の様子です。
何しろ、我が家のある奥小屋地区への出入り口道路は、8月初めから工事のため、通行止なのです。
回り道で、キャンプ場わきを通ることはよくあります。
昨日の朝は、今年初めての最低気温7℃、よく冷えました。
これで、天気は回復するのかと思っていたら、夕方になってまた雨が…。
せっかくのキャンプが気の毒になってきます。
でも、この頃はすごい装備だから、雨も良しかもしれません。
いや、やはり晴れて欲しいことでしょう。
とにかく、すごいブームなのかもしれません。
日によっては、ウイークデイでも、テントが並んでいることさえあります。
稲刈りも遅れていることですし、晴れの日が続きますように。

大鹿村ダンプ街道、日曜日は走ってなかった。


先日、ずいぶん久しぶりで、大鹿村を訪れました。
この歳になると、あまりこれからは行けなくなる、と思ったのでした。
それと、一度行ってみたいレストランがあったのでした。
そうそう、ダンプはどの程度走っているのか、少し心配だったことは事実です。
そのダンプ、日曜日のせいだったのか、一台も会いませんでした。
なお、松川町からの小渋川沿いの道では、バイパスのトンネル工事をしていました。
写真は、その大鹿村に、8月に開業した道の駅「歌舞伎の里 大鹿」です。
とても立派な施設には、スーパーが併設されていました。
村の人たちには、ありがたいのだろう、と思いました。
映画「大鹿村騒動記」のロケ地を巡る旅、というパンフレットがありました。
おかげで、鹿肉食堂「ディア・イーター」も、店には入らなかったけれど、訪れることができました。

 



相変わらず雨が


昨日は、午前中ブルーベリーの株元手入れ。
午後になってネットワークうるぎに、稲刈りの手入れに行ってきました。
珍しく稲刈りに出かけたから雨が降ったのか。
あるいは、雨が降りそうになったから、健気にも応援に出かけたのか。
どちらにせよ、出かけるとすぐにパラパラ、夜になってやはり雨。
でも、今朝になって曇り空なので、再びブルーベリーの株元手入れ。
もちろん、昨夜の雨で、稲刈りはまたまた延びてしまったことでしょう。
株元手入れのほうは、多少濡れながらも、足元が泥だらけではないのです。
けど、やっぱりパラパラ降ってきたりして、昼近くには中断、午後はできませんでした。
暖かい日が続いたこの秋ですが、どうやら15日頃からは、最低気温が一桁になる予報です。
薪ストーブを焚くことになりそうです。

まだこれから、935hPaまで下がるんだって、台風24号


今朝7時頃の外の様子です。

しっかりと霧がたちこめています。

近くの観測地点浪合の最低気温は10.3℃。

最近もっと低い日があったかどうかは、あいにくと知らないのです。

そんなことより、つい先ほど、9時30分前のNHKテレビで言ってました。

台風24号、今は沖縄近くにいて950hPaだそうです。

ところが、これから本州に近づくと、935hPaまで中心気圧が下がるそうです。

そんなことってあるのでしょうか。

自分の知識の中では、本州に近づくにつれて、あとはだんだん衰えていく、とばかり思っていました。

そうか、NHKテレビの少し前には、民放で「大災害が予想されます」と言ってた。

まだ、半信半疑のところがあるけれど、気をつけなければ…。

と言っても、特に何かをするってことも思いつかないのです。

こうやってメデイアがあらかじめ伝えても、どこかで被害が出そう。

予想されていても、そうなってしまうことがある、今更ですがつらい話です。


雨、雨、雨。稲刈りができない。


昨日に続いて今日も雨。
田んぼでは稲がすっかり色づいて、日に日に重く頭を垂れつつあります。
もう稲刈りを始めても良い頃です。
けれども、去年もそうだった。
この時期、雨が多いのです。
というか、今年の9月は特に雨が多いと、天気予報で言ってました。
これでは、田んぼがぐちゃぐちゃで、田に入れない、稲刈りにはならないのです。
雨のあとに、思いっきり晴れたとしても、田んぼが柔らかくて、作業を諦めざるを得ないことは、よくあるのです。
この週末には、うまい!うるぎ米育て隊の稲刈りがあります。
でも、この天気ではねえ。
このあと、どの程度晴れ間があることでしょうか。
こもれびは、おしゃれな隠れ家的cafe


おとなり平谷村の「cafeこもれび」に行って来ました。

上の写真は、土日限定のランチ1,000円のサラダです。

これの前に、とても美味しいかぼちゃスープが出ました。

かぼちゃもそうですが、このサラダにも、ミョウガ、ヤーコンなどなど、地元産らしい野菜が入っていました。

下は、ロールキャベツと炊き込みご飯。

最後にデザートとしてヨーグルトが出ました。

何もかも美味しく上品で、隠れ家的雰囲気いっぱいのお店でした。

マスターも奥さまも、とても感じの良い方でした。

ランチは土日だけ。

月、木、金は、500円のコーヒー、紅茶、ジュースなどだけ、かぼちゃスープ、コーンスープも500円です。

平谷の信号から、売木方向に国道418号を走って、平谷フィッシングスポットで、右折します。

ここに、小さな看板があります。

でも後は、山道を行けども行けども何もなくて、1キロメートル以上は走ったと思う頃に、別荘地に入ります。

なおも走り続けると、これまた小さな右折の看板、Uターンのような形で走って到着です。





下の写真は駐車場から、裏側からです。

薪ストーブもあったので、火が入る頃にはもう一度訪れて見たいと思います。

但し、雪が降るともう入って行けなくて、冬季休業になると思います。


むかし、道沿いの田んぼは嫌われた


「むかしは、道沿いの田んぼは、良くないと言われたもんだねえ。

ゴミや石が入りやすいからだわ」

今から、50年ほども前のことです。

都会の近郊に住むあるお年寄りから、聞いたことがあります。

「道から離れた奥のほうの田んぼが、良いと言われとった」

道から離れた田んぼ、今だったら軽トラも近づけなくて、とても不便なことでしょう。

「ところが今は、道沿いの田んぼは、高く売れるからねえ」

たしかに、店にするにしても、住宅にするにしても、道路沿いのほうが、都合が良かったのでしょう。

なるほど、時代とともに、価値が逆転することがあるのでした。

それとはまったく別の話ですが、これもどこか遠く、別の県での話です。

区間整理かなにかで、農地を再分配したそうです。

「それがねえ、同じように土地を提供していても、いいところは先に取られてた。

みんなにはろくなところは残ってなかった」












「高原カフェこもれび」。気になってました。


平谷から売木へ走ってくる途中、平谷フィッシングスポットへ入って行く所です。

8月の終わりころだったか、「高原カフェこもれび」の看板が立ちました。

フィッシングスポットは、通りがかりにいつ見ても、お客さんがいるみたいです。

てっきり、そこにお店ができたんだろう、と思っていました。

ところが、「まつのやのつま」さんや、「平谷村cafe sue is fine」さんのブログで判明しました。

スポットから、1キロメートルほど奥のようです。

写真があって、とても素敵なcafeのようです。

あのあたり、前に行ったことがあって、別荘地がありました。

たぶんそこなのでしょう。

今朝の中日新聞に、詳しい記事が出ました。

中日新聞は、この春お隣の阿南町新野に、うどんの「六三」が開店した時も、詳しく載せていました。

人口が少なくて、お店の少ないこの辺りでは、開店は特別にうれしいのです。

そうそう、阿南町新野には、もうすぐそば屋さんも開店するようです。

3店とも、Iターンの人です。

是非とも、続けてください。

もちろん、cafeこもれび、近いうちに行きます。

ただ、峠を越えて行かなければならないのです。





天気予報のへんな疑問


天気予報は、一応農業をやっていることもあるし、大好きなのです。

NHKの地デジで、リモコンのdを押して見る時もあります。

NHKの衛星放送で、700のチャンネルを押して見ることもあります。

そこで、相変わらずの癖で、へんな疑問を、持ってしまいました。

地デジで、売木村の天気は長野から送られてくる電波だから、わかる。

けれど、衛星から飛んでくる電波のはずなのに、衛星放送で売木の天気が出るのは、どういうわけだろう。

こんな馬鹿げた疑問、どこが疑問なのか、わかってもらうのさえ、難しいのでしょう。

けど、時代から取り残されつつある、いや取り残された年寄りは、そんなものなのです。

つまり、NHKの長野局で、長野県の天気予報は作っている、と思っていたのでした。

でも、そうではないことに、ようやく最近になって気がつきました。

なんのことはない、全国すべての地域の天気予報が、東京から衛星に送られているのでしょう。

そして、もちろん各県のNHKにも…。

そんなに沢山の情報と思うけど、そのくらい大したことないのでしょう。

でも、すごいしそんなに沢山の情報を積んで、電波って重すぎることはないものかなあ。

などと、訳のわからないことを考えて、今日も過ぎていくのでした。


寒冷地の暖房、なにかいいもの無いの。ガスボンベ缶タイプの灯油ボンベ缶があればなあ。


「ファンヒーターねえ、石油を運んで入れるの、年取るときついわ。エアコンを入れようかしら」

あるお年寄りが言いました。

「そんなの電気代が大変だよ。買うにも大金がいるし…。ここの寒さじゃ、暖ったまりも悪いだろうしねえ」

「そんなら何がいいだろう。電気ストーブも電気代が高くつくだろうし」

「ガスだと便利だけど、配管の工事代がいるし、ガス代だって高いしねえ」

なにしろ、多くは年金が、月数万円なのです。

もちろん、薪ストーブなんて工事費もいるし、薪の用意が大変です。

いつまでも暖かさがあるのはいいけど、薪ストーブ狂でないとやっていけないのです。

結局、ファンヒーターがいちばん安くて便利、老人には助かるみたいです。

ガスも電気もエネルギー補給が楽なんだけど、ランニングコストが高くつく。

逆に石油ファンヒーターは、エネルギー補給が年寄りにはきついのです。

だったら、メーカーさん、考えてくれませんか。

蛇口のついた灯油缶があると、いいのに…。

その灯油缶とセットで、灯油缶のそばにぽんと置いたら、自動的に給油されるファンヒーター用カートリッジ缶。

今のカートリッジ缶の半分くらいの大きさの軽いのを、二個セットで売ってくれたらいいと思います。

と言うか、いっそ灯油の入った軽めの灯油カートリッジを、売ってくれないものか。

でも、それは消防法とかなんとかでダメでしょうね。

それに高くつくのかな。