ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年には7月7日に開園し、8月10日(木)に閉園したブルーベリー摘み。

今年も同じような日程で、やっていけたらと思っています。少し早く開園できそうです。

どうぞよろしくお願いします。

なお、今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえます。お楽しみに。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
野菜畑の今



今朝は外気温1℃。

心配していた遅霜がありました。

ワラビがしおれてしまいました。

ジャガイモの芽がやられた農家もあったょうですが、花の谷はなんとか無事。

地形によって、霜が降りたり降りなかったり、びみょうなのです。

その花の谷の野菜畑です。

今までのところでは、今年はずいぶんがんばっています。

露地の方は、レタス、ジャガイモ、ネギ、水菜、トンネルネットの中がカリフラワーです。

まだ、遅霜があるかもと、それでも大丈夫そうなのを選んであります。

草はほとんど生えていません。

でも、ブルーベリーの時期になると、草ぼうぼうで公開できなくなることでしょう。

毎年、そうなのです。

この頃は、ワラビまで侵入して来ているほどです。

ハウスの中は、トマト、キュウリ、ピーマン、キャベツです。

ハウスだから大丈夫とは思うけれど、2~3株ずつ、日をずらして植えています。

そのほうが、収穫時期もずれるから、というのもあります。

何れにしても、農家の半分くらいも収穫できればと思っています。


ATM振込画面の不思議


金融機関に行って、ATMで振り込みをしようと思いました。

もちろん、詐欺に引っかかるような大金ではありません。

と言うことは、ここでは関係ないか。

振込先の店名301を、入力しようとすると、イとか、サとかのキー画面が出ました。

あれっ、数字のキー画面でないと入力できないぞ、どういうことだろう。

「すみません。振込の仕方がわからないのです」

早速、窓口へ行きました。

待てよ、これと同じようなことが、前にもあったような…。

いわゆる既視感というやつです。

すぐに、親切にATMのところまで出て来てくれて、初めから誘導してくれました。

年寄りとはいえ、ATMでの振込くらいはできます。

ただ、この変なカタカナまばらの画面が、わからないのです。

「ああ、301なら、サを押してください」

そうだった。一年くらい前にも、それを教えてもらったのだった。

それにしても、3の場合にはサを押すなんて、思いつかない。

なんだか異次元の世界にでも、来たような気分になったものでした。

これもお年のせいでしょう。

なお、この1年間の間に、まったく振り込みをしなかったわけではありません。

たぶんその時は、請求書に店名が日本語で書いてあって、戸惑わなかったのだと思います。





今日のお仕事


「どうですか。道路混んでますか。」

宅配の人が荷物を届けてくれたので、聞いてみました。

今日も、一歩も花の谷園内からは、出なかったのです。

「オートバイが多いねえ」

確かに、国道の方から、爆音がよく聞こえて来ます。

それで、今日は何をしたか。

わらび畑から、N-boxを使って、かねて放置してあった廃材を、引きずり出す。

以前に、納屋をクマした(壊した)農家から、もらって来た廃材です。

駐車場のタイヤ留めにするつもりです。

デッキの手すりを取り替え修理。

屋根のあるベランダにしなかったものだから、長年の間に、腐ってきてたいへん。

屋根のないデッキは、木製はやめたほうがいいです。

けど、暑くて中断。

午後にようやく完成。

夕方は薪切り。

薪材のままにしてあって、連休中、お客さんでもあると、邪魔なのです。

というわけで、今日も過ぎていきます。




春先のお野菜は


高騰していた野菜、少しは落ち着いて来たものでしょうか。

高騰のせいもあってというか、このところわが家では、ひとり生えの山菜を愛用しています。

その一つが、うるいとも呼ばれるギボウシ。

去年、焼肉会の時に、思いついて持って行って好評でした。

それで、和え物や味噌汁などにしてもらっています。

少しぬるっとして、軽い苦味をかんじるときもありますが、なかなか美味しいのです。

とにかく、採ってきてそのままで、利用できるのもありがたい。

丈夫で少しくらいとっても、滅びそうにないのもいい。

そして、あさつき。

こちらは根を取ったり、きれいにしたりする手間がちょっと面倒です。

でも、長年の間にずいぶんふえてきて、何回も掘っています。

そのほかにと言えば、フキノトウ。

これもずいぶん頂きました。

そして、ウド。

これからで、芽が出て来て、あわてて木くずをかけたりしているところです。



マイナス6℃の寒波が来るそうだ


NHKの気象情報を見ていたら、4/7は0℃、4/8は-4℃、4/9は-6℃だそうです。

8日には、雪だるまのマークまで出ています。

この予報、お天気JPでは、8℃、1℃、0℃と、かなり高めに出ています。

お天気JPさんには悪いですが、経験的に言えば、NHKのほうが信用できる気がします。

それはさておき、このところずっと、最低気温は5℃とか6℃とかで、きています。

でも、売木村では、5月の連休の頃でも、霜が降るのでした。

それなのに、連日の暖かさで、ついうっかり、キャベツの苗とエンドウの苗を、買ってきたところでした。

うーん、やっぱり早まった。

仕方がない、ビニールトンネルと段ボール箱で、当日は備えることにしましょう。

でも、自然の植物たち、大丈夫でしょうか。


画像は黄色のクリスマスローズ。

黄色があるなんて、知らなかった。

開花株を、町から連れてきたけど、寒さには平気のようです。






法多山でお団子を買いました


このブログ、話が前後した形になりましたが、12月になって、袋井市の法多山に行ってきました。

ネットワークうるぎの忘年会で、御前崎へ行った折に、立ち寄ったのです。

信州は山国、毎年、どこかへ魚を食べに行くことになっています。

総勢18名、こんなに大勢なのかと、驚いてしまいます。

実際に働いているスタッフ、プラス協力者といったところでしょうか。

法多山は、お団子で知りました。

浜松市三方ヶ原で、公民館祭りが毎年12月にあります。

そこへ、ネットワークうるぎが、物品販売に出かけていて、よくついて行ってました。

そこで行列ができていて、つられて買ったのが、法多山のお団子だったのです。

食べ物つながりで、なんとも、昔風に言えば、はしたない話です。

行くまでは、門前町があって売っていると、勝手に思い込んでいました。

でも、そうではなくて、とても広大な境内は、ひっそりと静まり返っていました。

広い駐車場も、縁日の時には、いっぱいになるとのことでした。

お団子は、券を買って、社務所のようなところで、受け取るようになっていました。

他には、なにも売っていませんでした。

厄除けだんご。

来年もよい年でありますように。



いちょうの木が、何種類もの宿り木を、のせていました。


袋井市の法多山、お団子を買いに行っただけではありません。

お賽銭をあげて、お参りをしました。

境内の帰路では、イチョウの木に、何種類もの木が宿っているのを、見つけました。 

かなり太い桜の木、モミジ、ビワらしい木、カクレミノなど、モミもあったと思います。

イチョウの葉が、すっかり落ちてしまっていたので、よく目に付いたのです。

そうか、肝心?のヤドリギは見当たりませんでした。

でも、こんなに何種類もの木を乗せて、立っているなんてすごい。

なんという包容力のある木なんだろうと、感嘆しました。

ずいぶんいろんな鳥たちが、休憩をさせてもらっているのだろうと思います。


小春日和、でも3時まで


積もることはなかったけれど、昨日は日中にも雪が舞いました。

でも、今日は明るい日差しで、日中はまずまず暖か。

そうなると途端に元気が出て、落ち葉集めです。

近くの村道で、お日さまの光を浴びながら、熊手を使って落ち葉をかき寄せる。

プラスチックの箕で、落ち葉袋に入れて、クルマに載せる。

これを4袋やると、N-BOXは満杯になってしまいます。

軽トラのときは6袋は積めたのに、軽のワゴンに替えたら、すっかり不便になりました。

でもまあ、このくらいの量が、今の年齢と体力から言えば、相応かもしれません。

さて、ビニールハウスに落ち葉袋を引きずり込んで、次はブルーベリーの剪定。

昼食の後、うまいことに30分で、昼寝から目が覚めました。

今度は木くずを村道脇から、ブルーベリーの株元へ運び込み。

これもあまりやりすぎると、腰などにくるので、5~6回で終わり。

あとはまた、午後の剪定。

ところが、お日さまはどんどん山の端に近づいて、3時には冷たい風が・・・。

明日も小春日和だとうれしいのです。







自動車キーの電池って、2年寿命なのか




「一昨年買ったばかりなのに、もう電池切れだって、距離メーターの脇に表示が出た」

ディラーにキーを持って行った時、少しは不満顔をしていたかもしれません。

もちろん

(11年も乗ったウイッシュの時は、いちども電池切れなんてなかったのに)

とは、言いませんでした。

「そうですね。だいたい2年くらいだと思います。スペアキーのほうも、なってると思います。」

(そんな、スペアキーなんて、ほとんど使ってないのに、もうなるのか。)

というところで、気がつきました。

そうか、ウイッシュはドアロックを外す時だけ、電池を使ってたのだ。

こっちは、絶えず電波を出してるから、電池を消耗するはずだ。

だいたい、エンジンをかける時なんて、昔のように、キーを回すので十分なのに・・・。

今さらながら、便利になるとはお金がかかること、のようでした。

参考までに、電池交換の代金は、部品代399円、技術料486円、合計885円でした。

もちろん、スペアキーのほうは、自分で電池を買って自分でやります。

しまった。

ホームセンターには電池を売っているのかとか、やり方とか、聞いておくべきだった。





橋カード、面白そう。・・・。


隣町の阿南町で、「ちょっぴりマニアックな 橋カード」なるものを見つけました。

「あなん・やすおか(阿南・泰阜)を体験して、橋カードをゲット!」とあります。

たまたま食事をして、入手条件にあてはまっていたので、さっそくもらってみました。

「吉原橋 よしわらはし」。

裏には、「橋データ」も載っています。

人によっては、単なる橋の写真に過ぎない、と思うかもしれません。

でも、こんな歳なのに、自分には魅力的に思えたのです。

9月から始まって、この橋のカードを受け取った人は、47人のようです。

全部で11種、つまり11の橋の写真カードがあるそうです。

さて、問題は入手方法。

例えば、「道の駅信州新野千石平で1,000円以上の買い物もしくは食事」で「はかりまきループ橋」カード。

なかには、陶芸体験とか、ボブスレー体験などで、もらえる橋カードも。

うーん、ちょっとそろえにくいカードもあるかな。

11枚全部揃えるとこまではなかなか、かもしれません。

1枚いくらで、買いたいカードだけは買えるような、安直コースはないものか。

いやいやそれでは、このプロジェクトの狙いから、外れることでしょう。