ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
12月1日~10日頃が、日没はいちばん早い


今日も、午後2時頃まで、昼寝。

でも、この昼寝は、この時期には良くないのです。

2時過ぎから、ブルーベリー畑に出て、菌床堆肥運び。

すると、しばらくしてお日さまは、向こうの山近くをうろうろ、になってしまいます。

陽光もすっかりおぼろになって、空気もひんやり。

時間を見ると、まだ3時前でした。

いよいよ3時15分には日没の時期が、来たのでした。

なんでも、日没が一年のうちで、一番早いのは、12月1日~10日頃の時期だとか。

やっぱり、昼寝はやめて、午後の短く貴重な時間を、大切に使った方がいいのでしょう。

でも、あと10日もすれば、日没は次第に遅くなってくると考えて、少しの間我慢で行きましょうか。





散漫ストレッチ


散漫なんて言葉を使うところからして、年寄りそのものでしょう。

だいいち、ストレッチなんてもの、若い時には聞かなかったと思います。

足を上げて、じっとしているだけで、筋肉がつくなんて、未だに信じられないのです。

でも、テレビやら、ネットやらで、いろいろ覚えて、無知のままにあれこれやってます。

夕食後、テレビも見るほどのものはなくて、仕方なくやってるのです。

この頃は、3時20分頃には日が沈んで、ひんやりしてきます。

止むを得ず室内に入ると、その後もやる時間がたっぷりあるのです。

若い頃からの運動嫌いが、信じられない変化です。

で、どんなものをやってるのか。

文章表現でわかるものなのか、ご笑介しましょう。


そもそもは、脊椎管狭窄症の痛み緩和のために、始めたのでした。

手の指を、足の指の間に入れて、前後に10回ずつ

足首を、前後左右に10回ずつ

足指を、10回ずつ手で引っ張る。

手と足で支えて、四つん這いになって、左右に体を10回ずつ回転させる。

仰向けになって、足を左右に50回倒す。

横に寝て、交互に片足をあげて、100まで数える。

仰向けで、足を左右に開くことを20回。

左右に開いた足を、そのまま左右に20回動かす。

仰向けで、背中を宙に浮かせて、50まで数える。

仰向けで、背中と尻を宙に浮かせて、50まで数える。


ここまででも、きちがいじみています。

でも、慣れると、やれてしまいます。


口を思いっきり開けて、15まで数えるを、5回。誤嚥防止のため。


つま先で立って10まで数えるを、5回。体幹を安定させるため。


立った姿勢から、膝を曲げて腰を低くし、また立ち上がるを20回。筋肉を鍛える。


立った姿勢から、かかとを落とすことを20回。血糖値を下げるため。


あと少しは、省略。


ほんとうに効くのでしょうか。











山の中の新聞配達事情


10月から再び、朝7時頃に、朝刊が届くようになりました。

 夏の前に、配達してくれていた人が、体調などを理由にやめたのでした。 

それで、そのあとは、配達が朝9時頃になりました。

 販売店の人が、ひとりで、村中を配達することになったからだ、と思います。

 つくづく、ひとりで村中を配達するなんて、大変なことだと思います。

 何しろ、山の中では、家と家とが離れて建っています。 

配達のたび、軽トラを降りて、になるのです。 

それに、新聞をとる家も少なくなってきています。

とにかく、割りに合わない仕事でしょう。 

そうそう、15年ほど前は、郵便で午後になってから、朝刊が届いていた時もありました。 

その頃は、集落から村の中心部まで、朝のうちに朝刊を取りに行く人もいました。 

わが家は、そこまでのズクはないので、郵便での配達をお願いしていたわけです。

 その後、配達してくれる人が、見つかったらしく、朝のうちに新聞を見る喜びを、味わってきたのでした。 

再び、朝7時頃になったのは、新しく村に来た人が、配達してくれることになったからのようです。

 ほんとうにありがたいことです。 

心配なのは、冬の間のこと。 

道路が凍結している朝の配達、都会から来たばかりの人に、大丈夫でしょうか。 

ついつい心配してしまいます。

合併浄化槽の失敗


「今度の浄化槽点検は、2月になるんだったねえ。

前は、雪がつもっても困らないように、ダンボールをかけてあげてた気がする」

「それが失敗だったんだ。

それをして迷惑をかけたんだったよ」

お互い歳を取ると、記憶が混乱することもあります。

でも、余計なお世話をしては大変なのです。

「浄化槽は、中で微生物が活動して、フタのあたりまで、温かい。

おかげで、雪は解けてしまう。

ダンボールをかけたら、その上に積もった雪が解けなくて、大変だったらしいよ」

確かに、浄化槽の上は、いつも早くに雪が解けます。

そうか、それなら浄化槽の上に家を建てたら、冬はあったかいだろうな。

まさかねえ…。

外水道の水抜き対策、やりました


氷点前後の最低気温が、続くようになりました。
そうそう、外水道の水抜き対策を、しなければなりません。
蛇口のところまで上がって来ている水を、落とさないと、凍結して水道管が破裂することがあるのです。
実際に、破裂したことがありました。
暖かい午後になって、あたりいちめん水だらけの噴水現象を、体験したものでした。
余分な修理の出費も痛かったし、あんな光景、二度とは見たくありません。
使った後に、水抜き弁を回さなかったのでしょう。
でも、気をつけているつもりだったのに…。
他人を疑っても、仕方がありません。
水抜き弁にペットボトルをかぶせました。
厳冬期になる前には、ガムテープで、もっとしっかりと覆うつもりです。
薪ストーブが焚けない


一昨日、昨日と雨模様で、薪ストーブを焚きました。。

でも、この時期としては暖かくて、いささか遠慮気味に、ほそぼそと細い薪中心でした。

今日は、暖かくて、もちろん日中は、焚かずじまい。

いつもの年だと、もう少しおおっぴらに焚いているところでしょう。

お昼頃には、日差しがすっかり部屋の中に差し込んでいるのに気づかされました。

それでも午後になると、ひんやりした空気で、長袖シャツだけでは、どうかなと思うほどでした。

けど、どういうわけか、蚊が飛んできたりして、やはり暑かったのでしょうか。

そうそう、網戸には何匹か、恒例のカメムシが…。

虫たちも、いささか混乱しているのかもしれません。





ブルーベリーの花と紅葉が、同時期に。


ブルーベリー畑で、ブルーベリーの花を見つけました。

普通は4月の終わり頃から、5月にかけてです。

もちろん、狂い咲きです。

紅葉した株で咲いていました。

が、この紅葉も、芯食い虫にやられたせいの、狂い紅葉と思います。

この時期、多くの株は、まだ緑色がほとんどです。

花のほうは、芯食い虫のせいなのか、天候のせいなのか、わかりかねます。

この後、実をつけるところまで行くことはありますが、熟すところまでは無理なようです。



台風一過だけれど


台風19号、進路方向の左側ということもあってか、この地方では、雨風ともそれほどではありませんでした。

けれども、各地の浸水被害、ほんとうに気の毒です。

来る前に、マスコミが騒ぎすぎのように、言う声もありました。

しかし、これだけ大きな台風だもの、どれだけ騒ぎすぎてもいいのでは、と思っていました。

今回、数日前から、ホームセンターなどでの様子が、報道されていました。

台風15号のことが、人々の意識にあったのでしょう。

けれども、風ではなくて水でくるとは、思ってもいなかった…。

これでは防ぎようもなかったことでしょう。

少し話がそれますが、東海地方と言うか、愛知県とその周辺の地方、災害からは比較的まぬがれてきています。

当地方もそうだと思います。

この何十年で、特に大きなのと言えば、伊勢湾台風と東海豪雨でしょうか。

それだけに、逆になおのこと警戒して過ごさなければ、と思います。

特に、地震が心配です。

ないにこしたことはないけれど、油断は禁物。

かく言う自分、今では、伊勢湾台風の数少ない経験者のひとり、となってしまいました。

心して過ごすことにします。


今日は稲刈り

 


いよいよ明日夜には、超猛烈台風19号が、関東に上陸のようです。

ここへきて、少し東にずれそうなので、思いきって、房総半島の東を通ってほしいものです。

そんな今日、午前中にネットワークうるぎの稲刈りに、行ってきました。

10年前には、60代ばかりでやっていました。

でも、若い人が何人か入ってきて、70代になった者の出番は…。

台風前だから、年寄りでも少しは役にたつだろう、と考えての助っ人でした。

稲刈り機で刈って、稲束を拾い集めて、運搬車でハザ下まで運んで、ハザに掛ける、という手順です。

もちろん、稲刈り機や運搬車には、手を出しません。

ブルーベリー園では、小さな運搬車を使ってはいるのですが…。

「みんなの邪魔にならないように、気をつけてね」

しっかり、その言葉を守っての午前中でした。

最後に、ハザの上に、雨よけのブルーシートを掛けて、12時には、午前の予定を終了。

このシート、幅90センチ、長さ20メートルの市販品があるみたいです。

ハザ掛けだけにしか、使い道はないのでしょう。

毎度のことですが、なにかと農業はお金がかかるものです。

午後は、ブルーベリー園で、台風に備えてのあれこれチェックでした。


不思議なおはなし


「2ヶ月に6万の年金しかないけど、それに2万くらい自分たちが、負担している。

それで、施設に入れてもらえて、そうよくはないけど、特に何ということもなくやっている」

ある人が、自分の高齢の親のことを、話してくれました。

数字に多少の聞き間違いは、あったかもしれないけれど、大きく聞き間違ってはいないと思います。

「貯金が1,000万あるかどうかが、さかい目。

1,000万以上あると、もっといいとこに入ることになって、どんだけでも要ることになる。」

そんなことがあるのでしょうか。

「親が入れてもらったようなとこは、たいがい古くからある施設で、スタッフの人間関係も安定しとる。

ぜいたくは言うつもりもないし、それでええんだ。」

たしかに、一方で月に何十万もかかる施設があることは、知っています。

まあその中身は、施設によって、いろいろなのでしょう。

「だから、どっちみち、そうも貯金など無いけど、超えんよう、使ちまったほうがええわけだ」

ふーん、そうなのでしょうか。

老後の老後、本当にそんなものなのでしょうか。