ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
野菜中心の粗食で、食物アレルーギー改善?


「若いお坊さんたちが、永平寺に修行に行くと、野菜中心の粗食のおかげで、食物アレルーギーが、治ってしまうそうです」

本当でしょうか。

自分は永平寺に確認を取ったわけではないのですが、ある人が言ってました。

「もともと日本人の腸内には、アレルギーを防ぐ細菌がいるそうです。

その細菌は野菜中心の粗食だと、活動的になるみたいです」

これまで、たとえば添加物やら農薬やら、とにかくさまざまな化学物質のせいだと、自分は勝手に思ってきました。

今の時代は、そう言うものが溢れているから、早く飽和点に達して、発症しやすいのではないだろうか。

まさか、そういう物質を除去する細菌がいるなんて、考えませんでした。

少し話がずれますが

「100歳ですか。すごいですね。」

「うん、昔はなんにも食べるものがなかったでなあ。それで長生きしとるんだわ」

長寿のお年寄りについての、その息子さんとの会話を、思い出してしまいました。

「栄養のあるものを摂らなければ…」

貧しくて食べるものもろくに無かった時代に生まれて、いつもそう言われてきました。

そのせいか、食物アレルギーなんて、まったくありません。

今の人たちは、美味しくて栄養のあるものに恵まれています。

それなのに、アレルギーで食べられないなんて、皮肉な話ではあります。

とにかく、治るなら耳寄りな話です。

本当なら良いのですが。



原木シイタケをやめた


「原木シイタケですからね。本当の美味しさですよ。」

何年も前、名古屋へ特産物販売に出かけた時のことでした。

販売が始まってすぐ、そんなふうな口上で、みんなで一生懸命やってました。

もちろんよく売れました。

そして一息ついた頃、となりのブースを見たら、なんとそこでは菌床シイタケを並べていました。

「そっちが売り切れたら、その後に、菌床も売れると思ってたよ」

なんとおおらかな。

もうはずかしいかぎりでした。

原木か菌床か、味に好みがあるから、どちらとも言えないでしょう。

ただ、この辺りは冷涼な気候のため、じっくり成長したいいコナラの木があるし、原木栽培ばかりなのです。

それはさておき、ある原木シイタケのプロが、もう栽培をやめるそうです。

「この歳では、木を伐れんようになったでなあ。

人に頼んだでは、手間賃ばっかかかって、元はとれん。」

たしかに、わが家でも楽しみでやっているだけで、道の駅で買った方が、実際は安あがりなのです。

「雨が降る前に採らんといかん。濡れたのではしょうもないでなあ。

歳をとると、それも手早くはできんようになってきた」

それに、気象条件によって、さっぱり採れないこともあります。

いやこの頃は、毎年のように不作みたいです。

かくて、原木栽培シイタケ、どんどん希少品になっていくように思います。



緊急募集、新聞店配達スタッフ2名


今朝の新聞に、折り込み広告が入っていました。

2名も募集だそうです。

人口600人弱の小さな村です。

もしかすると配達をしてもらえなくなるのではと、心配になってきます。

10年ほど前は、配達する人がいないとかで、郵便で届いていました。

朝、村の中心部まで、軽トラで取りに行く近所の人もいました。

しかし毎朝では、自分にはとてもできそうにありませんでした。

郵便配達の時間の関係で、わが家のあたりは、午後になってから届いたりしたものでした。

それにしても新聞配達って、大変な仕事です。

この地方では、夕刊こそないものの、毎朝と思うと、頭が下がります。

特に、冬の朝は道路が凍結していることも多いし、雪の日もあります。

配達スタッフ、見つかるでしょうか。

本当に心配です。

そうそう、わが家の愛犬キュートは、毎朝デッキで新聞配達のおばさんを待ちかねています。

「かわいいねえ、美人さん、美人さん」と言ってもらっています。

そのおばさんがどうなるのか不明です。

でも、朝早く起きて、デッキに出してやるように、当分頑張ることにします。


p>




火災のはなくて、台風や地震のがあった


「去年一年間、火災での保険はありませんでした」

この地方のある人から聞きました。

狭い地域でのことらしく、たまたまそうだった、と言うことなのかもしれません。

「台風は、去年10月に2回もきて、申請がいくつもありました。

地震も、去年は震度4の時に、ヒビが入ったから見にきてくれよ、と言うのやらがありました」

あの地震、局地的で瞬間的のような地震、と勝手に思っていましたが、被害があったようです。

台風のほうは、保険に該当したかどうかは別にして、わが家の近くでも、土手が崩れたところが、3箇所もありました。

これまでは火災保険と言う言葉を普通に使っていて、身近に感じてきました。

しかし、火災よりも台風や地震の被害の方が多かった、と言うのはすこしびっくりしますし、納得の気持ちもあります。

もちろん、毎日のように、国内のあちこちで、火事による犠牲者の報道があるくらいです。

火災も油断禁物です。

でも、台風や地震、本気で気をつけなければならないのでしょう。

と言って、実際にどうやって気をつけたものなのか。

とにかく、あってほしくないことです。




郵便局長さんは、ゴールデン。それともバーニーズかな。


天竜峡の近く、というか、旧かぶちゃんのレストランなどがあったところの近く、斜め向かいあたりです。

小さな郵便局があります。

そこへ立ち寄ったら、局舎の前に、「局長室」と書かれた大きな犬舎がありました。

中には、二頭の大型犬が…。

とっても大きいのに、ゴールデンは2歳、バーニーズのほうは8ヶ月だそうです。

年齢から言うと、ゴールデンが局長さんなのでしょうか。

両方ともでも良いのか。

犬舎の近くに軽のダンプが置いてあって、それで通勤しているのでしょう。

と言うわけで、この連休中は自宅待機で、見に行ってもいないと思います。

二頭とも、とてもおとなしいけれど、大き過ぎて手を出す気にはなれませんでした。

大きな扇風機が置いてありましたが、北のほうとか山岳地とかの生まれで、暑がりなのだそうです。

とにかくかわいいので、用もない時も立ち寄ってしまいました。


売木村、広範囲に停電でした


またしても、2月の雪写真を使い回ししてしまい、申し訳ありません。

別に、愛犬が写っているからと言うわけでは、ないのですが…。

4/10の雪は、ベタ雪のせいもあって、外へ出て写真を撮ったりしなかったのでした。

以下、4/10の後日談とも言うべきお話です。

その春の雪、わが家のある戸数30戸ほどの集落は、5分くらいと、30分くらいの停電ですみました。

なんでも、西の平谷峠の向こうから、電気が来ているおかげのようです。

ところが、売木川本流の流域、村の中心部あたりは、停電がもっと長かったとか。

別の系列で、川下の方から、電気が来ているみたいです。

開設した避難所の様子が、テレビニュースにも出たようです。

下流のほうから順に、電信柱をチェックしは、復旧させていった、と聞きました。

そのため、上流の集落ほど、夜遅くになったそうです。

「避難所に行くと言っても、雪があったからなあ。石油ストーブを焚いて、湯たんぽを抱えて、早くに寝た」

もちろん、避難所に行った人たちもいたようです。

とにかく真っ暗だし、ファンヒーターはダメだし、石油ストーブは必需品なのです。

わが家のような、もっとアナログな薪ストーブも、役に立ちます。

「発電機があるはずだけど、物置の奥のほうで、出せんかったわ」

十数年前には、南信州のある村で、1週間も停電したことがあるとか、寒い時期だととても困るのです。

それでも、都会の人よりは、はるかにたくましいようには思います。

いずれにせよ、担当の方々、ほんとうにご苦労様でした。

なお、この停電ですが、大部分が重い雪による倒木、枝折れのせいだろうと思います。

後日、飯田へ出かけた時に、道路にいくつもの倒れかかってきた木や枝を、見かけました。

道路にはみ出したのを、急いで処理した様子が、うかがえました。

走っていて枝が落ちてきたらと、ゾッとします。

山に入る人が減って、これからますます倒木、枝折れが増えるのではないかと、心配します。










久しぶり、ぽっぽ屋さんと遭遇


「今回新野では、昨日と今日と2日間。南信州の南のほうを、中川村から順に回ってます」

トンネルの東、新野の街へ行ったら、JAの前にぽっぽ屋さんが来ていました。

たこ焼きとたい焼きが美味しい屋台、移動販売車です。

この辺り、半径数十キロは山ばかり、たこ焼きのお店なんてありえないのです。

「50日くらいでほぼ一周。50日後にまた来ます。」

残念なのは、売木村には来てくれないこと。

まあ、人口600人に満たない村では、仕方がないでしょう。

村々をまわって行くなんて、なんか羨ましい気もする。

そういう人生もあるんだ。

とは言え、自分はたこ焼きを焼くなんて、とても上手く出来そうにないのでした。



午後のバス


ある冬の日の午後のことでした。

何年ぶりかで、駅へ向かう定期バスに、乗ることがありました。

乗り込んだ時は、自分の他には、誰も乗っていませんでした。

でも、途中の停留所で、ドヤドヤと急に、何人も乗ってきました。

どうやら福祉作業所のようなものがあるらしく、その若者たちのようでした。

バスが発車しようとするところで、少し歳の行っているらしい男の人が、ひとり乗り込んできました。

続いて、作業所のスタッフらしい若い女性が、追いかけるようにやって来ました。

若い女性は、バスの乗降口に片足をかけると、男の人に言いました。

「ねぇ、もう一度話し合ってみましょうよ。降りましょう」

女の人は、懸命に話しかけます。

「おんなじ事でしょう。なんにも変わらないんだ」

男の人は、かたくなに拒否している様子です。

それでも、女の人は何度も何度も、声をかけています。

他の若者たちは、黙って席に座ったままでいます。

運転手さんも、バスを止めたまま、しばらくは何も言いませんでした。

そのうちに、若者の一人が聞きました。

「4時までに、駅に着きますか?」

慣れっこになっている声のように思えました。

「大丈夫ですよ。けど、どうします。もうバスを出しますよ。」

運転手さんが、少し困ったように答えました。

部外者の乗客である自分のことを、気にして言ったようでもありました。

もちろん、自分には急ぐ理由は、まったくありませんでした。

「あっ、○○さんが来た」

主任なのでしょうか、中年の男の人が、走ってきました。

「もういいから…。また…。」

主任らしい男の人は、、女の人に声をかけました。

「でも…。」

女の人は、なおも必死の様子です。

けれども、男の人にうながされて、しぶしぶのようにステップにかけた足を降ろしました。

「いいですか。発車しますよ」

バスは、主任らしき男の人とスタッフの女の人とに見送られて、発車です。

そして、駅の少し手前のバス停で、歳の少しいったの男の人と、ほかにふたりの若い人が、降りて行きました。

3人の何事もなかったように歩いていく様子が、バスの外に見えました。














ああ、除雪機


「今年は雪が少なかったで助かったわ」

そんな言葉がかわされる売木村です。

上の写真は今シーズンのある日ですが、積雪量としては、たいしたことはありませんでした。

なのに、こんな話題で恐縮です。

「除雪機が置いたるけど、あれも売り物なのかなあ。使っているやつなのか」

隣町のあるところに行った時のことでした。

自走式のラッセル車みたいに、雪を吹き飛ばすタイプが置いてありました。

「5万円。中国製だけど、きちんと動くよ」

実際にエンジンをかけてもらいました。

大きく心が動くシロモノです。

でも、この歳ではあと何年使えるのでしょう。

いや、年取ってからのほうが、助かるかもしれない。

暖かい冬が多いとしても、どかっと雪は降ったりします。

けど、買ったらまたまた置き場所がいります。

昔からの農家が、いろんな農機など用の沢山の建物を持っているのは、よく見かける光景です。

断捨離の生き方とは、真逆なのです。

と言うわけで、購入はかろうじて断念しました。

まだ置いてあるのでしょうか。




高原カフェこもれびは4月1日、蕎麦屋4月2日からです。


売木村からは、平谷峠の西方向、平谷村にある二つのお店のことです。

去年から開店の高原カフェこもれび、長い冬休みを3月31日で終えて、いよいよ4月1日から再開のようです。

今年は春の訪れが早い気がしますが、まだまだ寒の戻りはあるかもしれず、やはり4月からでちょうどなのでしょう。

蕎麦屋侍は、去年から日曜日と月曜日が、お休みになったので、4月1日までお休み。

4月2日からなのでしょう。

去年の秋には、4月はずいぶん先と思っていましたが、いつのまにか間近となってしまいました。

それでは、ブルーベリー園花の谷は?ですが、こちらは7月になってから。

暖かい春が続いたとしても、そんなに早いOPENには、ならないようです。