ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ああ、スマホ


「LINEはやってないの?あれがあると便利なのに」

「うん、けどお友達なんて居ないもんなあ」

などと、答弁して、弟を驚かせるくらいなのに、夫婦してガラケーを、スマホに替えました。

すると、波乱の毎日が・・・。

でも、60前後のある人も言ってました。

「いや、わたしも替えたら大変なんです。かけたつもりがないのに、電話がかかってたりしますしね・・・。」

そうそう、それもありますよね。

電話に出るほうは、スライドしないと出られなくて、もたもたしてると、切れてしまう。

かけるほうは、うっかりさわっただけでも、かかってしまう。

あれって、設定が逆ではないでしょうか。

それとも、現代のひとは、そんなに電話に出るのが、怖いのでしょうかねえ。

メールのほうも、設定するのがめんどくさくて(できなくて)、ショートメールだけです。

まあ、めったに来ないし、チェックもしないのです。

そのショートメール、購入した時、写真のようになっていました。

これでは、キーボードがじゃまで、なんと書いたのかわからないではありませんか。

お店に持って行ったら、悪戦苦闘の末、治してくれました。

なんでも、紙ひこうきのマークにさわったら、治ったそうです。

そんは簡単な話だったのか。

家に帰って、お母さんのも直してあげようと見てみたら、いつの間にか勝手に治っていました。

そこまではいいのですが、昨日になって、また勝手に元に戻っているのを、発見しました。

とにかく、勝手なお世話みたいなことを、このスマホ、よくやってくれているのです。

どうしたら治るのか、まだ治りません。

けどねえ、キーボードの下に画面がある設定なんて、どうしてそんなで出荷したのでしょう。



修理したら、カラフルデッキになりました。


愛犬キュートの出入り口、デッキの扉あたりの床が、腐ってきました。

建物側には、屋根があるので、大丈夫ですが、屋根のない外側部分が、雨に濡れてやられたのです。

途中で、屋根を作ってもらって、デッキからベランダに昇格させようかと、思ったこともありました。

でも、デッキ全面だと、相当な出費になるし、何しろこの歳では・・・。

で、修理資材はというと、幅、厚さともぴったりの色違い破片が、4枚ありました。

長さが足りなかったので、つなぎ合わせて、2箇所は完成。

あとが、足りない。

そうか、外側半分が腐っている4枚を、繋ぎ合わせれば良いのか。

というわけで、残り2箇所も完成。

色鮮やかなパッチワーク風?デッキが、出来上がりました。

けれども、下の写真のように、まだ腐りかかっているところが、いくつかあります。

この次は、どうしたものだろうか。

と言うよりは、全面塗装したほうがいいのでしょうね。

痛いとこばっかりだわ


「まず病院は行ったことない。知らんうちに、100を超えてまった」

以前、村内のあるお家に、行った時のことです。

玄関に入ったその向こうに、畳の部屋があって、夏でもコタツが出ているのは、多くの村のお家と同じでした。

100を超えるお姉さまは、こちらに向かって、コタツに座っていました。

「いいねえ、病気なしで100まで来るなんて」

すると、お姉さまが言いました。

「なんの、なんにもええことなんか、あらせんわ。痛いとこばっかだわ」

ふーん、病院に行かなくてもいいくらい健康でも、痛いところがあちこちあるみたいだ。

長生きするって、結構大変なんだ。

その時は、そんなふうに思ったものでした。

自分はといえば、あちこちの診察券を、あまり使わないポイントカードと同じくらい、たくさん持っています。

それなのに、このごろすでに、痛いところもでてきているのです。

なお、以下は蛇足です。

今は亡きこのお姉さま、何を見間違えたのだったでしょう。

「えらあ、ええ男が来たなあ。」

と、のたまいました。

逆光だったにしても、凄すぎます。

そんな言葉、この歳まで誰にも言ってもらったことはなかった。

やっぱり、そのくらい世の中を、肯定的に見て生きれば、長生きもできる、と思ったものでした。

そして、男にも、子どものうちに、少しくらいは見かけについて、自信を持たせておくほうがいいかもしれません。






逃げるのは恥ではない。命のほうが大切です。


若い女性タレントの出家騒動が、話題になっているようです。

先輩たちのなかには、契約とか社会常識とかを持ち出して、意見する人もいるような・・・。

確かに、周りの多くの人が、困ることかもしれません。

でも、それって、いじめにあって苦しんでいる子どもに、なおも学校へ行け、と言うのと同じです。

広告会社の女性社員の、過労による痛ましい事件も、まだ記憶に新しいところです。

身体の病とは違って、心の場合は見極めにくいし、個人差もあります。

でも、明らかに若々しく多感なこころが、押しつぶされそうになっている、と思います。

社会常識や大人の都合を、持ち出している場合ではないでしょう。

時と場合によりますが、そんなものどうでもよろしい。

いのちこそ、一番大切なものです。

逃げることは、なんにも恥ずかしいことではありません。

まずは、周りが助けてあげてほしい。

そして、間違っても、若い人を利用することは、しないでください。






冬のパクチー畑


去年の夏に、パクチーやケール、イタリアンパセリが、植えられていた畑です。

時々、大型トラックが行き来していたので、うまくいっていたと思います。

村の古い家を借りて、何人かのスタッフが、暮らしていくような話も聞きました。

パクチーやケールは一年草のはずですが、この寒さにもかかわらず、緑色が残っています。

と言っても、もう収穫は無理で、春になれば、耕し直されて、タネが蒔かれることでしょう。

楽しみです。

かざす


「自動支払機で」と言われたので、もらったプリントを持って、支払機のところへ行きました。

ある公共の施設でのことです。

以前そこへ行った時は、窓口での支払いでした。

「バーコードをかざしてください」とあって、そのすぐ上に、小さなプラスチックの透明な窓があります。

プリントをひっくり返して、バーコードの部分をかざしました。

セルフのガソリンスタンドで、たまにやるので、なんということはないのです。

けど、反応しない。

角度とか何かあるんだろうと思って、小窓にバーコード部分を、押し付けたりしました。

やっぱり反応しない。

近くにいたそこのスタッフが、来てくれました。

歳取ると、これが一番辛いのです。

自分では大丈夫のつもりなのに、危なっかしい年寄りに思えるのかなあ。

そうではないのです。

若い時から、状況判断、ないしは現状把握が苦手中の苦手でした。

突飛な言動で、数限りなく本人までをも、驚かせてきているのです。

いちばん幼い時の記憶は、郵便物を出しに行った時でした。

差し出し口に「オス」と書いてある意味が、わからなかった。

ポストの前で、考え込んでしまったものでした。

「その上のところに、差し込んでいただければ・・・」

なんだそんなことか。

横から見ると、「コ」の字型の突起があって、そこへプリントを差し込めばよかったのでした。

きっと、こんなこともわからない、歳はとりたくないもんだと、思うのでしょう。

それは、歳のせいもありますよ。

でも、これだったら、「かざす」ではなくて、「差し込む」ではないだろうか。

あのプラスチックの小窓は、なんだったのだろう。

客観的に見れば、そういうとこ全部ひっくるめたものが、歳取った証拠なのかもしれません。

そうか、だから案内役のスタッフが、そこに常駐していたのかな。

まっ、それはともかく、歳のせいと思われてはくやしい。

気をつけよう。










プラマード、全部に付けたいけれど


ガラス窓や掃き出しに、もう一セット、ガラス戸をはめて、断熱や静音の効果を上げる商品があります。

そのプラマード、つまり窓をプラスするということだと思いますが、それをつけました。

何しろ冬の寒さは厳しいし、よる年波なのです。

商品名をあげてしまいましたが、その方がわかりやすいので。

90×180のガラス窓で、工事費とも50,000円くらいでした。

効果は確かにあるようで、浴室が冷んやりしなくなりました。

窓一つのことなのに、小綺麗になって雰囲気が変わりました。

結露がなくなったので、朝方の冷え込みで、カーテンが凍りつくことも、なくなりました。

いいことずくめみたいですが、なにしろ先立つもののことがあるのです。

北風が吹きつけてくる西側部分だけになりました。

あんなところに


曲がりくねった山道の国道を、車で走っていた時のことでした。

前方左手、国道のわき、けわしく高い崖の下に、なにかオレンジ色っぽいものが見えました。

お年寄りの女の人が、ジャンパーのようなものを着て、うずくまっているのでした。

ちょうど、午前の明るい日差しがあたって、とても暖かそうでした。

オレンジ色のせいも、あったかもしれません。

でも、こんなところに、どうして一人でいるんだろう。

よく見ると、そこはバス停のようでした。

行政の運営するバスが、1日に何本か走っているのです。

けれど、こんなところにバス停があって、民家はあったのだろうか。

左手は険しく高い崖、右手は崖のはるか下を川が流れています。

どちら側からも、国道に出てくるような道は、前後二、三キロはなかったように思います。

ここからだいぶ離れたところになら、家もいくつかは見られます。

でも、それならそこのバス停で十分なはずでした。

まっいいか。

たぶん、知らないだけのことで、崖の下、川までの途中に旧道があったり、民家があったりすることでしょう。

珍しく朝から暖かい冬の日差しの午前でした。




1パック50円って


「よそで聞いた話だけどで、パックが、50円だというもんなあ。」

旅の途中で、あるブルーベリー園を訪問して、お話を聞きました。

「50円ですか。ずいぶん高いパックですね。そんなでやっていけるのかなあ」

あとで聞いたら、お母さんもパックの値段のこと、と思ったそうです。

「いや、ブルーベリーが入ったパックだよ。それが、市場で50円にしかならん」

まさか、それでは摘み取りの手間賃も、出ないでしょう。

「ブルーベリーは、販売ルートが問題だ。どうやってさばくかだなあ」

確かにそうだと思います。

実をつけるところまでは、他の果樹よりはまだ手間がかからなさそうです。

それに、小さくて軽いので、扱いは便利です。

でも、日持ちが良くないので、短期間に売りさばかないと、返品の山となってしまいかねません。

「好きでブルーベリーだけを、やっとるとこはある。あとは、片手間だろう」

いまどきどんな仕事も、それぞれにたいへん。

ブルーベリーも、それだけで食べていくのは、難しそうでした。













病院で会った人2


東京都と言ってもはるか南の島から、この南信州へ来たと、隣のベッドの老人は言いました。

その前には、東京にいたようにも聞いたと思います。

奥さんと二人で来て、もう何年も暮らしてきたそうです。

場所を教えてもらいましたが、山奥だらけの南信州南部の中でも、そのまた山奥、人家など無さそうなところです。

そこへ行くには、2つの方法があるとのことでした。

ひとつは、テレビに出てきた秘境駅で降りて、細い山道を歩く方法。

1時間半ほど歩く、と聞いたと思います。

実際に、テレビで見ることのできた道でしょう。

もう一つは、別のそれほどには秘境駅でない駅で降りて、村道のあと山道を歩く方法。

こちらの方が、歩く時間は少し短いようでした。

でも、途中に吊り橋があって、それが壊れかかっている危険な橋のようでした。

吊り橋は、地域の人が作ってくれたとか、電気は中電が引いてくれて、薪と沢水の生活だそうです。

家は、自分たちで作ったと聞きました。。

詳しく聞いたわけではありませんが、病状はあまり良いようには思えませんでした。

退院できたとしても、再びそんな山奥に、行くことができるだろうか、と思ってしまいました。

この病院まで、誰がどうやって、連れてきたのだったでしょう。

自分は、経過観察入院の翌朝に退院してきたので、見舞いに来るはずの奥さんに、会うことはありませんでした。

その奥さんが、テレビに出てきた人だ、と思いましたが、実際は人違いかもしれません。

テレビでは、自然の中の暮らしがしたくて、東京から南信州に来たと言っていました。

そんな山奥まで来るくらいだから、よほど秘められたロマンスでもあるに違いない。

老人と話しているときは、心の中で真剣に思ったものでしたが、それはちょっと聞けませんでした。

テレビでは、ご主人は何年か前に亡くなったとか、奥さんも今はその家には、住んでいないとのことです。

そうそう、老人と会ってから何ヶ月かして、近くまで行く機会があったので、駅から村道を車で登って行きました。

確かにそれらしいところがあって、細い道が斜面を下っていました。

この先に壊れかけた吊り橋がある、と確信しましたが、山道に踏み込むことはせずに帰ってきたのでした。


追記

老人が、会ったばかりの人間に、よくいろいろと話してくれたものと、思います。

我が人生に悔いはなし、そんな印象でした。

心から、ご冥福をお祈りします。