ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
精米に行ってきました


道の駅ふるさと館の脇にあるコイン精米機、時々利用しています。

玄米10キログラムが、100円で精米できます。

精米に行くときは、玄米を入れた袋の他に、もうひとつ袋を持参します。

目的は、米ぬかをもらってくること。

写真左手の米ぬか取り出し口に、袋をはめてハンドルを下ろします。

自分が精米した分の米ぬかが、出てくるわけですが、時として、前の人が取っていかないことが…。

そんな時は、とても得をした気になります。

その米ぬかをどうするかですか。

ブルーベリー畑に肥料として、入れてやります。

と言っても、腐って、見た目が悪くなることもあるので、まあ人の来ないまこれからなら、大丈夫と言ったところ。

それほど大騒ぎするほどのものでもないのですが、有機物はこれすべて宝物、のつもりなのです。



乗れなかった観光船


何年も前の、冬のことでした。

このブログは、年寄りが書いているだけあって、昔のことが突然出てきます。

年寄りだから、いろいろ経験することもあるのです。


海辺の町を走っていたら、観光船のりばがありました。

15時の最終便に間に合ったので、チケットを購入して、乗り場の桟橋で待ちました。

やがて、沖合からお洒落な船が、近づいてきました。

乗客のお年寄りが2人、甲板の椅子に座っているのが、見えるようになりました。

若い女の子数人は、手すりにつかまったりして、立っています。

操船しているのは、自分よりは年上くらいのお年寄りたちでした。

漁船かなにかを、引退した人たち、だったかも知れません。

船は、そんなにスピードが出ているわけではなかったけれど、次第に近づいてきます。

と思っていたら、接岸するのではなく、桟橋の先にぶつかりました。

桟橋をこすりながら、なおもゆっくりと進んでいきます。

「はよう○○しろ」

桟橋にいた中年の男の人が、なにか叫びました。

さっきチケットを売ってくれた人です。

よく聞き取れなかったし、専門用語らしく、なんと言っているかはわかりませんでした。

「できん」

船の上で叫んでいます。

と思う間も無く、チケットを売っていた人は、桟橋を走って、船に飛び乗りました。

よく飛び乗ったと思うくらい、すばしっこい動きでした。

海に落ちかねないくらい、ほんとうに危なかった。

そのまま船は、桟橋の向こうの防波堤に、ぶつかりました。

でも、その男の人のおかげか、そんなに衝撃のないぶつかりかたのようでした。

船の上で、若い女の子たちが、笑っていました。

あまりのことに、驚きすぎての笑い、だったかも知れません。

お年寄りふたりは、声も出ない様子に見えました。

少し離れた船の上のことなのに、手に取るようにはっきり見てとれたのです。

「怖い。もう乗らないよ。帰ろうよ」

隣にいた妻が言いました。

「うん、そうだね。でも、少し待ってよ」

こっちからキャンセルを申し出たら、二千円だったかのチケット代を、返してもらえないかも知れない。

この期に及んで、そんなことを考えてしまったのです。

まだ少しは乗る気でもいたのです。

「このまま、ドックに行きます。切符売り場で、払い戻しを受けてください」

船の上から、声がかかりました。

船は、乗客を乗せたまま、行ってしまいました。

乗客にしかるべき対応をする必要が、あったのでしょう。

もちろん、点検修理も必要だったのでしょう。

払い戻しを受けた後、自分たちは、車で待っている愛犬キュートのもとに、戻ったのでした。









侵入してくる草花たち


今日も暑くなりそうです。

いや、もうこの時間から暑いです。

これでは、去年のように、実がしょぼくれてしまうこともありそうです。

急な店じまいになるかもしれません。

今年は冷夏で雨が多い、と言ってたのに、温暖化がいよいよ恒常的になってきたかと思います。


ブルーベリー園花の谷、いろんな植物が、絶えず侵入してきます。

アケビ、フジ、ジネンジョ、ヒルガオ、ヤブガラシなどのツル植物は、明らかに敵性植物です。

もっぱら引っ張り抜き作戦で、撲滅を図っています。

でも、モグラ叩きみたいなもの、到底手に負えず、いつも敗北の憂き目に遭っているのです。

差をつけてなんですが、とくに花をつける草花には甘いのです。

上はオミナエシ。

下は、前にも書きましたが、オカトラノオ。

「この花、なんという名前ですか」

「えーっと、ヤマトラノオだったと思います」

うっかり答えてしまいました。

つつしんで、訂正させていただきます。

その下は、園芸植物でしょうか。

植えた覚えはないし、名前もわかりません。

これ以上殖えたら、セーブしょうと考えています。

いちばん下のスッと伸びた黄色の花は、キンミズヒキです。






大雪警報だったから、夜10時に旅館を出て帰ってきた。


7月と言うのに、雪の記事で恐縮です。

今年の4月9日、山梨県に桜を見に行った時のことです。

ふだんからそんなにスピードを出すわけではないので、片道4時間以上はかかる道のりでした。

1日に往復で8時間は、この歳ではきつすぎます。

幸いにも?、諏訪湖畔に宿を予約することができました。

ところが、温泉に入って食事をしての後、夜9時のニュースで、南信州に大雪警報とのこと。

諏訪湖あたりも南信州なのです。

注意報ではなくて、警報でした。

確かに、雪が降るかもと言う予報は知っていました。

でも、もう4月だし…。

その数日前に、スタッドレスからノーマルに替えたばかりでした。

「タイヤ交換、ちょっと早いかなあ。まあ、ここまできたら、降らんだろうねえ」

「降っても、地面があったかいから…」

替える前に、標高850メートルの売木村で、そんな会話をしたものでした。

(まずいことになったなあ。

明日の朝、積雪だったら、帰れん。

大雪だったらすぐには解けんだろう。

もう一泊といっても、宿がとれるだろうか)

いや、諏訪湖畔は雪が解けても、売木まで帰って行ったら、雪があって坂道が登れないかもしれないのでした。

それ以前に、ノーマルでは中央道に入れてくれないでしょう。

それでも、宿の布団の中でグズグズしていました。

そして、夜9時半、突然思いつきました。

そうだ、今から帰ろう。

フロントに電話して着替えして、チェックアウトしました。

もちろん、規定通りの宿泊料金でした。

ほかにそういう宿泊客がいないか、聞いてみたい気がしましたが、聞きませんでした。

夜10時に宿を出て、深夜12時過ぎに帰宅。

これが雪道だったら、どんなだったでしょう。

翌朝、テレビで諏訪湖畔の様子を見ました。

道路に雪があるようなないような、けれど、その朝売木は積雪20センチ以上だったのです。

とは言え、やっぱり朝の温泉入浴と朝食と…、悔しかったなぁ。





ネバーランドのたいやきカフェ


根羽村のネバーランドに、たいやきカフェが開店したことは、知ってました。

たまたま開いている時間に通りかかったので、立ち寄ってみました。

あんことプリン味が170円、餡なし120円でした。

プリン味を1個買って、二人でいただきました。

何しろ血糖値が気になるのです。

今まで食べてきたたい焼きよりは、洋菓子系の感じがしました。

これなら餡なしでも食べられそうでした。

カフェというだけあって、屋台のたい焼きとは一味違う、と言ってもいいのかもしれません。

もちろん、どちらも大好きです。


5つの穴を開けて全摘した


「胃の手術を受けました。全摘だそうです。」

同年代のある人が、話してくれました。

半年前とかで、今ではすっかり元気そうでした。

「お腹に5箇所穴を開けて、摘出したとかです。

『全部機械がやります。僕は見ているだけです。』

とお医者さんは言ってました」

それだけの手術、つまりプロジェクトを組み立てて実行するなんて、お医者さんにとっても大変なことと思います。

それにしても、もうそこまで進歩しているのでしょうか。

想像するに、細かく切り刻んで穴から吸い出すのか、と思います。

けど、食道と小腸とを繋ぐのも、機械がやるのでしょうか。

ちょっと信じがたい話です。

でも、やっぱりそこまで進化してきているのかも…。

「こうなると、少しでもおそく病気になったほうが、楽に治してもらえそうな気がしますね」

なんだか、妙なことを口走ってしまいました。

なお、当ブログの筆者は、他のこともそうですが、医学的なことについても、全く知識を持ちません。

また、詳しく知ると、自分がそうではないかと怖くなるので、極力避けて通るタイプです。

なので、ここに書くことは、ただ人から聞いたこと、というだけのことです。

それに、あとになってようやくいろいろ疑問が湧いてくる情けないタイプでもあります。

間違っても、全部を間に受けないようにお願いします。

ただし、フェイクニュースを流すと言うような、意図はありません。

無知なるが故の間違いがあっても、どうかお許しください、と言うことです。


思春期に痩せてた人は、中性脂肪の数値が高い


「思春期に痩せてた人は、中性脂肪の数値が高くなりやすいそうです。

中性脂肪をたくわえておく筋肉がないので、血液にたくわえるから、と聞きました。」

もう随分前のことになります。

CBCラジオの午後の番組で、概略そんなことを言ってました。

そうだったのか、と思いました。

中性脂肪というものが、言われるようになってから、ずーっと300とか350とか…。

思春期も48キログラム前後の体重だったのです。

高すぎる、このままでは脳梗塞になりやすい、と言われて、当惑するばかりでした。

もっとも納得した気にはなりましたが、問題が解決したわけではないのです…。

やっぱり血管に貯めたんでは、よくないんでしょうね。

それにそんな話は、それ以降どこでも聞かないのです。




野菜中心の粗食で、食物アレルーギー改善?


「若いお坊さんたちが、永平寺に修行に行くと、野菜中心の粗食のおかげで、食物アレルーギーが、治ってしまうそうです」

本当でしょうか。

自分は永平寺に確認を取ったわけではないのですが、ある人が言ってました。

「もともと日本人の腸内には、アレルギーを防ぐ細菌がいるそうです。

その細菌は野菜中心の粗食だと、活動的になるみたいです」

これまで、たとえば添加物やら農薬やら、とにかくさまざまな化学物質のせいだと、自分は勝手に思ってきました。

今の時代は、そう言うものが溢れているから、早く飽和点に達して、発症しやすいのではないだろうか。

まさか、そういう物質を除去する細菌がいるなんて、考えませんでした。

少し話がずれますが

「100歳ですか。すごいですね。」

「うん、昔はなんにも食べるものがなかったでなあ。それで長生きしとるんだわ」

長寿のお年寄りについての、その息子さんとの会話を、思い出してしまいました。

「栄養のあるものを摂らなければ…」

貧しくて食べるものもろくに無かった時代に生まれて、いつもそう言われてきました。

そのせいか、食物アレルギーなんて、まったくありません。

今の人たちは、美味しくて栄養のあるものに恵まれています。

それなのに、アレルギーで食べられないなんて、皮肉な話ではあります。

とにかく、治るなら耳寄りな話です。

本当なら良いのですが。



原木シイタケをやめた


「原木シイタケですからね。本当の美味しさですよ。」

何年も前、名古屋へ特産物販売に出かけた時のことでした。

販売が始まってすぐ、そんなふうな口上で、みんなで一生懸命やってました。

もちろんよく売れました。

そして一息ついた頃、となりのブースを見たら、なんとそこでは菌床シイタケを並べていました。

「そっちが売り切れたら、その後に、菌床も売れると思ってたよ」

なんとおおらかな。

もうはずかしいかぎりでした。

原木か菌床か、味に好みがあるから、どちらとも言えないでしょう。

ただ、この辺りは冷涼な気候のため、じっくり成長したいいコナラの木があるし、原木栽培ばかりなのです。

それはさておき、ある原木シイタケのプロが、もう栽培をやめるそうです。

「この歳では、木を伐れんようになったでなあ。

人に頼んだでは、手間賃ばっかかかって、元はとれん。」

たしかに、わが家でも楽しみでやっているだけで、道の駅で買った方が、実際は安あがりなのです。

「雨が降る前に採らんといかん。濡れたのではしょうもないでなあ。

歳をとると、それも手早くはできんようになってきた」

それに、気象条件によって、さっぱり採れないこともあります。

いやこの頃は、毎年のように不作みたいです。

かくて、原木栽培シイタケ、どんどん希少品になっていくように思います。



緊急募集、新聞店配達スタッフ2名


今朝の新聞に、折り込み広告が入っていました。

2名も募集だそうです。

人口600人弱の小さな村です。

もしかすると配達をしてもらえなくなるのではと、心配になってきます。

10年ほど前は、配達する人がいないとかで、郵便で届いていました。

朝、村の中心部まで、軽トラで取りに行く近所の人もいました。

しかし毎朝では、自分にはとてもできそうにありませんでした。

郵便配達の時間の関係で、わが家のあたりは、午後になってから届いたりしたものでした。

それにしても新聞配達って、大変な仕事です。

この地方では、夕刊こそないものの、毎朝と思うと、頭が下がります。

特に、冬の朝は道路が凍結していることも多いし、雪の日もあります。

配達スタッフ、見つかるでしょうか。

本当に心配です。

そうそう、わが家の愛犬キュートは、毎朝デッキで新聞配達のおばさんを待ちかねています。

「かわいいねえ、美人さん、美人さん」と言ってもらっています。

そのおばさんがどうなるのか不明です。

でも、朝早く起きて、デッキに出してやるように、当分頑張ることにします。


p>