ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
国道153号は、そば街道なのか


飯田方面から国道153号を、名古屋方面に向けて走ってくると、左手に「そば勝縁」があります。

中央道の下をくぐり抜けるすぐ手前です。

昨日10月15日(日)、お昼どきに通りかかると、たくさんの車がとまっていました。

続いて「三日庵」、そして「おにひら」と、そば屋さんが続いて、やはりたくさんの車がとまっていました。

そのままなおも、険しい上り坂の国道を登ってくると、「十割そば治部坂」が右手にありました。

まだ10月10日に開店したばかりのお店とのことです。

詳しくは、平谷の酒屋さん「まつのやのつま」さんのブログでどうぞ。

それにしても、阿智村から浪合、治部坂と登ってくる国道153号、そば国道と言っても良いくらい、と気がつきました。

コンビニはおろか、あまり他のお店もないのです。

さて、平谷の信号で売木方面に左折、しばらく走ると「侍」が。

じつはわが家は、こんなにそば屋さんがありながら、「侍」にしか入ったことがないのでした。

それはさておき、上の写真は、その「侍」。

紅葉もお店もと思ったら、雨模様のせいもあって、こんな写真になってしまいました。

下の写真は、平谷峠を売木に降りてきて、撮りました。

紅葉の進み具合はと言えば、まだまだこれからでしょう。


石組み


「1つの石を、6つの石が、取り巻くようになっています。」

わが家の近くで、石組みの工事が行われました。

ぼんやりと見ていたら、ある人が言いました。

石垣の組み方にも、いろいろあるようです。

名前も付いているようで、確かに聞いたのに思い出せません。

下の写真がわかりやすいでしょう。

逆三角形の石の周りを、6つの石が取り巻いています。

上の写真でも、例外はあるものの、だいたいそうなっています。

なお、実際に石組み工事をやっている人も、名前まではあまり知らないようでした。


ドクターヘリから見た南信州


「ドクターヘリから見たら、山また山、山ばかりだった。

こんな山の中に住んでいたんだ、と思った」

急患に付き添って、ドクターヘリに乗ったことがある、という人が言いました。

ヘリが飛び立ったころには、容態が落ち着いていたそうです。

それで、少し気持ちの余裕が、でてきていたのでしょうか。

あるいは、心配のあまりの緊張感で、なおのこと外の様子が、印象に残ったのかもしれません。

それはともかく、山また山、山ばかりというのは、そうだろうなあと思います。

もしかすると、わが家から北へ直線で数十キロは民家無し、かも知れない、と思っているほどです。

不便な山奥と考えるか、自然の中にいると考えるのか、さてどうでしょう。




ブルーベリー摘みの朝に


先日9/15の朝、7時過ぎ、久しぶりにブルーベリーを、摘んでいました。

ジャム用の実は、たっぷり摘み終えてあります。

どうしても必要、というほどではなかったのです。

でも、晩生の実がたわわなくらい色づいているのを見て、採る気になったのです。

すると突然、気持ちの悪いサイレン?の音が・・・。

防災無線のスピーカーからでした。

「ミサイルが発射された模様です。」

そんなもの、もう頭上だったとしても、通りすぎてしまった時間ではないだろうか。

もちろん、ブルーベリー摘みを続行でした。

当局としては、せめてそのくらいはしなければ、立場がないのでしょう。

そう、ここから話がずれるのです。

わずか生まれてから半年余りとはいえ、あのいまわしい戦争中に生きた人間しては、どうもひっかかる。

戦争について、自分にはなんの記憶もありません。

でも、酷い目に遭わされた人たちから、あるいは本や映画などから、さまざまに知らされてきています。

なんか今の雰囲気、みんなの恐怖心をいいことに、1つの方向に持っていこうとしてはいないだろうか。

いつの間にか、軍事的なことが、いろいろと勝手に進められていってる気がするのは、私だけでしょうか。

確かに、そうでもしないと、と言うのはあるのです。

もちろん、難しい選択ではあるのですけどね。

この72年間、一度も戦争をしなかった国、これこそ世界に誇りうるものです。







側溝が怖い


この十年くらいの間に、車が側溝にハマっているのを助けたことが、2回あります。

正確にいうと、助けを呼んであげたのです。

で、自分は大丈夫かというと、もちろんそんなことはありません。

狭い山道とかですれ違う時など、明日はわが身と思っています。

いや、すれ違わなくても、この歳では、危ないものでしょう。

ところが最近、あることに気がつきました。

上の写真で、手前の方は側溝が深く掘られていません。

向こうの方は、地獄の深みが、えんえんと続いているのです。

たぶん雨天時の排水の都合を考えて、深い側溝にしてあるのでしょう。

でも山道なら、排水の都合は、それほど考慮しなくてもいいかもしれない。

それに、落ち葉とか雪で、側溝が隠されて、落とし穴みたいになっていることもあります。

下の写真のような側溝の方が、安全で経費もかからない気がします。

速攻で側溝を改修!とは言いませんけどね。


退避場所が問題だ


数年前、高速道路を走っていたら、路側帯にバスが停まっていました。

そのバスのすぐ前方には、乗客らしき人たちの一群が・・・。

運転手のような人もいて、みんなで代替えのバスでも、待っている様子でした。

なにか故障でもあったのでしょう。

一瞬のことで、その場を通り過ぎてしまいましたが、危ないとこにいるなあ、と思ったものでした。

よく言われることですが、車が追突して来たら大変なのです。

いちばん安全なのは、ガードレールの外のはるか前方に避難すること。

バスの後方はもちろん、すぐ前方だって、そして横だって、追突でバスが押し出されて来る可能性は大ありです。

ただし、ガードレールの外が高架の場合もあります。

そうなると、バスのはるか前方に避難かな、となります。

乗客は、外国の若い女の子たちのように見えました。

その後、特に何も報道されませんでしたから、無事だったのでしょう。

それが普通でしょうが、良かった。

歳をとると、滅多にありそうにないことまで、心配ごとになるのです。








村道脇への不思議な来客


正確には、来客とは言えないかも知れないけれど、適当な表現を思いつかないのです。
7月6日、ブルーベリー園花の谷のミニ開園日のことでした。
朝から、お客様来園の雰囲気は、まったくありませんでした。
やはり今年も、「初日は0人」のジンクスは堅持されるのかと、確信を持ち始めた昼下がりでした。
愛犬キュートが、激しく吠えました。
クルマのドアを、閉める音がしたようでした。
急いで玄関を出てみました。
ブルーベリー園入り口近くの村道脇に車が駐まっているのが、木の葉の間から見えました。
ゴザか何かを広げるような様子も、チラリと見えました。
そして、楽しげに弁当を食べ始めたらしい女性たちの声が・・・。
「ブルーベリー園なんだ。」
気のせいか、そんな声も聞こえてきた気がします。
これはもしかすると、お客様かもしれない。
「初日は○人」のジンクスが、ついに破られる時が来た。
もちろん、素知らぬ顔で、受付で待機することにしました。
やがて、にぎやかな昼食時間が終わって、片付けになった様子。
そして、ドアがバタンバタンと・・・。
車は、坂道を下って、行ってしまいました。
夕方、愛犬キュートの散歩の時、村道脇に行ってみました。
ゴミひとつなく、日中のあのにぎやかなうたげの痕跡は、まったくありませんでした。

その時ようやく気がついたのですが、入口脇のブルーベリー園の看板は、まだCLOSEのままでした。

機内モードがはずせない


気候が変わったのでしょうか。

毎夜、雨が降ります。

おかげで、ブリーベリーさんたち、水ぶくれして、すっかりご機嫌ななめ。

とてもブルーベリー摘み、オススメとは言えません。

星の森キャンプ場などに毎年来て、花の谷で遊んで行く、子どもたちもいることです。

もうしばらくは、オープンしています。

まだ緑色の実はあるので、晴れ間さえ続けば、と期待することにします。


ある朝、スマホでググろうと、つまり検索しようとしました。

「ネットに繋がっていません。」

突然そんな表示が出てもねえ。

でも、そのくらいのスマホからの嫌がらせに負けてては、この歳まで生きてきた甲斐がないのです。

そのうちなんとかなるだろうと、その場は断念。

すると、今度は電話をかける必要が、出てきました。

「電話をかけられません。機内モードをはずしてください」

機内モードにしたつもりなんかないの。

飛行機になんて、もうズーッと乗ってないんだから。

とにかく、勝手にいろいろやってくれるのです。このスマホ。

絶対に、どっかを触ってなんて、してない。

私は無実です。

それはいいけど、機内モード、どうやってはずすんだろう。

それでも、設定をクリックして・・・、けどわからない。

まったく、年寄りをからかうもんではないぞ。

突然、ひらめきました。

お母さんのスマホを借りて、はずし方を検索すればいいんだ。

「機内モードをはずしたい」

すると、なんということか。

お母さんのスマホが、答えてくれました。

「機内モードをはずしました」





村に来ていた工場


「役場が、工場を呼んでくれたもんで、ふたりで相談して行ったんだわ。

百姓ばっかやっとったから、指が動かんかった。

慣れんうちは苦労した。」

村のお姉さまが、ふたりで話してくれました。

「朝ドラの女の子みたいなもんですか。ラインを止めたりして・・・。」

「そうそう、あれあれ。恥ずかしかったわ」

ちょうど、朝ドラと同じ時代のことなのでしょうか。

もう少し、あとの頃のことかも知れません。

今、村にはボールペン関係と、パチンコ?関係の工場があります。

それとは別に、村が誘致した工場があったようです。

「おかげで、ちょこっとだけど、年金がもらえとる。」

「あれがなかったら、小遣いなんか何んにも無かった。百姓なんかそんなもんだわ」

「子どもたちを、学校に行かせてやれたもんなあ」

そう言えば、別の農家でも、おじいさんが働きに出るように、勧めてくれたそうです。

今では感謝していると、お姉さまから聞いたことがあります。

農業って、楽ではなかったようです。

現金収入があると、嫁としてはずいぶん助かったのだろうと、想像できます。





めんどくさいカーラジオの不思議


この歳では安全第一。
そう思って、11年、18万キロ乗ったウイッシュを、新しい車にしました。
それはいいとして、それについてきたナビ、つまりカーラジオが不思議なのです。
こっちが歳をとったせいで思い違いをしているのかとか思うのですが、どうにも不可解で・・・。
あまりこういう記事は書かない方が、とは思うのですが、許してください。

ナビの地図画面で車を走らせていて、カーラジオのスイッチを切りたいとします。

まず、画面下のHOMEボタンを押します。
次に、現れた画面で、「ソース電源」の部分をタッチします。
その次に、現れた画面で、「STANDBY」の部分をタッチします。
これでようやく、ラジオのスイッチが切れるのです。

運転中に、3回も操作をするなんて、年寄りには危ないのです。

ラジオをつけるにしても、電源ボタンを押すことから始めるのが、ものの順次ではないのでしょうか。

それと、上の写真の画面と、下の写真の画面を見比べてください。
下の別の車の画面は、放送局名がわかりやすく、選局もかんたんだと思います。

とにかく、不思議。

もしかして、時代が変わってしまったのでしょうか。
自分のような年寄りから見れば、まったく発想の違う世界に、なってしまったのかもしれません。
いやとにかく、自分の頭とは、違うみたいです。

ついでにもひとつ。
このナビさん、高速道路入口のゲートを通り抜けた後で
「ETCが使用可能です」
とアナウンスしてくれます。
『通れたんだから、そんなこと言われんでもわかっとるわい』
思わず突っ込んで、楽しませてもらってます。