ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
160ミリメートルと165ミリメートルの違い


「この電動ノコギリ、少し切っていくと、板と刃との間から煙が出てくる。それ以上は、切れなくなる。」

20年くらいも前に買ったものです。

「ストッパーでも掛かるようになっているのだろうか。厚い板は、切れないのかなあ。」

この種のものは、もしものことがあると怖いので、なるべく使わないようにしています。

でも、たまには使いたいことがあるのに、ズーッと切れないままで来ました。

たまたま機械に強そうな人がいたので、長年の疑問をぶつけてみました。

「刃のせいではないですか。刃を替えれば大丈夫と思います」

なんだそうか、そんなことだったのか。

でも、初めからこんなふうだった気がしないでもない。

とは言え、何しろ昔のことだから、はっきりしないのです。

早速、ホームセンターへ行きました。

でも、165ミリメートルの刃しか売ってないのです。

「確かにこれは159ミリメートルの直径ですね。

165ミリメートルは、やめたほうがいいと思いますよ」

店長さんは、親切に持参の刃を、ノギスで測ってくれました。

あきらめて、店の外へ出て、そこで思いつきました。

スマホでメーカーの電話番号を調べて、かけてみました。

偶然というか、このメーカー、今年会社名が変わったばかりでした。

「160に165は使えません。お店で取り寄せてもらことになります。」

たった5ミリメートルのことなのに、使えないなんて、そういうものなのでしょう。

取り寄せてもらって、はるばると50kmも、もう一度店に来るなんて、ちょっとねえ。

というところで、ネットで取り寄せればと気がつきました。

で、明後日には、刃が来るはずになりました。


ハート山はらんらんの向かい側


「あっ、ハートのかたち、カワイイ」

ブルーベリー園花の谷の受付け近くに転がっているなんと言うこともない丸太と石ころ。

切り口や形が、見ようによってはハートの形になっています。

すると、園を訪れる若いお客さまたちは、木や石に対してでも、ふつうにカワイイとのたまうのです。

そんなわけで、ついついハートの形が気になってしまって…。

岐阜県恵那市上矢作のカフェらんらん、卵が産直のようです。

ゆで卵がテーブルの上にあって、食べ放題。

と言っても悲しいかな、この歳では一個しか食べられないのですが。

若い人は二つ三つと食べているみたいです。

そして、オムライスなどがとても美味しい。

おまけにご飯が多くて、次からは「少」を頼まなければ…。

それはさておき、窓の向こうに、落葉樹の部分がハートの形になっているのを見つけました。

もう少し右のほうに行って、写真を撮ろうとしたら、隠れてた所があらわれて、かえっていびつになってしまいました。

紅葉の季節にはいいだろう、と言えるのかどうかです。


日の入りが、いちばん早い日


11月29日の今日は、一年のうちで、いちばん日の入りが早い日だそうです。

今朝のテレビで言ってました。

夜のうちに、久しぶりに雨が降って、ブルーベリー畑もしっとり…。

でも、そのぶん暖かくて、今日は剪定作業がはかどりました。

と言いたいところですが、確かに日の暮れるのが早かった。

16時28分なんてとんでもない。

15時15分より少し前には、山の向こうに、お日様が隠れてしまいました

そうなるともう、急にあたりが冷えてきて、とてもブルーベリー畑にいる気にもなれません。

コーギー犬キュートの散歩を簡単にすまして、家の中に入ってきたところです。

まあそれでも、明日以降は、次第に日の入りが遅くなるのでしょう。

それを楽しみに、がんばることにしましょう。


木工品やら、いろいろあります。


隣町、阿南町新野の国道沿いに、面白い展示場があります。

国道151号を、道の駅千石平から、飯田方向に走って行った右手です。

製材所の建物があって、そこの一画です。

小さいものやら大きいものやら、木工品がたくさん置かれています。

木工品ばかりでなく、手芸品や、いわゆる古民芸品といったものもあって、値段がついています。

この地方の人たちの作品らしく、ずいぶんたくさんの作家が居るんだ、と驚きました。

プロの作家というよりは、趣味的にということのように思えますが、どれも見事な作品です。

冬が長いこの地方なので、じっくりと丁寧に技を磨いての作品なのでしょう。

わが家は、断捨離を心がけているので残念ですが、欲しいものがたくさんあります。


岩倉ダムキャンプ場、大賑わいです。


昨日10/13(土)、夕方の岩倉ダムキャンプ場の様子です。
何しろ、我が家のある奥小屋地区への出入り口道路は、8月初めから工事のため、通行止なのです。
回り道で、キャンプ場わきを通ることはよくあります。
昨日の朝は、今年初めての最低気温7℃、よく冷えました。
これで、天気は回復するのかと思っていたら、夕方になってまた雨が…。
せっかくのキャンプが気の毒になってきます。
でも、この頃はすごい装備だから、雨も良しかもしれません。
いや、やはり晴れて欲しいことでしょう。
とにかく、すごいブームなのかもしれません。
日によっては、ウイークデイでも、テントが並んでいることさえあります。
稲刈りも遅れていることですし、晴れの日が続きますように。

大鹿村ダンプ街道、日曜日は走ってなかった。


先日、ずいぶん久しぶりで、大鹿村を訪れました。
この歳になると、あまりこれからは行けなくなる、と思ったのでした。
それと、一度行ってみたいレストランがあったのでした。
そうそう、ダンプはどの程度走っているのか、少し心配だったことは事実です。
そのダンプ、日曜日のせいだったのか、一台も会いませんでした。
でも、ウイークデイにはかなり走っているようです。
なお、松川町からの小渋川沿いの道では、バイパスのトンネル工事をしていました。
写真は、その大鹿村に、8月に開業した道の駅「歌舞伎の里 大鹿」です。
とても立派な施設には、スーパーが併設されていました。
村の人たちには、ありがたいのだろう、と思いました。
映画「大鹿村騒動記」のロケ地を巡る旅、というパンフレットがありました。
おかげで、鹿肉食堂「ディア・イーター」も、店には入らなかったけれど、訪れることができました。

 



相変わらず雨が


昨日は、午前中ブルーベリーの株元手入れ。
午後になってネットワークうるぎに、稲刈りの手入れに行ってきました。
珍しく稲刈りに出かけたから雨が降ったのか。
あるいは、雨が降りそうになったから、健気にも応援に出かけたのか。
どちらにせよ、出かけるとすぐにパラパラ、夜になってやはり雨。
でも、今朝になって曇り空なので、再びブルーベリーの株元手入れ。
もちろん、昨夜の雨で、稲刈りはまたまた延びてしまったことでしょう。
株元手入れのほうは、多少濡れながらも、足元が泥だらけではないのです。
けど、やっぱりパラパラ降ってきたりして、昼近くには中断、午後はできませんでした。
暖かい日が続いたこの秋ですが、どうやら15日頃からは、最低気温が一桁になる予報です。
薪ストーブを焚くことになりそうです。

まだこれから、935hPaまで下がるんだって、台風24号


今朝7時頃の外の様子です。

しっかりと霧がたちこめています。

近くの観測地点浪合の最低気温は10.3℃。

最近もっと低い日があったかどうかは、あいにくと知らないのです。

そんなことより、つい先ほど、9時30分前のNHKテレビで言ってました。

台風24号、今は沖縄近くにいて950hPaだそうです。

ところが、これから本州に近づくと、935hPaまで中心気圧が下がるそうです。

そんなことってあるのでしょうか。

自分の知識の中では、本州に近づくにつれて、あとはだんだん衰えていく、とばかり思っていました。

そうか、NHKテレビの少し前には、民放で「大災害が予想されます」と言ってた。

まだ、半信半疑のところがあるけれど、気をつけなければ…。

と言っても、特に何かをするってことも思いつかないのです。

こうやってメデイアがあらかじめ伝えても、どこかで被害が出そう。

予想されていても、そうなってしまうことがある、今更ですがつらい話です。


雨、雨、雨。稲刈りができない。


昨日に続いて今日も雨。
田んぼでは稲がすっかり色づいて、日に日に重く頭を垂れつつあります。
もう稲刈りを始めても良い頃です。
けれども、去年もそうだった。
この時期、雨が多いのです。
というか、今年の9月は特に雨が多いと、天気予報で言ってました。
これでは、田んぼがぐちゃぐちゃで、田に入れない、稲刈りにはならないのです。
雨のあとに、思いっきり晴れたとしても、田んぼが柔らかくて、作業を諦めざるを得ないことは、よくあるのです。
この週末には、うまい!うるぎ米育て隊の稲刈りがあります。
でも、この天気ではねえ。
このあと、どの程度晴れ間があることでしょうか。
こもれびは、おしゃれな隠れ家的cafe


おとなり平谷村の「cafeこもれび」に行って来ました。

上の写真は、土日限定のランチ1,000円のサラダです。

これの前に、とても美味しいかぼちゃスープが出ました。

かぼちゃもそうですが、このサラダにも、ミョウガ、ヤーコンなどなど、地元産らしい野菜が入っていました。

下は、ロールキャベツと炊き込みご飯。

最後にデザートとしてヨーグルトが出ました。

何もかも美味しく上品で、隠れ家的雰囲気いっぱいのお店でした。

マスターも奥さまも、とても感じの良い方でした。

ランチは土日だけ。

月、木、金は、500円のコーヒー、紅茶、ジュースなどだけ、かぼちゃスープ、コーンスープも500円です。

平谷の信号から、売木方向に国道418号を走って、平谷フィッシングスポットで、右折します。

ここに、小さな看板があります。

でも後は、山道を行けども行けども何もなくて、1キロメートル以上は走ったと思う頃に、別荘地に入ります。

なおも走り続けると、これまた小さな右折の看板、Uターンのような形で走って到着です。





下の写真は駐車場から、裏側からです。

薪ストーブもあったので、火が入る頃にはもう一度訪れて見たいと思います。

但し、雪が降るともう入って行けなくて、冬季休業になると思います。