ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
薪ストーブが焚けない


一昨日、昨日と雨模様で、薪ストーブを焚きました。。

でも、この時期としては暖かくて、いささか遠慮気味に、ほそぼそと細い薪中心でした。

今日は、暖かくて、もちろん日中は、焚かずじまい。

いつもの年だと、もう少しおおっぴらに焚いているところでしょう。

お昼頃には、日差しがすっかり部屋の中に差し込んでいるのに気づかされました。

それでも午後になると、ひんやりした空気で、長袖シャツだけでは、どうかなと思うほどでした。

けど、どういうわけか、蚊が飛んできたりして、やはり暑かったのでしょうか。

そうそう、網戸には何匹か、恒例のカメムシが…。

虫たちも、いささか混乱しているのかもしれません。





ブルーベリーの花と紅葉が、同時期に。


ブルーベリー畑で、ブルーベリーの花を見つけました。

普通は4月の終わり頃から、5月にかけてです。

もちろん、狂い咲きです。

紅葉した株で咲いていました。

が、この紅葉も、芯食い虫にやられたせいの、狂い紅葉と思います。

この時期、多くの株は、まだ緑色がほとんどです。

花のほうは、芯食い虫のせいなのか、天候のせいなのか、わかりかねます。

この後、実をつけるところまで行くことはありますが、熟すところまでは無理なようです。



台風一過だけれど


台風19号、進路方向の左側ということもあってか、この地方では、雨風ともそれほどではありませんでした。

けれども、各地の浸水被害、ほんとうに気の毒です。

来る前に、マスコミが騒ぎすぎのように、言う声もありました。

しかし、これだけ大きな台風だもの、どれだけ騒ぎすぎてもいいのでは、と思っていました。

今回、数日前から、ホームセンターなどでの様子が、報道されていました。

台風15号のことが、人々の意識にあったのでしょう。

けれども、風ではなくて水でくるとは、思ってもいなかった…。

これでは防ぎようもなかったことでしょう。

少し話がそれますが、東海地方と言うか、愛知県とその周辺の地方、災害からは比較的まぬがれてきています。

当地方もそうだと思います。

この何十年で、特に大きなのと言えば、伊勢湾台風と東海豪雨でしょうか。

それだけに、逆になおのこと警戒して過ごさなければ、と思います。

特に、地震が心配です。

ないにこしたことはないけれど、油断は禁物。

かく言う自分、今では、伊勢湾台風の数少ない経験者のひとり、となってしまいました。

心して過ごすことにします。


今日は稲刈り

 


いよいよ明日夜には、超猛烈台風19号が、関東に上陸のようです。

ここへきて、少し東にずれそうなので、思いきって、房総半島の東を通ってほしいものです。

そんな今日、午前中にネットワークうるぎの稲刈りに、行ってきました。

10年前には、60代ばかりでやっていました。

でも、若い人が何人か入ってきて、70代になった者の出番は…。

台風前だから、年寄りでも少しは役にたつだろう、と考えての助っ人でした。

稲刈り機で刈って、稲束を拾い集めて、運搬車でハザ下まで運んで、ハザに掛ける、という手順です。

もちろん、稲刈り機や運搬車には、手を出しません。

ブルーベリー園では、小さな運搬車を使ってはいるのですが…。

「みんなの邪魔にならないように、気をつけてね」

しっかり、その言葉を守っての午前中でした。

最後に、ハザの上に、雨よけのブルーシートを掛けて、12時には、午前の予定を終了。

このシート、幅90センチ、長さ20メートルの市販品があるみたいです。

ハザ掛けだけにしか、使い道はないのでしょう。

毎度のことですが、なにかと農業はお金がかかるものです。

午後は、ブルーベリー園で、台風に備えてのあれこれチェックでした。


不思議なおはなし


「2ヶ月に6万の年金しかないけど、それに2万くらい自分たちが、負担している。

それで、施設に入れてもらえて、そうよくはないけど、特に何ということもなくやっている」

ある人が、自分の高齢の親のことを、話してくれました。

数字に多少の聞き間違いは、あったかもしれないけれど、大きく聞き間違ってはいないと思います。

「貯金が1,000万あるかどうかが、さかい目。

1,000万以上あると、もっといいとこに入ることになって、どんだけでも要ることになる。」

そんなことがあるのでしょうか。

「親が入れてもらったようなとこは、たいがい古くからある施設で、スタッフの人間関係も安定しとる。

ぜいたくは言うつもりもないし、それでええんだ。」

たしかに、一方で月に何十万もかかる施設があることは、知っています。

まあその中身は、施設によって、いろいろなのでしょう。

「だから、どっちみち、そうも貯金など無いけど、超えんよう、使ちまったほうがええわけだ」

ふーん、そうなのでしょうか。

老後の老後、本当にそんなものなのでしょうか。





雨どいの掃除


以前から気になっていたけど、自重していました。

車庫、兼倉庫、兼作業場、兼ブルーベリー狩り受付け所、兼来客応接所、の屋根の話です。

雨が降るたび、あふれた雨水が、ものすごい勢いで、落ちてきました。

雨どいが、長年の桜の落ち葉で、詰まってしまっているのでした。

もともと高いところは苦手だし、そうでなくてもこの歳では危険です。

ずーっと、我慢してきましたが、ついに決行しました。

7~8年ぶりくらいかもしれません。

屋根に登ってわかったことは、桜の枝がものすごく伸びてたこと。

雨どいの中には、まるで腐葉土みたいな泥が、たまっていました。

屋根の下は、ほとんど人が通るところではないし、いっそ、雨どいなしでよかったかもしれない。

今からでも、取り外すべきだろうか。

どんな屋根でも、しっかり角度をつけて、水が流れやすくすることが大切。

余分なことばかり、考えながらの作業でしたが、なんとか無事に終えることができました。

でも、次回は、求む便利屋さんです。

売木村って、ポツンと1か村


長野県南端、人口わずか550人前後の売木村。

村に入って来るには、東西南北いずれからでも、峠を越えて来なければなりません。

東からは、売木峠。

十数年前に、売木トンネルができて、ここは便利になりました。

今は、峠ではありませんが、上って下っての山道です。

西からは、平谷峠。

南からは、新野峠。

北からは、阿南町和合からの細い道路の峠。

東西南北、どの町や村からの場合でも、何キロもの人家のない山道を、走って来ることになるのです。

それはともかく、峠を越えて来ると、田んぼのある日本の原風景が広がります。

標高850メートルの高原に、550人の人々が暮らしています。

と言うわけで、ポツンと1か村、なんて番組ができたら、真っ先に取材がありそうな、不便だけれど静かな村です。



用水があふれた


昨日の午前のことでした。

デッキの下の用水を見ると、水があふれています。

あふれた水は、サビタブルーベリー畑に、流れ落ちていました。

少しくらいの水は、なんでもないけれど、土手が崩れることだって、ないとは限りません。

急いで、用水が道路下へ流れ込むところへ、行ってみました。

落ち葉がつかえて、ダムになっていました。

さっそく、落ち葉をかき出しました。

すぐに、水はうまく流れるようになりました。

一件落着でした。

ほんとうなら、事前に取水口まで行ってハンドルを回して、水をせき止めると良いのです。

しかし、田んぼを持ってないし、用水については資格がありません。

それに、途中の沢も、かなりの出水でしょう。

よく、川を見に行って老人が…、という話を聞きます。

周りはみんな、歳をとってしまっています。

とにかく、水の管理は大変なのです。




井戸ポンプが、回りっぱなしだ。


「井戸のポンプ、ずっとまわりっばなしみたいだねえ。

どこか、蛇口が開いているんだろうか」

一昨日の夕方のことでした。

ごくたまにですが、畑の水やりの後、蛇口を閉め忘れることがあります。

すると、ポンプが回りっぱなしのままになるのです。

さっそく、家の内外の蛇口を確かめに回りました。

どこもきちんと閉めてあります。

うーん、これってとってもヤバくないだろうか。

漏水!!!

何しろ、設置してから20年になるのです。

さっそくポンプ屋さんに電話しました。

「ポンプから出ている管、バルブが付いてませんか。

それを閉めてみてください」

「ああ、この赤いのですね。

うーん、閉めても、ポンプは止まらないなあ」

「そうですか、それなら漏水ではありませんねえ。

部品を取り換えすることになると思います。

とりあえず、どこかの蛇口を、少し開けっ放しにしておいてください」

水が送りっぱなしになっていて、水の出口が無くては、ポンプが壊れてしまうのでしょう。

さっそく昨日、片道60キロメートル以上の距離を、はるばる来てもらいました。

そして、黒い小さなボックスを、取り替えてもらいました。

これで安心、この問題は解決です。

はやぶさ2の講演会に、行ってきました。


先日9/1、平谷村での講演会に行ってきました。

「はやぶさ2の挑戦とこれまでの成果」

講師は、吉川真はやぶさ2ミッションマネージャー。


このような山奥に住んでいると、講演会などを聴く機会は、めったにありません。

コックリしたりしないか、と不安もありましたが、2時間が、瞬く間に過ぎてしまいました。

素人にもわかりやすく興味深いお話でした。

やっぱり実際に話を聴くと、いろんなことを系統だって知ることができました。

平谷村の方々、ありがとうございました。

以下は、まだ覚えていることや、思いついたことの羅列です。


今日では、有人探査は無人探査ほどには、意味を持たないとか。

1個人の目で見たものとしての価値はあっても、収集できる情報量には、圧倒的な差があるということなのでしょうか。

はやぶさ2に、かかりきりのスタッフが20名ほど、周辺のメーカーのスタッフまでも入れると、500人ほどとか。

小惑星リュウグウの岩?に、この間に亡くなった二人の人の名前が、付けられたそうです。

はやぶさがイトカワから持ち帰った岩石の半分は、手つかずでとってあるとか。

何十年後かに、その時の技術で研究するためだそうです。

月の石もそうだし、リュウグウからの石も、そのようになると聞きました。

リュウグウに水分があるらしいことはわかっていたけれど、形がそろばん玉状であることは、近くまでわからなかったとか。

はるばる出かけて行くよりも、地球に近づいてきたのを、宇宙でつかまえて、研究することはできないものなのか。

そんなに都合の良いようには、滅多にちかづいて来ない、ということなのかもしれません。

地球まで電波がくるのに、十数分かかるようです。そんなに時間差があるのに、よく操作できるものです。

とにかく、どうしていろんなことがわかったりするのか、考えようにも考えられないのでした。