ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
昨夜、宇宙ステーションを見る



昨日6/11の夜、20時7分過ぎくらいから11分ころまでのことです。

宇宙ステーションが、北から東へと、夜空を横切っていくのを見ました。

昼中に、ラジオで気象予報士の人から、情報をえていたのです。

でも、ほんとうに見えるのかは、半信半疑でした。

最初、お母さんは関心を示さず、自分だけで外に出ていました。

そして、飛んでいるのを見つけたので、スマホで呼び出して、ふたりとも見ることができました。

そのくらいゆっくりと、よく見える明るさでした。

わが家のあたりの上空は、中部国際空港へ行く飛行機が、ライトを点滅させながら通ります。

でも、それとは明らかに違いました。

東のほうへ進むにつれて、暗くなって行って、途中で見えなくなりました。

東の空に雲があったのかもしれません。

あるいは、地球のかげに入ったのでしょうか。

そこはよくわからないのです。



年老いたハート


なんともバカバカしいものをアップすることは、当ブログの得意とするところです。

上の写真は、最近になってブルーベリー畑で見つけました。

なにしろ、石ころが少しでも地上に頭を出していると、草刈り機の歯に当たって危ないのです。

それで、取り除けようと掘り起こしてみたら、ハートの形をしていました。

と言っても、無理やり感は強いのですが・・・。

なんと言うのか、ゴツゴツしていて、歳を経た老人のハートといったところでしょうか。

かなり大きくて重いので、ブルーベリー園受付へのデビューは、少し時間がかかりそうです。

そうそう、下の写真は、以前から花の谷にあるもので、もう少しかわいげがあります。



下の丸太は、薪にするつもりだったものです。

ブルーベリー狩りのお客様からは、ハート型として認知してもらっています。

「ハートだ。かわいい」

かわいいという表現には、ちょっとあせりますが、今の若い人独特の表現のようです。



下の若葉は、カツラの木のもの。

「愛染かつら」の作者は、そこまで知っていて、書いたものなのかどうか。

と言っても、自分のような老人でさえも、読んだことはないのです。


井伊直親の子孫のお店


大河ドラマは、この歳になるまで、観たことはありませんでした。

ところが今回、井伊直政の父親つまり直親が、南信州高森の地へ、亡命していたことがあると聞きました。

直親の南信州での子どもは、ひとりとも、ふたりとも言われているようです。

飯田市の嶋田屋麹店は、その直親の子孫のお店だそうです。

たまたま近くへ行く機会があったので、立ち寄ってみました。

何しろ歳相応に、ミーハーなのです。

上の写真は、車の番号が、直虎ののぼりに隠れるよう配慮してのつもりです。

下の写真のように、麹やら甘酒やら麹味噌やら売ってました。

街中の小さめのお店ですが、味わいのあるいいお店でした。

平谷峠の昨日


新緑に染まった平谷峠です。

と言いたいのですが、さすが標高1100メートル、まだ新芽が出始めたところ、くらいでしょう。

でも、もちろんもう道は大丈夫、凍結の心配はありません。

来週土曜日、つまり5/20(土)には、うるぎ星の森音楽祭も、星の森オートキャンプ場で行われます。

どうか、春の売木村へお越しください。

というか、N-BOXのタイヤが、まだスタッドレスのままだった。

「6月いっぱいは、コタツは出したままだよ。使わないのは、7月と8月くらい。高地だからねえ。」

そんなふうに言う村の人もいます。

まあ、そのぶん、夏の暑さ知らず。

夏は天国なのです。

売木トンネルの入り口は


上の写真は、売木村への東側からの入り口、売木トンネルです。

左に、村の花ササユリが描かれています。

右は、大田神社のお練り祭りの様子です。

それはさておき、村内のある人がいいました。

「木を切ってもらったけど、薪に欲しいならあげる。見に行かんかね」

長く勤め人でいて、山仕事とか農作業とかは、それほどにはやりつけてないような人です。

「軽トラのほうが、行きやすいだろう。乗って行かんかね」

というわけで、助手席に乗せてもらいました。

すると、下の写真のような急な坂道を、登って行きました。

撮影の技術レベルが低くて、あまり急なようには写ってないのが、残念です。

でもその急坂は、文字通り序の口で、そのあと細くて険しい山道が延々と・・・。

なぜか、助手席の側ばかりが、はるか下の方まで、深い谷になっている気がしました。

そして、ようやくたどり着いてみると、真下に売木の集落が・・・。

隣町からのぼりはじめたけれど、たしかにそこは売木村の感じでした。

でも、ここまで上がって来て、重い薪材を積んで、急な坂道を下っていくのは、ちょっと・・・。

沈思黙考の上、高所恐怖症を理由に、薪をいただくことを、丁重にお断りしたのでした。

もちろん、その後、この坂道を登って行ったことはありません。

新太和金トンネル、 広くてきれいです。


売木村から、豊橋や浜松へ行く時に通る、新太和金トンネルが、通れるようになりました。

たわがねトンネルと読み、4月23日に、開通式があったようです。

写真は、売木から豊橋方向へのトンネル入り口です。

右手のほうに、旧のトンネルへの道があるのですが、どこだったかわからなくなっています。

こういうふうにして、古いものは忘れ去られて行くのでしょう。

通過時間にして、40秒ほど短縮されただけ、と聞きました。

でも大型バスでも、安全にすれ違えるようになりました。

補強してあると言っても、いつ崩れてくるかわからない気のしてた旧トンネル。

新しくなって、本当に良かった。

あと、辛いのが、トンネルを出て東栄町に降りていく、曲がりくねった急坂。

あれがどうにかなると、うれしいのですが。




道の駅信州新野千石平・蔵、駐車場のラインが、引き直されました。


「もし将来、白線の塗り直しをする機会が、あったらの話ですけど・・・。」

何年か前のことです。

ふだん、そんなことをすることはないのですが、思いきって、電話をかけたことがありました。

どこへかということが、はっきり記憶にはないのです。

長野県内の道路関係の事務所、だったと思います。

「トイレの前が、大型車の駐車スペースになっています。

お年寄りとか、障害のある人とかが、車を駐めて、トイレに行くのに遠すぎるし、危ないと思うのです。」

「わかりました。記録に残しておきます」

電話に出た人と、そんなふうな会話をした記憶があります。

そして先日、道の駅信州新野千石平・蔵へ行ったら、トイレの前は、小型車の駐車場になっていました。

すぐ脇、直売所棟に近いところには、障害者マークのついた駐車スペースも、作られていました。

あの時の電話のせいなのかどうかは、わかりません。

でも、みんなが便利になった気がするから、ほんとうによかった。

ありがとうございました。

けどまあ、そんな電話、これからはしないことにします。

いや、たぶんしないと思います。

道の駅信州新野千石平・蔵。

売木トンネルの向こう、阿南町新野の国道151、481号の交差点にあります。

飯田方面からも、豊橋方面からも、長い一本道の山坂を登って来て、ほっとひと息つくところです。

いろいろ努力しているようで、品数も多いし、よく人の出入りする人気の道の駅、と思っています。

ああ、スマホ


「LINEはやってないの?あれがあると便利なのに」

「うん、けどお友達なんて居ないもんなあ」

などと、答弁して、弟を驚かせるくらいなのに、夫婦してガラケーを、スマホに替えました。

すると、波乱の毎日が・・・。

でも、60前後のある人も言ってました。

「いや、わたしも替えたら大変なんです。かけたつもりがないのに、電話がかかってたりしますしね・・・。」

そうそう、それもありますよね。

電話に出るほうは、スライドしないと出られなくて、もたもたしてると、切れてしまう。

かけるほうは、うっかりさわっただけでも、かかってしまう。

あれって、設定が逆ではないでしょうか。

それとも、現代のひとは、そんなに電話に出るのが、怖いのでしょうかねえ。

メールのほうも、設定するのがめんどくさくて(できなくて)、ショートメールだけです。

まあ、めったに来ないし、チェックもしないのです。

そのショートメール、購入した時、写真のようになっていました。

これでは、キーボードがじゃまで、なんと書いたのかわからないではありませんか。

お店に持って行ったら、悪戦苦闘の末、治してくれました。

なんでも、紙ひこうきのマークにさわったら、治ったそうです。

そんは簡単な話だったのか。

家に帰って、お母さんのも直してあげようと見てみたら、いつの間にか勝手に治っていました。

そこまではいいのですが、昨日になって、また勝手に元に戻っているのを、発見しました。

とにかく、勝手なお世話みたいなことを、このスマホ、よくやってくれているのです。

どうしたら治るのか、まだ治りません。

けどねえ、キーボードの下に画面がある設定なんて、どうしてそんなで出荷したのでしょう。



修理したら、カラフルデッキになりました。


愛犬キュートの出入り口、デッキの扉あたりの床が、腐ってきました。

建物側には、屋根があるので、大丈夫ですが、屋根のない外側部分が、雨に濡れてやられたのです。

途中で、屋根を作ってもらって、デッキからベランダに昇格させようかと、思ったこともありました。

でも、デッキ全面だと、相当な出費になるし、何しろこの歳では・・・。

で、修理資材はというと、幅、厚さともぴったりの色違い破片が、4枚ありました。

長さが足りなかったので、つなぎ合わせて、2箇所は完成。

あとが、足りない。

そうか、外側半分が腐っている4枚を、繋ぎ合わせれば良いのか。

というわけで、残り2箇所も完成。

色鮮やかなパッチワーク風?デッキが、出来上がりました。

けれども、下の写真のように、まだ腐りかかっているところが、いくつかあります。

この次は、どうしたものだろうか。

と言うよりは、全面塗装したほうがいいのでしょうね。

痛いとこばっかりだわ


「まず病院は行ったことない。知らんうちに、100を超えてまった」

以前、村内のあるお家に、行った時のことです。

玄関に入ったその向こうに、畳の部屋があって、夏でもコタツが出ているのは、多くの村のお家と同じでした。

100を超えるお姉さまは、こちらに向かって、コタツに座っていました。

「いいねえ、病気なしで100まで来るなんて」

すると、お姉さまが言いました。

「なんの、なんにもええことなんか、あらせんわ。痛いとこばっかだわ」

ふーん、病院に行かなくてもいいくらい健康でも、痛いところがあちこちあるみたいだ。

長生きするって、結構大変なんだ。

その時は、そんなふうに思ったものでした。

自分はといえば、あちこちの診察券を、あまり使わないポイントカードと同じくらい、たくさん持っています。

それなのに、このごろすでに、痛いところもでてきているのです。

なお、以下は蛇足です。

今は亡きこのお姉さま、何を見間違えたのだったでしょう。

「えらあ、ええ男が来たなあ。」

と、のたまいました。

逆光だったにしても、凄すぎます。

そんな言葉、この歳まで誰にも言ってもらったことはなかった。

やっぱり、そのくらい世の中を、肯定的に見て生きれば、長生きもできる、と思ったものでした。

そして、男にも、子どものうちに、少しくらいは見かけについて、自信を持たせておくほうがいいかもしれません。