ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
久しぶり、ぽっぽ屋さんと遭遇


「今回新野では、昨日と今日と2日間。南信州の南のほうを、中川村から順に回ってます」

トンネルの東、新野の街へ行ったら、JAの前にぽっぽ屋さんが来ていました。

たこ焼きとたい焼きが美味しい屋台、移動販売車です。

この辺り、半径数十キロは山ばかり、たこ焼きのお店なんてありえないのです。

「50日くらいでほぼ一周。50日後にまた来ます。」

残念なのは、売木村には来てくれないこと。

まあ、人口600人に満たない村では、仕方がないでしょう。

村々をまわって行くなんて、なんか羨ましい気もする。

そういう人生もあるんだ。

とは言え、自分はたこ焼きを焼くなんて、とても上手く出来そうにないのでした。



午後のバス


ある冬の日の午後のことでした。

何年ぶりかで、駅へ向かう定期バスに、乗ることがありました。

乗り込んだ時は、自分の他には、誰も乗っていませんでした。

でも、途中の停留所で、ドヤドヤと急に、何人も乗ってきました。

どうやら福祉作業所のようなものがあるらしく、その若者たちのようでした。

バスが発車しようとするところで、少し歳の行っているらしい男の人が、ひとり乗り込んできました。

続いて、作業所のスタッフらしい若い女性が、追いかけるようにやって来ました。

若い女性は、バスの乗降口に片足をかけると、男の人に言いました。

「ねぇ、もう一度話し合ってみましょうよ。降りましょう」

女の人は、懸命に話しかけます。

「おんなじ事でしょう。なんにも変わらないんだ」

男の人は、かたくなに拒否している様子です。

それでも、女の人は何度も何度も、声をかけています。

他の若者たちは、黙って席に座ったままでいます。

運転手さんも、バスを止めたまま、しばらくは何も言いませんでした。

そのうちに、若者の一人が聞きました。

「4時までに、駅に着きますか?」

慣れっこになっている声のように思えました。

「大丈夫ですよ。けど、どうします。もうバスを出しますよ。」

運転手さんが、少し困ったように答えました。

部外者の乗客である自分のことを、気にして言ったようでもありました。

もちろん、自分には急ぐ理由は、まったくありませんでした。

「あっ、○○さんが来た」

主任なのでしょうか、中年の男の人が、走ってきました。

「もういいから…。また…。」

主任らしい男の人は、、女の人に声をかけました。

「でも…。」

女の人は、なおも必死の様子です。

けれども、男の人にうながされて、しぶしぶのようにステップにかけた足を降ろしました。

「いいですか。発車しますよ」

バスは、主任らしき男の人とスタッフの女の人とに見送られて、発車です。

そして、駅の少し手前のバス停で、歳の少しいったの男の人と、ほかにふたりの若い人が、降りて行きました。

3人の何事もなかったように歩いていく様子が、バスの外に見えました。














ああ、除雪機


「今年は雪が少なかったで助かったわ」

そんな言葉がかわされる売木村です。

上の写真は今シーズンのある日ですが、積雪量としては、たいしたことはありませんでした。

なのに、こんな話題で恐縮です。

「除雪機が置いたるけど、あれも売り物なのかなあ。使っているやつなのか」

隣町のあるところに行った時のことでした。

自走式のラッセル車みたいに、雪を吹き飛ばすタイプが置いてありました。

「5万円。中国製だけど、きちんと動くよ」

実際にエンジンをかけてもらいました。

大きく心が動くシロモノです。

でも、この歳ではあと何年使えるのでしょう。

いや、年取ってからのほうが、助かるかもしれない。

暖かい冬が多いとしても、どかっと雪は降ったりします。

けど、買ったらまたまた置き場所がいります。

昔からの農家が、いろんな農機など用の沢山の建物を持っているのは、よく見かける光景です。

断捨離の生き方とは、真逆なのです。

と言うわけで、購入はかろうじて断念しました。

まだ置いてあるのでしょうか。




高原カフェこもれびは4月1日、蕎麦屋4月2日からです。


売木村からは、平谷峠の西方向、平谷村にある二つのお店のことです。

去年から開店の高原カフェこもれび、長い冬休みを3月31日で終えて、いよいよ4月1日から再開のようです。

今年は春の訪れが早い気がしますが、まだまだ寒の戻りはあるかもしれず、やはり4月からでちょうどなのでしょう。

蕎麦屋侍は、去年から日曜日と月曜日が、お休みになったので、4月1日までお休み。

4月2日からなのでしょう。

去年の秋には、4月はずいぶん先と思っていましたが、いつのまにか間近となってしまいました。

それでは、ブルーベリー園花の谷は?ですが、こちらは7月になってから。

暖かい春が続いたとしても、そんなに早いOPENには、ならないようです。


リハビリしないと、腕があがらなくなるよ、五十肩。

<p>


「あっ、左の肩です。七十肩。」

「ごめんなさいね。左だった」

右肩にリハビリの電気を当てて、遠くから左肩を治す治療法なのかと、一瞬間があいてしまいました。

「七十肩ねぇ。五十肩は無かったの?」

「奥手なものですから」

なんて冗談はどうでも良いのでした。

去年4月、つい力を入れて重い機械を動かそうとした時、左の肩を痛めてしまいました。

でも、始まったばかりの農作業に気を取られて、それにお医者さんまでが遠くて…。

やっと10月になって、お医者さんに行って、五十肩のプリントを頂きました。

リハビリに通うようにも言われましたが、まだその時は危機的状況ではなかったのです。

ところが、12月になると、左肩のあたりが、猛烈に痛むようになりました。

夜も眠られなくなりました。

「5ヶ月放置していたら、その2倍の10ヶ月、治るまでにかかります」

作業療法士の若い先生の言葉です。

話してみると、腕が上がらなくなっている人が、身の回りに沢山いました。

皆んな平気なんだ。

確かに夏の頃、剪定バサミで指を切った時、村の診療所の先生が言ってました。

「腕をしっかり動かしておかないと、固まってしまって、上がらなくなりますよ」

それで少しは、自分でリハビリしてました。

でも、そんなのではダメだった。

五十肩って、日にちぐすりで治るとは限らないみたいですよ。

油断大敵、リハビリでしっかり治しておきましょう。



ギフチョウの街灯


飯田市駄科、コメリやAコープあいぱんの辺りを、走っていて見つけました。

間違いなく、ギフチョウだと思います。

国道151号の賑やかな通りですが、今でもギフチョウはいるのでしょうか。

この街灯の試み、誰が提案したのか、とても素敵だと思います。

でも、ギフチョウに気がつく人は、あまりいないのかも知れません。

それで、ほとんど誰も読まないブログとはいえ、ここにUPする価値は、少しはあることでしょう。

と言いながら、自分はギフチョウの実物を、見たことはないのです。

この春こそは、注意深く山野を歩くことにしましょう。


深夜コンビニ、減っても良いかも別の理由



「せっかく抜け出したのに、明るいとこは自販機くらいで、何にも無かった」

かつて、村に農家民泊に来た、いささか元気すぎ系の都会の中学生が、言ったとか。

早々に、夜遊びを断念して、宿泊農家に帰ったようでした。

コンビニの24時間営業、その貢献に異議を挟むものではありません。

でも、深夜にやらない店舗が増えれば、青少年の非行防止にも引きこもり防止にも、役立ちそうに思えます。

ぜひとも考えて欲しい大問題と、自分は思います。

とにかく、青少年の夜遊びの機会は、少なければ少ないほど良いのです。

まあそうでなくても、人手不足緩和とか、省エネとか、いろいろメリットはありそうです。

やりたい店舗、やれる店舗だけがやるかたちでもよいでしょう。

あんまり固いことばかり言うのは、傾きの前兆の場合も。

やはり、もう少し緩やかにすれば…と思いました。

待てよ、我が家は最寄りのコンビニまで20キロメートル。

あんまり関係のない話題でした。



チェーンソーの音が聞こえる昼下がり


ストーブのために薪を運ぼうとしたら、日陰にはまだ雪が残っていました。

でも大丈夫、こう言う時のために、西側の窓の外にも、薪が積んであります。

気をつけても、部屋にゴミが落ちやすいのは難点です。

けれども、部屋の中から手を出して、薪を取って運ぶことができて便利です。

箕を持って行って、窓を開けたら、ウィーンという音が聞こえてきました。

西の方角と西北の方角との二カ所からです。

西からのは、そこに住んでいる働き者の農家のおじいさんでしょう。

西北からのは、森林組合の関係の人だと思います。

今朝、コーギー犬キュートの散歩の時に、会いました。

秋に切り倒したコナラの木を、1メートルほどのシイタケ原木に、毎日刻んでいます。

「雪が降ったから、大変でしょう」

「うん、陽当たりのいいところを、今日はやることにする」

木を切ってもらったおかげで、山の中の散歩道が、すっかり明るくなりました。





160ミリメートルと165ミリメートルの違い


「この電動ノコギリ、少し切っていくと、板と刃との間から煙が出てくる。それ以上は、切れなくなる。」

20年くらいも前に買ったものです。

「ストッパーでも掛かるようになっているのだろうか。厚い板は、切れないのかなあ。」

この種のものは、もしものことがあると怖いので、なるべく使わないようにしています。

でも、たまには使いたいことがあるのに、ズーッと切れないままで来ました。

たまたま機械に強そうな人がいたので、長年の疑問をぶつけてみました。

「刃のせいではないですか。刃を替えれば大丈夫と思います」

なんだそうか、そんなことだったのか。

でも、初めからこんなふうだった気がしないでもない。

とは言え、何しろ昔のことだから、はっきりしないのです。

早速、ホームセンターへ行きました。

でも、165ミリメートルの刃しか売ってないのです。

「確かにこれは159ミリメートルの直径ですね。

165ミリメートルは、やめたほうがいいと思いますよ」

店長さんは、親切に持参の刃を、ノギスで測ってくれました。

あきらめて、店の外へ出て、そこで思いつきました。

スマホでメーカーの電話番号を調べて、かけてみました。

偶然というか、このメーカー、今年会社名が変わったばかりでした。

「160に165は使えません。お店で取り寄せてもらことになります。」

たった5ミリメートルのことなのに、使えないなんて、そういうものなのでしょう。

取り寄せてもらって、はるばると50kmも、もう一度店に来るなんて、ちょっとねえ。

というところで、ネットで取り寄せればと気がつきました。

で、明後日には、刃が来るはずになりました。


ハート山はらんらんの向かい側


「あっ、ハートのかたち、カワイイ」

ブルーベリー園花の谷の受付け近くに転がっているなんと言うこともない丸太と石ころ。

切り口や形が、見ようによってはハートの形になっています。

すると、園を訪れる若いお客さまたちは、木や石に対してでも、ふつうにカワイイとのたまうのです。

そんなわけで、ついついハートの形が気になってしまって…。

岐阜県恵那市上矢作のカフェらんらん、卵が産直のようです。

ゆで卵がテーブルの上にあって、食べ放題。

と言っても悲しいかな、この歳では一個しか食べられないのですが。

若い人は二つ三つと食べているみたいです。

そして、オムライスなどがとても美味しい。

おまけにご飯が多くて、次からは「少」を頼まなければ…。

それはさておき、窓の向こうに、落葉樹の部分がハートの形になっているのを見つけました。

もう少し右のほうに行って、写真を撮ろうとしたら、隠れてた所があらわれて、かえっていびつになってしまいました。

紅葉の季節にはいいだろう、と言えるのかどうかです。