ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
巨大薪割り機でのお手伝い


ある若者が、木を切って炭焼きをするというので、何度か、見学兼お手伝いに、行っています。

先日は、エンジン式の大きな薪割り機で、コナラの木を割るのを手伝いました。

長さが1メートル、直径が太いものでは30センチメートルもあるコナラの木です。

わが家にも薪割り機はあります。

でも直径20センチメートル、長さ40センチメートル程度の原木を割るくらいが限界です。

1メートルの原木は、エンジン式の本格的なものでないと、無理。

手順は、まずそんなとてつもなく重いのを、転がしてきたあとに持ち上げて、薪割り台に載せます。

もちろん、ここでは自分は一切手出しはしません。

危ないのです。

手を出させてもらえない、と言うべきでしょう。

次に、若者は、レバーのスイッチを手前に倒して、薪押しピストンを動かします。

この時初めて、自分はレバーでチョークを絞って、エンジンを全開する手助けをします。

すると薪が刃に押し当てられて行って、薪が割れます。

それを見て、自分はレバースイッチを、逆に向こうへ倒して、薪押しピストンを戻します。

若い相棒は、割れた薪を薪割り機から外します。

しばしば、原木がすっきり割れなくて、ナタで切り離したりもしなければなりません。

それから、若者が新しい原木を薪割り機にセットして、次の薪割り作業が始まるのです。

つまり、自分の手助けを作業はと言うと、薪割り機近くに座り込んで、レバーを二つ動かすだけ。

それでも、若者の動く範囲は相当程度軽減されると、思っているのです。


ビロードモウズイカはたくましい


いわゆるイングリッガーデンなどには、向いているだろうなと思う花です。

小さな株があると思っていると、いつのまにかぐんぐん大きくなって、黄色の花を咲かせます。

これでもう少し魅力的な色の花だったら、少しは大切にするかもしれません。

ブルーベリー園には、邪魔とはいわないけれど、やっぱりちょっと色気がない気がきます。

見つければ、せっせとやっつけているのですが、なんかモグラ叩きのモグラみたいです。

気にしすぎるくらい気にするのは、他の草花といっしょに、街から連れてきたかもしれない、と思うところがあるからかも。

それにしても、この寒さでも平気みたいなのは、さすが雑草系と褒めておくことにしましょう。


ナメコが出てた


ブルー畑の脇、キノコの原木畑になにか黄褐色っぽいものが…。

落ち葉に埋もれたナメコでした。

この時期、雨が降ると出てきます。

ナメコは凍りつくような気温でも平気のようです。

落ち葉を取り除け、原木をひっくり返したのが下の写真。

たったこれだけですが、これだけあれば十分、これからもチェックを怠らないことにします。


流れて行くビニール袋


昨夜から雨が降り始めて、ずいぶん激しい雨音がする時もありました。

この季節には、珍しい大雨と感じました。

でも、今朝になって家の前の岩倉川を見ると、増水こそあれ、きれいな水のまま。

そんなには降らなかったのでしょうか。

上の写真、今朝撮ったものではありませんが、真ん中に緑色のものが写っています。

肥料や堆肥などが入っていたビニール袋です。

秋の台風の大雨で、流れてきたものでしょう。

わが家よりも上流には、20軒も家はないけれど、たまに流れてくることがあります。

土を入れて土留めにしたり、野菜の防寒にしたり、再利用していたのが、風で飛んだのかもしれません。

わが家からの流出だって、あることでしょう。

とは言え、こういったものが海まで流れていって、魚などの口に入ることはありそうです。

レジ袋などと比べれば、量的にはそれほどではなくても、気になることです。








ー6.4℃でした


今朝の浪合観測地点の最低気温は、ー6.4℃。

冬らしくなってきました。

テレビを見て気温を書くなんて、とても安直でいささか気が引けます。

でも、未明に外へ出て測るなんて気持ちは、さらさら無いのです。

売木村でも、浪合とほとんど差はないと思っています。

さて、陽が出て、少し気温が上がったところで、コーギー犬キュートの散歩に。

キュートはさすが看板犬、村道よりもブルーベリー畑に、行きたがります。

そこで気がつきました。

これまでは、夜露に濡れていて、ブルーベリー畑を歩かせるのは、ためらわれました。

でも、今日は完全に地面が凍っていて、足元が濡れる心配はなくなったのでした。

もちろん、キュートは平気、ブルーベリー畑のパトロールに、いそしんでいます。


ネズミだ


スタッドレスにとりかえてもらおうと、タイヤを取り出しました。

今年の春にとりかえた時、ビニールの袋に入れてもらったのが、破れています。

ひとつは上のように部分的に、もうひとつは粉々になって、かためてありました。

ネズミのせいでしょう。

春先はまだ寒い日が続くので、防寒用に利用したのでしょうか。

あるいは、子どもを育てる巣に使ったのかもしれません。

さすがに、タイヤは無傷のようなので、この田舎では、仕方がないとします。


今頃のブルーベリー


今朝は、久し振りに冷えた感じでした。

浪合の観測地点でー3.0℃とのこと。

まだまだ序の口なのですが、暖かさに慣れている体には、こたえます。

それでも午前中は、日が当たってきてから、ブルーベリーの剪定作業。

すると、ブルーベリーの実を見つけました。

早生種のウェイマウスは、しばしば秋に狂い咲きします。

それが暖かい日々が続いて、実をつけてきたのでしょう。

つまんでみようかとも思いましたが、酸っぱいだけとそのままにしました。

剪定作業、午後は曇ってきて風も吹くので、とうていやる気にはなれませんでした。



暖かいねえ


「暖かいねえ。大きい地震がくるかもしれないよ」

売木村では、10月に震度4がありました。

でも、わが家は飯田市のほうへ出かけていて、感じることはありませんでした。

もうすこしで結婚○○年、幸いにもその間に、震度4以上を経験したことは、ふたりとも無いのです。

まあそれは、たぶんこの地方や愛知県などに長く住んだ人ならそうでしょう。

それで、つい言ってしまいました。

「これまでも、暖かい日はよくあったよ。けど大きな地震なんて、起こってないんだから…。」

すると、返事がありました。

「神戸の地震のとき、新聞を取りに外へ出たら、なま暖くて、空気も何か気味が悪かった。

と思ったら、グラグラと来たんだよ」

そうだったのか、確かにその話は前にも聞いたことがありました。

でも、自分はすっかりもう忘れてた。

ふたりとも勤めていたのに、その朝も自分はまだ布団の中にいたのでした。

それはさておき、予報では、暖かいのも今日まで。

明日からの最低気温は、ー3℃とかー4℃、ようやく寒くなりそうです。

ただ、昨日までは、ー8℃なんて数字もあったのに、それは予報から消えてしまっているのです。










六三うどん店、好評です。



この春にトンネルの向こう、阿南町新野に開店したうどん店です。

以前にも書いたことがあるけれど、写真がなかったので、再掲します。

国道151号沿いですが、なんと山道を走っていくと、突然オシャレなお店があらわれます。

店内は、カウンター席だけ、平日はマスターが一人で、文字通り切り盛りしています。

こんな山の中で大丈夫かと思うのですが、仕事でこの地域に来た人などで、混雑しています。

若い頃に関西で修行したとかで、薄味と言う人もいますが、しっかりダシが効いていると思います。

木曜日がお休み。

「15年はやれたらと思っています」

外食する所が少ない田舎です。

せひ、がんばってください。





160ミリメートルと165ミリメートルの違い


「この電動ノコギリ、少し切っていくと、板と刃との間から煙が出てくる。それ以上は、切れなくなる。」

20年くらいも前に買ったものです。

「ストッパーでも掛かるようになっているのだろうか。厚い板は、切れないのかなあ。」

この種のものは、もしものことがあると怖いので、なるべく使わないようにしています。

でも、たまには使いたいことがあるのに、ズーッと切れないままで来ました。

たまたま機械に強そうな人がいたので、長年の疑問をぶつけてみました。

「刃のせいではないですか。刃を替えれば大丈夫と思います」

なんだそうか、そんなことだったのか。

でも、初めからこんなふうだった気がしないでもない。

とは言え、何しろ昔のことだから、はっきりしないのです。

早速、ホームセンターへ行きました。

でも、165ミリメートルの刃しか売ってないのです。

「確かにこれは159ミリメートルの直径ですね。

165ミリメートルは、やめたほうがいいと思いますよ」

店長さんは、親切に持参の刃を、ノギスで測ってくれました。

あきらめて、店の外へ出て、そこで思いつきました。

スマホでメーカーの電話番号を調べて、かけてみました。

偶然というか、このメーカー、今年会社名が変わったばかりでした。

「160に165は使えません。お店で取り寄せてもらことになります。」

たった5ミリメートルのことなのに、使えないなんて、そういうものなのでしょう。

取り寄せてもらって、はるばると50kmも、もう一度店に来るなんて、ちょっとねえ。

というところで、ネットで取り寄せればと気がつきました。

で、明後日には、刃が来るはずになりました。