ラーパーさんの「花の谷」だより 

7月1日に、2016年のブルーベリー狩りを、開園しました。

8月10日に閉園しました。来年7月までやっていません。

雨天休園。予約不要です。

9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
石が落ちてきた


「用水の上に、石が落ちてきてるって、○○さんに聞いた。見に行ってきた」

○○さんは、用水の見回りに、来たのでしょう。

「以前のほどおおきくはないけど、流れをふさいでいる。ひとりでは、持ち上げるのは無理」

さっそく、自分もアイパッドを持って、出かけました。

何年も前のことですが、我が家の敷地の崖から、大きな石が用水の上に、落ちてきたことがあります。

知らないうちのことで、後から、落ちているのを見つけたのです。

と言うか、目の前で落ちてきたら、ずいぶんこわかったことでしょう。

我が家の敷地にあった石が、公けの用水の上に落ちたので、ずいぶん責任を感じたものでした。

でも、重機の入れないところです。

ダイナマイトで爆破するとか、空想はしたのですが、そんなわけにもいかないし・・・。

結局、用水の流れには支障がない、ということで、そのままになっています。

今回も、我が家の敷地からか、と心配しましたが、タクラタ沢の向こうでした。

それはさておき、今回の小さめの石の事です。

数日後、何人かの掛け声が、聞こえてきました。

用水沿いの草刈りのおりに、用水を使っている人たちで、引き上げたそうです。

草刈りの中休み、お茶の時に、聞きました。

コーギーのへそ天切手


「これは間違いなくコーギーだよ。へそ天してる」

郵便局から、帰ってきたお父さんが、言いました。

「どれどれ?あっ、カワイイ。ほんとうにコーギー?、これ」

「そうだよ、ウェルシュ・コーギー ・ペングローブと書いてある」

「この小さい字が読めるの?絵だって小さすぎて、わかりにくいのに」

お父さんは、ど近眼のメガネを外すと、読めるのでした。

「おかしいなあ。ほら、前にパピヨンを、コーギーと思いこんで、買ってきた切手があった」

お父さんだって、最初はコーギーと思い込んだのに、ひとの失敗をむしかえしました。

「どっちも、身近な動物シリーズ第1集になってる。あっ、なんだ。82円と52円の違いだ」

「けど、なんでこんな小さな、字も読みにくい切手を出すんだろう。もっと、老人に優しくしてもらわないと困る」

よほどおヒマなのか、暑さのせいなのか、なおも勝手な独り言を、言ってました。

「まるっきり、キュートの赤ちゃんの時だ。この画像、どこから漏れたんだろう」

閉園後5日、忙しい毎日


8月10日で、今年のブルーベリー狩りを閉園して、今日で5日目になります。

その間、毎日何をして過ごしていたか。

気が抜けたかといえば、そうでもなくて、いまだ忙しい毎日なのです。

「たった一ヶ月ですか、ブルーベリー狩りの期間は。あとは何をしているんですか」

お客様から、そんなふうに尋ねられることがあります。

8月のこの時期は、ジャム用に、摘み取り、選別、冷凍保存の毎日です。

朝5時頃に起きて涼しいうちとか、夕方とか・・・。

摘み取りは、そんなに苦痛ではないのです。

面倒なのは、選別。

この時期の実は、よく熟していて、つぶれたのは廃棄するので、それが大変です。

まあ、それはともかく、おかげでブログ更新に、机に向かう機会が、めっきり減りました。

元気なので、おいおい更新もすることにしたい、と思っております。

クワガタ


ある日、ブルーベリー園の受付所に、クワガタがきました。

いろいろ種類があるようですが、もちろん同定は無理です。

今年は、カブトもクワガタも、ほとんど見かけない気がします。

蝉の声は、いつもの年と同じように、うるさいのですが・・・。

そのあと、カミキリムシも来ました。

こちらはよく動くので、パックに入れて、並べて撮影しました。

そのままにしておいたら、まったく動かなかったはずのクワガタ、いつのまにかいなくなっていました。

パックに入れておいたはずのカミキリムシ、これもパックごと、いなくなっていました。

ブルーベリー狩り、今日で終わりです。


花の谷のブルーベリー狩り、今日2016/08/10で、今年は閉園します。

7/1からという異例の早さで、今年は開園できました。

冬の間、ひどく寒い日が少なかったし、春先に暖かい日が続いたからでしょう。

去年は7/3、一昨年までは7/7~9頃ばかりでした。

「まだ、あるよ。どうするの、下に落ちとる。もったいないねえ」

昨日のお客様の一人は、そう言ってくださいました。

でも、早生種や中生種は、すでに終わってしまって、実の付いてない株ばかり、目立ちます。

それに、明日は山の日の祝日、たくさんのお客様が来たら、身が、じゃなかった、実がもたないでしょう。

妙な話ですが、祝日ができたため、7/12日までの開園が、今年からできなくなった、という図式です。

もちろん、一般のお店は助かるから、祝日ができたのは、とてもよかったのです。

それはさておき、皆様ほんとうにありがとうございました。

ぜひ、来年もと思っていますので、よろしくお願いいたします。
花の谷ブルーベリー狩り、明日でおしまいです。
昨日、2016/08/08、やたらに暑い日でした。

前日8/7の夕方、NHkテレビで、明日の飯田地方39℃、と出ていました。

まさかと思いましたし、dボタンでも、他のところでも、その数字は見ませんでした。

けれど、その通りだった。

「ブルーベリーが、煮えとった」

まったく、お客様の言葉通りでした。

まっ、そんなブルーベリーに出会える幸運!!!??なんて、まずはないでしょう。

なんて、もちろん負け惜しみです。

もちろん、午前中こそ、お客様もあったけれど、午後はまったくの無人。

それはそうでしょうとも、テラスの温度計は、なんと34℃でした。

先日、32℃で、大騒ぎしてたのに、2℃も更新です。

それでも風はあって、室内よりはテラスは、過ごしやすいのでした。

そして今日は、もっと暑いようです。

というわけで、暑さにくたびれた姿を、お客様にお見せするのも、ブルーベリーたちの本意ではないでしょう。

明日を持って、本年の最終日といたします。

皆様、ありがとうございました。

Iターン者は、都会からの、感謝のお返しです。



本日、8/8、ものすごく暑くなる予感です。

そして、ブルーベリー狩り、8/10(水)で、閉園します。



ふるさとを歌った歌が、文部省唱歌に、どうしてあんなに多いのか。

明治以来、田舎から都会に、多くの人々が、出て行って、懐かしんでいるからだ。

そんな文章を、どこかで読んだことがあります。

特に戦後、田舎はいかに多くの人々を、都会に送り出したことでしょう。

汗水して働いて、あるいは田畑や山を売って、食べさせ、子どもたちに教育まで施して、差し出してきたのです。

挙げ句の果ては、田舎では、家を継ぐ人もいなくなって、家も田畑も、野山も、荒れるままになっています。

「この頃、よそ者が入ってくるようになっちまった。」

どうか、田舎の皆さん、そういう事は言わないでください。

あなたの実の息子にも娘にも、奥さんがいたり、子どもがいたりするでしょう。

それに他にも、いろいろ事情もあるでしょう。

今となっては、かんたんには、帰ってこないかもしれません。

でも、そのかわりと言ってはなんですが、都会から田舎に憧れて、若者たちが来つつあるのです。

この人手不足、人材不足の時代です。

きっとみんなのため、村のためになることと思います。











光沢のあるみどり色、ツノアオカメムシ


本日立秋。

夏空が広がっています。

けれども、ブルーベリーたち、ずいぶん食べられてしまいました。

実のなくなった木ばかり、目についてしまいます。

もちろん、まだまだあるのですが・・・。

でも、川遊びも楽しみたいファミリーもいるようです。

もう数日、細々と続けることにしましょう。


ブルーベリー狩りのお客様が、忘れていった人形の上です。

緑色の美しいカメムシが、とまっていました。

ツノアオカメムシ、だそうです。

お人形のほうは、このあと、日付を書いて、段ボール箱に保管しました。

そして、電話がかかって来て、一件落着でした。

カメムシ。

この臭い奴、秋が深まってくると、お家の中に入ってきます。

南向きの温かそうなお家ほど、たくさん入ってくる、と言われてもねえ。

ところが、ツノアオカメムシは、柑橘系のにおいがする、とありました。

さっそく、人形から移動させて、鉛筆で優しく叩いてみました。

柑橘系のにおいなのかなあ。

あのイヤなカメムシの独特のにおいも、確かにありました。

いくらみどり色が美しくても、これでは人気は出ないことでしょう。

このカメムシ。サシガメという仲間がいて、刺されると激痛だそうです。

アナフィラキシーの症状が出る場合もあるとか、オオトビサシカメと言うそうですが、知りませんでした。

腰のくびれた地味な色の虫です。

気をつけることにします。








道路がきれいになってた


昨日8/5も、やはり午後になって雨。

というか、お昼過ぎに一雨あって、本日これでおしまい状態に。

でも、その後に元気なファミリーが来園。

止めたけれど、薄日の差す中を、出かけて行きました。

どうやら今日も、同じような天候。

土曜日なんだし、雨はもう終わってほしいものです。


夕方、愛犬キュートの散歩の時でした。

いつも、わが家に隣接する、タクラタ沢橋を渡って、村道を登って行きます。

その道路が、いつもと違っていました。

道路脇の落ち葉や土の堆積が、きれいに掃除されていました。

側溝も掘り出され、枡が出現していました。

村道だから、役場の依頼で、業者の人がやってくれたのでしょう。

なんという偶然、2週間ほど前、わが家の上の村道を、スコップで掃除したことがありました。

掃除というよりは、土をもらって、道路脇の埋め立てをしたのでした。

でも、非力なので、大変だった。

コンクリートの上のはずなのに、太い根がはっていて、ハサミで切りながらになりました。

下の写真のように、ほんのわずかで、投げ出したのでした。

けれど、役場も大変だ。

村道なんて、村じゅうにはりめぐらされていて、人は減っているから、手入れもされなくなることでしょう。

いや、それはたぶん、日本じゅうどこもかも。


小さなカニさん二匹


晴れ間も見える曇り空とはいえ、8/1(月)からの5日間のなかでは、空中湿度の低そうな朝です。

昨日も、午後3時頃には、激しい雨になりました。

でも、誰も濡れなかったから良かった。

天気予報によれば、明日まで、午後に雨の降りそうな空です。

ブルーベリー狩り、やはり午前中が何かにつけて、良いようです。



小さな男の子が、ビニール袋に何かを入れて、戻ってきました。

「川で、パパが捕まえた。」

小さなカニが、二匹でした。

川遊びをしていて、見つけたのでしょう。

どういうわけか、自分は谷川で、サワガニを見つけたことはありません。

沢からかなり離れた、村道あたりで見かけたりします。

川沿いにあるキャンプ場に宿泊とか、カニの子どもたち、たぶんそこに放されるのでしょう。
Check