ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年には7月7日に開園し、8月10日(木)に閉園したブルーベリー摘み。

今年も同じような日程で、やっていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
農業機械って、いっぱい必要


冬の間は、寒すぎるし地面が凍っていて、何もできませんでした。

ところが、今年の春は、例年以上に慌ただしくやって来たので、毎日毎日やることばかりです。

で、どんなことをやっているのか。

考えて見ると、あれもこれも機械が要るのです。


充電式チェンソーを使って、花木や雑木の余分な枝落とし。

自走式チッパーで、剪定枝の粉砕。

自走式草刈機で、園内荒野の整備。

充電式チェンソーで、薪用材を現地にて80?か120?に玉切り。

車で家まで運ぶ。ああ、軽トラを手放したのは、痛恨の失敗だった

電動チェンソーで、薪に切る。

運搬車で、冬の間に園内に、勝手に出現した石などを、運んで捨てる。


などなど…、機械を使うのをあげてみました。

これでも、我が家は、所有する動力系機械は、とても少ないほうなのです。


ノスリ目撃、3回目と4回目


過日、「鷹らしいけど…」と記事を書きました。

ノスリでした。

ノスリは、これまでにも見たことがあったから、もっと違う鷹を見たかったのに…。

どうもネズミを主食としているらしくて、鷹としてはあんまり人気が無いようです。

まあしかし、我が家としては、特に冬場にネズミの専横に悩まされています。

で、この辺りがノスリのナワバリになるのは歓迎なのです。

先日、写真を撮ってアップしたのは、目撃2回目。

1回目は、家のすぐ上の村道でした。

飛び立って一瞬だったので、トンビではないぞ、くらいでした。

そして、3回目はやはり上の村道の向こうのほう、飛び立った時に、尾が弧を描いた形なのを確認しました。

4回目は、またしても家の前を、川向こうに飛んでいって、上のような写真が撮れました。

どうやら、この辺りで暮らしているようです。

去年の秋に生まれた幼鳥らしいということですが、渡りをしなくてもすむ涼しいところです。

のんびりとここで暮らしてください。



「すごい事ですよ!南信州歌謡祭inうるぎ」4月28日(土)

iPhoneImage.png


この何年か、秋に行われて来たうるぎ歌謡祭が、春にも行われるようです。

ようです、と言うのは、残念なことにこの分野も、自分は猛烈に不得意分野なのです。

ただ、伝え聞くところによると、すでに70人もの出演者が決まっているとのこと。

秋だけではと、春にもやるなんて、素晴らしい。

朝から夜まで、昼食時間も設けずに、ぶっ続けに行われるようです。

豪華絢爛衣装をまとったお姉さまやらお兄さまやら、もちろん若者も、とても見もののようです。

そして、歌だって…。

村にたくさんの人が来て、にぎやかに楽しく1日を過ごせてもらえれば、嬉しい事です。

なお、できれば、こまどりの湯温泉とかふるさと館にも立ち寄ってくださいね。

南信州うるぎ村渓流釣り祭りは、5月27日(日)

iPhoneImage.png


村の恒例行事、渓流釣り祭りです。


こういうことを書いても良いものなのか、このところ、参加者は減少傾向にあるようです。

その分、お得というか穴場的に思います。

また、500円で小学生以下限定のニジマスつかみ取りが、午前10時と午後1時に行われます。

これも、こどもたちにはとても楽しく滅多にない機会と思います。

みなさんどうぞお楽しみに。


ところで今日は暑かった。

標高の高い売木村でも、25℃は超えました。

おかげでふるさと館などにもたくさんの人が…。

ウド、シイタケ、葉わさび、タラなどが出ていて、どんどん売れていました。

ワラビは花の谷の園内では、ちらっと見ましたが、まだ売りに出てはいないようです。

でも、例年よりはだいぶ早く出そうです。

八重の立金花か


上の画像は、以前にもアップした花の谷のリュウキンカです。

特になんということもない野草かもしれませんが、花の色がほんとうに金色で見事なのです。

それに、以前は一株しかなかったのに、このところ増殖中で喜んでいます。

ところが今朝、別のところに下の画像のような株を見つけました。

八重のように見えます。

八重も存在するものなのか、どうなのでしょう。


ワラビ畑、つまり荒れ野を、整備しました。


先日、伸び放題の梅を、思いっきり大胆に切ってやりました。

すると、これまた伸び放題のススキやらウツギの仲間やらが、気になりました。

これでは、ワラビ畑ではなく、荒れ野だと突然納得。

自走式草刈機を突進させて、滅多斬りに刈りました。

もちろん、ウツギの仲間は、あらかじめチェーンソーで切ってからです。

で、写真のように、スッキリ。

これで、ワラビ採りもしたいお客様にも、喜んでもらえることでしょう。

いや待てよ、こんなに採りやすくなっては、あとからのお客様の分がなくなってしまうかも。

それはさておき、

「きれいになったね。良かった。」

そのように、ほめていただきました。

「でも、キジさんは大丈夫かしら。どこかに巣があったかもしれない」

いろいろむつかしいのです。




うるぎ山の暮らし市〜春色感謝祭ーは4/28、4/29


これまでの春色感謝祭が、観光協会から民間に移って、「うるぎ山の暮し市」として、開催されます。


1 日時 4月28日(土)、29日(日) 9:00から~15:30

2 会場 売木村ふるさと館

3 内容 道具フリーマーケット

出展ブース

体験コーナー

土と風の交流会


お山は知恵の福袋


物は大切にしにあ


「もったいない」

壊れても捨てないよ

工夫 工夫で

生きかえる

作った人の愛情と

使った人の愛情と


うん うん

そういうのが

やっばり いい。

うるぎに

およりて。

梅を切る


3株の伸び放題だった梅の木を、思い切って切ってやりました。

花がついて見ると、枯れ枝がやけに目立ったのです。

ブルーベリー摘みのお客様の中には、ワラビもという人も多くいます。

そのため、ワラビを採れるように、園内の一部を、わざと原野のままにしてあります。

でも、荒れ放題になりすぎました。

梅を切らないなんとかの典型例に、成り下がってしまいました。

で、やることが極端ですが、写真の通り。

枯れ枝が目立ちすぎだったのです。

でも、大丈夫。

きっとまた花を咲かせてくれるでしょう。

そうそう、切った太い枝は薪にします。

ダンコウバイの花


もうほとんど終わりかかっていますが、今年は黄色いダンコウバイの花がよく咲きました。

これまでも毎年咲いて来たけれど、気がつかなかったのかもしれません。

去年の冬に、森林組合で岩倉川沿いを整備してもらったせいがあるのでしょう。

細かな花が、川沿いの何本もの木に咲きました。

クスノキ科だそうで、枝を折ると良い香りがするそうですか、まだ実感はしていません。

この時期を過ぎると、あとはもうブルーベリーに影を落とす、邪魔な木になってしまいます。


教えてください。鷹の仲間かと思うのですが。


今朝8時過ぎ、雨はいつ頃に止むのだろうかと、外を見た時でした。

家の近くから、大きめの鳥が飛びたちました。

もちろん、なんという鳥かはわかりません。

でも、つい先日すぐ上の村道で見かけた鳥と、同じだと思えました。

鳥は川を越えて、畑の向こう、村道の上あたりの木の枝に、止まりました。

枝の上で、時々首を動かしているように見えます。

デジカメで20×にしてみても、はっきりしません。

すると、下を車が通って行きました。

でも、飛び立つ様子はありません。

早速、N-boxを運転して、行って見ました。

なんと、鳥は村道のすぐ上、落葉樹の枝に止まっていました。

あまり近づいて飛び立たれてもと思い、少し離れたところで撮ったのが、上の写真です。

フロントガラス越しに、それも雨のためワイパーを動かしたままだったので、少しボケている気がします。

腕のせいもあるでしょう。

それから、車を前に進めて、すぐ下あたりまで行きました。

さすがに飛び立ちそうになって、慌てて撮りました。

連続モードにしておけば良かった。

続けて取ろうとしても、「処理中」になってしばらくはシャッターがきれないのです。

それはともかく、じきに飛び立って森の中へ飛んで行ってしまいました。

なんという鳥でしょうか。

ノスリかな。

トンビでないとは思います。

トンビならいつも見ているから、教えていただきたくはない気持ちです。

でも、ご存知の方、教えてください。