ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩り、令和元年は、7月6日開園、8月13日で閉園しました。

7月の長雨と、そのあとの暑さはありましたが、多くのお客さまに来ていただきました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備があると良いです。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
「ブルーベリー畑巡り」をやっています。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
知多中央道、4月に行けるのかなあ


1月の終わりころに、知多中央道乗り放題の張り紙を、見つけました。

終点まで往復すると、通行料2760円のところ、1000円ですむそうです。

海だとか、お魚とかは、山の中にいるとあこがれです。

そうそう、昨日の「ホームニュース飯田」の「引越しシーズン  住んでみたい町」。

「海の見える街がいいですね…。」などが、いくつも目につきました。

早速「知多中央道」で検索して、申し込んだら、「乗り放題チケット引換券」がメールで送られてきました。

ところが、コロナ騒ぎ。

2月中の土日限定だったこともあって、諦めました。

すると、3月になってまたメールが…。

うれしい、4月にもう一度やってもらえるそうです。

でも、その頃には収まっているのでしょうか。

いや、収まっていれば、なおのこと混雑するかもしれません。





- | 17:15 | comments(0) | -
巣箱を立てました



総檜造りの小鳥の巣箱、板を切ってもらい、出入り口と水抜きの穴も、開けてもらってありました。

でも、金具が無くて、案外組み立てに時間がかかりました。

蝶番と、天井板の留め具(カラスが天井板を開けるのを防止)、巣箱と柱とを固定する部品など。

これまでに使っていたもののうち、傷みの少ないのも入れると、9個の巣箱になりました。

ちょっと、過密気味かもしれません。

まあ、小鳥たちで調整することでしょう。

檜づくりと言っても、新しすぎてお気に召さないかも。

とにかく、たてるだけはたてておくことにします。

ブルーベリーにつく毛虫を、やっつけてくれればうれしいのです。


- | 18:20 | comments(0) | -
雨、フキノトウが出ているだろうな


久しぶりの雨、15日に雪が少し舞って以来です。

でも、比較的暖かい1日でした。

ナンジャモンジャの枝が、だいぶ色変わりしてきています。

白いハナモモの枝も色変わりして、つぼみもふくらんできています。

昨日あちこちに顔をのぞかせていたフキノトウ、もう花茎が伸びすぎているかもしれません。

- | 17:31 | comments(0) | -
岩倉ダムキャンプへの道は通行止めですが…。


シーズンにはぎっしりと車が駐車し、大にぎわいとなる岩倉ダムキャンプ場。

今はまだ、入って行く四つ辻に、通行止めの看板が立っています。

連休のある日、キャンピングカーが少しためらった様子で、入って行きました。

この暖かさなら、凍結はないし、大丈夫でしょう。

でも、いつまた寒波が来て、道路凍結になるかもしれません。

もちろん、受付はやってないでしょう。

昨秋は、ずいぶん寒くなってからも、キャンパーがたくさん来ていました。

寒さの中でのキャンプも、流行りみたいな気がします。

あっ、でもキャンプ場は、たぶんまだ、トイレが使えないことでしょう。

- | 17:42 | comments(0) | -
塗りたての郵便ポスト



「ぬりたて、注意!」

郵便物を出そうと車を降りたら、そんな張り紙のあるポストが目に入りました。

真っ赤なピカピカの郵便ポストでした。

上の写真は、別の日に、別のところで撮ったものです。

いわゆるイメージ写真ですので、あしからず。

はて、ポストを塗り直したのだろうか、でも何か変だ。

どう見ても、新品みたいに思えました。

近づいて判りました。

足元のコンクリートが、塗りたてだったのでした。

新品のポストに取り替えて、足元をコンクリートで固めたばかりでした。

ポストを塗り直したなんて、勝手な思い込みだったのです。

歳のせいだよ、と思われるかもしれません。

でも、もともとつまり子供の頃からすでに、認知能力のあたりに、ピントのずれがありました。

まあそれでもこの歳までは、なんとかやって来れた、ということにしておきましょう。











- | 18:16 | comments(0) | -
昨夜、キューちゃんが唸った


サビタブルーベリー畑に、行った時のことです。

サビタの木の株元に、黒っぽい土のかたまりを、見つけました。

株元が掘り起こされて、穴が開いています。

何か動物が、掘り起こしたものと思われました。

イノシシには、以前やられたことがありますが、それと比べれば、はるかに小さな穴です。

そう言えば、前の夜にコーギー犬キュートが、部屋の中で、唸って歩き回っていました。

その数日前にも、同じようなことがありました。

それ以前には、そんなことはほとんどなくて、とても珍しいことでした。

自分たちは感じなくても、犬には家の外のことが、感じられるようです。

「散歩の時、用水沿いのところで、しきりにくん活するから、サワグマかなにかかもしれない。

タクラタ沢の方から、来てるだろうと思う」

サワグマとは、南信州で古老達が口にするという動物のことです。

アライグマなのか、もっと別な動物なのか、良くわからないようです。

むろん、別の動物のほうが、ロマンはあります。

そうか、近くの犬が、最近亡くなったのでした。

いつも朝早くに放されて、わが家の辺りもうろついていました。

その匂いが、しなくなったので、山の動物がのさばってきたのかもしれません。





- | 17:28 | comments(0) | -
カミキリムシの仲間だろうか


南側のガラス戸あたりに、下の写真のような小さな虫が這っていました。

姿かたちは、カミキリムシの仲間のように思えます。

でも、小さくて華奢な感じです。

そうこうするうちに、上の写真のような虫も。

これは初めて見ます。

どちらも、薪ストーブ用の薪から、出てきたのではないかと、思っています。

外へ出すのは、まだ夜は寒いので、気の毒な気もしましたが、追い出しました。

はて、何という虫だったのでしょう。


- | 17:32 | comments(0) | -
道の駅うるぎふるさと館、にぎわっています。


道の駅うるぎふるさと館、三連休中日の今日の様子です。

どうしてもの用事があって、行ってきました。

「よくお客さんがきている」

「今日はあったかいからねえ。」

「こんな山の中だから、コロナも大丈夫と思って、来てくれるのかもしれない」

「さっきも、おんなじこと言ってたよ」

と言うわけで、たくさんの車が並んでいて、賑やかでした。

わが家は、名古屋方面に出かけることが、たまにあります。

もしコロナを持ち込んだら、小さな山の中の村では、大変なことになるでしょう。

それに、最年少後期高齢者だし、基礎疾患らしきものだって、ないこともないのです。

自分たちのためにも、充分警戒して、動いてはいます。

でも、とにかく目に見えないものだし、気をつけるに越したことはないでしょう。

ふだんでも、ふたりとも引きこもり系ですが、とにかく村の中を出歩かないことにしています。

- | 18:20 | comments(0) | -
風の冷たい日は、巣箱の組み立て


午前中は、降りながら解けてしまう雪でした。

午後になると、晴れ間こそ見えてきたものの、やっぱり冷たい風が吹きつけていました。

1月も2月も、ずいぶん暖かったのに、ここへ来て寒くなった気がします。

まあ、気のせいでしょう。

こんな日は、珍しく家の中にこもって、巣箱の組み立てです。

巣箱といっても、日本ミツバチのほうは、カラの巣箱がいくつもいくつもころがっています。

村内の木工屋さんから、頼んであった小鳥の巣箱キットが、届いたのでした。

シジュウカラや、ヤマガラなどのための巣箱です。

なにしろ、ブルーベリー狩りのお客様は、ほとんど全員が毛虫をお嫌いです。

これまでも、小鳥さんには、巣箱に住んでもらって、毛虫を退治してもらってきました。

でも、いくら総檜造りとはいえ、6個もの巣箱、ちょっと過密すぎるかもしれません。

さてどうなるか、園内のあちこちに、置いてみる予定です。






- | 17:25 | comments(0) | -
キュート、腰痛もちになったかな


「去年、八種混合は3月になってからだったのか」

2月に入ってしばらくしてからのことでした。

「だけど、わき腹あたりを触ったら、ウッみたいな声を出したことが、もう2回もあった。」

お父さんが、お母さんに言いました。

「腰なんだろうかなあ。椅子に飛び乗ったりはしているから、違うかもしれない。もし、お腹のどこかが病気だったりしたら大変だ。早めの予防接種を兼ねて、健康診断に行って来ようよ」

有効期間1年なのに、その前に注射してもらうなんて、倹約家のお父さんにしては、画期的なことです。

というわけで、キューちゃんは、トラベルキャリーに押し込められて、はるばるとお医者さんに行って来ました。

「腰痛ですね。さわるとひびくところがあるのでしょう。体重は9.3だから、とても良いですよ。」

お医者さんは、キューちゃんの目を、じっくりと観察しながら、おっしゃいました。

「血液検査は、プエラリアの時でいいでしょう」

お父さんは、血液検査まで申し出たのでした。

「なにか病気だったらどうしょうか、と心配したけど、まだ良かったのかなあ。でも、腰痛もなあ」

家に帰ってから、少し安心したように、親たちは話していました。

「キュート、ふつうにお尻を振りながら、歩き回っている。痛くはないだろうか」

- | 17:55 | comments(0) | -