ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩り、令和元年は、7月6日開園、8月13日で閉園しました。

7月の長雨と、そのあとの暑さはありましたが、多くのお客さまに来ていただきました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備があると良いです。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
「ブルーベリー畑巡り」をやっています。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今年のブルーベリー狩り、まだ未定です。


「もしもし、毎年行ってるものですけど、今年のブルーベリー狩り、いつからですか。予定を立てたいんです。」

今日、問い合わせの電話がありました。

「やるとしたら、7月5日頃からです。でも、どうしたものか、考えているところです。」

そして、付け加えました。 

「まあ、やるとしても、お茶は出さないでいこうかと思ってます…。」

「あれだけ広いから、大丈夫でしょうね」

電話の向こうで、そう言っていただきました。

たしかに、園の中では、三密になることは、そんなにないでしょう。

受付所のあたりが、要警戒なくらいでしょう。

でも、万に1つでも、村に広がったらと思うと、考え込んでしまいます。

今日はもう1つ電話がありました。

「ブルーベリーを、送ってもらうことはできませんか。県外は自粛とかで、今年は、行きにくいと思うんです。」

「すみません。実を送ることはやってないんです。」

ずーっと以前に、送ってあげたことがありました。

でも、劣化しなかったかと、気が気ではありませんでした。

りんごのように、硬い実だったら良かったのにと、身が持ちませんでした。

そうそう、開園する場合に備えて、川遊び場、つまり川への降り口を、増設しておくことにします。




- | 18:19 | comments(0) | -
やってましたよ、うるぎふるさと館。


今日のお昼頃、道の駅売木村ふるさと館の前を通りました。

ずっーと休業していましたが、6月1日から営業を始めたところです。

こまどりの湯も、同じように始めています。

駐車場には、写真のように数台の車が停まっていました。

もう少しあってもいいけれど、ウイークデーなので、まあこれでも良いでしょう。

売木村は、これからがいちばんいい季節、少しずつお客さんが増えてくることでしょう。

どうか無事に過ぎてほしいものです。

- | 17:30 | comments(0) | -
山の病院に行ってたとき



今から70年ほども昔のことです。

幼稚園の時だったか、小学校に入ってからのことだったか、今となっては確かめることもできません。

「家にいってみたら、だれもいなかった。これはもう全滅か、と思ったなあ」

のちになって、叔父がそんなことを言っていたのを、覚えています。

大腸感染症の赤痢にかかって、父以外の家族が、郊外の病舎に隔離されたのでした。

「ブドウなんて、ブドウ糖のかたまりだから、赤痢菌がいたわさ」

たまたま父が留守の時に、みんなで食べたのだったでしょうか。

母にしてみれば、珍しいものを、子どもたちに食べさせてやろう、と思ったのでしょう。

父は後々まで、ブドウを口にしようとはしませんでした。

赤痢と書きましたが、疫痢の状態で、自分も妹も生死の境をさまよったようでした。

でもなぜかふたりとも、かろうじて生返って、細く長くこの年まで生き延びています。

当時は、今のように清潔な店先ではなくて、天井からはハエ取り紙がぶら下がっていました。

皿に置かれたブドウのあたりを、ハエが飛び回っている様子が、思い浮かびます。

隔離された郊外の病院、古い木造の建物でした。

紙飛行機を飛ばして、遊んでいたようすを、わずかに覚えています。

「あの人はねえ、冷麦を食べるのでも、沸かした湯を冷ましたので、食べてたというよ。

それくらい気をつけていても、かかる時はかかるんだねぇ。」

どこかのおばさんが、母にそんなふうに話していたのは、その時だったでしょうか。


- | 17:14 | comments(0) | -
ヤマブドウ、今年こそ実をつけてくれ


十数年前に、都会の園芸店で買ってきて、植えたヤマブドウです。

放置しておいてもなかなか実らなくて、一昨年パイプの棚を、作ってもらいました。

今年はたくさんのつぼみをつけています。

去年もつぼみはかなりあったけれど、それっきりでした。

近くの野山に、野生のヤマブドウならあるので、交配は心配はないでしょう。

ぜひ一度、なってほしい。

と言っても、そんなに大きい実ではないし、たくさん食べるつもりはないのです。

焼酎に漬けて、見事な発色を楽しむくらいでしょうか。

今回、トチノキのシャンデリア状の花の後くらいに、咲くと気がつきました。





- | 11:19 | comments(0) | -
交互一方通行の逆走車


国道を走っていたら、交互一方通行の信号に出会いました。

このあたりでは、珍しいことではありません。

赤信号で止まっていたあと、青に変わったので、発進しました。

カーブした道を行くと、突然目の前に、大きな白い外国製乗用車が…。

高級乗用車によく見るマークが、目に飛び込んできました。

山道でゆっくり走っていたし、相手もスピードは出していませんでした。

こちらが止まっていて、かろうじて、すれ違うこともできました。

通り過ぎた車の向こうに、工事の人が2人いて、驚いたようにこちらを見ていました。

信号を見間違えたつもりはないけど、と思いながら、後ろを見ました。

すぐ後ろに軽ワゴン車がいて、その後ろに大型トラックがいました。

白い外国車と大型トラックが、すれ違いに苦労しているように見えました。

今更ですが、自分は青で進入したと確信できました。

車を進めると、向こうから工事関係の人が歩いてきて、頭を下げました。

「止めれなくてすみません」と言っているように思いました。

その向こうに、反対側の信号があって、3台の車が止まっていました。

あの白い車、信号に気づかずに進入したのでしょうか。

片側交互一方通行なんて、知らなかったのか。

いや、都会でもそんなのはあるでしょう。

こういうのも逆走というものなのか。

まあとにかく、何事もなくて良かった。


- | 11:16 | comments(0) | -
3回目の震度4


昨夜、19時過ぎのことでした。

家の西北の方で、ドンというか、ゴトンというような音がしました。

そんなに大きな音ではなかったけれど、あたりが静かなので聞こえた感じでした。

なんの音だろうかと思っていると、地震速報がテレビに出ました。

岐阜県飛騨で、震度4でした。

当地では、震度1くらいだったと思います。

震度4は、この1ヶ月くらいで、3度目になります。

4月23日に、長野県中部で震度4でした。

この時は、緊急地震速報が、携帯に出ましたが、車に乗っていて、わかりませんでした。

5月19日の岐阜県飛騨での震度4の時も、緊急地震速報が出て、家が少し揺れました。

そして昨日の岐阜県飛騨、結果的に震度4でしたが、今回は緊急地震速報はでませんでした。

おおざっぱに言えば、岐阜県飛騨も長野県中部も、ほとんど同じ地域です。

長野県と言っても、当地は長野県の南端なので、遠くでの出来事です。

でも、震源地のあたりでは、小さな地震も続いて、心配なことでしょう。

はやく落ち着いてほしいものです。



- | 18:51 | comments(0) | -
ナンジャモンジャの白い花、いよいよ6月


毎年同じ記事を出すのは、いつ咲いたかの記録としてだからのつもりです。

上の写真の真ん中、白いのがナンジャモンジャです。

急に花が目立ってきました。

その左が、毎年お馴染みのトチノキの花、その左の赤い葉がスモークツリーです。

左下の白いのは、フランスギク、どんどんあちこちに増えてきています。

下の写真もフランスギク。


6月1日から、こまどりの湯もふるさと館も、再開するようです。

良かった、と思います。

ただ、少し気になることがあります。

このような山中では、コロナを気にしてない人が、結構いること。

わが家は、時に都会に行くこともあります。

それで、持ち込んだら、つまりうつしたら大変、といつも思っています。

家に閉じこもっていることが多いし、必ずマスクをするようにもしています。

これまでは、地域の人だけだから、良かったのです。

人が訪れるようになるこれからこそ、気をつけなければ…。

高齢者が多いし、病院までだって、1時間以上かかります。

心配です。


- | 17:53 | comments(0) | -
山百合が拡散しそう


サビタブルーベリー畑へ降りていく階段の脇に、ヤマユリを見つけました。

たぶんこの太さでは、まだ今年は、花はむりでしょう。

もともとは、3つ目の写真の太いヤマユリが、スタートと思います。

村の農家から、球根をもらってきて植えたヤマユリです。

群馬県へ仕事で行った時に、持ち帰ったと聞きました。

その家は、いちめんにヤマユリが咲いていました。

どんどん広がって、こうなったと言ってました。

繁殖力が強い種類の、ヤマユリだったのでしょうか。

環境があっていた、と考えるほうが、普通かもしれません。

わが家でも、他にも何本も生えてきています。

いずれヤマユリ園になりそうです。

とても楽しみで、うれしくてなりません。




- | 18:09 | comments(0) | -
浦島草かな、蝮草かな


コンニャクの仲間らしいけれど、不思議な形の花が、今年も咲いています。

黒っぽい花のイメージでいましたが、すぐ近くに緑色の花もありました。

種類が違うのかと思って調べたら、多少の色の幅があるだけのようです。

ウラシマソウとかマムシグサという名が、記憶にありました。

で、上の写真は、どちらなのかですが、釣り糸状のものがあるのが浦島草。

というわけで、マムシグサでした。

なお、昨日撮った下の緑色のマムシグサ、今日見たら花が黒っぽくなっていました。


- | 17:36 | comments(0) | -
タラに侵略されそうです。


一昨年の秋に、樹木を伐採したあとに、いつのまにかたくさんのタラの木が生えてきました。

まだ、そんなに木は大きくはなっていなかったけれど、今年の春には、タラの芽をいただきました。

人にもあげたりしました。

来年になれば、もっと木が大きくなることでしょう。

なんて思ってたら、ブルーベリー園の中にまで、小さな芽がいくつも生えてきました。

地下茎があって、どんどん勢力拡大を図っているのでしょう。

嬉しいと言いたいところだけど、ブルーベリー狩りのお客さんが、トゲに刺されたら大変です。

止むを得ず、何本も引き抜きました。

もう少し、出るところを考えて、出てきてほしいものです。


- | 17:53 | comments(0) | -