ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ラングワートの青花、あった


ピンクのラングワートは、かなり殖えていくつも咲いています。

何年も前に、八ヶ岳山麓の種苗店で買ってきたものです。

ところが、青花のラングワートは、その時売ってなかった。

愛読書「週末八ヶ岳田舎暮らし」にも出てくるあこがれの青花です。

そうしたら、なんと村の中で咲いているのを見つけました。

早速、ジョンソンズブルーなどいくつかを持って行って、もらってきました。

でも、それもいつのまにか、行方不明になってしまって…。

と思っていたら、素敵な青い花を、昨日見つけました。

たった一本ですが、しっかり管理していくことにしましょう。


売木村の一本桜たち、ほとんど満開、と言って良いでしょう。


昨日、「村の一本桜たち、咲き始めています」、と書きました。

訂正です。

今日、村の市街地に出かけたら、ほとんど満開になっていました。

あちこちに、桜色やら濃い桃色で、咲き誇っています。

これでは、4/29の白鳥神社のお祭りの頃には、落花しきり、かもしれません。

おっと、またここで、勝手な推測はやめておきましょう。


花の谷の桜たち、まだまだこれからです


売木村の一本桜たち、咲き始めています。

と言うことは確かですが、この数日、村の中心部へ行ってない、桜を見てないのです。

で、花の谷の桜たちで、間にあわせることにします。

上は、花の谷で一番早く咲く桜、名前がわからないのです。




フジザクラ、盆栽系?が大きくなったもの、と思っています。



南信州に多いエドヒガンだろうと思います。

奥にソメイヨシノが見えますが、ちらほらです。



ヤマザクラたちは、まだこんな有様です。

ウド出てた


「去年のあした、シイタケやウドを採り入れてる。ギボウシもまだ小さいし、今年はさっぱりだなあ」

昨夜、日記を見ながら、そんな話をしていました。

今年は冬の間雪も少なく、比較的暖かでした。

でも、3月以降に寒い日があったせいなのか、全体に遅れ気味な気がします。

と思っていたら、木くずの間から、ウドが芽を出しているのを見つけました。

木くずがあまりかかってないところに、芽を出していて、まだ寸足らずですが、今年もいよいよ楽しめそうです。

少しだけ採り入れして、あとは木くずをしっかりかけてやりました。

そうそう、今年は雪も雨も少なくて、シイタケはさっぱりです。

小さな芽は少し見かけるので、雨が降れば多少は…と、思っているところです。


シジュウカラが巣作りを始めてる


ガラス戸の向こうの桜の木、ヤマザクラ系なのか、まだまだツボミも硬いままです。

その桜の木のあたりの小木で、シジュウカラが二羽、盛んに鳴き交わしていました。

そうか、もう巣作りが始まったのか。

巣の中の掃除がしてないけれど、もう下手な手出しは、しないほうが良さそうです。

そういえば、すももの木ブルーベリー畑の巣箱は、屋根が吹っ飛んでいた。

あれは直してやらなければ…。

行ってみると、中にはきれいにコケが敷き詰められていました。

去年、使ってくれたとみえます。

少し遠いせいか、愛犬キュートの毛は、使われていませんでした。

別の巣箱のまわりには、赤いお腹の小鳥が二羽、来ていました。

ジョウビタキだと思います。


今咲いている花たちのメモ2


これも4/9に撮影したものです。

上は水仙のティータティータ



クリスマスローズ



ヒヤシンス



リュウキンカ、野草です。



ラングワート

トンビがノスリを追い払ってる


「珍しいねぇ。トンビの鳴き声」

そうなんです。

我が家のあたりの空、トンビの旋回するのはよく見かけます。

でも、鳴き声をきくことはほとんどないのです。

急いで外へ出てみました。

北の空から南の空へ、あまり高くないところを、きつい声で鳴きながら、トンビが、飛んでいきました。

するとその下、木々のこずえ近くを、斜め上に向かって、一羽の鳥が…。

トンビに追い出されたような飛び方でした。

トンビよりはだいぶ小柄で、尾羽は一直線になっていました。

このところ、時々見かけるノスリなのでしょう。

トンビがノスリを追い払ったように見えました。

大きさから言っても、トンビのほうが強そうです。

でも、トンビごときに、タカが追い払われるなんてねえ。

まあ、どちらもネズミやらの小動物などを、食べているらしいから、おんなじことなのかな。

とにかくせっかく住み着いたらしいノスリ、トンビさんよ、お手柔らかに。



神代桜の実生苗を植えました


4/9に山梨県の実相寺まで行った折、樹齢2000年と言われる神代桜の実生苗を、購入しました。

駐車場の脇で、自分より年上らしい老夫婦が、売っていました。

きちんとどの苗にも水がやってあって、一緒になって、より良い苗を選んでくれました。

腐ってしまうから、縄はほどかなくてよいと、親切に教えてもらいました。

1000円のもありましたが、思い切って2000円のにしました。

タネからこの大きさにするには、ずいぶんかかったことでしょう。

何しろこの歳では、咲くまでに時間のかかるのは、花を見られない可能性があるのです。

つまり、時間をお金で買ったことになります。

まっ、時間を買えることなんて、こんなことくらいでしょう。

帰ってから、家からもよく見えるところに、植えました。

植えてみると、なんだか小さくなってしまいましたが、再来年くらいには、一輪くらい咲くかもしれません。

ブルーベリーのお客様にも見てもらえるように、大きな看板を出したものでしょうか。

そうそう、昨日はブルーベリー狩りの問い合わせがありました。

本年の問い合わせ第一号です。

この夏は、令和元年のブルーベリー狩り、お楽しみに。




今咲いている花たちのメモ


ブログと言うのは、日記と聞いたことがあるので、毎年同じ記事でも良いのです。

と言うか、今年はいつ頃に咲いたかの記録として、毎年アップするのは価値があるのです。

などと、屁理屈は置いておいて、この写真4月9日(火)に撮ったものです。

上は、カタクリ。



チオノドクサ・サルデンシス…と思います。



アネモネブランダ



キンリョウヘン、花芽が出てきた


日当たりの良いデッキに、キンリョウヘンを出してやりました。

夜は相変わらずマイナスになるけれど、朝陽が昇ってくると、暖かいのです。

キンリョウヘン、日本のランの仲間です。

分蜂した日本ミツバチの群れが、この花に集まってくるそうです。

ある人から預かっていて、冬の間は暖かいところに置いていました。

外に出して気がついたのですが、いつのまにか花芽が伸びかかっています。

知らずに引っ掛けたりして折れなくて、本当に良かった。

初めての花ですので、とても楽しみです。

けれども、この花が咲いても飛んでくるべき分蜂の群れは、おそらくいないでしょう。

いや、いるかもしれない。

日本ミツバチ復活を夢見て、生きていくことにしましょう。