ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日はまずお薪運び


今朝はスッキリした秋晴れの空、おかげで最低気温4.6℃。

かなり低くなってきました。

と言っても、まだ霜は降りてなくて、比較的暖かい日が続いています。

ガソリンやら灯油やらが高騰している折、ありがたいことです。

薪ストーブはというと、焚いたり焚かなかったり。

それでもストーブ脇の薪のストックが、だいぶ減ってきました。

もちろん、早め早めが大切。

朝のうちに、外の薪だなから、一輪車に載せて運びました。

このいっぱいで、どのくらいもつか。

朝から夜まで丸一日焚くなら、多分2日で無くなってしまうことでしょう。

まあそれでも、その仕事が運動にもなるのです。




セイタカアワダチソウ退治


朝、部屋から外を見ると、黄色いセイタカアワダチソウの花が目につきました。
そうだった、花を刈り取らなければ…。
タネになって、そこらじゅうに蒔かれたらたまらないのです。
もうこの何日か、思ってきました。
でも、身支度をして外へ出る頃には、もう忘れてしまって、他のことをやっている毎日です。
今日こそはと、文字通りわき目もふらず、鎌を片手に現場に駆けつけました。
本当は、一本一本引き抜いたほうがとは思うのですが、やることがいろいろあって…。
ても、現場へ行ってみてわかりました。
目につく大きいのだけでなく、背の低い小さなのがいっぱい咲いているのでした。
四輪草刈機を持ち出すべきでしょう。
セイタカアワダチソウ退治、面倒だなあ。
これでまた、別の日になってしまいました。

季節はずれ、ブルーベリーの花


ブルーベリー園花の谷、このところの作業は、剪定を兼ねた株元整理です。
まず、鎌でブルーベリーの株周りの草を刈る。
ひこばえのうち弱いのを、ハサミで切り取る。
芯食い虫にやられた幹を見つけて、ひどければ切る。
一株あたりの幹の本数を数え、多くても9本までに抑える。
幹に付いた苔を、鎌の背でそぎ取る。
枯れたり勢いのない枝を切る。
などなど。
毎日毎日、そんな作業をしています。
すると、花をつけた枝を見つけました。
ももちろん、この時期では実をつけることはないでしょう。
残念ですが、切り落としてやりました。
しまった、持ち帰って部屋に飾ってやればよかった。

売木村秋色感謝祭は11月4日(土)


11月の最初の日曜日に、毎年行われる売木村の秋色感謝祭、今年は11月4日です。

場所はふるさと館。

現在はふるさと館の西で道路工事をしていて、袋少路の先になってしまっています。

でも、その頃は工事も終わっていることでしょう。

内容は、例年と同じ、フイナーレの投げ餅までに、数々のイベントが予定されています。

稲刈りも終わった後の今年最後と言って良い催しです。

晩秋の売木村をゆっくりとどうぞ。

岩倉ダムキャンプ場、大賑わいです。


昨日10/13(土)、夕方の岩倉ダムキャンプ場の様子です。
何しろ、我が家のある奥小屋地区への出入り口道路は、8月初めから工事のため、通行止なのです。
回り道で、キャンプ場わきを通ることはよくあります。
昨日の朝は、今年初めての最低気温7℃、よく冷えました。
これで、天気は回復するのかと思っていたら、夕方になってまた雨が…。
せっかくのキャンプが気の毒になってきます。
でも、この頃はすごい装備だから、雨も良しかもしれません。
いや、やはり晴れて欲しいことでしょう。
とにかく、すごいブームなのかもしれません。
日によっては、ウイークデイでも、テントが並んでいることさえあります。
稲刈りも遅れていることですし、晴れの日が続きますように。

大鹿村ダンプ街道、日曜日は走ってなかった。


先日、ずいぶん久しぶりで、大鹿村を訪れました。
この歳になると、あまりこれからは行けなくなる、と思ったのでした。
それと、一度行ってみたいレストランがあったのでした。
そうそう、ダンプはどの程度走っているのか、少し心配だったことは事実です。
そのダンプ、日曜日のせいだったのか、一台も会いませんでした。
なお、松川町からの小渋川沿いの道では、バイパスのトンネル工事をしていました。
写真は、その大鹿村に、8月に開業した道の駅「歌舞伎の里 大鹿」です。
とても立派な施設には、スーパーが併設されていました。
村の人たちには、ありがたいのだろう、と思いました。
映画「大鹿村騒動記」のロケ地を巡る旅、というパンフレットがありました。
おかげで、鹿肉食堂「ディア・イーター」も、店には入らなかったけれど、訪れることができました。

 



あわて者のナメコと今頃のズッキーニ


桜の木の原木から、ナメコが生えてきました。
3~4年前に、タネ駒打ちをした原木と思います。
何本も駒を入れたのに、生えてきたのは、今回一本だけです。
他の原木は、駒打ちに失敗したのか、と心配になってきます。
でも、まだ本格的な冷え込みはないので、たぶんこのナメコが狂い生えなのでしょう。
一昨日に、小さな芽を見つけたので、雨のあとに採ればと思っていたら、急に大きくなっていました。
これだけあれば、二人きりのわが家では充分です。
なめこやシイタケ、いずれいっせいに生えて来るでしょうが、それはそれで大変なのです。
畑の二株だけのズッキーニでも、手頃の大きさの実を見つけました。
今年の夏は、暑さのせいか、さっぱりだったのに、ようやくもとがとれそうです。

相変わらず雨が


昨日は、午前中ブルーベリーの株元手入れ。
午後になってネットワークうるぎに、稲刈りの手入れに行ってきました。
珍しく稲刈りに出かけたから雨が降ったのか。
あるいは、雨が降りそうになったから、健気にも応援に出かけたのか。
どちらにせよ、出かけるとすぐにパラパラ、夜になってやはり雨。
でも、今朝になって曇り空なので、再びブルーベリーの株元手入れ。
もちろん、昨夜の雨で、稲刈りはまたまた延びてしまったことでしょう。
株元手入れのほうは、多少濡れながらも、足元が泥だらけではないのです。
けど、やっぱりパラパラ降ってきたりして、昼近くには中断、午後はできませんでした。
暖かい日が続いたこの秋ですが、どうやら15日頃からは、最低気温が一桁になる予報です。
薪ストーブを焚くことになりそうです。

初めて見る薪ストーブGRAMAN


大鹿村の道の駅「歌舞伎の里大鹿」にあった薪ストーブです。

縦長の真ん中に焚き口があります。

その下は、薪置きでしょう。

もちろん、このくらいのスペースの薪では、数時間と持たないけれど、あってもいいでしょう。

上の段は、キッチンスペースだろうと思います。

鉄板製の、メイドインジャパンとみました。

GRA(FT)MANと、焚き口の下に書いてありました。

帰ってから検索したけれど、詳しいことはわかりませんでした。

ここもまた、冬は雪深い山奥と思うので、火の入る頃に訪れるのは、難しいかなと思いました。



ブルーベリーの枝で、草木染めすると


ブルーベリー園花の谷、あいにくとブルーベリーの枝であっても、草木染めをするほどのズクは、ないのです。
などと、おことわりするのさえ、気が引けます。
大鹿村の道の駅「歌舞伎の里大鹿」へ行ったら、草木染めの作品を売っていました。
大鹿村授産所のコーナーに、色々とありましたが。
最大の関心事は、ブルーベリーの枝でどんな色が出るの?
もちろん、ブルーベリーの紫っぽい色ではないとは思いました。
下の写真のような、ベージュ色系のいい色でした。
待てよ、実で染めたらどうなるのか、いやそれでは、草木染めとは言わないのかもしれません。
原材料も売っていて、煮出ししやすいように、チップにしてありました。
ブルーベリーのではなかったけれど、いい色の帽子がありました。
お母さんは、応援の気持ちも込めて、買い求めていました。