ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日からは閉園となりました。
令和元年は、7月6日に開園しました。
7月の長雨と、このところの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、みなさまに助けられて、ここまでなんとか来ました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」あります。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえます。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
うるぎのトウモロコシ、明日8/25に、長久手あぐりん村、新城軽トラ市で


とても甘くて美味しい、ネットワークうるぎのトウモロコシのお知らせです。

明日8/25、長久手温泉あぐりん村と、新城軽トラ市で販売です。

水も空気もきれいなうるぎ高原、昼夜の温度差が大きいので、とても甘くて美味しいのです。

もちろん、高原野菜のトマト、ミョウガなども販売します。

近くの方は、ぜひお立ち寄りください。

数に限りがありますので、朝のうちが良いかと思います。

なお、9/1は豊橋のビオ・あつみエピスリー豊橋で販売です。

どうぞお楽しみに。



精米に行ってきました


道の駅ふるさと館の脇にあるコイン精米機、時々利用しています。

玄米10キログラムが、100円で精米できます。

精米に行くときは、玄米を入れた袋の他に、もうひとつ袋を持参します。

目的は、米ぬかをもらってくること。

写真左手の米ぬか取り出し口に、袋をはめてハンドルを下ろします。

自分が精米した分の米ぬかが、出てくるわけですが、時として、前の人が取っていかないことが…。

そんな時は、とても得をした気になります。

その米ぬかをどうするかですか。

ブルーベリー畑に肥料として、入れてやります。

と言っても、腐って、見た目が悪くなることもあるので、まあ人の来ないまこれからなら、大丈夫と言ったところ。

それほど大騒ぎするほどのものでもないのですが、有機物はこれすべて宝物、のつもりなのです。



ルーターが壊れた


今朝、アイパッドを見ようとしたら、つながってない、と出ました。

ルーターの電池切れなどで、たまにそういうことがあります。

落ち着いて、設定を開きました。

繋がっている。

ルーターを見ると、アンテナのところに、×じるしが…。

そうか、ルーターが壊れたのか。

たぶん、昨夜のカミナリのせいだろう。

カミナリが鳴り始めてから、充電用のコンセントは引き抜いたけど、間に合わなかったのだろう。

どうしたら良いだろう。

こういう時は、ネットで調べる癖がついてしまっています。

でも、そのネットが使えないのです。

これって、ものすごく不便。

仕方がない、新しいルーターをネットで注文しよう。

と思ったけど、これまたネットが使えないのでした。

それなら、ネットワークうるぎの事務所に行って、ネットを使わせてもらおう。

スタッフの1人に、電話しました。

「電源が切れているか、電波の届かないところにいます」

別のスタッフに電話しても、やはり同じ返事。

皆んなして、トウモロコシ販売に出かけているのかも知れない。

ちょうどトンネルの中でも、車で走っているんだろう。

想像することが、アナログなのです。

結局、4人目で電話が繋がりました。

「昨日の夜のカミナリで、ドコモが故障しているみたいですよ。

自分はソフトバンクだもんで、だいじょうぶなんです。」

たしかに、当方のケータイもソフトバンクでした。

そうか、このルーターはドコモなんだ。

昼近くになって、ルーターは復活、ネットが使えるようになりました。

もちろん、ルーターの発注は必要なくなりました。


爆落釣しました


今朝、思いついて、渓流釣りに行ってきました。

最初に入ったのは、上流の谷間の川。

チビちゃんアマゴばかり、せっせと釣り上げては放流でした。

そのあと、下流に行って竿を入れると、すぐに静かなあたりが来ました。

またまたチビちゃん、と思いながら竿をあげました。

バシャと音がして、逃げて行きました。

えっ、大きなのもいるんだ、そう思って再度エサを流しました。

今度も、水面に顔を出すところで、逃げて行きました。

上の写真は、持ち帰った6匹のうちの3匹です。

意気揚々と家に帰ったら、お客様が来ていて、型の揃ったのを3匹、差し上げたのです。

ところで、これって一番上のは、天然系と思われます。

下の2匹は、釣っているときは、思いが及ばなかったけれど、放流物でしょう。

あそこの川、最近放流してくれてたようです。

ちょっとがっかり。

でも、天然物だったら、こんなにも楽しませてもらえなかったから、良しとしましょうか。

渓相が抜群に良くて、おまけに座ったままで!!!!釣れてくるので、楽しみましたしね。

でも、前回は天然系がもう少し小さいけれど、釣れてた。

やっぱりうれしくないような…。

と言うことではなくて、この6匹よりもたくさんのお魚さんを、釣り落としました。

「腕が落ちたんだねえ」

家では、過分なお言葉をいただきましたが、落ちるほどの腕など、持ち合わせていません。

1匹は、ハリだけ無くなっていたから、これは仕方がないでしょう。

あとはとにかく、きちんと合わせをしなかったせいなのか、みんな外れて逃げて行きました。

近いうちに、もう一度釣行すべきでしょうか。

このくらいの型が釣れるって、この頃あんまりないから、いざという時の練習にはなると思います。

けど、放流物なんて、そう持ち帰りたくないし…。

そうか、釣り上げる寸前に、釣り落ちれば良いのか。



実生のスモークツリー


車庫近くの花壇、と言うか、草むらにスモークツリーの葉っぱを見つけました。

芽が出て二、三年という感じの幼木です。

株元を調べてみましたが、切り株から芽を出したようすは、ありませんでした。

たぶん実生でしょう。

何本も大きくなった木があって、スモークつまり煙状の花殻が、この時期には散らばります。

でも、実生を見るのは初めて、あって不思議のはずはないけれど、ビックリです。

スモークツリーは、挿し木もむつかしそうに思っています。

植えてある何種類もの品種の、どれの実生なのかは、まだわかりません。

さて、どんな木になるのか、楽しみです



元年のブルーベリー狩りは


写真は、今朝撮ったものです。

まだまだ、美味しそうな食べられそうな実が、たくさんついた株はあります。

でも園内、まったく実のついてない株が、ほとんどです。

「8月12日で閉園しました」は妥当だったでしょう。

今年はまず、春先になってからの低温が、ひびいたようです。

ブルーベリーそのものは、寒さに強いものの、実の成熟が遅れたと感じます。

7月7日に、ようやく開園できました。

そして、開園したものの、長梅雨でお客様の出足は、ずーっと悪いままでした。

やっと、7月29日に梅雨が終わったものの、そこからは猛暑続き。

やはり客足は、伸びませんでした。

今年客足が伸びなかったのには、お客様の高齢化など、他の要因もあるかも知れません。

でも、天候のせいも、ずいぶんあったように思います。

さて、来年はどうなるか。

まあそれよりも、こちらがいつまでやれるかのほうが、問題かも知れません。

- | 18:39 | comments(0) | -
やられた



「お母さん、やられた。」

今日の午後のことでした。

お昼寝から目覚めて、お父さんはいつものように、ふらっと外へ出て行きました。

ブルーベリー狩りの期間中は、できなかったお昼寝が、このところ復活しています。

午後2時前とは言っても、曇ってきていたので、またブルーベリー摘みに行ったのでしょう。

このところ毎日朝早くと夕方と、ジャム用の実の摘み取りが、日課になっています。

もうすぐ冷凍庫に、来年の初夏までの分が、ストックできそうなのです。

「3ヶ所くらいやられた。小さいやつだと思う。スズメバチではないみたい」

そんなに痛そうでありませんでした。

「こっちへ来て。エキスをつけてあげる。よく効くからね」

お部屋にいたお母さんは、落ち着いた声で言って、立ち上がりました。

すぐに、スズメバチのショウチュウ漬けエキスと、保冷剤をとってきました。

お父さんの右の首筋、左の二の腕、左の肩の下あたりに綿棒で薬をつけています。

「キュート、うるさいねぇ。手当てをしているだけだよ」

キューちゃんは、デッキから網戸越しに、吠えました。

網戸に前足を掛けたりしました。

「大丈夫だ。アシナガでも、小さめだった気がする。

1匹ではなかったかも知れない。しつこかった。」

そのあと少しの間、お父さんは静かにしていました。

でも、すぐに痛みも取れたらしく、なんでもなかったみたいでした。

しばらくすると、また外へ出て行きました。

「巣を探したけど、ブルーベリーの木に、それらしいものはなかった。

株元を引っ掻いていたら刺されたから、地面にあったのかなあ。

地蜂かもしれないな」

この時間になっても、特にどうということもないらしく、ポツンと一軒家を見ています。







- | 19:34 | comments(0) | -
乗れなかった観光船


何年も前の、冬のことでした。

このブログは、年寄りが書いているだけあって、昔のことが突然出てきます。

年寄りだから、いろいろ経験することもあるのです。


海辺の町を走っていたら、観光船のりばがありました。

15時の最終便に間に合ったので、チケットを購入して、乗り場の桟橋で待ちました。

やがて、沖合からお洒落な船が、近づいてきました。

乗客のお年寄りが2人、甲板の椅子に座っているのが、見えるようになりました。

若い女の子数人は、手すりにつかまったりして、立っています。

操船しているのは、自分よりは年上くらいのお年寄りたちでした。

漁船かなにかを、引退した人たち、だったかも知れません。

船は、そんなにスピードが出ているわけではなかったけれど、次第に近づいてきます。

と思っていたら、接岸するのではなく、桟橋の先にぶつかりました。

桟橋をこすりながら、なおもゆっくりと進んでいきます。

「はよう○○しろ」

桟橋にいた中年の男の人が、なにか叫びました。

さっきチケットを売ってくれた人です。

よく聞き取れなかったし、専門用語らしく、なんと言っているかはわかりませんでした。

「できん」

船の上で叫んでいます。

と思う間も無く、チケットを売っていた人は、桟橋を走って、船に飛び乗りました。

よく飛び乗ったと思うくらい、すばしっこい動きでした。

海に落ちかねないくらい、ほんとうに危なかった。

そのまま船は、桟橋の向こうの防波堤に、ぶつかりました。

でも、その男の人のおかげか、そんなに衝撃のないぶつかりかたのようでした。

船の上で、若い女の子たちが、笑っていました。

あまりのことに、驚きすぎての笑い、だったかも知れません。

お年寄りふたりは、声も出ない様子に見えました。

少し離れた船の上のことなのに、手に取るようにはっきり見てとれたのです。

「怖い。もう乗らないよ。帰ろうよ」

隣にいた妻が言いました。

「うん、そうだね。でも、少し待ってよ」

こっちからキャンセルを申し出たら、二千円だったかのチケット代を、返してもらえないかも知れない。

この期に及んで、そんなことを考えてしまったのです。

まだ少しは乗る気でもいたのです。

「このまま、ドックに行きます。切符売り場で、払い戻しを受けてください」

船の上から、声がかかりました。

船は、乗客を乗せたまま、行ってしまいました。

乗客にしかるべき対応をする必要が、あったのでしょう。

もちろん、点検修理も必要だったのでしょう。

払い戻しを受けた後、自分たちは、車で待っている愛犬キュートのもとに、戻ったのでした。









貰ってきた木くずの目的外使用


製材所から、木くずをもらってきました。

ブルーベリーの株元に入れてやるため、毎月のようにもらってきています。

入れる理由は、乾燥防止、踏み付け防止、草抑え、腐ったら肥料などです。

それなのに、今回はミョウガ畑に…。

大好きなミョウガのためです。

もう、花を見つけました。

でも、水不足で萎びてた。

今回の台風の雨で、息を吹き返すことでしょう。

実は、春先にも、木くずをウドの株元に…。

木クズの目的外使用は、誓ってこのふたつだけです。


シャクナゲに巣食う虫


門から受付へ降りてくる道の傍らにあるシャクナゲの株、なんとなく元気がない。

もう、小さなつぼみがあってもいいはず。

そう思って見ると、株元に木くずらしきものが…。

ブルーベリーの株元だったら、乾燥防止そのほかの理由で、どっさり木くずをかけてあります。

でもこれは、にっくき芯食い虫でしょう。

さっそく、手元にあったクレ5-56を、噴射してやりました。

ブルーベリーを無農薬栽培、というだけあって、殺虫剤を切らしているのです。

まさか枯れることはないでしょう。

いや、いささか心配です。