ラーパーさんの「花の谷」だより 

2016年のブルーベリー狩りは、7/1~8/10でした。

2017年も同じようにできると良いのですが、お天気次第です。

まだ、いつからになるかわかりません。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
山のアスパラガス、食べました


写真の真ん中で、すーっと伸びて、上のほうにヒゲのようなものがある植物。

特に、雪国でシオデとかアイコとか呼ばれる山菜です。

この辺りでは、シュウデンコと呼ぶ人もいます。

花の谷の園内で、二ヶ所見つけたけど、一つはいつの間にか行方不明。

もう一つを、この何年か大切に見守ってきました。

けれどついに、食い気に負けて、採ってしまいました。

結果。

まったくアスパラガスそっくり。

貴重なぶんだけ、美味しかったというところでしょうか。

上の方だけ切り取ったので、茎がまだ残っています。

たぶん滅びることはないつもりです。




長野県南部の北西で震度5強、売木村は震度3


今朝、7時のラジオのニュースが始まってすぐ、緊急地震速報が流れました。

「あれっ、どこだろう」

どこかよその地方を思い浮かべました。

すると、長野県南部!

思わずブルーベリー畑の中で、身がまえました。

未明からの雨も止んでいて、朝の畑巡回中だったのです。

でも、なにも感じなかった。

そういえば、かすかにズドッっ、という感じの何かがあったんだろうか、くらいでした。

たぶん、これまでと同じで、南部といっても、長野県南部の北のほう、と思いました。

売木村は、長野県南部でも、南のほうにあたるのです。

それでも、あんまりラジオが、長野県南部というものだから、家に戻りました。

「ミシッと音がした。揺れた。外だとわからないのかしら」

やはり、長野県南部でも北西のほう、木曽地方でした。

今の所、震源地のあたりでも被害はないようです。

まずは良かった。

ただ、木曽地方というと、どうしても御嶽山を思い浮かべてしまいます。

記録を見ると、1979年に有史以来という御嶽山噴火があって、その5年後に長野県西部地震となっています。

今回も、2014年にあの噴火があって、3年後の今回の地震、と考えてしまいます。

前回は、震源は深さ2キロとか、今回もごく浅い、ですので、共通するように思います。

まあ、素人だから、なんとでも言えるのですが、そう考えて、これで平穏な時期にもどった、と思いたいものです。


追記

お昼のニュースでは、ケガの人が2名、家屋や道路の被害もあったようです。

なにしろ、ここと同じような山の中なので心配です。


震源は深さ10キロ、と言ってました。














日本ミツバチ、巣作りに入ってるみたい



6月16日に、分蜂かと思った日本ミツバチの群れの、その後です。

その後も、どこかへ行ってしまうような気配は全くなく、蜂たちのかたまりのままです。

というか、花粉を両わきに抱えた蜂が、せっせと飛んで来て、薪棚の奥に入っていきます。

どうやら、分蜂後の一時滞留ではなく、巣作りを始めているようです。

写真でも、真ん中あたりに巣らしきものが、見えます。

たまたま通りかかって、発見した時は、すでにもういく日も前から巣作りしていた、ということかも知れません。

もうこうなっては、下手な手出しは、機嫌を損ねるだけ。

こんなところの、覗きやすい巣では、冬に寒そうですが、そっとしておきましょう。

ある青年が、日本ミツバチの本を持参して、見にきてくれました。

こういうのを自然巣というらしく、分蜂は出にくいとか、でもまあ仕方がないのです。

観察しやすいからこれも良し、ということにします。


ブルーベリー、色づき始めました。


昨日は一日中雨。

かなり降ったものの、空梅雨で来たので、干天の慈雨という感じです。

雨が降ってくれて本当に良かった。

午後になって、サビタの木のブルーベリー畑に降りてみたら、いくつもの実が色づいていました。

一昨日は、気がつかなかったけれど、昨日のうちになったものと思います。

去年と比べると、4日ほど遅れているようです。

緑色の実が、なんとなく白っぽくなって、それからピンク色に・・・。

すると、青く発色するのです。

まだ熟すところまでは行ってない、と思いながら、つまんでみました。

きちんと、甘さがありました。

これで、一気に色づいていくことでしょう。

開園ももうすぐかもしれません。



マグネット


「ありがとう12周年」のマグネットが用意できました。

去年が赤色だったので、今年は虹の次の色、だいだい色です。

ブルーベリー狩りや、ブルーベリージャムのお客様に、差し上げています。

もともとは、10周年限定のはずでした。

でも、お客様からの熱い要望、ではなくて、園主の勝手な押し付けで、今年も作りました。

発注先では、検品やビニール袋入れを、福祉関係の作業所にお願いしているとか。

及ばずながらの協力、のつもりもあります。

来園のお客様がた、お楽しみに。



遅れそうです。ブルーベリー狩り開園日。


「何もかも、遅れとるわ。去年より10日は、遅いんじゃないかなあ」

確かに、わが家のキュウリもトマトも、カボチャも、なかなか大きくならない感じです。

まあ、素人粗放農業なので、声高にいう気はないのですが。

ずっと低温傾向だったし、雨不足もあると思います。

で、肝心のブルーベリーですが、去年や一昨年の日記を見てみました。

ウエイマウスやらアーリーブルーが、色づき始めたとあります。

500g収穫ともあります。

でも、6/20現在、どれだけ探しても、ブルーの実なんて見あたらない。

去年は、開園が7/1でした。

そして、来園者0名。

けれど、翌日土曜日からは、たくさんのお客様でした。

これでは、今年は7/10になってしまうかも。

いや、だいじょうぶ。

遅くとも、7/7には開園できるでしょう。

緑色の実は、とてもたくさんです。

枝が垂れすぎないよう、手入れして歩く毎日です。

開園、もう少しだけ、お待ちください。



うるぎ暮らし3


○冬の暖房費には正直お金がかかる。灯油ストーブや薪ストーブは必須で手間もかかる。

でも、ストーブでことこと煮込んだ料理は最高。米も土鍋でストーブ炊き!

○コンビニや大型スーパーが無いので不便かと思ったけれど、意外にも無くて平気。

本当に欲しいものや必要なものをその都度考えるので、お金の価値観が劇的に変わった。

○趣味のサークル活動がびっくりするほど多い。初対面でも「一緒にやってみようよ!」と誘ってくれた。

○冬の明け方は、たまに氷点下10度以下。凍結対策はこまめに!最初は面倒だったけど、意外に慣れます。

ピンクの花、白い花


エゴの木のピンクの花が、満開になっています。

十数年前に、園芸店で苗を購入してきたものです。

そして、下はもとからある白いエゴノキの花。



昨日は、一日中曇り空。

午後になって、ポツリポツリときたので、家に入りました。

けれど、雨はそれだけ。

少しは降ってくれないと、移植したブルーベリーが危うくなりそうです。

下は、ピンクのヤマボウシ。



白のヤマボウシ。

これは、ミルキーウェイの実生ですが、川沿いには、もともとの

野生種が咲いています。



下は、沙羅の木。これまた、園芸店由来です。

白は、まだ咲いていません。



ハスカップ


「今年は、ハスカップの実、少ないような気がする。実がついてないかもしれない」

ある日、お母さんが言いました。

酸っぱいし、ブルーベリーのように、たくさんの実をつけるわけでもありません。

北国は北海道の生まれ、というロマンはあるものの、あんまり実用的には思えないのです。

でも、年々木は大きくなって、立派な株になってきました。

やっぱり気になっていたか、という感じです。

ところが、昨日、株を下から覗いてみたら、いくつもの青い実がついていました。

さっそくその場で、愛犬キュートと食べてみました。

酸っぱい。

もう少し熟すと、甘くなるんだったかな。

でもこれで、ブルーベリーも、もうすぐ色づきそう。

待ちかねた季節がやって来ることでしょう。



待つコーギー犬


この頃は、朝5時30分過ぎになると、お父さんがサークルのところにやってきます。

「おはよう、キュート」

キューちゃんのお顔を、もみくちゃにします。

それから、ガラス戸を開けて、デッキに出してくれます。

6時前後に、新聞配達のおばさんが、軽トラでやってきます。

「キュート、美人さん、美人さん。」

おばさんは、デッキのトビラの向こうから、可愛がってくれます。

毎朝、毎朝、おばさんが来るのを待って、1日がはじまるのです。