ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年には7月7日に開園し、8月10日(木)に閉園したブルーベリー摘み。

今年も同じような日程で、やっていけたらと思っています。少し早く開園できそうです。

どうぞよろしくお願いします。

なお、今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえます。お楽しみに。

雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
咲き行くささゆり


何年か前に、タネをもらって蒔いたささゆりが、今年ついに蕾をつけました。

全部で10個もあります。

このところの梅雨空の下で、徐々に咲き始めています。

近くを通りかかると、とても甘い香りが漂って来ます。

毎日夫婦して見に行っています。

同じささゆりでも、別の場所の純粋な野生のものは、今年はつぼみをつけませんでした。

「よく咲いたなあと思っていても、何年かすると咲かなくなってしまうねえ。バイオのタネは特にはやくて、三年くらいだよ」

ある人は言ってました。

せっかく咲いてくれたささゆり、たねが取れたら蒔いてやろうと思っています。


ブルーベリー、数粒発色しました。


「ブルーベリー、開園はいつ頃になりますか?」

6月になってすでに4件の問い合わせが来ています。

とっても励みになります。

「例年ですと、7月7日ころです。でも、今年はもう少し早くなるかもしれません。」

「そうですか。また、7月になったらお電話しますね。」

そのブルーベリー、昨日6月16日、紫色になっているのを、数粒見つけました。

品種はウエイマウスです。毎年、最初に色づきます。

たいていの品種は、色づいてもすぐには甘くなりません。

でも、ウエイマウスはピンクが残るうちから酸っぱさはなく、ねっとりとした甘さが口に残ります。

去年の日記を見たら、6月22日にウエイマウス発色とありました。

やはり、今年はだいぶ早いようです。

去年の開園は、7月5日。

すると、今年は6月30日ということになります。

夢の6月中開園です。

でも、そんなにうまくいくかどうか。

とにかくもう少し様子を見ましょう。


ブログお休み中です…。白内障の術後につき。


現在、左目は老眼、右目は近眼と老眼で白内障中、のようです。

5月の半ばに、左目を白内障手術したせいです。

経過は順調らしく、遠くは、画期的によく見えるようになりました。

車の運転等は普通にこなしています。

でも、小さい字が見づらくて…。

というわけで、ブログ、ほぼさぼっています。

いずれ今月に右目を手術して、そとあとで老眼系?のメガネを調整する予定です。

それまでは、すみませんがよろしくお願いします。



ナンジャモンジャ、少しピンクに


サビタブルーベリー畑で、ヒトツバタゴの花が、文字通り咲き誇ってきました。

いわゆるナンジャモンジャの花です

でも、今朝見ると、ほんの少しピンクぽくなって来たように思えます。

そろそろ散り始めるのでしょうか。

わが家のシンボルツリーは、スモークツリーのつもりです。

待てよ、ブルーベリーはどうなるのかな。

それはさておき、ナンジャモンジャの花が咲けば、ナンジャモンジャ、秋になればカツラなど。

それぞれにシンボルツリーは、変わっていくようでもあるのです。

とは言え、ナンジャモンジャ、もうしばらく咲いていて欲しいのです。


ブルーベリー、やっぱり早いみたい


早生種のウェイマウスです。

花の谷のような高冷地でも、こんなに大きな実になっています。

南部ハイブッシュなどに、花がいくらか残っているくらいになりました。

これなら、以前にも書きましたが、6月末開園もあるかもしれません。

4月に暖かい日が続いたあと、冷え込みが何日もあって、ワラビは枯れたりしました。

でも、ブルーベリーは平気みたい。

多少、葉色の変化はあったけれど、たくましく生き延びています。

草もどんどん伸びて来ているし、いろいろ準備作業を進めなければ…。


国道418号、工事は8月23日まで


冬のうちのがけ崩れで、片側通行になっていた箇所の修復工事が、始まっています。

売木村内、こまどりの湯の下あたりになります。

近くに新しい橋ができて、今年度中に国道から県道?に格下げになってしまうけれど、村には大切な道路です。

崩落したあと、一方通行で、信号待ちをするのがわずらわしくて、ついつい通らないようにしています。

それにしても、この一年間のうちに、星の森キャンプ場への道、ここ、阿南町の国道151号と崩落が続きました。

偶然とはいえ、あまりいい気分ではありません。

こういう山の中に住む者の宿命でしょうか。

まあ、けが人とかがなかっただけ良かったとしましょう。


ミョウガタケ


うるぎふるさと館に、びっくりコーンを売っていました。

とうもろこし2本分の乾燥トウモロコシが入って、480円です。

「試食をしてもらうと、ほとんどの人が買われます。中には、まったくダメと言う人もありますけどね。」

そのままかじってもよし、ご飯に炊き込んでも良しのヒット商品であることは、以前にも書きました。

ふるさと館の表には、ミョウガタケやワラビを売っていました。

でも、今年はワラビの出も、まだ今ひとつとか。

180円とか200円とかで、商品として出すのは、なんだか割に合わない気がします。





夕暮れの木々たち


我が家の前の木々たちです。

もう少し早くに撮れば良かったけれど、少し暗くなりすぎてしまいました。

左手のまだ葉が付いてない枝が、ねむの木。

文字通り、まだ眠っています。

その右、赤っぽい葉の木が、スモークツリー。

10本ほどもあったうちの二本が、去年、一昨年に枯れました。

原因は分からなくて、なにか弱さがあるのだろうかと、思ったりしています。

その右の白いのは、ナンジャモンジャの花。

もうすぐ満開です。

その右下は、山ボウシの白い花。

次々に、木々の花たちが咲いていきます。



移植したつもりだったのに


ブルーベリー畑で、小さな芽を見つけました。

ブルーベリーに間違いありません。

と言っても、実生ではなくて、混みすぎた株を間引いたあとに、出てきたもののようです。

掘り起こして、よそへ移植した株の根っこが、残っていたものと思われます。

もちろん、支柱を立てて踏んだりしないようにしました。

こんな小さな芽でも、数年すれば実をつけるようになるでしょう。

楽しみです。

いや、それでは間引きした意味がなくなってしまう。

と言って、もう植えるところは無いのです。


オスキジの散歩


夕方、外出から帰って来たときのことでした。

花の谷の東、村道でじっとしている動物が…。

オスのキジでした。

フランス菊の白い花の傍らで、車を近づけても、しばらくはまったく動きません。

写真を撮って、もう少し前へと車を進めると、ようやく道ばたの崖下へと、降りて行きました。

赤い顔と青い首のあたりが、本当に見事でした。

もちろん、尾も長く立派でした。

朝早くなど、ブルーベリー畑あたりから、鳴き声が聞こえてくることがあります。

どこかに巣が作られて、雛が孵っているとうれしいのです。