ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、今年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれます)

去年は「ブルーベリー畑巡り」を始めました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
キタアカリのナゾ


「あとからモロッコインゲンの苗を植え付けた畝、ジャガイモが規則正しく出てきている。

種イモを貰ったキタアカリ、やっぱり、ふた畝植えたんではなかったろうか」

上の画像の左側の畝、支柱が立っているところが、問題の畝です。

その右の畝は、キタアカリの株がたくましく育っています。

左側の畝は、いかにも貧弱な株で、去年獲り入れしなかった芋が、芽を出してきたかと思うほどです。

それで、何も植えてないと思って、モロッコインゲンを植えつけたのでした。

そうしたら、今はジャガイモの株と、モロッコインゲンのツルが混生しています。

「そうだったのかしら。

そうか、何も植えてないと思ったけど、キタアカリ、大きな芋だけ先に植えたんだ。

そのあと、残った小さいのを、まとめて植えたかもしれない」

と言うわけで、ふたりともきちんとやっているようで、わずか2ヶ月前のことなのに、記憶がはっきりしないのです。

きっと、ジャガイモとインゲン、競い合うことで、どちらからも立派なものが、収穫できることでしょう。


育て隊6月の昼食は、子猪の丸焼き、岩魚・天女魚・鮎の塩焼き、五平餅


本日のうまい!うるぎ米育て隊は、大雨予報が全国的に流れるなかでした。

それでも、午前中は明るい曇り空、雨粒は落ちてこなくて、りんご畑で摘果作業。

お昼はと言うと、目の前で子猪の丸焼きを、専門家に削ぎ取ってもらって、いただきました。

はじめての経験でした。

その衝撃的写真は、一番下に配慮しましたので、見たくない方は、そのつもりでどうぞ。

上は、自分たちでにぎった五平餅。

下のような山椒味噌のタレ、エゴマのタレ、甘味噌のタレをつけたえうで、地元産コナラ炭で各自で焼きます。

三色タレ五平餅を試みましたが、とても美味でした。

一緒に写っているのは、鯖、破竹、シイタケなど入り味噌汁。



下は、イワナ、アマゴ、鮎の塩焼きです。

釣り名人2人が、渓流釣り祭りで釣っておいたもの、などです。

なお、次回は、7月13日(土)。

但し、今回のような昼食ではありません。

そうそう、夏野菜の収穫とブルーベリー狩りです。

今から申し込んでの、単発参加も可能です。

電話0260-28-1101  ネットワークうるぎ  へ



ビンボウカズラが繁茂するようになった。


「この頃、ビンボウカズラが増えてきた気がする。

見たら引き抜くようにしているんだけどねえ。」

ビンボウカズラだなんて、確かにブルーベリー園に、ずいぶん大金を使ってきてしまいました。

でも、ビンボウだなんて、身内に言われたくはないなあ。

聞けば、ヤブガラシのことだそうです。

子供の頃、そう言っていたとか。

ブルーベリーに絡んでくるから、いかにも憎たらしいつる草です。

「やっぱり温暖化のせいかしら。」

言われてみれば、そんな気がしないでもありません。

当地では、緑っぽい細かい花が咲いて、蝶が舞う光景は見ない気がします。

高冷地のためかどうか、思いっきり繁茂するには至っていないようなのです。

まっ、ビンボウカズラさん、あんまり大きな顔をしてのさばらないで下さい。

ブルーベリー狩り、問い合わせありました。


「去年、ブルーベリー狩りに行ったものですけど、今年はいつからですか」

梅雨の合間の青空が広まった今日の午後、若い女の人の声で、問い合わせがありました。

「例年通り7月7日頃になると思います。

7月になって、電話をいただければ、はっきりとした返事ができると思います」

「予約は必要ですか」

「必要ありません。

ドライブの途中に、立ち寄ってもらっても大丈夫ですよ」

1,000株以上あるので、予約なしでも大丈夫なのです。

「500円で、小さいパックがついたんですけど、もっとたくさん持ち帰ることはできますか」

「1,000円の大パックコースがあります。小さいパックの2.5倍は入ります。

大パック2つで1,700円、と言うのもありますよ」

愛知県岡崎市では、先週土曜日に開園したそうですが、花の谷は高冷地なので、7月になってからです。

まあその分、梅雨の雨をまぬがれられる、と思っています。

今日は、午前中に毎年来ていただけるお客様からも、電話がありました。

楽しみにしていていただけると思うと、嬉しくなります。


空っぽの日本ミツバチ巣箱


知り合いの人が、いつのまにか日本ミツバチの巣箱を、置いていってくれました。

去年も一昨年も、蜂の群れの入った巣箱を、置いていってくれた人です。

わが家は、この時期、ブルーベリー狩りの準備で家にいるので、分蜂を見張っていられるのです。

ああ、十数年前は7群くらいも、捕獲したこともあったのに…。

でも去年も一昨年も、巣箱の蜂の群れがどこかへ行ってしまって、分蜂どころではありませんでした。

ところが今回の巣箱、どうも出入りがないみたいです。

ドライバーを持って行って、中をのぞいてみました。

空っぽでした。

「日本ミツの巣箱が置いてあるけど、中は空っぽなんだねえ」

「ああ、分蜂が入ってくれんかと思って…。脇に誘引剤を付けといた。けど、分蜂も見かけんでなあ」

まったく、ニホンミツバチの二の字もないのです。

「それよりも、群れをもらったで、また持って行く。分蜂の見張りを頼むわ。」

お安いご用です。ただねえ、いなくなってばかりだ…。

「けど、あんまり元気がない。数が減っているみたいだ。早めに持っていくで、頼むわ」

「そんな…。また逃げたらどうするの、3連敗だがね。ドラゴンズなみになりかねない」

大きくなりすぎたハコネサンショウイバラ


ハコネサンショウイバラの花が咲いています。

優しい色合いの花です。

標高875メートルの当地では、普通のバラの仲間は、うまく育たないようなのです。

それで大切にしていますが、ずいぶん大きくなってしまいました。

気候風土が合うのでしょう。

ただ、トゲがとても痛い作りなので、ちょっともてあましているのも事実です。

思いきって切ってやるほうが良いのかもしれません。



- | 17:52 | comments(0) | -
じゃがいも長者かな


ジャガイモの花が咲き始めました。

上は、キタアカリ。下は、メークインです。

4月17日に、ここよりは低地の飯田市へ行った時、ホームセンターに半額で売っていました。

高冷地のここでは、まだ充分間に合うと思ったのです。

草抑えのつもりもありました。

品種は、メークイン、サッチー、シャドウクイーン、グウェン、シンシア。

「メークインやキタアカリは美味しいけど、あとはちょっとだと思うよ」

値段を見て、種イモを買っただけでした。

すると、ある人からキタアカリをいただきました。

よかった、美味しいのが2つになりました。

「男爵もいいけど、もう買わないでね」

まったく。

芽が出て、どんどん大きくなってきました。

あの下には、ジャガイモがゴロゴロできているに違いない。

高冷地で美味しいと言っても、ジャガイモばかり食べていくわけにはいかないでしょう。

行商にでも出たものでしょうか。



ダイミョウセセリ


ピントが合っていないのですが、カメラの調子が悪いようです。

腕のせいかもしれませんので、検証は必要でしょう。

もちろん、蝶はすぐに飛んで行ってしまいました。

ミスジチョウと思ったら、スジが一本でした。

早速ネットで調べたら、ダイモンジセセリのようです。

イチモンジチョウかもしれません。

とろろ芋の仲間を食草としているようです。

確かに花の谷には、蔓が伸びていて、引っ張るとブルーベリーの枝を傷めたりします。

掘って芋を収穫するズクはないので、ダイモンジセセリ、安心でしょう。

破竹荒らしの犯人


「破竹を見に行ったら、ほとんど採られとった。動物だろうかなあ。」

標高が高いため、当地では、破竹がほとんどです。

「上のほうだけかじったなら鹿だし、掘ってあったら、猪だわなあ」

「動物除けのネットがあっても、道路から入ってくるんだろうか」

「いや、ネットに穴が空いたりしてるでなあ。一回見回って直さんといかん」

何年か前の冬に、集落の周りを防除ネットで囲いました。

寒い中での、かなりきつい作業でした。

もう、補修をしなければならないのでしょうか。

「頭の黒い動物が採ったのではないのか」

「いやあ、そんなズクのあるのは、この辺りにはもうほとんどおらんぞ」

かくて、猪が犯人、と確定しました。


どんな鳥の羽根でしょうか?


「玄関先に落ちてたけど、何の羽根だろう。」

「うーん、わからない。もしかして、ヤマドリだろうか」

ヤマドリの長い羽根は、ブルーベリー園内で拾ったことがあります。

こんないろあいだったけれど、ちょっと違う気はします。

そのヤマドリ、姿を見かけたことはまだありません。

羽根があったくらいだから、いるはずとは思っています。

「ヤマセミかもしれないよ」

ヤマセミは以前に、軒先で飛んでいたことがあります。

つがいでした。

ほとんど一瞬のことでしたが、思っていたよりもはるかに存在感があって、格好良かったと記憶しています。

もう一度見てみたいと、ずーっと思っています。

でもこんな羽根なものなのかどうか。

専門家なら、どんな鳥の羽根なのかわかるでしょう。

教えてもらえたら嬉しいのです。