ラーパーさんの「花の谷」だより 

2017年は、8月10日(木)に、ブルーベリー摘みを終了しました。

ありがとうございました。


雨天休園。予約不要です。9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日は雨、雪にはならなかった


「雨だったなあ。雪になるんだろうと思ったけど。」

昨日の夜から、かなり激しい雨で、今日も小雨になったりしながら、降り続いています。

落葉樹の向こうに見える岩倉川は、かなりの濁流。

この時期としては、珍しい大雨でしょう。

散歩で外へ出た時、ふっとフキノトウが生えてないか、とおもってしまいました。

もちろん、まだまだ。

これからも、何度も厳しい冬の日々があるのです。

でも、この雨のおかげで、雪がだいぶ解けました。

同じ寒さでも、雪がないほうがブルーベリーの剪定だって、少しはやる気になるのです。

1日一時間は、頑張りたいものです。


キューちゃんの新しいベッド


あれっ、キューちゃんの頭はどこ?

一瞬、そう思われた方があるかもしれませんね。

お父さんとお母さんがお出かけして、ベッドを買って来てくれました。

「やっぱり、ちょっと小さいかったか。これより大きいのは無かったもんなあ。」

「大丈夫よ。ヘリが柔らかいから、枕がわりになるし…。」

毎年この時期になると、買ってくれます。

寒くなったからと思うのでしょうか。

それとも、汚れてしまったからなのでしょうか。

あまりお値段のはらないキューちゃんグッズを買うのが、嬉しいのかもしれません。

暖かいお部屋で寝るんだもの、寒くはないんだけれど、この冬はこのベッドで寝ます。。

鹿はイタパセが好きなのか


以下、アップしそこねた記事を、拾っていくことにします。


「欲しかったら、採ってもらっていいと言われてたもんで、畑に行ってみた。

まっ、パクチーはいらんけど、イタパセなら食べてみようかと思って・・・。」

村内の田んぼを借りて、2~3年前から、栽培を始めたグループがいます。

今では軌道にのったように思えます。

村道を、畑の作業をする人の車やら、収穫したものを都会へ運ぶらしい大型のトラックが、通ったりします。

その世話をしたりして、関わった人から聞きました。

わが家も、関わってはいないけれど、採ってもいいよとは、言われたことがあります。

でも、道路から畑を眺めるばかりです。

「そしたら、ぜんぶ食われてしまっとった・・・。鹿だろうなあ」

我が家の近くではなく、もっと村の中心部の畑の方の話でした。

村の周囲に、防獣柵をはりめぐらしてから、鹿やイノシシを見かけることは、ほぼ無くなりました。

でも、国道や県道から入ってくるのが、まだいるのでしょう。

鹿は、毎晩毎晩やって来て、畑全部を順に食べつくしてしまうと、聞いたことがあります。

イタパセは、お気に召してしまったのでしょうか。

そうそう、パクチーのことは、話題に上りませんでした。

当地では、総じて関心の外、となっているということでしょうか。

なお、パクチーの匂いについては、臭い臭いと話題になったことがあるようです。




冬休みに入ります。


今年も年末が押し迫ったところで、このブログ、冬休みに入らせていただきます。

いろいろ書き残したことはあるので、気が向いたら書くかもしれません。

でも、毎日やらなくてもいいという解放感がたまらないので、かってですが、しばらくはお許しください。





法多山でお団子を買いました


このブログ、話が前後した形になりましたが、12月になって、袋井市の法多山に行ってきました。

ネットワークうるぎの忘年会で、御前崎へ行った折に、立ち寄ったのです。

信州は山国、毎年、どこかへ魚を食べに行くことになっています。

総勢18名、こんなに大勢なのかと、驚いてしまいます。

実際に働いているスタッフ、プラス協力者といったところでしょうか。

法多山は、お団子で知りました。

浜松市三方ヶ原で、公民館祭りが毎年12月にあります。

そこへ、ネットワークうるぎが、物品販売に出かけていて、よくついて行ってました。

そこで行列ができていて、つられて買ったのが、法多山のお団子だったのです。

食べ物つながりで、なんとも、昔風に言えば、はしたない話です。

行くまでは、門前町があって売っていると、勝手に思い込んでいました。

でも、そうではなくて、とても広大な境内は、ひっそりと静まり返っていました。

広い駐車場も、縁日の時には、いっぱいになるとのことでした。

お団子は、券を買って、社務所のようなところで、受け取るようになっていました。

他には、なにも売っていませんでした。

厄除けだんご。

来年もよい年でありますように。



葉っぱから茎が出て、実が付いている木


袋井市法多山本堂に向かって左側、太子堂の左右に、木が植えられていました。

垣根で囲われていました。

何の気なしに足元を見ると、写真のような実が落ちていました。

葉っぱのまんなかから茎が出て、実がついています。

見上げると、複数の実がぶら下がっているのもありました。

なんの木なのか、標札らしいものはありませんでした。

家に帰って、「葉っぱに実のついている植物」で検索してみました。

ハナイカダ、それなら我が家にもありますが、ぜんぜん違います。

結局、法多山に電話をかけました。

「ああ、菩提樹です」

調べてみると、菩提樹には3種類あるみたいです。

お釈迦さまの菩提樹、シューベルトの歌曲の菩提樹、そして中国原産のシナノキ科の菩提樹。

これは、中国原産シナノキ科の菩提樹でした。

葉っぱと思ったのは、苞葉と呼ばれるもので、確かに葉っぱとは少し違っていました。

うまく検索できなくて、当たり前なのでした。


「ねこ」でぽっかぽか


「じわじわと人気再燃!」

上のポスターに書いてあるのは、猫のことではありません。

チョッキのような感じの、信州名物の防寒着のことです。

信州南木曽だけでなく、売木村でも、作る人も着る人もいて、親しまれています。

うるぎふるさと館へ行くと、地元の人が作った「ねこ」を売っています。

不要になった衣服を使って、文字通り手作りしています。

とても暖かだそうですが、着るのは女性が主だと感じています。

暖かそうなのはいいけど、なんとなく猫のように背中が丸くなりそう・・・。

いや、もう丸くなっているのかな。

みなさん、良かったら手にとってみてくださいね。


いちょうの木が、何種類もの宿り木を、のせていました。


袋井市の法多山、お団子を買いに行っただけではありません。

お賽銭をあげて、お参りをしました。

境内の帰路では、イチョウの木に、何種類もの木が宿っているのを、見つけました。 

かなり太い桜の木、モミジ、ビワらしい木、カクレミノなど、モミもあったと思います。

イチョウの葉が、すっかり落ちてしまっていたので、よく目に付いたのです。

そうか、肝心?のヤドリギは見当たりませんでした。

でも、こんなに何種類もの木を乗せて、立っているなんてすごい。

なんという包容力のある木なんだろうと、感嘆しました。

ずいぶんいろんな鳥たちが、休憩をさせてもらっているのだろうと思います。


光あふれる春が、待ち遠しい。


売木村の厳しい冬を耐え忍んで、光あふれる春を迎えたい、という話ではありません。

やや遅まきながら、光回線が村でも利用できるようになる、という話です。

近くの村との共同作業で、工事?が行われるようです。

すでに村の中には、農業➕コンピュータで、生活している人がいます。

日によって重いことがあるなどと、会話が行きかうこともあるようです。

と言っても、自分は世の中の純朴な人々の1人なので、lTどうのこうのという話には、弱いのです。

でも、これからは都会の企業が村へ来ることも、大丈夫になるのでしょう。

楽しみです。



ネズミとリス


「リスを見かけたから、クルミを拾って来て、山盛りに置いてやった。」

あるIターンのお家での話です。

「けど、毎朝見に行っても、何んにも変化がない。」

リスはわが家でも、何年か前に見かけたことがあります。

西の境、タクラタ沢の橋の上を、駆けて行ったのでした。

一瞬のことですが、大きな尻尾を、しっかりと見たものです。

「そしたら、何日かして、クルミの山が小さくなっていた。大喜びで女房を呼んで・・・。

そのうち、子リスを見かけるようになった。」

お二人から、スマホを見せていただきました。

小さなリスが、なんだか楽しそうに動めいていました。

「ふーん、わが家にいるのは、小さなネズミくらいのもんですよ。

朝方、カサカサ音がすると思ったら、ゴミ籠に入ってた。

入れてあるビニール袋のせいで、出られなかったみたいです」

ああ、言わなければ良かった。

フサフサの大きな尻尾と、細いつるんとした尻尾、たったそれだけの違いなのにねえ。