ラーパーさんの「花の谷」だより 

7月1日に、2016年のブルーベリー狩りを、開園しました。

8月10日に閉園しました。来年7月までやっていません。

雨天休園。予約不要です。

9:00~16:00の開園。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーで

も、ピンポイントで、来ることができます。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して国道418号を平谷峠越えして降りて、きます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
標高900メートルでも、高山病なのかなあ


「ここへ来るたび、体がだるくなって、頭痛がしてた。でも、薬が見つかったから、もうだいじょうぶ」

50代のある女性が、話してくれました。

先祖代々、海辺の町に住む人のようです。

途中の峠で、1,000メートル前後のところがあるとしても、当地は標高900メートルにはならないのです。

「海の中なら、平気なんだけどね。潜って、サザエを採ってきたり・・・」

なんと言うか、アラゼロの標高地帯で、生きてきたということでしょうか。

そんなことって、あるのでしょうか。

よくわからないけど、高山病の症状のようにも思えます。

「それがクスリが見つかった。クエン酸を飲むと、治ってしまうことがわかった」

飲んだ途端に治るそうです。

なお、この人、旧姓には「うみ」という音が入っているとか。

でも、それが「海」の意味を表しているのかは、わかりません。





石が落ちてきた


もう何年も前のことです。

山道の国道を走っていたら、ボンネットの前の方に、小石が落ちてきました。

はっきり音もしたのですが、後続車があって、急には停められませんでした。

ようやく車を停める場所を見つけて、確かめると、写真のように傷が付いていました。

と言っても、写真は先日撮ったものです。

もちろん、証拠の小石を確保することなど、できるはずもありませんでした。

それでも、しかるべきところに届ければ、補償なりはしてもらえたものでしょうか。

でも、面倒だし、そのままでいます。

そういえば、ずいぶん前に、他県で国道関係の仕事をしている知り合いから、聞いた話があります。

やはり国道を走っていた人の車に、石が落ちてきたとか。

怪我をしたということで、謝りに行ったそうです。

ところが、何ヶ月かして、またその場所で石が落ちてきて、同じ人がまたしても・・・。

そういうことがあるものでしょうか。

石が落ちてきた人のことは、もちろんとても気の毒です。

どこにでも危ない崖はありそうなので、仕事とは言え、担当の人たちのことも、気の毒に思ってしまいました。


橋台の完成が、6月30日だろうか


うるぎふるさと館の西で、道路工事が行われています。

こまどりの湯の下を通っている国道418号の、付け替え工事だそうです。

ふるさと館から西に来て、軒山川に架かる久助橋のすぐ川下に、橋をかけて国道に登っていくことになるようです。

車の中から、工事の看板を見たら、29年6月30日までの工事区間とありました。

「橋台工事」とあったので、道路そのものは、そのあとにも工事が進められのかもしれません。

工事が終われば、広い道がすっきりと伸びて、走りやすくなることでしょう。

ただ、なんとなく、村はそのかたわらで、どんどん忘れ去られていくような、そんな感じがしないでもありません。

何年ぶりだろう。洗ってやりました。


本日午前中、粗大ゴミ出し、落ち葉集め、落ち葉運び。

というところで、突然ウィッシュの洗車を、始めてしまいました。

購入してから11年、ほとんど洗車したことはありません。

とくにこの何年かは、まったくその記憶がないのです。

ところが、つい最近、車庫に入れておいたのに、ミラーのあたりにべっとりと小鳥のフンが・・・。

ミラーに映る自分の姿を、ライバルと思って攻撃する、とは知っていました。

でもねえ、ウンチまでしなくてもいいのに。

それと、ブルーベリー狩の期間中、ウイッシュを、桜の木の下に、駐めていたのでした。

この夏は、毛虫が発生して、それで屋根がかなり汚れたままで、それも長いこと、気になっていました。

「各地で、平年よりも2℃から6℃くらい、暖かい気温になっています」

洗車が終わる頃、ラジオがそんなことを言ってました。

そうか、それでやる気になったのか。
今年初めての落ち葉集め


我が家西の村道を走るたび、気になっていた道ばたの落ち葉。

本日ようやく、今年初めての落ち葉集めを、決行いたしました。

ブルーベリーの株元に、入れてやるためです。

開始が12月になってから、というのは初めてのことです。

例年、11月の中旬になれば、樹上の黄葉の残り具合を見上げながら、始めてきたものでした。

でも、今年は落ちぐあいが遅れているようで、なかなか始められなかったのです。

それに、あの11月の豪雪?もありましたし・・・。

道具は、熊手、落ち葉ぶくろ、大きめの箕、軍手、そして軽トラ。

と行きたいところですが、軽トラを手放したので、ほんとうに不便になりました。

落ち葉をかき集めると、下の方は濡れていて、落ち葉といっても、多少の重量はあるのです。

5袋を、ウィッシュの後部に押し込めて、ブルーベリー畑の入り口まで。

そのあとは、一袋ずつ株間を引きずって行って、ブルーベリーたちにかけてやりました。

冬の間はお布団にして、春からは肥料にしてもらうつもりです。

午前に一回5袋、午後も一回、合計10袋で、結局20株に。

明日も天気は良いようなので、もう少しかけてやれそうです。

お参りに行ってきた


「夢の中に、〇〇さんが出てきたんだわ。あのうちで、誰かお弔いを忘れられたのが、いるかもしれんと思った。」

ネットワークうるぎの前で、かぶの酢漬けを、試食していた時のことでした。

通りがかりのお姉さまが、社長に話しかけてきました。

〇〇さんは、すでに亡くなっている人のようでした。

「それで、お墓にお参りに行ってきたわ。お寺さんにも話してきた」

「お迎えに来てくれたんでないのか。付いっていったら良かったのに」

空気が凍りつくようなことを、平気で言ってます。

「うん、まだちょっと早いわ。けど、できたら寝ているうちに、連れて行ってもらえるとええなあ」

80台も後半の年齢だそうです。

でも、腰も曲がっていなくて、背筋がピシッと伸びていました。

かぶの酢漬けを試食して、出来栄えを褒めていただきました。

つられて試食しましたが、確かにいい味でした。

それから、お姉さまは、スタスタと足早に歩いて、行ってしまいました。

そうそう、漬け物の商品化計画があって、来春には、本格的に売り出されるようです。


ふるさと館


昨日12/1、うるぎふるさと館の店頭販売品の様子です。

生しいたけ、白菜、サトイモ、ダイコンなどは、売木産です。

ユズ、蜂屋柿、市田柿などは、周辺の町や村のものと思います。

リンゴは、売木村産もそうでないのも、あります。

寒さが厳しくなってくると、格別に美味しい売木産の野菜が、だんだん減ってくることでしょう。

そして、それに連れてというか、訪れるお客さんも、少なくなってくる・・・。

でも、館内にはハザかけ米など、いろいろな商品が置かれています。

そうそう、花の谷のブルーベリージャムも、まだしばらくは置いてあります。

今朝はマイナス4.7℃の世界




目を覚まして、布団の中にいても、今朝は冷えたなあ、と久しぶりにわかりました。

テレビで、浪合の観測地点での最低気温を見ると、-4.7℃。

もう少し低いかと思いました。

まだ、体が慣れていないのかもしれません。

自分で外へ出て、最低気温を見ればいいのですが、外へ出る気にはなれないのです。

もちろん、キュートの散歩も、もっとあとで。

これから、まだまだ寒くなります。

カラダを慣らさなければ・・・。
初冬の岩倉川


売木村の北西、売木川支流岩倉川、きのうの様子です。

奥小屋橋の上から撮りました。

わが家からは、岩倉川を渡らないと、国道には出られません。

国道に出るための橋は、全部で4つあって、奥小屋橋は上から三つめの橋です。

流域はそんなに広くはないので、大雨が降ったとしても、孤立集落になることはない、と思っています。

真冬になれば、川の中の岩に氷がくっついて、いかにも厳寒の感じになります。

でも、少しきつめの霜が降りるくらいの今は、静かに水が流れるばかりです。

毒キノコを食べてより、探してのほうが多い


渓流釣りもそうですが、キノコ採りも、ここに住んでから、さっぱりしなくなりました。

カラマツ林に生えるハナイグチが、少し歩くだけのところに出るのですが、それもこの2、3年とっていません。

シイタケ、ヒラタケ、ナメコの栽培もので、満足している状態です。

ところで、その山のキノコ、今年も長野県内で、4、5名の人が亡くなられたようです。

と言っても、毒に当たったのではなく、キノコを採りに行って、山で遭難して・・・。

キノコの毒のことは、よく本で読んだりして、警戒心をしっかり持っています。

でも、それよりも、キノコ探しの方が、危険なようでした。

キノコ採り、宝探しの面白さだと思っています。

けれど、来年以降出かけることがあったにしても、探す方に、じゅうぶん気をつけることにします。