ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月10日まででした。

来年度も、7月7日頃から8月10頃まで、ブルーベリー摘みを予定しております。

2018年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。パック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、いつでも600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アイビーさんは、小さい犬が苦手


先日、キューちゃんは、村の文化施設ぶなの木の玄関先へ、行きました。

毎週水曜日の夕方、子どもたちの放課後教室に、引退盲導犬のアイビーさんが来るのです。

もちろん、キューちゃんも、子どもたちに歓迎してもらいました。

ところが、尊敬するアイビーさんに、キューちゃんが近づこうとした時でした。

アイビーさんは立ち上がると、ゆっくりゆっくりと歩いて、広場の向こうへ行ってしまいました。

「ごめんなさいね。人間の小さい子はいいけど、小さい犬はダメみたい。」

アイビーさんのお母さんが、言いました。

「たぶん、そういうふうにしつけられてきたのだろうね。

あるいはもう、犬同士の俗世界からは離れて、静かに過ごしたいのかもしれない」

よくあることですが、お父さんはカメラを忘れてきてました。

それで、アイビーさんのお写真はありません。









16時5分になりました、日の入り。


まだまだ、最低気温は氷点下、があたり前の売木村です。

でも、明るい光が、ずいぶん戻ってきたように思います。

気がついてみたら、日の入りは16時を回っています。

いちばん早い時では、15時15分には、山の端に日が沈んでいました。

16時16分になるのはいつなのか、覚えていたら確かめることにしましょう。

「名古屋は風が冷たいでなあ。売木の方が寒いとこなんだけど、お日様があると暖かい。」

こまどりの湯に入っていたら、どこかの人たちが、そんなふうに話していたことを、思い出します。

実際、その通りなのです。

晴れた冬の日は、風がないことが多くて、畑での作業も平気です。

ここまでは、伊吹おろしも、やってこれないのかもしれません。



チェーンソーの音が聞こえる昼下がり


ストーブのために薪を運ぼうとしたら、日陰にはまだ雪が残っていました。

でも大丈夫、こう言う時のために、西側の窓の外にも、薪が積んであります。

気をつけても、部屋にゴミが落ちやすいのは難点です。

けれども、部屋の中から手を出して、薪を取って運ぶことができて便利です。

箕を持って行って、窓を開けたら、ウィーンという音が聞こえてきました。

西の方角と西北の方角との二カ所からです。

西からのは、そこに住んでいる働き者の農家のおじいさんでしょう。

西北からのは、森林組合の関係の人だと思います。

今朝、コーギー犬キュートの散歩の時に、会いました。

秋に切り倒したコナラの木を、1メートルほどのシイタケ原木に、毎日刻んでいます。

「雪が降ったから、大変でしょう」

「うん、陽当たりのいいところを、今日はやることにする」

木を切ってもらったおかげで、山の中の散歩道が、すっかり明るくなりました。





カミ雪でした


「もう雪になってもいいと思うけど、まだ雨のままだ、珍しい。標高が高いんだものねえ」

昨日の夕方にはそんな会話でした。

でも、暗くなって雪に変わって、2月1日の今朝は、雪景色でした。

長野県では、ふだんは雪の少ない中部や南部に降る雪のこと、あるいは湿った春先の雪のことを、上雪と呼びます。

どうしてそう言うのかは、はっきりしないみたいです。

湿った重い雪ですが、今回、枝折れするほどではありませんでした。

お昼頃には、陽が当たる斜面などは、ずいぶん解けてしまいました。

まだまだ寒さの続く売木村ですが、春の予感が少しはあります。


キューちゃんの妹、ルンちゃん登場


まあるくて黒いものが、キューちゃんちにやって来たのは、年末のことでした。

お母さんが、真ん中のおへそのところを押すと、ぽんぽん、と言って動き始めます。

キューちゃんのほうへ、突然、平気で向かってきたりします。

「お掃除してくれるんだよ。犬の毛もしっかり拾ってくれるから助かるわ」

お母さんはとても気に入ったみたいです。

「やっぱり、ブラシタイプでなくて、ローラタイプで正解だった。ブラシに毛が巻きついたら大変よ」

椅子を机に上げたり、カーテンをどかしたり、ルンちゃんのお世話ばかりしています。

「かえって前よりも、お母さんの仕事がふえたみたいだ。ほっておいたら、自分で考えてやれるみたいだよ」

お父さんは、見ているだけで、何にもしてあげません。

「キュートはやきもちを焼いてるのかなあ。動き回るから、生きものだと思っているかもしれない」

「うん、でも追いかけ回して、舐めたりしているからね。好きみたい。きっと妹と思っているんだよ」

この頃では、ルンちゃんの始動が、老夫婦の毎朝の習慣になってきました。

「外から部屋の中をのぞいたら、誰もいないのに、黙々と掃除してた。陰ひなたなく働いてる。たいしたもんだわ」

怠け者傾向がたくさんあるお父さんは、すっかり感心しています。

「止めると、悲しそうな声を出す。よっぽどお掃除したいのね。キューちゃんが心配そうに駆けつけるよ」









雪になってしまいました


「この冬は雪が降らなくて…。峠越えも大丈夫ですよ。安心して来てください」

三連休の間、みなさんに知らせなければ、と思っているばかりで、日が過ぎてしまいました。

すると、今朝はうっすら雪が…。

と思う間も無く、どんどん雪が降ってくる、そういうパターンが多い売木村です。

今日は日中は晴れ間も出ましたが、やっぱり夕方には本格的に降ってきました。

たぶん、今夜は積もることでしょう。

「降らんと、外で仕事しちまうでなあ。降ってくれて、休めるほうがありがたいかもな」

と言うわけで、いよいよ本格的な冬となるのでしょうか。


炭出しは来年になってから


「この間来とったら、炭出し体験させてやったのになあ」

都会から来た若者が、炭焼きの火を入れた、と聞いたので、様子を見に行った時です。

ベテラン炭焼き師に、言われてしまいました。

「うーん、真っ黒になるみたいだしねえ。熱いのも苦手なんだわ」

ところが、年末には若者の炭が、焼き上がるようでした。

壁土による空気調節が失敗気味で、一部燃えてしまったかも、と言う話はあります。

でも、なにせはじめての炭焼き。

見に行ってやるのが、礼儀かもしれない、いつやるだろう。

「あっ、炭出し、来年にしました。

しっかり冷えてからのほうがいいみたいです。

正月は実家に帰りたいし…。」

そんな先でもいいのか。

熱いのを取り出すのが大変と聞いていました。

でもそれは大昔、商業ベースでやってた時の話だったみたいです。

そんな先では、どうやら日程的に、炭出しに立ち会えるかどうか、不透明になりました。







ナツハゼとナンキンハゼ


あの白い実つけてる木、なんだったかしら。」

「うーん、あんまり頭に入ってない木だなあ」

「わかった、ナツハゼ」

「ああナツハゼね。けど、なんとなく違う気もするなあ」

街へ出かけた時、街路樹を見ての老夫婦の会話です。

困ったものですが、この頃はネットで確かめるという方法があります。

家へ帰ってから、早速調べてみました。

「ナンキンハゼだって。合ってたねえ」

「あっ、そうなの。間違ってた、ナツハゼと言ったんだよ」

まったく、しばしばドロ沼のような会話に陥るのです。

それに、日本のブルーベリーともいっても良いナツハゼを、すぐにイメージできないなんて…。

ブルーベリー園主なのに恥ずかしい限り、落ちぶれたものです。

路面凍結のため


わが家から国道418号へ出る村道、途中に十字路があります。

ここで左折して、岩倉ダム方向へ降りて行く道が、今年もいよいよ通行止になりました。

道路の南側に山があって、陽がささないので、一度凍結したら、容易に解けないのです。

この十字路、直進は現在道路工事中のため、通行止。

右折かバックだけが、現在使用可能です。

その右折した先も、いずれもう少し寒くなれば、凍結して危険になります。

バックして、わが家の上を通る道だけが、陽の当たる安全な道として残ることになるのです。

とにかく冬の朝の道は怖い。

出かけるのはなるべく控えて、どうしてもの時は、遅く出ることにしています。








三度目の降雪


今朝、カーテンを開けると、うっすらと雪景色。

17日(月)、19日(水)に続いて、今冬三度目の降雪になります。

積雪といったほうが良いのかどうか、雨が気まぐれに一時雪になった、と言ったところでしょう。

こういう日は比較的温度が高いので、凍結スリップの心配は少ないと思います。

でも、慎重な運転を心がけなければ…。

とかくこの時期、この冬は寒いのかどうか、話題の中心になりがちです。

けれども、結局は、終わってみないとわからないのでしょう。