ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みは、8月11日以降閉園としました。

今年は「ブルーベリー畑巡り」を設定しました。7つの畑から文字を集めると、粗品(ほんとうに粗品です)がもらえるものでした。

でも、なにしろ暑すぎました。

雨天休園。予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。

来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは 090の7862の4605

スマホで「売木村45-530」とすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.0と高評価まで出ていますが、まだ投稿は1名のみ、あまりあてにはなりません。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

料金は
大人Aコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円

大人Bコース(摘んで食べる。大パック付き) 1000円

小中学生コース パックなし 200円

の3種類です。 幼児無料

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンボイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

まず村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
アキアカネ


昨日、一昨日と二日間の雨の後、今日は朝から素晴らしい秋晴れの空。

そう、秋晴れと書きましたが、今朝の外気温は浪合の観測点で12.3℃でした。

わが家でもひんやりとした朝だったのです。

で、アキアカネのことです。

実は先回の雨の翌朝、つまり13日のことでした。

家の周りのあちこちで、今年始めてアキアカネが飛んでいました。

ここで避暑をして、このあとに涼しくなると、里に降りていくのでしょうか。

毎年のことですが、もはや秋なのです。






ブルーベリー園主の朝


ブルーベリー狩りの期間、園主はといえば、受付あたりで、のんびりウロウロ。

どうもそういう誤解もあるみたいです。

すでに、今年のブルーベリー狩りは終了。

やることはあるけど、この雨ではできないまま、日が過ぎていきますが、参考までに、開園当時の毎日を…。


朝は5時起きでした。

と言うか、4時30分過ぎには目が覚めて、おもむろに脊椎管狭窄症を治すためのストレッチ。

でも、ちっとも治らない。

それはさておき、畑とハウスへ行って、野菜の点検、収穫、あるいは草取り。

今年、好調なのはインゲン、トマト、キュウリ、ピーマンくらいでしょう。

自然農法のつもりはないけれど、草だらけ、人には見せられない。

次に、七つのブルーベリー畑の巡回。

ヤブガラシなどを抜いたり、はみ出した枝を切る、あるいは、傾いた幹を縛る。

滅多にないけど、ゴミを拾う、案内板やハシゴなどを点検する。

ブルーベリーをあちこちつまんで、味見をする。

蜘蛛の巣を手で払ったり、体ごとぶつかって行って取り除く。

そんなことをして、歩き回っていると、7時半近くなってしまいます。

でも、歩くことは、脊椎管狭窄症にも良いそうなのです。

そのあと、急いで家に入って、朝ごはんを食べながら、BS朝ドラの東濃弁をチェックする。

どうでしょうか。

朝メシ前にだって、園主はこれだけ働いていたのです。

そうそう、日によっては、ジャム工房花の谷に納入するべく、ブルーベリーの実の収穫をする時もありました。

しかし、その話は別の機会に。




マツムシソウ


「あっ、おじさん、指が写ってます。」

ブルーベリー狩りのファミリーに、シャッターを押してあげたことがあります。

若いお父さんが、画面をチェックして言いました。

「自分が押しましょうか」

近くにいた知り合いが、そう言ってくれたので、止むを得ずシャッター権を譲ったものでした。

上の写真、青っぽい所は、アイパッドのケースが写り込んだものです。

もう古くなったので、取り替えようと思いながら、いつまでたっても実行しないのです。

12日に本格的に雨が降ったあと、売木村は初秋模様に変わりました。

今日も雨が降ったり止んだり。

外気温は23℃。室内は25℃で、とても過ごしやすいです。

そうそう、もう何日も前から、松虫草が咲いています。

秋明菊も花茎を伸ばしています。

この秋明菊は、一度草刈りの時に刈ってしまった再生版です。

たくましい。

この背丈ならば、風で倒れることもないということにしましょう。


ツチアケビその後


白樺ブルーベリー畑の片隅に、何か赤っぽい奇妙なものを見つけました。

ブルーベリーの株元です。

近づいてよく見ると、ツチアケビでした。

アケビというかバナナというか、赤い実がいくつもぶら下がっています。

今年の春に、ツチアケビの花が咲いているのを、見つけたことがありました。

でもそれは、すももブルーベリー畑だったはず。

それよりも、株が大きくしっかりしています。

畑の隅で、お客さんたちも、ほとんど入って行かなかっただろう場所です。

念のために、すももブルーベリー畑に、行って見ました。

やはりこちらのほうは、二、三個の実がついているだけ、哀れな状態です。

園内ではじめてのツチアケビ、一度に二ヶ所というのも不思議です。

直線距離にして、50メートルくらい、なにか理由があったのでしょうか。





笹の花の置き土産


「トマト、ほとんど食べられちゃった。無事のもあるけど、気持ち悪いからねえ」

お母さんが言いました。

ネズミだ。

「トウモロコシの種を蒔いたけど、ほとんど食べられた」

インゲンの種をやられた人もいるようです。

とにかく今年は、ネズミが多いらしいです。

どうやら去年、一昨年と笹の花が咲いたせいのようです。

60年ぶりとか、新聞でも言っていましたが、笹麦とも言うくらいで、ネズミにはご馳走なのでしょう。。

それでネズミが繁殖したとか。

笹の花が咲くと不吉なことがある、という言い伝えもあるみたいです。

食べるものの豊かでなかった昔、ネズミが増えるだけでも、不吉だったと思います。

もうこのくらいの不吉で、終わってほしいものです。


8月11日以降、ブルーベリー園花の谷、閉園です。


ブルーベリー園花の谷、2018年のブルーベリー摘みを8月10日までで、以降閉園とします。

子どもたちの遊び場提供という考えもありました。

でも、炎天下の水不足、すっかりブルーベリーさんたちお疲れになったようです。

これでは、ブルーベリーさんたちの評判に傷がつくというもの。

11日の山の日まで営業という望みは、今年も潰えました。

皆さまがた、ほんとうにありがとうございました。

来年以降も、よろしくお願いします。

キュートの夏第一部、もうすぐ終わる


「キュート、お父さんが家から受付のほうへ行こうとすると、キャンキャン吠える。」

お母さんが言いました。

「わたしも連れてって、て。それで、連れて行ってもらえないと、柵の間からじっーと見てる」

お父さんが、車庫兼用の受け付けであれこれしていると、やがて坂道を車が上がって来ます。

「小さい子の声でも聞こえたら、もうたいへん。網戸は引っ掻くは、デッキを走り回るは、大騒ぎ」

リードをつけてもらったキューちゃんは、お母さんを引きずって、受付所へ急ぎます。

「かわいい、コーギーだよね。おとなしいねえ、吠えないよ」

最初は怖そうにしてた子どもたちも、近づいてきて手を出します。

恐る恐る背中にさわったりします。

キューちゃんは、うつ伏せになったまま、じっとしています。

そのうちに、子どもたちはうながされて、しぶしぶ帰っていきます。

「この頃、キュート、お客さんが帰ろうとしても吠えなくなった。」

「大人になったというか、ほんとうに物静かになった。大丈夫かなと思うくらい」

ところで、ブルーベリー花の谷、いつ終園するのでしょうね。

今日なのか、あすなのか、お父さんは明後日まで、できないものかと、探っているようです。

「せっかく売木へきた子どもたちに、遊び場提供になればと思うんだけどね。でも、実が無いなんて言われたら、身が持たない。」

お父さんの思案は続きそうです。

いずれにしても、キューちゃんの夏第二部、静かな静かな花の谷の始まりは、もう目の前のようです。


メガネの忘れもの


「ブルーベリーの木に、かけてありました」

数日前、お客様のひとりが持って来てくれました。

たぶん、だれかほかのお客様が見つけて、かけておいてくれたのでしょう。

写真では、少しレンズが汚れて見えますが、光線の加減です。

度が入っているみたいですし、きっと困っておられるでしょう。

もし、お電話いただければ、着払いで送ることができます。

090の7862の4605へお電話ください。


ブルーベリー花の谷、いよいよ終園まで秒読みとなりました。

今年は、たくさんの実をつけたのに、暑さのせいか、入園者数は去年と比べてかなりの減少でした。

他にも理由があるのかもしれません。

充分に検討を加えて、来年に生かしたいと思っています。

皆様方、あるがとうございました






待望の雨が降りました


昨日、NHKテレビの気象情報には、15時から傘マークがついてました。

でも、降らない。

一昨日も、やはり傘マークはあっても、結局降らなかった。

それどころか、水曜日、木曜日とついてた傘マークまで、いつのまにか消えてしまって…。

それでも夕方になって、黒い雲が出てきました。

けど、なかなか降らない。

雨雲情報を見ると、売木村のあたりだけ雨雲がないのです。

こういうことってあるのだろうか、というところで、ようやく降り始めました。

よかった。

瀕死のブルーベリーさんたち、ひと息ついたみたいです。

でも、そんなには降らなかった。もう少し、追加で降ってほしいな。


細アシナガバチ


「ブルーベリーって、甘いんですねえ。すっぱいものと思ってた」

お客さまのひとり、若いお母さんが言いました。

このところの晴天と雨不足で、ほんとうに甘くなっています。

ただ、実がドライフルーツのようになっているのもあります。

株が枯れるのではと、心配になって来ます。

ああ、雨が欲しい。

話変わって、当ブログ、このところ昆虫系が多いです。

そういうものが特別に好きというわけでもないけれど、今年は目撃が多いのです。


昨日はサビタブルーベリー畑へ降りていって、蜂の巣を見つけてしまいました。

アシナガバチにしては、か細い巣でした。

蜂の様子も、細長くて飴色のようなやさしい色でした。

でも、お客さまが刺されでもしたら大変です。

止むを得ず、夕方にマグナムなんとかという強力スプレーを持ち出して、やっつけました。

気の毒で、心が痛みました。

下の写真は、今朝取ってきた巣です。

ネットで調べたら、どうやら細アシナガバチというようです。

暖地に多いようなことが書いてありました。

今年の暑さと関係があるのでしょうか。

たしかに初めて見ます。

以前お客様が「刺されたけど、今はなんともない」と言ってたことがあります。

一緒に行ってもらったけど、巣の所在位置不明となったきりでした。

この巣だったかもしれません。