ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩りは8月12日まで、13日で閉園しました。
令和元年は、7月6日の開園でした。
7月の長雨と、そのあとの暑さで、ブルーベリー狩り、順調とは言えませんでした。
それでも、なんとか閉園までこぎつけることができました。
ありがとうございました。

なお、雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備をしておいでください。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
今年も「ブルーベリー畑巡り」をやりました。。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

スマホでとすると、グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

検索「食べログ 花の谷」でも、地図などが確認できます。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
売木村に猿


昨日、今日と暖かい日が続いたせいなのか、今日、猿が売木村に現れたそうです。

場所は、長下地区、売木川の下流部です。

周辺の町や村で、見かける時がありますが、売木村ではずいぶん久しぶりのことです。

猿が現れることがあっても、夏の花火大会で驚いて、どこかへ行ってしまう。

そんなふうに、何年も前に聞いたことがあります。

他に何か、猿が住みにくい理由があるなら、それはそれでいいのですが…。

たぶん、下流のほうから、あがってきた迷い猿なのでしょう。

賢いし身軽なので、住み着かれてしまうと、ほんとうにたちが悪いと思います。

とうぶん花火大会はないし、困ったものです。

でも、明日から寒くなるようです。

それで、どこか山の中にでも、行ってくれるとありがたいのですが…。



- | 17:17 | comments(0) | -
暖かすぎる1日でした。


夜のうちに、少しお湿りがあったようです。

ほんの少し、地面が湿っていました。

でも、ブルーベリー畑での作業には、まったく支障はありませんでした。

このところ、ブナシメジ菌床堆肥を、ずーっと株元に、運び入れて来ました。

全部で400株ほどの、しらかばブルーベリー畑、いちばん広い畑です。

堆肥の山が、すっかり小さくなって、エアーズロックかオームみたいに思いました。

と言うのは、ずいぶんオーバーです。

とにかく、足腰を鍛えることになるからと、ひと株ひと株、歩き回りました。

株間のまだ青さの残る雑草が、しっかり踏みつけられてしまいました。

それにしても暖かい。

気温は16℃くらいはあったでしょう。

あと少し、明日で堆肥の山は片付きそうです。


- | 16:56 | comments(0) | -
AJCWで山中湖まで、行ってきました。


「日本じゅうのコーギーの週末」と訳せば良いのか、コーギーたちのOF会に、山中湖まで行ってきました。

All  Japan  Corgi's  Weekendだそうです。

参加コーギーは、681匹、人間は1,000人以上でした。

お昼に、記念写真の撮影がありました。

でも、キューちゃんちも、ダイちゃんちも、親が奥ゆかしいので、列に並ぶことはできませんでした。

上の写真は、写される側ですが、撮影する側も、同じくらいの人数でした。

ドッグリゾートワフの広いドッグランが、コーギーだらけで大変でした。

大きいのや小さいの、茶色、黒、白、とにかく、いろんなコーギーがいました。

以下、別の日に続く。


中村哲医師から聞いた話


「ある時、足にできものができたお母さんを、診たことがありました。」

もう20年以上も前のことです。

講演会で、そんな話を聞いたことがありました。

講師は、中村哲先生でした。

概略、次のようなお話でした。

「一目で皮膚ガンとわかりました。

足を切らなければ、命に関わると伝えました。

ところが、手術を断られてしまいました。

『もし、足を切ってしまえば、谷底まで水を汲みに行くことも、できなくなる。

それどころか、家族みんなに負担が行って、家族みんなの生活も立ちいかなくなる。

わたしがこのまま死んでいくしかないと思います。』 

そう言って、お母さんは帰って行きました。

あとで、現地のスタッフに尋ねました。

どうして、あんなにひどくなるまで、診療所に来なかったんだろう。

『先生、あの人はここから歩いて1日かかるところで、暮らしているんです。

やっとの思いで、来たのでしょう。』

スタッフは、そんなふうに答えてくれました。」


- | 17:13 | comments(0) | -
村道に落ちていたもの


愛犬キュートの散歩に出た時でした。

村道に、なにか落ちていました。

けっこう太めの枯れ枝でした。

道路わきの雑木林から、落ちてきたのでしょう。

道路に落ちた時のショックで、いくつかに折れた様子がありました。

まだ朝のうちで、新聞配達の車くらいしか通っていなくて、踏みつぶされた様子はありませんでした。

と言うか、こんなのが落ちて来たら、車に傷がついたかもしれません。

車の通行の邪魔になるし、薪ストーブの焚き付けにはなるサイズです。

道路管理維持の手助けをしたものでしょうか。

山栗の実の時もありますが、今回は思いがけない落下物でした。

- | 16:39 | comments(0) | -
何層にも重なった雲



今日の午後4時前のことです。

東の空に、写真のような雲を見つけました。

明日朝は、東京でも雪が降るかも、と気象情報で言っています。

東京からはだいぶ離れている売木村でも、標高が高いので、少しは舞うかもしれません。

その雪の予報と、関係があるのかどうか。

それよりも、気になるのは、関東の続発する地震。

東北の地震の時には、前日に震度4が、2回ありました。

でも、こればかりは、だからこうなる、とは言えません。

何事もなかったことのほうが、普通です。

とりあえず、昨日も今日も何もなかって、良かった。

あまり神経質になるのもなんですが、明日のことはわからないだけに、少しは引っかかります。

心のすみで気にかけながら、平常心で、過ごしましょう。


- | 17:13 | comments(0) | -
初雪かな、所によって薄っすら。


「あっ、雪みたいだ。白いのが舞ってる。」

朝9時過ぎ、外はいかにも寒そうでした。

夏の頃は、5時前には、布団から出ないようにしていました。

今は、6時半頃に、布団から出るようにしています。

出勤時間、つまりブルーベリー畑へ出る時間も、9時にしました。

しかし、この曇り空では、外へ出る気にはなれず、グズグズしていたところでした。

白いものはしばらく舞って、川向こうの山かげあたりが、薄っすらと白くなりました。

これだと、初雪といってよいでしょうか。

けっきょく、午前中は、年賀状の宛名整理やらで、過ぎました。

午後になって、2時前から1時間ほど、菌床堆肥運び。

寒くはなかったけれど、早々に切り上げました。

そして、夕方の愛犬キュートの散歩の頃は、青空も広がってきました。

でも、昼は晴れて、夜は曇るほうが、冷え込まなくて、うれしいのです。


- | 16:53 | comments(0) | -
フードパックもトレイも、3~4円はします。


先日の朝、テレビでやってました。

スーパーで、支払いをしたあとのことです。

パックやトレイから、ビニール袋に詰め替えて、持ち帰る人がいるようです。

スーパーは、汚れたパックなどの後始末に、人手をさかれるし、リサイクルにも回せないのです。

まったく、困ったことです。

ただ、あのパックやトレイのこと、個人的には、気になっていました。

値段を言ってはなんですが、パックもトレイも、1個3~4円くらいはします。

袋で済ませられるのも、あるのではないでしょうか。

見栄えを良くしないと売れない、と言うのは、売る側の思い込みかもしれません。

買い手は必ずしも望んでいないことの、意思表示かも、と思ってしまいます。

1回使うだけで、捨ててしまうのは、資源的にも、ほんとうにもったいない、と思います。

レジ袋よりは、はるかにプラごみ削減に、つながるように思います。

商品見本として、パックやトレイ入りで陳列して、袋でもかまわない人には、袋で売ることはできないものか。

値段を1円か2円値引きすれば、もっといいでしょう。

実際には、いろいろ難しいだろうけれど、ついついそんなことを考えてしまいました。






- | 16:43 | comments(0) | -
もうすぐダイナちゃん


平成31年の1月には、分厚かった「日めくりワンコ」カレンダー。

令和元年12月ともなると、すっかり、残り少なくなりました。

毎日毎日、いろんな犬のお写真を、見てきました。

「やっぱり、キューちゃんのほうがかわいい」

キューちゃんちの親たちは、毎朝おんなじことを言っています。

ほんとうに、恥ずかしくなってしまいます。

でも、お待ちかね、真打登場。

もうすぐ、ダイナちゃん。

キューちゃんのお姉さんです。

雪国生まれらしく、雪の中で遊んでいます。

そうそう、ダイナ姉ちゃんとは、近々に、同じ犬舎の子ども会で、会う予定です。

たくさんのそっくりコーギーが、集まります。

とっても楽しみ、と両親は言っています。


- | 20:20 | comments(0) | -
イノシシ、どうしてるのかなあ


「2、3日前の朝、山のほうへ軽トラが2台も、走っていったよ。」

誰だったかは、わからなかったけれど、カーキ色っぽい服が、遠くからでも見えました。

「あゝ、交代でワナを見回っています。」

「獲れたんだったのかなあ」

「こないだうちは、鹿が2頭です。それとたぬきが獲れました」

たぬきの場合は、シッポを届けると、5,000円がもらえるそうです。

やはり害獣なのでしょうか。

たぬき汁にはしなくて、埋めてしまうようです。

それぞれの動物について、年間の捕獲頭数が決められているのだと思います。

ありがたいことに、若い人でも何人か、猟友会に入っている人がいるのです。

動物たちには申し訳ないけれど、農作物の被害はよく聞きます。

この夏は、近くの農家で野菜に被害があったので、慌てて防除フェンスを張りました。

幸い、わが家は、被害がありませんでした。

いい加減な栽培なので、野菜畑と思わなかったのでしょうか。

「イノシシは、少ないです」

気になります。

やはり、豚コレラの影響なのでしょうか、いや、そうではないかもしれません。

けれど、狂犬病がニホンオオカミ滅亡の一因だった、という説を信じる者としては、とても気になります。

増えすぎても困るけど、山の奥ででも、どうか生き延びてください。