ラーパーさんの「花の谷」だより 

ブルーベリー園花の谷のブルーベリー狩り、令和元年は、7月6日開園、8月13日で閉園しました。

7月の長雨と、そのあとの暑さはありましたが、多くのお客さまに来ていただきました。
ありがとうございました。

雨天傾向の日は、長靴かサンダル、レジ袋2枚、上下雨ガッパ等、準備があると良いです。
暑い日には、麦わら帽子などの用意が必須です。
麦わら帽子は、無料でお貸しすることもできます。

摘み取り期間中のみ、園内でのワラビ採りも可です。(料金は入園料に含まれています)。
「ブルーベリー畑巡り」をやっています。7つの畑から文字を集めると、粗品の木のカケラ(ほんとうに粗品です)がもらえるというものです。

雨天の日のみ休園します。
ですが、遠くから来る人が多いので、雨天でもやってることが多いです。電話をしてみてください。
月曜日もやってます。
予約不要です。9:00~15:00の開園。最終閉門は15:30です。
来園の場合は、このブログなどで、確認してからお越し下さい。

問い合わせは

グーグルでも、ヤフーでも、ピンポイントで、来ることができます。

グーグルでは「ブルーベリー花の谷」とすると、「売木村の観光名所」などと、360度の写真や地図まで出るようになりました。

4.5と高評価まで出ています。ありがたいことです。

入園料は
大人 ミニコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 500円
大人 大コース(摘んで食べる。大パック付き) 1,000円

小中学生 パックなしコース(摘んで食べる。ミニパックなし) 200円
小中学生 ミニパックコース(摘んで食べる。ミニパック付き) 300円
小中学生 大パックコース(摘んで食べる。大パック付き) 700円

幼児は無料です。ミニパック付きは100円。

自園産ブルーベリーと砂糖だけの
「手作りジャム600円」
を製造販売しています。
売木村ふるさと館、売木村こまどりの湯で、600円で販売しています。

なお、収穫済み実入りパックの販売は、しておりません。

名古屋、豊田方面からは、国道153号です。
平谷村から売木村を目指して、国道418号を平谷峠越えして降りてきます。

期間中は、看板と、ノボリ旗が出ています。

浜松、豊橋方面からは、役場を目指して来て、ふるさと館などで聞いてください。

どこからでも2時間前後です。

浜松方面からは、いなさICから1時間ほど、近くなりました。

スマホがない場合、ナビは、ピンポイントでは連れて来てくれません。

山奥なので、園の前の村道が、出てないこともあります。

その場合、まず売木村に着いて、あとはのぼりと矢印看板が頼りです。



<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
子猫のお名前は、いねこと、よねこ


「猫を飼い始めたんですか。まだ小さいそうですね。」

「ええ、でももう3キロ。9ヶ月になります。」

ある御夫婦と、立ち話しをしました。

コーギー犬キュートの場合は、かろうじて9キロ台、9歳になります。

おふたりに、さかんに飛びついて、甘えていました。

ついでに、名前も尋ねました。

「名前は、いねこと、よねこです。」

「ふーん、ずいぶん古風な名前を、つけましたね」

「この人がイサオだから、イにねこで、いねこ。わたしがヨシコだから、ヨにねこで、よねこ」

なるほど、そういう命名法があったのでした。


なお、上記の人名、猫名は、個人ならびに個猫情報に配慮して、すべて仮名としました。


お正月休み兼冬休みに入ります


写真はイメージです。

とにかくお休みに入ります。

このようなブログに、お越しいただいたことのある奇特な方々、本当にありがとうございました。

時には、アップするかもしれませんが、またの機会をよろしくお願いします。

- | 16:33 | comments(0) | -
ハンノキは割りやすい。焚き付け系だって。


薪材提供第2弾で、頂いてきたハンノキのことです。

ハンノキと意識して、薪にするのは、今回が初めてでした。

上の写真のように、太い木が玉切りして、置いてありました。

切り口が赤っぽいですが、空気に触れるとこうなる木だそうです。

5トンの薪割り機では、果たして割れるのかどうか、試してみようと思いました。

持ち上げてみましたが、意外に軽い感じでした。

でも、下手にもらってきて、割れなかったら、もてあまします。

1個だけ持ち帰って、さっそく割ってみました。

こんなに太いのに、あっさりと素直に割れてくれました。

コナラやサクラと同じように、割れやすい木だと思いました。

なんでも、湿地に生えてくる木のようです。

ネットで見たら、柔らかくて、早く燃えてしまうようです。

それで、皆さん取りに来なかったのでしょうか。

でも、焚きつけとか、暖かい時期の薪にすれば良いようです。

落葉樹なら、薪に贅沢は言ってられない主義です。

雪が解けたら、出動でしょう。







- | 17:03 | comments(0) | -
薪材提供第2弾、みんな冬籠りしちゃったのかなあ。


村のケーブルテレビに、薪材提供の第2弾が、出ていました。

前回第1弾の時は、3日目になって、ようやく出かけたのでした。

今回は、初日に駆けつけました。

雪が降ったから、はたしてやっているだろうか、まあだいぶ溶けたから、とにかく行ってみよう。

すると、担当の人の車だけ、誰もいませんでした。

前回は、30人以上の人が来たというのに、なんということでしょう。

雪のせいなのか、今回はハンノキ中心だったせいなのか、さっぱりわかりません。

この前の時は、写真の3倍はあって無くなったから、皆さんもう十分に確保したのかもしれません。

現場では、写真ほど雪はなかったので、喜んでもらってきました。

もちろん、全体から見れば、ほんのちょっぴりです。

道路近くの運びやすい所に、親切に積んであります。

村内の心当たり何人かに、知らせてあげようか、と思っているところです。

でも、雪があるといえばあるのでした。



- | 17:06 | comments(0) | -
ブルーベリーの剪定、決心が要る


村の中心部にあるブルーベリー畑の様子です。

剪定枝が、山積みになっていました。

それほど広い畑でもないし、これだけ、切るのはかなり決心が要ります。

誰が剪定したかは、すぐにピンときました。

畑の持ち主ではなくて、その友人です。

「ものすごく、木が大きくなったねえ。

茂り過ぎて、中へ入っていくのも、大変じゃないのかなあ。」

自分のところのブルーベリー園だって、茂り過ぎてひどいのです。

でも、それは棚に上げて、以前そんな話をしたことがありました。

「自分でやったら、惜しくてなかなか切れないよ。

なんなら、花の谷のブルーベリー、剪定してあげようか。」

そんなふうに、ボランティアの申し出を、受けたものでした。

もちろん、丁重にお断りしました。

だって、冬の仕事が、無くなってしまうのです。


この冬の初積雪です。



昨日の夕方から降り始めた雪、今朝起きたら、デッキの手すりの上は、積雪7センチでした。

前回の雪は、降ったか降らないかだったので、今回が初雪かもしれません。

もちろん、初積雪であることは、確かでしょう。

コーギー犬キュートも、朝の散歩がうれしそうでした。

しかし、暖かさにあとおしされて、続けてきた剪定作業、とたんにやる気をなくさせられました。

足元に雪があったのでは、どうにもねぇ。

薪切り作業に、切り替えました。

こういう日もあろうかと、ベランダの屋根の下に、薪材が運んであったのでした。

すると、薪棚の柱に、破損を発見。

やるべきことは、 どれだけでもあるのです。


- | 18:03 | comments(0) | -
ノスリさん、おかえりなさい。




「あっ、タカみたいな鳥。ノスリかなあ」

昨日の午後でした。

車で家の近くまで来ると、助手席から声があがりました。

でも、すぐ下を通り過ぎたところでした。

家に着いてから、コーギー犬キュートの散歩を兼ねて、見に行きました。

ノスリは、まだ居ました。

少し離れたところから、デジカメで撮りました。

それから、すぐ下のあたりまで行って、撮りましたが、そちらは逆光になりました。

このノスリ、春ごろによく見かけていた個体、だろうと思います。

ネットで見ると、夏の間は山中の林で暮らすとあります。

冬になって、農耕地に来るそうです。

売木はどこでも山中みたいなものですが、まあわが家の周りには、田んぼなどもあります。

人はあんまりいないし、たしかに安全・安心の農耕地なのでしょう。

毎日の楽しみができました。



- | 16:10 | comments(0) | -
薪材場のその後


薪材をもらいに、何回か出かけていた所へ、久しぶりに行ってみました。

画面左手、太い丸太がたくさん積まれていたところは、いつのまにか、まったく無くなっていました。

車載のクレーンやら、チェーンやらを使ったりして、処理したものと思います。

右手、残りものの、素人にも手の出せる枝を、もらって帰ろうと思いました。

ところが、なんと作業用手袋を、持って行かなかった。

ちょっとした怪我をしても、大騒ぎするタイプなので、あきらめて帰ってきました。

なお、今回の伐採は、洪水対策の河川敷整備のためだそうです。

画面の上の方に、堤防が見えると思います。

近くで少し崩れたことがあったとか。

このような山の中の河川敷整備ですが、下流の街々ためにも、ありがたいことではないでしょうか。


- | 10:45 | comments(0) | -
天竜峡~飯田上久堅・喬木富田、三遠南信道を走ってみました。


開通してから、もうずいぶんの時間が経っています。

何も、こんなブログ記事を読まなくても、ユーチューブで、とてもわかりやすく説明されています。

まあそれはそれで、国道151号から天竜峡インターに入りました。

入ってすぐに、ラウンドアバウトがあって、よくわからないままに、天竜峡まで、降りてしまいました。

戻って、ラウンドアバウトのもう1つ先で左折、あとは天竜川を渡って、無事に東北方向に。

歩行者用の橋に興味はあったけれど、それもわからずじまいでした。

まあ、それは仕方がないでしょう。

山の中を、飯田の町を左手に見ながら、快適に走って、じきに終点でした。

8キロから、14キロの表示まで、6キロくらいだったと思います。

着いたところは、やはり山の中。

どこへ連れてこられたか、と思いました。

国道256号が、もうすぐ行き止まりになるあたり。

北田遺跡とか、神之峰城遺跡に近いあたりでした。

あと少し、氏乗まで繋がってくれないと、上村へ行くにしても、ちょっとでしょうか。

それにしても、この三遠南信道、全線開通の時を思ってみました。

国道151号の天竜峡入口から、浜松方面へ行く時、どっちを選ぶのでしょう。

国道151号で南下するのか、三遠南信道で遥か上村・南信濃から水窪までまわっていくのか。

どっちをとるにしても、自分の年齢では、関係ないのでした。





- | 15:46 | comments(0) | -
こんにゃく・漬物づくりは、道の駅ふるさと館で、12/22の9:00~15:00


手づくりこんにゃく・漬物のワークショップ、つまり講習会があるそうです。

今朝の中日新聞に、載っていました。

講師は、村内の80代のお姉さまです。

そのこんにゃく、とても美味しいのですが、たまにしか売ってないので、ほとんどまぼろし状態です。


場所  道の駅南信州うるぎ

時間  12月22日(日)9:00~15:00頃 

         終了は、こんにゃくが出来上がり次第

人数  先着10名、申込締切12/20(金)

参加費  大人1,500円  子ども500円

         ランチと作ったこんにゃく・漬物のお土産付き

申込み・問合せ  0260-28-1051


たまたま、ブルーベリージャムの納品で、ふるさと館へ行ったら、パンフが置いてありました。

こういう企画、なにしろ人口のとても少ない村です。

せっかくなのに、応募が少ないと気の毒です。

どのくらいの申し込みがあったのか、内緒で聞いてみました。

いつからの募集か聞き落としましたが、すでに定員の半分以上申し込みがあったようです。

今朝も電話で問い合わせがあったようで、それは新聞記事のおかげだろうと、言っていました。

なかなか興味深い試み、と思います。          



- | 16:03 | comments(0) | -